Report

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~開催。「家畜共!お前ら盛り上がってるか!」熱き咆哮に熱狂のZepp DiverCity(TOKYO)

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~開催。「家畜共!お前ら盛り上がってるか!」熱き咆哮に熱狂のZepp DiverCity(TOKYO)

弾けるROCKにZeppが揺れた──6月26日・27日の2日間にわたって、Zepp DiverCity(TOKYO)にて開催されたLive Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~。今回は、シンガンクリムゾンズ、トライクロニカ、アルカレアファクト、忍迅雷音、アマテラスト、défendu aube(デファンデュオーブ)ら、華と個性を備えたツワモノが結集! Zepp DiverCity(TOKYO)で魅せた咆哮のライヴステージをレポートする。

取材・文 / 横川良明

クロウのシャウトに、Zeepが深紅色に染まる!

シンガンクリムゾンズに代表されるとおり、エネルギッシュなロックバンドが勢揃いするLive Musical「SHOW BY ROCK!!」。それだけに、フェスの始まりも彼ららしい、いきなりロケットダッシュで飛び出すような熱いものになるかと思いきや、その予想はいい意味で裏切られた。

最初にステージに現れたのはクロウ(米原幸佑)。いつものように後ろにほかのメンバーを従えてはいない。表情も、普段のハイテンションなキャラクターとは別人のようにシリアスだ。ふっと息を吐いて、マイクに唇を近づけると、そこから溢れ出てきたのは、詩情的なバラード。その歌声に呼応するように、嵐(辻 諒)、チタン(糸川耀士郎)、そしてシュウ☆ゾー(鎌苅健太)と各バンドのフロントマンが登場。それぞれ持ち前の伸びやかな声を聴かせて、神聖な空気をつくりだす。4人の歌声は賛美歌のようで、ロックフェスというよりも、さながら古い大聖堂に迷い込んだような錯覚に陥る。

今夜は、俺たちの歌声にとことん酔わせてやるぜ。この歌声は、そんな彼らからの宣戦布告だ。

それを証明づけるように、ここから一気にステージは加速。まずはシンガンクリムゾンズがトップバッターのミッションを果たす。シンガンクリムゾンズのカラーであるパンチの効いたハードロックに、業火を吐き出すようなクロウのボーカルで、会場はたちまち地獄の饗宴状態。家畜たちがはめたアンクルやリングが深紅色に染まり、まるで火の海で雄叫びをあげているよう。シンガンクリムゾンズにとっては、おあつらえむきのステージだ。

「やい! 家畜共! お前ら盛り上がってるか!」

クロウがそう呼びかけると、家畜たちも絶叫。そんなサディスティックな表情を決めるクロウたちも、MCでは普段どおりキュートでちょっとおバカな一面も見せる。

ロム(郷本直也)が、いつものようにワチャワチャしているクロウ、ヤイバ(鳥越裕貴)、アイオーン(輝馬)に「あとがつかえてるんだよ!」「ライヴってのはな、いろんなスタッフ様がいてだな、それで成り立ってるわけだよ。そのこと忘れるんじゃねえぞ!」と声をかける。そんなロムからのお説教に感動した(!?)クロウらは、時間短縮のために次の曲を残して「帰ろう!」とまさかの退場宣言。すると、ロムからクロウへ「バカなのか?」と制裁のラリアットが飛ぶ。微笑ましいやりとりに、ついつい頬が緩みそうになる。と思いきや、今度はロムが聴衆の前でモノマネを披露する事態に……? しっかり者のロムが見せる赤面の数々に愛しさが暴発。歌はもちろんのこと、シンガンクリムゾンズのワチャワチャ感を満喫できるMCコーナーとなった。

音楽もMCも魅力爆発。それが、LMSB69のフェスだ!

続いてステージに舞い降りたのは、トライクロニカ。「さあ、みんないくよ」というシュウ☆ゾーのコールと共に、疾走感溢れるアップチューンが駆け抜ける。シュウ☆ゾーの完璧ウインクもさることながら、可愛さ炸裂なのがカイ(木原瑠生)とリク(ゆうたろう)。手を振りながらぴょんぴょんと飛び跳ねるカイは、ちょっと正気を失うほどにラブリー。正気にちゃんと家まで帰った自分を自分で褒めてあげたい。

MCコーナーでも、そんなカイ&リクとシュウ☆ゾーの噛み合っているようで噛み合っていない、ピュアすぎるトークが笑いを誘った。シュウ☆ゾーが水を飲んで「あぁ~☆」をやりたいのに、カイから「実は……(舞台監督が)長いからやめてくれって」と、まさかのスタッフNGが出ていたことが明かされる。それでもシュウ☆ゾーは負けたりしない。自分で水を持ってきて「あぁ~☆」を決めようとするが、ここぞというタイミングでリクに「あぁ~☆」とお株を奪われる始末。さらに2度目はカイが「あぁ~☆」と先を越し、大きな笑いが。これにはシュウ☆ゾーからも「今のはある意味正解だ」とお褒めの言葉。満を持しての3度目。シュウ☆ゾーが「2人とも絶対、絶対『あぁ~☆』って言っちゃダメだよ☆」とわかりやすく念を押して水を飲み干す……が、素直なツインズは大人しくそれを見守るだけ。定番のネタふりを完全スルーするカイ&リクに「言わないのか~い☆」とシュウ☆ゾーから華麗なツッコミも飛び出した。

3組目はアルカレアファクトが降臨!フロントマン・チタンがキーボーディストであることから、他バントに比べても音色に優雅さと気品が備わっているのが、アルカレアファクトの特色。さらにヴァイオリニストのオリオン(田中涼星)もいることから、音に重厚感も増し、ちょっとまた違う音楽的な個性を楽しめる。

メンバーも、音楽に負けないほど個性的。特にインパクト抜群なのが、ドラムのアルゴン(滝川広大)だ。長身の体格に加え、筋トレが趣味というアルゴンは、絵に描いたようなマッスルキャラ。「セイ、セイ、セイ」と力強いコール&レスポンスで場を盛り上げる。これに対して、小悪魔的な可愛さで魅了するのがセレン(板垣李光人)だ。アルゴンとは対照的に小柄なセレンは「MCじゃなくて音楽で勝負するべきだよね?」と余裕の笑み。「僕たちについてこれるよね?」と会場を煽るが、どうやらその声量がお気に召さなかった様子で「そんなので本当についてこれるの?」と顔に似合わぬSっ気を発揮。このギャップにオーディエンスからも黄色い悲鳴が自然発生。「僕たちについてこれる?」と仕切り直すと、黄金アーティファクトから最大級の歓声が爆発した。

あの伝説のバンドも登場! 全員で迎えた幸福と絶頂の夜

そして、4組目は忍迅雷音が見参! 忍迅雷音はシンセサイザーを効かせたロックサウンドに加えて、サイバー忍者バンドらしい運動量とノリノリのパフォーマンスが魅力。闇の中に嵐が背負った手裏剣が光ると、一気にヒートアップ。前線に立つ嵐、燐(高橋健介)、朧(井阪郁巳)が曲に合わせてジャンプを決めるなど、若さと勢いで聴衆の心を掴んでいく。

MCコーナーでは、忍マシーンの神威(赤澤遼太郎)が大活躍。いきなり「はい、どうも~」と漫才師のような口調で仕切り始めると、「べっぺんさん、べっきんさん、ひとり飛ばして、べっぴんさん」とベタすぎるネタもてらわず披露。燐に「あなた、ロボよ」とツッコまれると、「盛り上がりすぎてバッテリーが上がってしまったようだ」と反省。これには嵐も「バッテリーが上がるとこんなふうになっちゃうでござるか」と目を丸くしていた。

2曲目も「手裏修羅雷」のコールに合わせて、燐と朧が片足を上げる振りが愛らしい。キャッチーで親しみやすいパフォーマンスに、会場全体がすっかりシュラライザーと化していた。

後半戦では、シュウ☆ゾーとロムが過去に組んでいた幻のバンド・アマテラストが大復活! あのキラキラ100パーセントのシュウ☆ゾーからはまるで想像もつかないハードロッカーの顔に度肝を抜かされること必至。さらにそんな2人のかつてのバンド仲間であるアダム(KIMERU)とイヴ(吉岡 佑)によるdéfendu aube(デファンデュオーブ)も参戦し、会場の熱狂は衰え知らず。脳天気なイヴと短気なアダムのほのぼのとした絡みを楽しみつつ、アダムの狂気を帯びた悪魔的な歌声と、イヴのとろけるような甘い歌声というアンマッチに見えて絶妙なハーモニーを響かせるツインヴォーカルに聴衆は腰砕け。「Zepp最高!」の掛け声に大きな拍手と歓声が沸いた

約100分のライヴでV系ロックから軽快なピアノサウンドまで様々なジャンルの音楽で沸かせたLive Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~。終盤ではテンションの振りきったヤイバが上着を半分脱いで、その鍛え上げられた肉体を披露するなど、サービスシーンも盛りだくさん。幸福感と絶頂感でフィナーレを迎えた。

さらに最後には8~9月に上演するLive Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―の追加情報が公開され、会場中が歓喜の渦に。大阪公演も行うなどますます拡大しているLive Musical「SHOW BY ROCK!!」の人気に今後も乗り遅れることなくついてきて欲しい。

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES 2018~

2018年6月26日(火)・6月27日(水)Zepp DiverCity(TOKYO)

原作:サンリオ
ストーリー原案:待田堂子
脚本・演出:斎藤栄作
作詞:三ツ矢雄二
音楽:楠瀬タクヤ

出演:
〈シンガンクリムゾンズ〉
クロウ 役:米原幸佑
アイオーン 役:輝馬
ヤイバ 役:鳥越裕貴
ロム 役:郷本直也

〈トライクロニカ〉
シュウ☆ゾー 役:鎌苅健太
リク 役:ゆうたろう
カイ 役:木原瑠生

〈アルカレアファクト〉
チタン 役:糸川耀士郎
オリオン 役:田中涼星
セレン 役:板垣李光人
アルゴン 役:滝川広大

〈忍迅雷音〉
嵐 役:辻 諒
朧 役:井阪郁巳
燐 役:高橋健介
神威 役:赤澤遼太郎

〈défendu aube(デファンデュオーブ)〉
アダム 役:KIMERU
イヴ 役:吉岡 佑


Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―

2018年8月30日(木)~9月9日(日)天王洲 銀河劇場
2018年9月14日(金)~9月17日(月・祝)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
チケット一般発売日:7月28日(土)AM10:00〜

原作:サンリオ
ストーリー原案:待田堂子
脚本・演出:斎藤栄作
作詞:三ツ矢雄二
音楽:楠瀬タクヤ

出演:
〈シンガンクリムゾンズ〉
クロウ 役:米原幸佑
アイオーン 役:輝馬
ヤイバ 役:鳥越裕貴
ロム 役:郷本直也

〈トライクロニカ〉
シュウ☆ゾー 役:鎌苅健太
リク 役:ゆうたろう/宇佐卓真(Wキャスト)
カイ 役:木原瑠生

〈アルカレアファクト〉
チタン 役:糸川耀士郎
オリオン 役:田中涼星
セレン 役:板垣李光人
アルゴン 役:滝川広大

〈フカシギミック〉
マロ 役:健人
ゲ・フロッチ 役:畠山 遼
シャッキー 役:吉村駿作

〈ジューダスJr.〉
阿部快征
大野紘幸
北川雄也
吉高志音

じい 役:鳥羽 潤
有栖川メイプル 役:今 拓哉

オフィシャルサイト
公式Twitter(@LMSB69)

©2012, 2018 SANRIO CO., LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会#

「SHOW BY ROCK!! MUSICAL ~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~」