黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 18

Interview

ファミ通表紙 松下進氏(下)『POPEYE』『ヤングジャンプ』そして『ファミ通』~時代のトレンドへ

ファミ通表紙 松下進氏(下)『POPEYE』『ヤングジャンプ』そして『ファミ通』~時代のトレンドへ

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

1976年、私がまだ高校生だった頃、平凡出版株式会社(※)から雑誌「POPEYE」(ポパイ)が創刊した。その当時、アメリカンカルチャー、ファッション、クルマ、ホビーなどを総括した雑誌はほとんどなく、瞬く間にポパイは少年たちのココロを鷲掴みにした。(※現在のマガジンハウス)

私もそんなポパイを創刊号から読んでいた。

ある号のことだ、表紙に“Baseball USA”とタイポグラフィーが綴られたアメリカンベースボール特集号が発売された。その表紙イラストはカラフルにデフォルメされた野球選手がフルスイングする姿が描かれたもので、アメリカナイズされたものだった。そして、その表紙のイラストを手掛けた人物が松下進であることを私は後に知った。

その後の松下進の活躍は言うに及ばず、様々なメディア、プロダクツ、ゲームソフトなどで彼の描く松下ワールドとキャラクターが躍動している。

今回の「エンタメ異人伝」は、エアブラシを使ったイラスト手法で日本におけるイラストの概念を大きく変革し、その後も常にアグレッシブな活動と作品発表を行うイラストレーター松下進にフォーカスする。今回のインタビューは、松下進を形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

※本記事は3回にわたってお届けするインタビューの最終回です。第1回(上)第2回(中)はこちら

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


「バター・ウォーズ」から「POPEYE」の表紙へ

松下 『スター・ウォーズ』が公開される年のちょっと前ぐらいに、海外ですごい映画が流行り始めたっていうんで、『バター・ウォーズ』っていう『スター・ウォーズ』のパロディ本(※)を出すことになったんです。

最初は2,3ページぐらいの読物で、そこに2、3カット描いていたんです。そうしたら、それが面白いっていうんで1冊の本にしようという話になって。だから、ずいぶん描きましたよ、表紙以外は全部モノクロだったんで、単色のエアブラシで描いて。それで、日本でも『スター・ウォーズ』のブームが来たから、パロディでこんなのも出ていますよ、みたいな感じで小さく取り上げられたりしたんです。

「バター・ウォーズ」表紙

※新書館発行書籍「バター・ウォーズ ジョニイ・スカイランナーの冒険より」伊東杏里

ええ。

松下 そうしたら、それをたまたま当時、『POPEYE』の副編集長だった石川次郎さん(注24)が見て。これは自分たちが探していたイラストレーターだって思ったんですって。それで、僕に電話をくれたんですよ。

注24:『平凡パンチ』などの編集を経て、木滑良久氏とともに『POPEYE』を創刊。その後も木滑氏とのコンビで『BRUTUS』や『ターザン』などの雑誌を立ち上げ、各誌編集長を歴任した。テレビ朝日の深夜番組『トゥナイト2』の司会者としても有名。

次郎さんから直接連絡があったんですか。

松下 そうなんです。「ちょっとさ、作品見せてくれる?」とか、あの調子で(笑)。当時、『POPEYE』は大変な雑誌でしたからね。だから、編集部に明日来れないかって言われて、すぐに「行きます」と。それで行ったら、パラパラといろいろ見てくれて、「やっぱ、そうだ」、「ほら、これだよ」って。アートディレクターの新谷(雅弘)さん(注25)もいたかなあ。で、「松下クンさあ。次はね、メジャーリーグの特集の号で、表紙はこの写真でやることが決まっているんだけどさ」って言って、その写真を見せるわけですよね。

それで「ああ、そうですか」って感じで聞いていたら、「これでさ、ちょっとイラスト描けないかな」、「もしさ。これより、いい絵が上がってきたらね。あんまり日にちはないけど、差し替えることも可能なんだけど」とか言うんですよ。

注25:『POPEYE』のアートディレクションを担当したデザイナー。『an・an』『Olive』『BRUTUS』など、マガジンハウス社のさまざまな雑誌のアートディレクターを務めた。

石川次郎さんが「これ(表紙)出たら、忙しくなるよ」と言った

うわ~~すごい・・・。

松下 それで、「じゃあ、やらせてください」って言って、2日間ぐらい徹夜してね。3日目ぐらいに持っていったら「いいよ」って言ってもらえたんです。

あの野球のイラストですよね。

松下 そうです。「Baseball USA」っていうタイトルで出たんです。ほとんどノーネームで、絵がいきなりドカーンって載っている感じなんですよ。あんな雑誌は初めてでしたから、僕はビックリしちゃって。今の雑誌の表紙ってイヤミのごとくネームでいっぱいじゃないですか。でも、『POPEYE』は何もなくて、さすがだな~って思いましたね。

確かにそうでしたね。

松下 それで、次郎さんが「これ出たら、忙しくなるよ」って。多分、コマーシャルとか、いっぱいくると思うけど身体壊さないでね、みたいなことを言われて。

それぐらい『POPEYE』ってバリューありましたからね。僕も読んでいたんで分かるんですけど、ホントに若者すべてを牽引するぐらいの力がありましたよね。

松下 ありました、文化的な影響がすごかったですよね。だって『メイド・イン・USA・カタログ』(注26)からの流れで出た雑誌でしたから。

注26:読売新聞社より発行されたカタログ雑誌。石川次郎氏と木滑良久氏が編集を手がけ、『POPEYE』誕生の契機となった。

じゃあ、ほんとに生活が一変するぐらいになったんですか?

松下 なりましたね。一番最初にキリンかな? キリンライトビールっていうのが出ることになったんですけど、そのキャンペーンのメインのイラストの仕事が来て。次にホンダですよ。ホンダのシェイプアップキャンペーンっていうのがあって、その雑誌広告からポスターから全部ワーッと。それからパナソニックでしょ? もう、なんかドカドカドカっときて。で、そのときに『POPEYE』の編集部に「多分、ほかの出版社から表紙描いてくれって依頼が来るから断ってね」って言われたんです。

やっぱり、そこはクギを刺されたんですか。

集英社の名物編集長、故 角南(すなみ)さんからのオファー

松下 刺されました。そりゃあ『POPEYE』の表紙があれば他の雑誌の仕事なんかいらないって思うじゃないですか。でも、来たんですね、案の定。

あ、来ました?

松下 集英社からね。

以前は足蹴にしたのに・・・(笑)。ちなみに、どの雑誌からですか。

松下 『ヤングジャンプ』です。もう亡くなられましたけど角南(攻)さん(注27)っていう名物編集者さんがね、日参されるんですよ、自宅に。それで、「やってくれたらアメリカとか全部連れて行く」とか「毎晩、六本木に連れていくよ」とか、いろいろおいしいこと言うんですよ。

注27:集英社で活躍した編集者で、『週刊少年ジャンプ』で永井豪の『ハレンチ学園』や、とりいかずよしの『トイレット博士』などの人気作を担当。その後、『ヤングジャンプ』の創刊に携わり、2代目編集長となった。2014年に肺がんのため死去。

アハハハハハハ。

松下 だけど、そんなのいらないって断っていたんです。だって『POPEYE』の表紙みたいな絵を描けって言うんですよ。ああいうのが欲しいと。でも、それは絶対できませんって言ったら、違うものだったらいいのか、みたいな話になって。それで、角南さんが「じゃあ、クマの絵にしようよ」って言い出したんですよ。

ああ~それで。

松下 当時はモスクワオリンピックの直前で、クマのミーシャがマスコットキャラクターになっていましたよね。あと、『POPEYE』の影響もあって、カリフォルニアがすごいブームだったじゃないですか。で、カリフォルニアの州の旗がクマなんですよね。それで、なんかこじつけで、「クマがブームだからクマのキャラクターを作ってくれよ。それだったらいいだろ」って言うんです。

なるほど。

松下 クマをミッキーマウスみたいなメインキャラクターにして表紙を動かしていこう、これなら『POPEYE』のやり方とは全然違うじゃんってね。それで、はあ~どうしようかなと。いろいろ悩んだんですけど、結局『POPEYE』の編集部に行って、木滑(良久)さん(注28)と次郎さんに「申し訳ありません。でも、僕も生活があるんで、やることになると思います」って話したら、「ふ~~ん、そうなんだ。分かった、分かった」、「いや、ウチも松下クンのこと、大切に使っていきたいと思っていたんだけどねえ」なんて言われちゃって。それで、しょうがないから「絶対、『POPEYE』とは違う感じの表紙を作りますから」って一応仁義を切って『ヤンジャン』の仕事を始めたんです。それが、僕のキャラクターデザインの第一歩になったんですね。

注28:『POPEYE』の初代編集長。『週刊平凡』、『平凡パンチ』、『an・an』の編集長を経て、石川次郎氏とともに『POPEYE』を創刊。その後も『BRUTUS』、『Olive』などの人気雑誌の編集長を歴任し、マガジンハウスの代表取締役社長も務めた。

そこから新たにひとつ加わるわけですね。

松下 そうです。で、そういうものをやっていくうちにですね、『POPEYE』ではスポーツものを描かされることが多かったんですが、それと『ヤンジャン』のキャラクターがいつしかシンクロしてきて。それで、スポーツチームのキャラクターなんかを頼まれるようになったんです。

ガンバ大阪やオリックス・バファローズのキャラクターを描かれていますもんね。なるほど、そうなるわけですか。でも、すごくいいタイミングでいいスイッチが入りましたよね。

松下 そうですね。それはホントに運がいいなって思います。

もちろん、それはご自身の努力の賜物なんじゃないかなと思うんですけど。

松下 いや、そんな努力なんてしてないですよ。そりゃ仕事ですから、受けた以上は一生懸命やります。それが努力って言えば努力なのかもしれませんけどね。

出会いにもすごく恵まれましたよね。

松下 集英社との出会いもそうでしたね。ちょうど集英社が神保町のビルを新しくするっていうんで、靖国神社の裏のあたりに移っていた頃ですね。僕は『MORE』の編集部に売り込みに行ったんですけど、あまりいい感じの返事をもらえなかったので、しょげて歩いていたんです。で、靖国神社の境内を通過して外の道に行こうとしていたら、後ろから古川(正俊)さんっていう『non・no』(注29)のアートディレクターをされていた方が、『MORE』の編集部にいた女性と話しながら僕の横を通りすぎたんですよ。そのときに、その女性が「あ、さっき来ていましたよね」って言ってくれて、古川さんが「キミ、どんな絵を描くの?」って聞いてきたんです。でも、そのときは落ち込んで暗くなっていたから、「いや、日本人があまり好きな絵じゃないんで」とか、なんとか言ってたんですよ(笑)。

注29:集英社が発行している老舗の女性ファッション誌。ファッション、グルメ、旅などを中心とした新たなライフスタイルを紹介し、70~80年代にマガジンハウスの『an・an』と女性層の支持を二分する人気を誇った。

ネガティブになっていたんですね(笑)。

松下 それでもって言うので見せたら、「あ、これいいかもしれない」ってほめてくれたんです。で、その古川さんが『ヤングジャンプ』のアートディレクターになるんですよ。多分、そのときに角南さんに、いいヤツがいるよって話してくれたんですね。

ああ~それで角南さんが口説きにきたと。すごい巡り合わせですねえ。

松下 でも、先に『POPEYE』で出ちゃったんですね。だから、角南さんは僕のことを松ちゃん、松ちゃんって呼んでいたんですけど、「松ちゃんに声をかけたのって、古川ちゃんのほうが早かったんじゃないの」とか、いろいろ言われて。

ウチのほうが早かったのに、なんで向こうなんだと。

1 2 3 4 >
vol.17
vol.18
vol.19