Interview

杉咲 花、プレッシャーとの戦いだった『BLEACH』の裏側を語る。先輩・福士蒼汰からのアドバイスとは?

杉咲 花、プレッシャーとの戦いだった『BLEACH』の裏側を語る。先輩・福士蒼汰からのアドバイスとは?

世界中で熱狂的人気を集めるコミック『BLEACH』がついに実写化される。メガフォンをとるのは「GANTZ」シリーズ、『デスノート Light up the NEW world』『アイアムアヒーロー』など、コミック原作の映画化を革新的な映像表現で大ヒットに導いてきた佐藤信介監督ーーと聞けば、原作は未読でも映画好きなら期待せずにいられないだろう。最先端CGを用いたスペクタクルな映像、胸湧き肉踊るアクションとリアルな人間ドラマが奇跡的なバランスで結実した本作において、人間との関係に心ゆれる死神・朽木ルキアという難役を持ち前の演技力と凛とした存在感で大胆かつ繊細に演じているのが、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』での好演が記憶にも新しい杉咲 花。そんな彼女に、作品への思いを聞いた。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 増永彩子

大きなプレッシャーにも負けない努力。「漫画をコピーして参考資料として台本に貼った」

まず作品の話が来たときの率直な思いを教えていただけますか?

嬉しさはもちろんあったのですが、やはりプレッシャーの方が大きかったです。私自身もこの作品を知っていましたし、それこそ学生時代に教室で男の子たちが『BLEACH』の話をよくしていたり…。みんなが知ってるような人気コミックの実写化で、しかもルキアという重要なキャラクターを自分がやらせていただけるということに対しては正直、嬉しさよりも怖さのほうが先にありました。

ルキアは人間の少女の姿こそしていますが、死神という設定です。人間ではないマンガのキャラクターを演じる上で、特に注意されたことや苦労されたことはありますか?

まずは原作を読むことと、アニメもあるので、動きや表情に注意しながら見ました。映画にもあるシーンはマンガをコピーして台本に貼ったりして、参考資料として常に目に入るようにしていました。その上で撮影が始まってからは、監督や共演者の皆さんと話しながらイメージを膨らませていきました。ルキアは決して軽くはない重要な問題を抱えてはいるのですが、それを表現しすぎると暗くなってしまうので、もうちょっとライトに表現できないか? というのは最後まで悩んで苦労したところです。

最初の方ではクールで淡々としていたルキアが福士さん演じる一護と過ごす中でどんどん人間っぽくなってゆく、繊細な演技も素晴らしかったです。

ありがとうございます。台本を読んで、死神のルキアにも人間らしいところがあるんだなと感じましたし、それはやっぱり一護と出会ったことによって生まれた変化なので、一護と過ごす時間を大事にして、その中で湧き出てくる感情を自然に表現できるように心掛けました。

杉咲 花から見た先輩・福士蒼汰とは!?「ルキアは福士さんに導いてもらった部分もかなり大きい」

一護を演じる福士蒼汰さんとは何度か共演されていますよね。

そうですね、回数で言えばいちばん多いです。本当に福士さんが現場にいて下さるだけで安心感がありました。ここまでたくさんのシーンを一緒に演じるのは初めてだったので嬉しかったです。

淡々としたルキアとすぐ熱くなる一護のコミカルな掛け合いも最高でした。純粋な友情で結ばれたバディ感もあって。

はい。基本的には激しいアクションのある作品ですが、そんな中でルキアと一護の二人のシーンは唯一心が安らぐ日常のシーンだと思います。部屋で別々にマンガを読んでいたり、何でもないシーンなんですけど、あの感じが個人的にもすごく好きです。河原での特訓シーン(※見てのお楽しみ!)も福士さんは大変だったと思いますが(笑)、私はラクをしていて申し訳ないなと思いつつ、すごく楽しかったです。

今回の撮影で福士さんに対する印象の変化、あるいは役者として刺激を受けたことありますか?

福士さんはいい意味でいつも変わらないんです。今回は撮影期間が短くて1ヵ月ちょっとでギュッと撮ったこともあって、かなりキツイ、眠れない日もあるくらいハードな撮影だったのですが、そんな中でも福士さんはたくさん話して笑わせてくれて、変わらずいつもの福士さんでいてくださって…。改めてすごいなと思いました。肉体的にも精神的にもタフだし、スタッフさんとも本当に仲が良くて、現場の空気を自然に盛り上げてくれるし…。あと、自分の役のことだけでなく、どうやったらお客さんが最後まで飽きずに見てくださるか? という作品全体のことも考えながら撮影されていて。福士さんが監督と一緒にアドバイスしてくださったので、今回のルキアが演じられたと思いますし、感謝しています。

映画『BLEACH』は「ちゃんとルキアとして一護と過ごせていたなと思えた大切な作品」

本作は奥深い人間ドラマと同時に、人間ならざる者たちが縦横無尽に躍動するスペクタクルなアクションも見どころです。皆さん今回はほぼノースタントで撮影に挑まれたそうですが、大変でしたか?

大変でした。本格的なアクションは『無限の住人』以来でしたが、今回はその倍以上は練習しました。撮影に入るまでに1日5時間以上は練習するという日々が1ヵ月半ぐらい続きました。ルキアは剣を握ることに慣れているので、特に刀の扱いに関しては初心者の気持ちでいちから勉強しました。今回はアクション部の方に「ちゃんとルキアとしての感情をつくってから練習してほしい」と言われて「表情もちゃんと一護のことを思って」とか細かな指導をしていただきました。まだ撮影にも入ってない時期でルキアとしての感情も膨らんでなかったので戸惑いもありましたが、結果として形だけでないエモーショナルなアクション作品になった気がします。

実写とCGが融合した独特の映像世界もさすが『アイアムアヒーロー』の佐藤監督です。

すごいですよね。本当に佐藤監督にしか描けない、手で触ってみたくなるようなリアリティのあるCGでした。私たちが演じてるときに目の前にあったのは、助監督さんが描いたザックリした虚<ホロウ>のイラストでした。そのイラストを棒に付けてかざしてるのを見て、想像しながら撮ったのですが、完成した映像を見て、虚<ホロウ>ってこんなにすごかったんだ!って。想像を遥かに超えてましたし、自分が『デスノート Light up the NEW world』を観て興奮したことを思い出すような、とても格好いい世界観に感動しました。

今回のようなスケールの大きいアクション作品からシリアスな人間ドラマ、そして最近ではドラマ『花のち晴れ』のようなコメディまで、幅広く活躍されている杉咲さんですが、作品のタイプによって演技やスタンスはは変わられたりするのでしょうか?

『花のち晴れ』は今までに体験したことのないテンポ感や、ドラマならではの見せ方が新鮮ではありましたが、自分の中では作品に対する思いもやり方も特に変わりません。どんな役でも相手がいて、相手と関わっていくことで出てくる感情があるので、根底にあるものは一緒だと思っています。今回もラストシーンを撮り終えたときに、自分の中でちゃんとルキアとして一護と過ごせていたなと思えましたし、自分にとっても大事な作品になっているので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

エンタメステーション オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

黒崎一護役・福士蒼汰さんと主題歌担当・[ALEXANDROS]の川上洋平さんの対談インタビューはこちら
『BLEACH』で邂逅をはたした福士蒼汰と[ALEXANDROS]川上洋平。 それぞれの立場から探る、表現の可能性。

『BLEACH』で邂逅をはたした福士蒼汰と[ALEXANDROS]川上洋平。 それぞれの立場から探る、表現の可能性。

2018.07.19


杉咲 花

1997年、東京都生まれ。ドラマ『夜行観覧車』(13/TBS)で注目され、その後、多くのドラマ、映画、CMなどに出演。2016年公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』での演技が高い評価を受け、「第40回日本アカデミー賞」で最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞するなど、多くの映画賞を受賞し、近年ではTVドラマ『とと姉ちゃん』(16/NHK)『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(18/TBS)、映画『無限の住人』(17)などの話題作に出演するほか、アニメーション映画『思い出のマーニー』(14)『メアリと魔女の花』(17)では声優も務める。2018年は本作のほか、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(10月5日公開)『十年 Ten Years Japan』(今秋公開)が控えている。

オフィシャルサイト
http://www.ken-on.co.jp/hana/

オフィシャルInstagram
@hanasugisaki

フォトギャラリー

映画『BLEACH』

7月20日(金)全国ロードショー

【STORY】
幽霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護(福士蒼汰)。そんな彼の平和な日常は突然、壊れた。人の魂を喰らう巨大な悪霊・虚<ホロウ>が現れたのだ。自身と家族の命が狙われる中、死神と名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花)が現れ、一護たち家族を守ろうと必死に虚と抗戦するが重傷を負ってしまう。絶望的な状況下で、ルキアは最後の手段として、本来は人間に分け与えてはいけない死神の力の一部を一護に渡すのだった…高校生兼死神代行となった一護の、虚との壮絶な戦いが始まる。

出演:福士蒼汰 杉咲 花 吉沢 亮/真野恵里菜 小柳 友/田辺誠一 早乙女太一 MIYAVI/長澤まさみ 江口洋介
監督:佐藤信介
原作:『BLEACH』久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会

映画『BLEACH』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/

原作コミック

BLEACH

久保帯人
週刊少年ジャンプ

黒崎一護・15歳・ユウレイの見える男。その特異な体質のわりに安穏とした日々を送っていた一護だが、突如、自らを死神と名乗る少女と遭遇、「虚」と呼ばれる悪霊に襲われる。次々と倒れる家族を前に一護は!?