黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 18

Interview

ファミ通表紙 松下進氏(上)路上に絵を描く少年が、音楽と出会いバンドマンへ

ファミ通表紙 松下進氏(上)路上に絵を描く少年が、音楽と出会いバンドマンへ

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

1976年、私がまだ高校生だった頃、平凡出版株式会社(※)から雑誌「POPEYE」(ポパイ)が創刊した。その当時、アメリカンカルチャー、ファッション、クルマ、ホビーなどを総括した雑誌はほとんどなく、瞬く間にポパイは少年たちのココロを鷲掴みにした。(※現在のマガジンハウス)

私もそんなポパイを創刊号から読んでいた。

ある号のことだ、表紙に“Baseball USA”とタイポグラフィーが綴られたアメリカンベースボール特集号が発売された。その表紙イラストはカラフルにデフォルメされた野球選手がフルスイングする姿が描かれたもので、アメリカナイズされたものだった。そして、その表紙のイラストを手掛けた人物が松下進であることを私は後に知った。

その後の松下進の活躍は言うに及ばず、様々なメディア、プロダクツ、ゲームソフトなどで彼の描く松下ワールドとキャラクターが躍動している。

今回の「エンタメ異人伝」は、エアブラシを使ったイラスト手法で日本におけるイラストの概念を大きく変革し、その後も常にアグレッシブな活動と作品発表を行うイラストレーター松下進にフォーカスする。今回のインタビューは、松下進を形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


「お宅訪問」で懲りたので徐々に縮小していった(笑)

僕は松下さんの印象は原宿のキャットストリートにあったオフィスの印象が強いんです。原宿から渋谷に抜けるときに、いつも通っていたので、「ああ、ここに松下先生の事務所があるんだなあ」って、ずうっと印象に残っていたんですよね。

松下 あれはもう手放しました。あんなの建てたおかげで、みんなから白い目で見られるようになってね(笑)。

え、それはどうしてですか?

松下 僕の今のワイフは芸能人なんで(注1)、ちょっとインタビューをさせてくださいって、テレビとかメディアからいろいろオファーがくるわけですよ。それで、あそこでやりますよね。そうすると「すごいですね、今度取材させてください」みたいな話になって。当時、リッチな人たちはどういうところに住んでいるんでしょうみたいな番組がよくあったじゃないですか。

注1:松下氏の奥様はタレント、女優、ジャズシンガーなど幅広い分野で活躍するナオミグレースさん。

奥様と

ありました、ありました。お宅訪問みたいなのが。

松下 それで、けっこう長時間の枠で放映されたりしたんですけど、やっぱりああいうのは世間的には、あんまりよく思われないんですね。それこそ税金なんかも大変だし、そういうことは全部縮小していこうかなと思って。それで、仕事の方もちょっとずつね・・・もちろん、年齢的なこともあります。やっぱり、昔ほどパワフルにはできなくなるじゃないですか。体力はあるんだけど、気力がなくなってくるんですね。

やっぱり、そうことがあるんですか。

松下 あります(笑)。還暦を過ぎたあたりからですかね。還暦を迎えたときはそれほど感じなかったんですけど、じょじょに目は悪くなるし、いろいろ物事をやるのがおっくうになってくるわけですよ。「ああ、こんなに違ってくるのか」と思って。それで、さっき言ったようなこともあったので、じょじょに縮小していこうと。もうちょっとしたら黒川さんにも分かると思う、アッハッハ。

はい、僕ももうすぐです(笑)。ロンドンにもお住まいだったことがあるとうかがっておりますが。

松下 50歳のときですね。いつか実現してやろうと、昔からずっと思っていたんですよ。で、コンピューターの事情もよくなってきて、どこにいても絵をキチっとスキャニングしてデータで送れるみたいな状況になったんで、これならイギリスに移住しても大丈夫だと思って移ったんです。

中野ブロードウェイ近くの歩道の石畳を紙に見立てて

そうでしたか。本日はさらにさかのぼって、幼少期から今にいたるまでをお伺いしたいと思っています。松下さんは、ご出身はどちらになりますか?

松下 東京の中野です。

中野のどの辺りでしょうか。

松下 今の早稲田通りって、昔は「昭和通り」って言ってたんですね。その昭和通りに面したところです。中野のブロードウェイ……今はオタクのメッカみたいになっちゃってますけど、昔は全然違ったんですよ。あそこを抜けていくと、今の早稲田通りにぶつかりますよね。その交差点を高円寺側にちょっと行ったところです。

かなり駅にも近いし、にぎやかな感じの場所ですよね。

松下 そうです。駅まで歩いて5、6分ぐらいですかね。

中野ではどんな少年時代を過ごされたでしょうか。松下さんがお生まれになった頃は、まだ戦後の匂いというか、戦後っぽさも残っていたと思うのですが。

松下 幼少期の記憶はそんなに残ってないんですけど、とにかく絵は好きだったと親がよく言っていました。昔の歩道って石畳というか、四角の石がずうっと埋まっていたじゃないですか。その石畳の一マス一マスを一枚の紙に見立ててね。道端にしゃがんで、ずう~っとロウ石(注2)で絵を描いていたらしいんですよ。

注2:見た目が蝋のような棒状の石で「石筆」とも呼ばれる。建築現場で鉄板やコンクリート面などに文字を記入するためのものだが、当時は駄菓子屋などでも売られており、子供たちが路上や壁に落書きなどをして遊ぶ道具としてよく使われていた。

そうだったんですか。

3歳の頃

松下 すごかったらしいですよ。わーっと一面に描き連ねていたそうです。どんな絵を描いていたかは覚えていないですけどね。今だったら親がスマホでピッと撮っといてくれたりするんでしょうけど。

すごい数の絵を描いていたわけですね。

松下 はい。でも、そこって歩道だから当然人が歩きますよね。それで、その絵を踏まれると怒ってたっていうんですよ。とにかく、そんな変なガキだったみたいです(笑)。

1 2 3 4 >
vol.17
vol.18
vol.19