Interview

BRADIO 3人体制で作り上げた初のメジャー・フルアルバム。内に秘める熱量の匂いがするサウンドとは? 作品の手応えを訊く。

BRADIO 3人体制で作り上げた初のメジャー・フルアルバム。内に秘める熱量の匂いがするサウンドとは? 作品の手応えを訊く。

昨年、メジャー・デビューを果たしたBRADIOは、ダンス・ミュージックを基本にした高いエンターテイナー性と、楽曲の良さを武器に快進撃を続けてきた。今回、リリースの初のメジャー・フルアルバム『YES』は、今年1月にドラマーが脱退したピンチを見事にチャンスに変えて、素晴らしい出来映えとなっている。特に進化したグルーヴと、リリックの独自性は、音楽シーンの中でも群を抜いていて、ニューカマーとは思えない完成度を誇っている。
大山聡一(ギター)、酒井亮輔(ベース)、真行寺貴秋(ボーカル)の3人体制になったBRADIOに、“傑作アルバムの作り方”について聞いてみた。

取材・文 / 平山雄一 撮影 / 荻原大志

ビートが変わって、グルーヴが変わっていく中で、それをどうやって表現するか(大山)

『YES』は、メジャーのファースト・アルバムってことを意識して作ったんですか?

大山 メジャーですか? ま、メジャーを意識したというよりかは、体制も変わって3人での初めてのフルアルバム制作という形になったんで、そういう意味では“新しいグルーヴ”を意識したというほうが当たってるかもしれないです。

新しいというか、超本格的なグルーヴだよね。

大山 ビートが変わって、グルーヴが変わっていく中で、それをどうやって表現するか。それを面白がってやることが、今回のアルバム作りを通してできたなってすごく思いますね。

グルーヴがどんな風に変わったの?

大山 より生々しくというか……リズムに関しては、ほぼ生でやりました。

真行寺くんは、このアルバムに向かってはどう考えてたの?

真行寺 僕に関しては、メジャーはたぶんゼロに等しいぐらい意識はしてなくて。それよりも僕の個人的な想いみたいなものが、とにかく強かったかな。

それは詞に反映されてる?

真行寺 詞もそうですし、バンドをどうとか、アルバムをどうとかっていうよりかは、自分のあり方……自分がこうありたいっていう、すごく自己中心的な、ひとりでずーっと走ってるみたいな(笑)制作スタイルになったかなと。でも、それもチームだから、逆に良かったと思ってます。 

きっとバンドのボーカルは、そういうあり方のほうが面白いよね。

真行寺 けっこう僕は、そうですね。ひとりで違うところにいたのかなっていう

(一同笑い)

真行寺 周りが気にもなったり、すごく勝手にやってたりしてました(笑)。

それでイケてるんだからすごい!(笑)

真行寺 ははは! まあでも、BRADIOは僕が全部っていうわけじゃないので。バンドにはちゃんとアレンジしてもらってる感覚があります。歌とか詞に関しては、今回、プロデューサーと密に長いスパンで話せる時間があったので、その中で自分と向き合う時間がすごく大事だった。自分と向き合って、「自分って何なんだろう?」ってことをバンドに反映させたいなっていう気持ちがすごく強かった。自分であることの証明じゃないですけど、俺にしかできないようなものを今回作りたいなっていう想いが先行してました。その上で、周りのバックアップがあってできたのかなって感じです。

詞で言うと、僕はアルバム中盤の「Shout To The Top」の♪過激じゃないと誰も気づかない♪っていうフレーズがすごく好きで。よくこれを書けたなあって思う。

真行寺 わははは! 僕もそのフレーズがメチャクチャ好きです。

こういうところに、真行寺くんの“個人”が出てる気がした。

真行寺 そうですね。僕に関しては、最近SNSやめたんです。そういう自分の中の気持ちが、すごくこの詞に入ってるなと思ってて。僕はSNSを技術的なモノに感じてて。SNSが嘘かホントかはわからないですけど、SNSを扱ってる人たちはみんな技術者に見える。なんかもっとシンプルなことで感動できたりしないのかなって思ったり。そういうものに対するプロテストまでは行かないけど、自分の中のちょっとした想いみたいなものが反映できたらいいなって……。
「もっと人にこう見られたい」とか、「ここにいるよ」っていうのが、今の時代の伝え方なのかなと思う。なんかフォロワー数で人が見られちゃってる。だったら逆に一方的な偏見で見られてたほうがいいな、そっちのほうが人間味があって良かったなって感じる。そういうあり方を、もの悲しく振り返ったりする部分が、この歌詞に出てるのかなって。

♪過激じゃないと誰も気づかない♪ってことだね。

真行寺 そうそう。でも、そういう中でも「もっとシンプルなことでも感動できるんだよ」っていう、「それが人間だよ」っていうちょっとしたメッセージをポンと置いときたかった。それは、これまでのBRADIOになかった要素ですね。人間味溢れる1曲かなと思います。

自分の中での答が、「自分と向き合う」ってことだった(真行寺)

今の普通の人たちを取り巻くいろんなファクターって、お金だったり通信手段だったりするんだけど、そのうちの1個のSNSをやめてみて、見えたことはあった?

真行寺 プロデューサーに「歌をうたったり歌詞を書いたりする人間は、孤独であったほうがいいよ」って言われた。それって何なんだろうと思ったときに、自分の中での答が、「自分と向き合う」ってことだった。それは自分探しの旅じゃない。旅っていうフワッとした感じじゃなくて、しっかりと「自分ってどういう人間なんだろう」っていうことを見つめてみる。そうしたらやっぱりSNSって、自分を取り繕う部分がある。それは自分の中にもあった。

SNSって、絶対に“オフィシャル感”が出るもんね。どうしても、誰から見られてもおかしくない発言をするってことになっちゃう。

真行寺 そういう部分がやっぱ自分の中にもあって。いろんな意味もあって、SNSをやめたんですけど。

そういう意味で言うと、ライブのMCも変わったりするのかな。

真行寺 いやあ、どうだろう?(笑)。

(一同笑い)

真行寺 自分が今まで培ってきたものがあって、それに自信を持てなきゃダメだろうとか、自分を出していきたいなっていう想いに、今回のアルバムの制作ではすごく駆られました。その意味では、すごくいい機会をもらったなあと思ってます。

ホントは今日の最後の質問にしようと思ってたんだけど、『YES』っていうアルバムタイトルはすごい。たぶんこれがすべてだよね。すべてを肯定してますよっていうことなんだろうね。

真行寺 ははは、そうかもしれないです。

『YES』って、「いいね!」じゃない。もっと強い肯定だよね。

真行寺 はい。

『YES』は全体に詞も凄いけど、音も凄くいい。特に最初の3曲は、BRADIO史上最強のグルーヴで押しまくってる!

大山 頭の3曲は、アルバムのオープニング用に作ったわけではないんですけど、収録曲がだいたい決まってきたときに、「Funky Kitchen」はホントに1曲目用に作ったって言ってもいいぐらいの感じだったので、イントロデュース的な意味合いも込めてここに置きました。意外にこのBPMでガッツリファンキーなことをやった曲って、実はあんまりなかったんですよ。なかったっていうか、やれなかったんですよね、今までは。「まだいい味が出ないな」みたいな感じが自分たちにもあって。それが今回は形にできた。なので1曲目に置いて、「これで皆さんに、いきなりファンクしてもらいましょう!」みたいな感じがあると思います。

アップとミディアムの中間のテンポで、グイグイ腰が動く(笑)。このテンポ感で始まるアルバムって最近あんまりないからなあ。

大山 確かにそうかもしれないですねえ。

この曲が、“3人体制のBRADIO”の肩慣らしでもあり、自己紹介でもあり。

大山 そういう意味では、バッチリな曲になったなって。

ただ僕らは、逆にインディーズのときのほうがメジャーを意識してたかもしれないです(大山)

俺のメモには「インディーズかよ?!」って書いてあるんだけど(笑)。

(一同笑い)

さっき「メジャーを意識したのか?」って訊いたけど、最初に「Funky Kitchen」を聴いたとき、あまりにも本格的なファンクだから、「これって、インディーズじゃん」って思った(笑)。

(一同爆笑)

すごく面白かった。この曲から始めるべきだろっていう。

大山 いやもう、まさに、これしかねえっていう(笑)。ただ僕らは、逆にインディーズのときのほうがメジャーを意識してたかもしれないです。 

ははは! 間口を広くしようとか?

大山 そうです。間口を広く広く、要は受け入れてもらいやすいものをとにかく作ろうっていう意識がありました。まあ、そういうのだけを作るってことは全然なかったんですけど、インディーズのときもやっぱりちょっと斜めってる曲をいっぱい作りましたけど、でも自分らのやりたいことの輪郭が、今の方がハッキリしてきている。メジャーになって、逆にあんまり気を遣わないで、「ここは主張しちゃっていいんじゃないか」って踏ん切りが付けられるようになってきてる気はしますね。

バンドと鍵盤の5人ぐらいしかいなくて、ちょっとシンプルなロックに行くって流れがすげえカッコいいなあと思って(酒井)

インディーズとかメジャーとかは関係なく「Funky Kitchen」を1曲目に置いて、次の2曲目「スキャット・ビート」は?

大山 ものすごく深い理由があってこの曲順にしてるというよりは、もう1、2、3曲目はパッと決まったよね。「これしかないよね」みたいな。

酒井 そうだね。感覚的ですけど、もう最初っから決まってたぐらいの勢いがありました。今まで1曲目の「Funky Kitchen」みたいな、音のてんこ盛りって意外となかったような気がしたので、逆にこの2曲目でストンと落ちたときに、バンドと鍵盤の5人ぐらいしかいなくて、ちょっとシンプルなロックに行くって流れがすげえカッコいいなあと思って。

ロックとの混ざり具合もすごくいいよね。

大山 そうですね。今回は、ロックサウンドをかなり意識したアルバムではあったので。今までともちょっと違う、すごくトラディショナルな部分も意識したし。

トラディショナルなロック?

大山 要はスイングで鳴るようなギターサウンドだったり。でも今までやってきたものの延長線上にあるサウンド作りも、今回はかなり上手くできたんじゃないかなと思ってます。

「スキャット・ビート」の真行寺くんの詞は、♪楽しいことばかりが人生だと思うなよ 苦しいことばかりが人生だと思うなよ♪っていうところがすごく面白かった。

真行寺 ああ、さっきっから俺の好きなフレーズをボンボン言ってくれますね。はははは!

あ、そうなんだ、わははは!

(一同笑い)

真行寺 曲の中に1個、印象的なフレーズを置いときたいなっていうのがあって。さっきの「Shout To The Top」もそうですけど、ご指摘、ありがとうございます!

どういたしまして(笑)。今回は詞の部分で言うと、「早めに自分の主張をばんばん入れていこう」みたいな感じだったのかな?

真行寺 そうですね。すごくパーソナルな部分を入れられました……ま、自分の中では歌詞に関してはまだまだ余白があるのかなあと思いつつ、プロデューサーの紹介で作詞家の人とお話しさせていただく機会があって、自分の中にはなかった引き出しが今回は開けられたのかなと思ってるんですけど。

この曲には、メロディの部分と、ラップっぽいところがある。特にラップっぽいところが、すごく変わったと感じた。

真行寺 自分の中でもチャレンジしたいなと思ってて。今回は大きく分けると、ラップとドゥワップを入れてたり、コーラスワークにすごく凝りました。ラップは昔から好きで、ただ、その畑じゃないし、「自分がラップやるのってどうなんだろう」っていう気持ちもあったんですけど、やっぱり「やってみないとわからないな」っていうのがすごく大きくて、「だったらレコーディングでやっちゃえ!」と思って。

それがいちばんいいよ! でもラップは大山くんにやってもらう方法もあると思うけど(笑)。

(一同笑い)

大山 それは勘弁してください!(笑)

大山くんのラップ、ぜひ聴いてみたいなあ(笑)。

大山 いいスか、チャレンジしても(笑)。

真行寺 それは相当面白いですね(笑)。

ラップに思い切り挑戦してみて、どうだった?

真行寺 ホントに単純ですけど、「やってみなきゃわかんないな」っていうのでレコーディングでやったら、やっぱり面白かったですね。

すごくカッコいい! 好きなラッパーはいるの?

真行寺 言葉はわかんないですけど、カーティス・ブロウがすごい好きです。

僕には3曲目の「Sexy Lover」にいちばんロックを感じる。ロックバンドのクイーンが、ダンス・ミュージックをやってるみたいで(笑)。

酒井 これはホントに、自分でも自信作。それこそクイーンだったり、シックの「グッド・タイムス」とか。

ギターがシックで、ベースがクイーンっていうハイブリッド・ファンク(笑)。

酒井 そうそう(笑)。ホントにそうですね。BRADIOではプリプロを詰めてやるんですけど、実際レコーディングをやってみて、まずドラムがホンットに強烈なグルーヴを出してきたんで。

実際はすごくクールな部分だったり、スタイリッシュなサウンドを作っていくのが得意なバンドだとも思ってるんです(大山)

それってサポートに入ってくれた昔の仲間のドラマー?

大山 そうです、そうです。

酒井 新体制になったっていうのもあるんですけど、きっと今の体制じゃなかったら選曲もしなかっただろうなっていうぐらいの曲。今回は他にもそういう曲が、8割くらい入ってる。その中でもいちばん苦労したのが「Sexy Lover」だった。グルーヴを作り込むまでに、いちばん時間がかかったかな。ただ、グルーヴを見つけてからはすごく早く進んだんで、ちゃんと音源にパッケージできました。

真行寺 4曲目の「Boom!Boom! ヘブン」がリード曲ですけど、個人的にはこの「Sexy Lover」も相反する感じでリード曲です。何しろ、リードをいっぱい作りたいなっていうぐらいの勢いでした。

大山 BRADIOはイメージ的に楽しくて激しくて情熱的なカラーのバンドだとは思ってるんですけど、でも実際はすごくクールな部分だったり、スタイリッシュなサウンドを作っていくのが得意なバンドだとも思ってるんです。けど、ただスタイリッシュってなると、今はいっぱいいるし、面白くない。だからスタイリッシュな曲にエグいグルーヴを付けたのが、この「Sexy Lover」ですね。ドラムとベースのベーシックが出来て、家で聴き直したときに、「なんじゃこりゃ!?」みたいな(笑)、けっこうエグいグルーヴの波が来た。

生の楽器でそこまでできて、レコーディングはすごい面白かったです(酒井)

そういう意味で言うと、「Sexy Lover」のグルーヴは、メチャ洋楽っぽい。

大山 いやあホントに(笑)。それこそ僕らが好きなシックとかアース・ウィンド&ファイアをよく聴くと、「このグルーヴって、どうなってるの?」っていうものがたくさんあるんですよ。それに近いものになっていくワクワク感がすごいあって。そういう感覚に自分の曲で初めてなれた。それがすごいスタイリッシュに仕上がって、メチャクチャ気に入ってます。

酒井 生の楽器でそこまでできて、レコーディングはすごい面白かったです。

それを受けて真行寺くんは、「Sexy Lover」ではヤラしい詞を書いてみようって思ったの?(笑)

(一同笑い)

真行寺 ヤラしい詞か(笑)。

ヤラしい歌だよ、ホントにもう(笑)。

真行寺 たまに息抜きじゃないですけど、エロいのもあったほうがいいなと思うし(笑)。歌詞に関しては、他の人では書けないような、自分にしか書けなものをっていうのは、どこかでは意識してたと思うんですけど。

実は最近、ヤラしい詞が、音楽シーンにあんまりないんだよ。

真行寺 歌える人がいないのかなあ。

そうかもしれない。

真行寺 そういう自分の強みみたいなものは、自分ではわかんないけど、周りから見たら「お前はそうだよ」とか「お前はこう見えてるよ」っていうのもメンバーやプロデューサーから言ってもらえたので、そういう意味では「書かされた」とかじゃなくて「やっと書けた」みたいな部分もあるかもしれないですね。

とにかく頭の3曲にヤラレた! ミックスがメチャクチャいいし、特にベースが大活躍してる。

大山 マスタリングのエンジニアさんにも、ここ最近手掛けたアルバムの中で、いちばんベースがデカイって言われた(笑)。サイコーですね。

バンド全体で、歌詞もサウンドも“やりたい放題”じゃん(笑)。

(一同笑い)

大山 もう最高です(笑)。

真行寺 かなりおバカな部分もあるし(笑)、なんだけどステキだなっていう。

インディーズ時代と違う意味で、『YES』は間口が広くて、いろんな人たちに楽しんでもらえるアルバムになったね。

大山 そうですね。昔からすげえコアなファンクバンドになりたいっていう気持ちは特になくて、それはあんまり変わってない。グルーヴだったりファンキーな曲は大好きだし、土台にあるのはソウルとかファンクだとは思うんですけど、そういう意味では「何でもやりたいな」っていうのは相変わらず持ってる感じはありますね。
それでいて今回は、新しいグルーヴも理解できて、ちょっと今までと違う熱感があります。内に秘める熱量の匂いがするサウンドができました。すごくキャラクター豊かな音が、作れたかなって感じです。

このアルバムで新しくBRADIOファンになる人が、たくさん生まれるかも。

大山 そうですね。アルバムの前に2発シングルを打ってますけど、そこからBRADIOに入ってくれた方もたくさんいるはずだし、そういう人たちに向けたり、このアルバムで知ってもらう人も当然いると思うんですけど、なったときに1、2、3曲目がドドドって入って来るっていうのが俺たちがやりたいこと。その辺は楽しみですね。

ホントに「よっしゃあ=YES」っていう想いが作品になりました(真行寺)

改めて、最後に『YES』っていうアルバムタイトルに込めたモノは?

真行寺 何個もタイトル案があって、でもなんか今の自分たちに合うような言葉がなかなか出てこなくて。で、『YES』っていう言葉が出てきたときに、「ああ、これだ!!」って感じになった。ホントに「よっしゃあ=YES」っていう想いが作品になりました。これから聴いてくれる人たちも、体制が変わって「BRADIOはどうなっちゃうのかな」と思ってる人もいますし、「はじめまして」の人も「どういうバンドなんだろう」っていう方にもホントに「よっしゃあ!」って言ってもらえるような作品ができたなと思ってて。
こういう音楽をやってると、ホントに正解がなくて。だとすると、この3人がまず「カッコいいね、いいね!」って思ったことに価値があるものだと思ってます。それはきっと届くという想いもあって。だから、ライブでも、今回の音源とはまた違うグルーヴの変化だったり、いろいろまだまだこの曲の中でも楽しめることってたくさんあるのかなあと思ってて。で、ライブで「きまったね! よっしゃあ!」とか、お客さんに届けたときに「うわ、すげえ返ってきた、届いてる! よっしゃ!」ってなって、BRADIOを見て「うわあ、今のカッコいい、よっしゃあ!」みたいなのとか、いろんな「よっしゃあ!」「イエス!」がこれから広がっていくんじゃないのかなと思ってます。

逆に言うと、じゃあなんで『よっしゃ!』っていうタイトルにしなかったの?

(一同笑い)

真行寺 日本語で?(笑)

日本語で(笑)。

(一同爆笑)

大山 それはたぶんあの、僕らの中で価値を見いだせなかったので(笑)。

もしかしたら次に出すDVDとかのタイトルではいいかもしれないよ、『よっしゃ!(YES)』って(笑)。

(一同笑い)

大山 それはちょっと面白い(笑)。

レコーディング・メンバーでライブもやるの?

大山 はい、これからのツアーはそうなります。今もライブのリハーサルしてて、俺も個人的に「あ、この曲ってこういう曲だったんだ」って旧譜の曲に対して思うこともあって。アレンジは大きく変えてないけど、やっぱりすごくグルーヴが大事なバンドだなっていうことを改めて身に沁みてます。ライブも楽しみにしてて下さい!

ありがとうございました!

その他のBRADIOの作品はこちらへ

ライブ情報

YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM

《ツーマン公演》

9月8日(土) 熊本:B.9 V1
9月9日(日) 鹿児島:CAPARVO HALL
9月15日(土) 京都:KYOTO MUSE
9月16日(日) 鳥取:米子AZTiC laughs
9月22日(土) 高知:X-pt.
9月23日(日) 兵庫:太陽と虎
9月29日(土) 岩手:盛岡CLUB CHANGE WAVE
9月30日(日) 福島:郡山CLUB#9
10月6日(土) 静岡:窓枠
10月8日(月・祝) 石川:金沢EIGHT HALL
10月13日(土) 長野:CLUB JUNK BOX
10月14日(日) 群馬:club FLEEZ

《ワンマン公演》

10月20日(土) 広島:CLUB QUATTRO
10月21日(日) 香川:MONSTER
10月27日(土) 福岡:DRUM LOGOS
11月3日(土) 新潟:LOTS
11月4日(日) 宮城:仙台darwin
11月10日(土) 北海道:PENNY LANE 24
11月16日(金) 愛知:DIAMOND HALL
11月18日(日) 大阪:なんばHatch
11月22日(木) 東京:NHKホール

BRADIO

~Break the Rule And Do Image On~
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。
「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)の3人組ロックバンド。

楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団BRADIO。

2013年10月に1st mini album「DIAMOND POPS」でCDを全国リリース。
2014年夏にはT.M.Revolution西川貴教主催イナズマロックフェス2014に出演。その後各地のサーキットイベントにも勢力的に活動を広げる。
2015年1月期アニメ「デス・パレード」オープニングテーマ、10月期アニメ「Peeping Life TVシーズン1 ??」オープニングテーマ、さらに”京都きもの友禅” 全国CMのイメージソングのタイアップの数々を担当。

2015年夏には国内邦楽最大級フェスティバル”ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015”に初出場にしてステージのトリを努める。
2016年には夏フェスに数十カ所に出演。そして7都市で10回のワンマンライブを開催。年末にはキャリア最大規模のZepp DiverCity満員御礼のライブで注目度を増す。
2017年1月 週刊漫画ゴラク連載中の人気漫画「ミナミの帝王」を実写化したドラマ「新・ミナミの帝王」主題歌に抜擢され、初のドラマ書き下ろしを担当。
2017年4月の中野サンプラザ公演にてWARNER MUSICからメジャーデビューを発表。
日本全国の主要フェスへの出演や学園祭のオファーも殺到。
COUNTDOWN JAPANについては3年連続出演。
年間にして100公演近くのライブパフォーマンスを実施し、生粋のライブバンドであることを知らしめた。
10月にメジャー1st Single「LAPAPARADISE」をリリース。
リリースツアーでは東名阪Zeppツアーを敢行し、ファイナルのZepp Tokyoを見事ソールドアウト。

2018年4月2ndSingle「きらめき Dancin’」をリリースし、立て続けに7月にはメジャー1stフルアルバム「YES」をリリースする。
9月からはアルバムを携えた全国ツアー「YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM~」を開催。全国21都市を駆け抜ける!

オフィシャルサイト
http://bradio.jp

フォトギャラリー