LIVE SHUTTLE  vol. 276

Report

「おかげ様で40年 ここは天下のNHK」──サザンオールスターズ 40周年の幕開け。キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」開催!

「おかげ様で40年 ここは天下のNHK」──サザンオールスターズ 40周年の幕開け。キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」開催!

サザンオールスターズの40周年アニバーサリーイヤーは、デビュー記念日となる6月25日と翌26日の2日間、東京・NHKホールでおこなわれた〈サザンオールスターズ キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」〉で祝福の声と共にキックオフした。約3年ぶりに表舞台に姿を現わした彼らを迎えたのは、本公演に集まった両日合わせて7,200人のファンたち。さらに2日目の26日の公演では、全国130ヵ所の映画館でライブビューイングがおこなわれ、70,000人を超えるファンがNHKホールに向けて熱い声援を送った。演奏曲はアンコール曲を含め、全25曲。2時間半にわたるステージ。40年のキャリアを踏まえながら、ファンに対してサザンからの感謝とこれからも一緒に歩んでいこうというメッセージを込めた祝祭のステージとなった。
本ページでは26日公演の模様をお届けしたいと思う。

取材・文 / 大畑幸子 撮影 / 岸田哲平

2018年の今を描いた進化形のライブ・ヴァージョンとしての輝き

個人的なことで申し訳ないが、桑田佳祐(vocal & guitars)が自身のラジオ番組『ニッポンハム ムーンライト・ミーティング 桑田佳祐のやさしい夜遊び』内で「(デビュー記念日の)6月25日にライブをやりたい」と突然発言したと耳にしてからずっと、もしも本当にその日にデビュー40周年記念日ライブをやるとしたら、その幕開けを飾る1曲目はいったい何だろうとあれこれ想いを巡らせていた。実際、6月25日と翌26日の2日間にライブを開催するというニュースを聞いて、その想像はさらに膨らむばかりだった。
たしか40年前のデビューコンサート〈胸さわぎ〉の1曲目は「いとしのフィート」だったが、この歌の歌詞は季節が違うので今回はやらないまでも、もしかして同じように1stアルバム『熱い胸さわぎ』から選曲したら面白いな……とか。いやいや、1988年の〈真夏の夜の夢 1988 大復活祭〉の1曲目「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」のように、のっけからドーン!と派手にぶっ放したりして……とか。いや待てよ、1999年のシークレット・ライブ〈’99 SAS事件簿 in 歌舞伎町〉のときの1曲目「私の世紀末カルテ」のように、鋭角的な球を放りこんでくるとか……? いやいや、それはないか。だったら、2008年の30周年記念ライブ〈真夏の大感謝祭〉の「YOU」や、2013年の35周年記念ライブ〈灼熱のマンピー!!G★スポット解禁!!〉の「海」といったグッとくるようなオープニング曲で迫ってくるかも……とか。
そんなふうに勝手な想像をさせてくれるのも、これまでの長き歩みのなかで、その時代時代に合わせて魅せてきたサザンならではのステージングの妙があるからこそ。いずれにせよファン思いのメンバーたちだけに、ステージ構成や照明、NHKホールという空間をどう生かすかを考えて、‟これぞ!!”という最良の曲から始まり、楽しいショーを見せてくれるに違いないと期待していた。
と、前置きが長くなってしまったが、そんな楽しみを最大限に生かすべくライブに関する情報をなるべくシャットダウンして、ライブ当日を迎えたのだった。

「おかげ様で40年 いつもいつもありがとう」

開演前の会場内にランダムに流れていたSEは、もちろんサザンのナンバー。それらのナンバーを聴きながら、胸の高鳴りを押さえつつ、徐々に近づいてくる開演時刻を待っていた。すると、ライブを待ちわびる観客から自然発生的にウェーブが起こり、場内のボルテージがグーンと上昇。そんななか、有働由美子アナウンサーによる前説のナレーションが始まる。彼女の「皆さん準備はよろしいですか!」の声に続き、メンバーがステージに登場。が、なんとそこで流れたのはX JAPANの「Forever Love」。と同時に、「X JAPANの皆さんです!」と紹介され、思わずサザンのメンバーがズッコケるという、お約束的な出落ちで会場の笑いを誘う。40年経っても重鎮らしからぬこういう軽快なノリとギャグを挟んでくるあたりは、いかにもサザンオールスターズというバンドの楽しい一面だ。

気を取り直して改めて紹介されると、会場内から割れんばかりの拍手と声援が巻き起こり、いよいよ待ち望んでいた1曲目のナンバーが流れ始めた。40周年を飾る記念すべきオープニング曲は、なんと「茅ヶ崎に背を向けて」。イントロが流れ始めた瞬間、思わずガッツポーズをしてしまった。それは決して私だけではなく、観客の誰もが盛り上がる最善で究極の一曲だったと思う。この曲は桑田が大学2年生のときに初めて作ったオリジナル曲で、桑田と原由子(keyboards & vocal)の初のデュエット曲となるだけに、この曲に対するファンの思いもひとしおだったはずだ。しかも桑田が「ほんとうに今までありがとう うれしいね また会えたね」と出だしの歌詞を替え、原のパートの歌詞までも変更。楽曲のアウトロ部分もリアレンジして、メンバー全員でのコーラスワークを加え、「おかげ様で40年 いつもいつもありがとう」「おかげ様で40年 ここは天下のNHK」と歌いファンへの多大なる感謝を表現したのだから、盛り上がるのも当然のこと。やはりサザンは期待を裏切らない。開催中のロシアW杯になぞらえるわけじゃないけど、1曲目にしてキックオフした瞬間に先制点を上げてしまったような気分になった。そしてそれは私があれこれと想像していた1曲目を軽々と凌駕するような格別なものだった。

続いて原の軽快なピアノから始まった「女呼んでブギ」、そしてアンビエントな雰囲気のキーボードの調べに乗せて始まった名バラード曲「いとしのエリー」へと歌い継がれていく。歌い終わったあと、スクリーンに映し出された「祝デビュー40周年 まだまだ半分、青い サザンオールスターズ」とNHKの朝の連続テレビ小説を意識した文字が、会場を大いになごませた。オープニングで魅せたサザン初期の代表曲3連発は、特にリアルタイムで聴いてきた世代にとっては涙がチョチョ切れんばかりの嬉しさだったはずだ。40年のキャリアを積んだミュージシャンとしての誇りと自信、そして未だに変わらない‟音楽が好きだ”という純粋性。こんな60代がいるって本当に素敵だと心から思った。それがライブの始まりに感じたこと。まさしくデビュー40年という大きな節目であり、特別な意味を持つメモリアルなライブの幕開けにふさわしいオープニングのブロックだったと思う。

最初のMCで桑田は、かつてNHKホールで公録していた『レッツゴーヤング』に出演した話など、ユーモアを交えつつデビュー当時を振り返った。そして2ブロック目の始まりは「さよならベイビー」。以降もシチュエーションは違えども、様々な情感や抒情や妖艶さなどが風景として見えてくる名曲たちが続き、桑田があえて「好きな曲です」と言うハワイアン調の情感あるナンバー「SEA SIDE WOMAN BLUES」が14年ぶりに披露された。サポートメンバーの片山敦夫のキーボードによるプログレッシブなサウンドによって、場面がガラッと変わると、そこに切り込むように同じくサポートメンバーの斎藤誠のソリッドなギターが響き、「汚れた台所(キッチン)」でバンドサウンドが鋭く放射された。続く「My Foreplay Music」のイントロが鳴った瞬間、オーディエンスのテンションが一気に上がる。また原が初めてメインボーカルをとった記念すべき曲「私はピアノ」では、サイドステップを小粋に踏みながらギターを弾く桑田の楽しそうな姿も印象的だった。

ここでメンバー紹介コーナー。まずは先述した片山(keyboards)、斎藤(guitar)に加え、コーラスにTIGER、ブラスセクションに山本拓夫、吉田治、菅坡雅彦の3人といった、サザンや桑田のソロを支えるお馴染みの強力なサポートメンバーを紹介。そして桑田がサザンそれぞれのメンバーと初めて逢ったときのエピソードなどを交えながら、ひとりひとりの名前をコールする。まずは松田弘(drums & vocal)。「サザンは楽しいね~‼ 目指せ50周年!」と松田らしい前向きな挨拶。続いて野沢秀行(percussion)は「このバンドでパーカッション、いるかな?」と自虐気味に言って笑いを誘ったあと、「でもね、最後尾からメンバーを支えていきまーす!」と、これまた前向きなコメント。関口和之(bass & vocal)は「40年前はいろいろ悩んでいた。教職試験も受かっていた。そして今ここに立たせてもらっています。その後の僕の人生、幸せです!」と噛み締めつつ発言し、原は「(女性で)還暦過ぎてこんな学生みたいなバンドをやっているのは私ぐらいになっちゃったんですけど、サザンが続くかぎり頑張ります!」と、プレイヤーとしての自負を胸に力強く宣言した。そして最後は、メンバーの中で桑田と一番長い付き合いの関口が「ボーカル、桑田佳祐!」とコール。その瞬間、40周年を迎えた5人に対して割れんばかりの大声援と拍手が巻き起こった。

会場を温かい笑いに包む。クスグリを忘れないのもサザンらしさのひとつ

中盤のブロックは、映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌である新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」からスタート。現代社会の闇を表出し逆説的に切り込んだナンバーで、2018年の最新型サザンを象徴した一曲。ここでこの日初めて、今やサザンや桑田のソロライブでは欠かせないエバトダンシングチームが登場。そして波の音のSEから始まった「はっぴいえんど」「真夏の果実」「太陽は罪な奴」「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」と、夏になくてはならないナンバーが続く。

その後会場が暗転になると、ドヴォルザークの「ユーモレスク」をBGMに、「当メンバーはバンド全員が還暦を超えており、ほどよく呼吸を整える時間が必要です。どうか皆さん、温かい心でお待ちいただけますようお願いいたします」とお詫びのテロップがスクリーンに映し出され、会場を温かい笑いに包んだ。こういったクスグリを忘れないのもサザンらしさのひとつ。ほど良いタームを終え、後半戦は「栄光の男」からスタート。ミラーボールが場内を照らした「東京VICTORY」の高揚感に酔い、「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」「匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB」といったアッパーチューンで有無を言わせぬパワーを見せつける。

続く「HOTEL PACIFIC」では、冒頭で斎藤がベンチャーズの「パイプライン」を弾き始め、場内を沸かせる。このシーンを見て、これはもしかしてベンチャーズ日本公演を機に60年代に日本中にエレキブームが起った、その立役者のひとりである加山雄三へのオマージュか?と思ってしまった。というのも、「HOTEL PACIFIC」のタイトルの由来となったのは、かつて実在した「パシフィックホテル茅ヶ崎」。加山はこのホテルの共同経営者であったわけで、考えすぎかもしれないが、そのあたりの関連性を交えて、そこに特有のシャレっ気を込めたような気がしてならなかった。それはさておき、本編クライマックスに差し掛かる勢いは、本当に半端ない。水着のダンサーを交えて繰り広げられるパワフルなステージングに、ライブの熱量は一段とヒートアップ。その雰囲気を一瞬落ち着かせたのは、原のピアノに乗せて歌われた「あの日から何度目の夏が来ただろう~」から始まるフレーズ。ここ近年、「みんなのうた」の前に寄り添う歌としてファンにはお馴染の曲なのだが、今回そこに「6月25日にデビューしたサザンオールスターズ みんなの応援があり ここに立っていられるのさ」という一文を加え、ファンへ感謝の気持ちをストレートに歌い贈った。その気持ちを受け、観客もそれ以上の想いでサザンを祝福。そんな双方の思いが重なり合ったまま、本編ラストの「みんなのうた」に突入。このうえない一体感を作り上げていった。

アンコールは4曲。ディスコサウンドを哀感たっぷりに心地良く味付けした「DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~」からスタート。続けて「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」「ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~」を披露した。そしてこの日のライブを締め括るナンバーは、サンバ・ダンサーを交えたデビュー曲「勝手にシンドバッド」。それは、まさに狂宴。この日最大級のエネルギーが爆発した瞬間だった。

最後はスクリーンに映し出されるデビュー当時の映像と「40年間ありがとう これからもよろしく」の文字に再びグッときて、完全にサザンの歌と音に酔いしれてしまった。そして「勝手にシンドバッド」に繋げるように「蛍の光」が演奏され、この日のライブは幕を閉じた。「蛍の光」は、『紅白歌合戦』の終演間際でも歌われる曲だが、『紅白歌合戦』の会場であるNHKホールになぞらえてこの曲を選んだのか……? そのあたりの真意は定かではないが、ド派手に華々しく終わるよりも、もしかすると粛々とした気持ちで40周年記念ライブを締めたかったのかもしれない。

「美しい想い出も大切だけど、人生はこれからも夢見ることさ」

それにしても、演奏したどの曲も2018年の今を描いた進化形のライブ・ヴァージョンとしての輝きがあった。それはまさしく‟まだまだ行くよ!”というパワー以外のなにものでもない。まだまだ手を休めないというアクティブさは、代表曲に加え新曲も楽しめるプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』(8月1日リリース)や、来春に全国ドーム&アリーナツアーが予定されていることからもわかるというものだ。

成長期、成熟期、充実期を経て、円熟期にさらなる磨きをかけながらも今なお青春の匂いも感じさせるという、サザンは本当に稀有なバンドだ。ライブを見終わってふと思った。前述した「みんなのうた」の前に歌われる歌の最後のフレーズ「美しい想い出も大切だけど、人生はこれからも夢見ることさ」──これこそ、今のサザンオールスターズだなと。今後も最高の音楽人生を彼らが歩んでいくと思うと、何だか胸が弾んだ。

サザンオールスターズ キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」
2018年6月26日(火)@NHKホール SET LIST

M01. 茅ヶ崎に背を向けて
M02. 女呼んでブギ
M03. いとしのエリー
M04. さよならベイビー
M05. せつない胸に風が吹いてた
M06. 愛の言霊(ことだま) 〜Spiritual Message〜
M07. SEA SIDE WOMAN BLUES
M08. 汚れた台所(キッチン)
M09. My Foreplay Music
M10. 私はピアノ
M11. 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
M12. はっぴいえんど
M13. 真夏の果実
M14. 太陽は罪な奴
M15. 涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~
M16. 栄光の男
M17. 東京VICTORY
M18. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
M19. 匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB
M20. HOTEL PACIFIC
M21. みんなのうた
〈ENCORE〉
EN1. DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜
EN2. LOVE AFFAIR~秘密のデート
EN3. ロックンロール・スーパーマン 〜Rock’n Roll Superman〜
EN4. 勝手にシンドバッド

サザンオールスターズ

桑田佳祐(vocal, guitars)、関口和之(bass, Vocal)、松田 弘(drums, vocal)、原 由子(keyboards, vocal)、野沢秀行(percussion)。
1978年6月25日にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。1979年発表のシングル「いとしのエリー」大ヒット以降、国民的ロックバンドに。2008年8月に史上初の日産スタジアム4DAYSライブを成し遂げ、無期限活動休止期間に入り、2013年に復活。2015年3月には約10年ぶりのアルバム『葡萄』を発表し、5大ドームや22年ぶりの日本武道館での追加公演を含む全国ツアーを開催、約50万人を動員する。2018年6月25日にデビュー40周年を迎え、8月1日にはプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』をリリース。さらに、2019年春には全国ドーム・アリーナツアーの開催も決定。

sas応援団 サザンオールスターズ Official Fan Club Site
サザンオールスターズ Official YouTube cannel

vol.275
vol.276
vol.277