Interview

CRAZY KEN BAND 16th album インタビュー vol.1

CRAZY KEN  BAND 16th album インタビュー vol.1

日本が誇るクレイジーケンバンドのサウダージな季節が今年も到来!
フロントマン横山剣が、約1年ぶり、通算16枚のオリジナルアルバムを語る。

インタビュー・文/大谷隆之 写真/山本哲也


ckb_pct1

近年 CRAZY KEN BAND (CKB) のライヴに行くと、必ず剣さんのDJタイムがあって。まだ発売されてない新譜のさわりまで、先行でガンガン聴かせちゃうじゃないですか。

あ、はい。「実演販売ショウ!!!」のコーナーですね。本当は情報公開日までかけちゃいけないのかもしれないけど、まぁ、かけちゃったもん勝ちってことで(笑)。ライヴだけじゃなく、1人で営業も行くんですよ。シングル盤を携えて各地のショッピングモールをずーっと回ったり。いわゆる“寅さんスタイル”ですね。

今度のアルバムとも最初はそうやって出会ったわけですけど。一聴して、とにかくリズムが生々しくて驚きました。1曲目のイントロから、いつになく低音がズンズン鳴っていて。

うれしいですねえ、そう感じてもらえると。ボトム(低音域)の気持ち良さっていうのは、今回1つのテーマになってまして。ベースやバスドラムが“ドン!”と響く感覚を出したかったんです。なので楽曲によっては、音が割れない規定ギリギリまでそこを強調してみた。1曲目の「SOUL PAINT」もそうだけど、特にアルバム導入部にはグルーヴィーな曲を並べてます。

というわけで、16枚目のアルバム『もうすっかりあれなんだよね』ですが。2014年9月に出た前作『Spark Plug』はわりあい“男の哀愁”が基調になっていたというか……。

うん、中年オヤジの黄昏感ね(笑)。クルマに喩えると、ちょっとくたびれたヨーロピアンスポーツ。年齢的にも50代の半ばっていう、どっちつかずの気分が出ていて。ジャケットの写真もそうだけど、全体的にセピアっぽい質感でした。それと比べると、今回はだいぶトーンが違うかな。

ckb_SparkPlug
『Spark Plug』

Universal Music LLC

いい意味の煩悩っていうか、ヤンチャですよね。何かきっかけがあったとか?

うーん……自分の中でヒントがあったとしたら、今年の春、久しぶりにバリ島にいったんですね。それが大きかったかもしれない。特に何してたわけでもないんですけど、アジアの力強さを肌で感じたっていいますか。感化されやすいんで、すっかり元気になっちゃったと。

はははは、ステキです!でも、どうしてまたバリに行こうと?

いったん空っぽになりたかったのかもしれませんね。実はバリには、10年くらい前に知り合った現地の友達がいまして。僕よりちょっとだけ年下なんですけど、木彫りの博物館を開いたり自然食レストランを経営してたり、政治に関わったり、陰陽師のようなスピリチュアル・パワーもあってたりして、もうバイタリティの塊みたいな人なんです。久しぶりに彼と話したら、頭の中がスッキリするんじゃないかって予感もあって……案の定すっきりしました(笑)。ただ、『Spark Plug』の黄昏感が消えてしまったわけじゃないんですよ。55歳の自分は、それはそれでちゃんと見えていて。その次にくる何か別のものとして、今回のアルバムがあったって感じです。

そう考えると、さっき話した「SOUL PAINT」をいきなりアルバム冒頭に置いた意味もわかる気がします。まさに〈♪下地が透けて見えぬように〉、魂を新たな色に塗って行けと。

放置しとけばペンキも剥げるし、色だってくすんでいっちゃいますからね。これはもう、定期的に自分で塗り直すしかない。この年齢になるとリアルに感じますけど、人生、惰性で続けてたら一瞬で終わっちゃいますからね。バンドマンも会社員も、そこのところは同じだと思うんです。逆に言うと、日々塗り直していけば、ルーティンにだって輝きが出てくる(笑)。

→ 続きは vol.2で! 8/9 更新予定

CRAZY KEN BAND

ckb_profile

1997年、横浜・本牧の伝説的ライヴハウス “イタリアン・ガーデン” で横山剣を中心に発生した東洋一のサウンドマシーン、クレイジーケンバンド。通称 CKB。1998年にアルバム『PUNCH! PUNCH! PUNCH!』でデビュー。ジャンル不確定な規格外スタイルが、老若男女問わず幅広いリスナーから支持されている。2005年の『SOUL PUNCH』以降、オリジナルアルバム全タイトルをチャートのトップ10に送り込んでいる(記録更新中)。

オフィシャルサイトhttp://www.crazykenband.com

ckb_album
CRAZY KEN BAND 全作品の試聴/購入はこちら

『もうすっかりあれなんだよね』 8/12 mora同時配信予定!