Interview

Qyotoが『BORUTO』のストーリーに自分たちを照らし合わせて書き下ろした「It’s all in the game」。そこから見えてきたQyotoらしさとは?

Qyotoが『BORUTO』のストーリーに自分たちを照らし合わせて書き下ろした「It’s all in the game」。そこから見えてきたQyotoらしさとは?

昨年8月にシングル「太陽もひとりぼっち」でメジャーデビューしたQyotoが、4月からオンエアされているテレビ東京系アニメ『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』のオープニングテーマ「It’s all in the game」をタイトル曲にした2ndシングルをリリースする。メンバーを代表して、中園勇樹(vocal)、HIROKI(violin)、RYOTA.(keyboards & sax)に、2ndシングルのことやデビュー2年目を迎える現在の心境を聞いた。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 冨田望

新人バンドである僕らが今思っていることを重ね合わせながら

2ndシングルの表題曲「It’s all in the game」は、テレビアニメ『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』オープニングテーマですね。

中園勇樹 原作を読ませていただいて、『BORUTO』のストーリーをもとにして書き下ろしました。『BORUTO』の主人公は、大人気マンガ『NARUTO』の主人公・うずまきナルトの息子です。うずまきボルトが父親のナルトに抱く気持ちと、デビューしてまだ1年の新人バンドである僕らが今思っていることを重ね合わせながら歌詞を書きました。

中園勇樹(vocal)

HIROKI うずまきボルトは未熟ではあるけれど、圧倒的な存在に追いつこうと食らいついている。そんな彼の気持ちが自分たちの今いる場所に似ていると思いました。

HIROKI(violin)

RYOTA. うずまきナルトは自分にとって絶対的な親友でありライバルでもあるうちはサスケと、幼い頃からずっと闘い続けるし、ライバルでい続けられる存在がいたことで成長できたと思うんです。僕はそういう存在や成長の仕方に“青春”を感じましたし、尊敬し合いながら切磋琢磨できる存在がいれば輝けるんだとも思いました。きっと息子のボルトにもそういう仲間がいるからこその成長があると思うし、僕もQyotoのメンバーとそんな関係でありたいなって。

RYOTA.(keyboards&sax)

中園 映画『BORUTO-ボルト-NARUTO THE MOVIE』のワンシーンに、忍術じゃなくて化学忍具を使えばもっと闘いやすく勝てるのに、そんな誘惑に流されないボルトの姿があって。学生時代や青春時代には、ラクに勉強できる方向に逃げたくなったり、やらなくちゃいけないことがあるのにさぼりたくなったりする感情が誰にもあると思ったし、自分にもそういう経験があったので、2番の歌詞に「本当の強さとは一体、何なのか?」というフレーズを入れました。今の自分たちだからこそ伝えられる思いをストレートに書きたかったし、自分たちの思いを込めた言葉の強さを伝えたかったので、歌入れでは「光れ僕ら青春」という部分を言い切って歌うことを意識しました。

デビュー曲「太陽もひとりぼっち」もそうでしたが、「It’s all in the game」も疾走感が溢れるサウンドで、Qyotoらしさ全開の楽曲に仕上がりましたね。

HIROKI オープニングテーマなので、特にイントロ部分は「アニメがこれから始まるんだ!」っていうワクワクやドキドキ感を表現しました。あと、エレキギターを効かせた力強いバンドサウンドで、新しいQyotoサウンドを作ることができたと思っています。

RYOTA. 間奏のソロって、ギタリストがひとりで弾くことが多いと思うんですけど、メンバーにヴァイオリン奏者がいるQyotoならではの伝え方をしたかったので、ギターのTSUCHIYAとヴァイオリンのHIROKIという組み合わせで、2人がソロを弾いています。

中園 ライヴでこの曲をやるときは、ソロの部分になると、HIROKIとTSUCHIYAがステージの前に出てくるんですよ。

RYOTA. ライヴ映えがする曲だし、そういうところでもQyotoらしい見せ方ができる曲になりましたね。

英語のフレーズに挑戦しているところにも、新しいQyotoを感じました。

HIROKI 「It’s all in the game」を直訳すると“すべてはゲームの中”になるので、“所詮、人生なんてゲームさ”みたいな否定的な言葉になっちゃうんですよ。でも、サビで「たとえIt’s all in the game 光れ僕ら青春」と、僕らは希望を歌っている。

中園 英語詞の部分は英語が得意なHIROKIに歌い方の指導をしてもらって、日本語っぽくなりすぎないように、ネイティブすぎないようにと、耳に入ってきやすい感じを心がけて歌いました。

HIROKIさんは英語が得意なんですね。

HIROKI はい。先日、英検1級の一次試験を通過しました。僕、目標を作って、そこに向けてプログレスしていくのが好きなんです。なので、英検1級に向けて勉強を頑張りました!

中園 これからは英検1級のHIROKIに「歌詞のこのフレーズを英文にして欲しいんだけど」って、心置きなく頼めます(笑)。

歌詞の中に「誰にも 止められない」というフレーズがありますが、これだけは誰にも止められないこと、やめられないことはありますか?

HIROKI 僕は主食がパクチーって言ってもいいくらい大好きなので、パクチーが止められないです(笑)。

中園 僕、パクチーを食べたことないんですよ。

RYOTA. 僕も。外食に行く店でパクチーが出てきたことないし。

HIROKI 僕はメンバーに「パクチーが大好きだ」って言い続けているのに、誰も食べようとしないんですよ。おかしくないですか? 僕に興味がないってこと!?

中園RYOTA. (大笑)。

中園 僕は高校時代にサッカーをやっていたし、基本的に身体を動かすことが好きなので、運動して身体を動かすことがやめられないです。定期的に身体を動かさないと調子が悪くなっていくような気がしちゃうんです(笑)。

RYOTA. 僕はアニメとラジオがやめられないです。アニメ好きの自分としては、僕らの曲がアニメで流れるたびに鳥肌がたってますね。ラジオは好きなラジオ番組が毎週15番組ぐらいあるので、1日4時間以上は聴いてます。

カップリング曲「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」は、地元・京都を舞台にしたドラマ『はんなりギロリの頼子さん』主題歌です。

HIROKI 京都を舞台にしたドラマの主題歌を、京都人のQyotoが手がけさせてもらえたのが、すごく嬉しかったです。

RYOTA. 「It’s all in the game」も、この曲もライヴ映えをテーマにしたサウンド作りをしました。アコギとヴァイオリンの組み合わせや鍵盤との掛け合いで、爽やかさや疾走感を表現したり。

中園 この1年間、僕らはたくさんライヴをやらせてもらったんですけど、ライヴをやればやるほど届け方や見せ方など、本当に得るものが多かったし、やればやるほど歌やレコーディングやライブに活きてくるんだなって思っています。

HIROKI デビュー当時はライヴで緊張しっぱなしだったけど、今はステージ上のメンバーの顔を見ると、笑顔が増えたな~って思いますもん(笑)。

RYOTA. この前やったライヴでは勇樹がギターのTSUCHIYAに絡みに行ってたよね(笑)。

中園 自分で言うのもなんですけど、ずいぶん余裕ができました(笑)。

「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」の歌詞はどのように書いていったのですか?

中園 歌詞はドラマの台本を読んでから書きました。1番の歌詞は僕で、2番はHIROKIが書いているので、2つの色が一緒に合わさってひとつの色になっている歌詞です。

HIROKI 勇樹が書いた「『恋』と『愛』の間には どれほどの距離があるの」っていう1行目のフレーズのインパクトがものすごくて。

RYOTA. 恋と愛の間にどれだけ距離があるのか、僕はわからない(苦笑)。

中園 僕も全然わからないから、そのまま書きました(笑)。この歌詞は、好きな気持ちがなかなか相手に伝わらない感じや思いを伝えるのがヘタな感じを恋愛ソングに落とし込んでいて。

RYOTA. 僕、この歌詞を初めて見たときに「京都人っぽい歌詞だな~」って思ったんですよ。京都人だからこそわかる感覚みたいなところを恋愛と重ね合わせているなって。

京都人だからこそわかる感覚というと?

RYOTA. 自分の気持ちをストレートに言わないし、何を考えているかわからないから、京都の人って冷たいと思われがちですけど、実は気を遣って気を遣って、気遣いすぎてそうなっているだけなんです。

HIROKI で、気遣っていることが伝わらない人には、「まわりくどいな、もっとストレートに言えばいいのに」って思われてしまうことが多い。でも、京都人って本当は気遣い屋さんで、とても優しいんですよ。

3曲目はデビュー曲「太陽もひとりぼっち」のスペシャルアコースティックバージョンを収録しました。

HIROKI CD音源やライヴで披露しているバンドサウンドとは違う「太陽もひとりぼっち」を届けたいと思って、アコースティックバージョンにしました。

中園 ライヴでずっと歌い続けてきた曲ですけど、アコースティックなアレンジにすることで、歌入れのときはまた新たな景色が見えてきましたね。

RYOTA. この曲もですけど、6人全員が納得するまで作り上げた2ndシングルなので、ぜひ手に取って聴いていただきたいです。

もうすぐデビュー2年目に突入しますが、どんな心境ですか?

中園 メンバー全員、気合いが入ってるな~って思いますね。

HIROKI うん。ミーティングのときも、意見の出方や口調で白熱度がビシビシ伝わってくる。

RYOTA. 僕は東京の大学に通っているので、どうしてもメンバーと頻繁に会えないんですけど、“Qyotoのノート”で、今みんなはこういうことを思って前に進んでいるんだなってことを知ることができるんです。

Qyotoのノート?

HIROKI 正式名は“Qyotoのことを書くノート”。交換日記ではないんですけど、そこにいろいろ書くことで、みんなの正直な思いを知ることができて、思いを共有できるノートです。

中園 この1年間は新しい経験ばかりでしたけど、経験を積んでいくなかでどんどん見えてくるものがあったので、バンドとしても個人としても成長できた1年間だったと思います。この1年間の経験と成長が2年目のQyotoに必ず繋がると信じています。

RYOTA. 新たにわかったQyotoらしさもたくさんあったので、これからもまだやったことがないことに挑戦して、自分たちらしさを広げていきたいです。

HIROKI 新しいQyotoと自分たちらしさの両方を確立できるようにしていきたいねっていう話をよくしているよね。つねに上を目指したいし、曲をどんどん増やして、近いうちにワンマンライヴをやりたいです。

Qyoto(きょうと)

中園勇樹(vocal)、HIROKI(violin)、TSUCHIYA(guitar)、TAKUYA(bass)、KENSUKE(drums)、RYOTA.(keyboards&sax)。京都の大学生、中園勇樹、HIROKIを中心に2016年結成。2017年8月にシングル「太陽もひとりぼっち」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

画像ギャラリー