Report

野球を通して“平和な時代”にいることを感じて欲しい。安西慎太郎&多和田秀弥らが日本の夏を熱くする舞台「野球」飛行機雲のホームラン製作発表会レポート

野球を通して“平和な時代”にいることを感じて欲しい。安西慎太郎&多和田秀弥らが日本の夏を熱くする舞台「野球」飛行機雲のホームラン製作発表会レポート

7月27日(金)よりサンシャイン劇場にて上演される舞台「野球」飛行機雲のホームラン。上演に先駆け、キャストが大集合。本作で野球監修を務める桑田真澄も出席した製作発表会が7月17日に行われた。

取材・文・撮影 / 竹下力

お客様が一生忘れない、心に残る作品を

物語は、太平洋戦争の戦況が深刻化していた1944年が舞台となる。その当時、敵国のスポーツとされた“野球”は弾圧され、もちろん甲子園で行われていた全国高等学校野球選手権大会の開催も止められていた。そんな状況下で甲子園への夢を捨てきれないまま予科練(海軍飛行予科練習生)に入隊することになった少年たちが“最後の一日”に出身校同士──優勝候補と呼ばれた強豪・伏ヶ丘商業学校と未知の実力を持つ会沢商業学校で行う、紅白戦が描かれる。命と向き合う厳しい日々に、“野球”への憧れ、“生きること”への希望を持ち続ける少年たちの力強い姿を浮き彫りにする本作。

村田洋二郎

製作発表会は、出演者でもある村田洋二郎が司会進行。安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬 匡、小野塚勇人、松本 岳、白又 敦、小西成弥、伊崎龍次郎、松井勇歩、永田聖一朗、内藤大希、松田 凌、作・演出の西田大輔、野球監修の桑田真澄が登壇。各々が熱い意気込みを語る──。

安西慎太郎

安西慎太郎 西田(大輔)さんと顔合わせをしたときに「すごい作品ができるよ」とおっしゃっていただいたので、カンパニーのみんなでとてつもない作品を作ろうと。お客様が一生忘れない、心に残る舞台にしたいと思っています。戦中というつらい時代背景がありますが、とにかく本気で汗をかいて、本気で疲れて、声を出し続けています。そして、演技、つまり全力プレーをお客様に観ていただけたら嬉しいです。野球監修の桑田さんを見て僕が感じたのは、「野球が好きだ」ということですね(笑)。

安西 根幹にはプレーが上手になりたいということがあるけれど、“野球を楽しむ”ことが一番大切だと教えてくださった姿が印象的でした。僕は小学生のときに野球をして肘を壊してやめたのですが、久しぶりに練習したときは、楽しいと同時に難しいスポーツだと改めて感じましたし、何より“舞台”と同じように、“ひとりでは何もできない”ことを学びました。

多和田秀弥

多和田秀弥 今回は、会沢商業学校の唐澤 静という、慎太郎が演じる、穂積 均の幼馴染みで、天才ピッチャー 役として出演させていただきます。この舞台を通して好きなことができること、そして大切な人がそばにいてくれることの幸せを、お客様と座組みのメンバーが、一緒に体感できるような“夏”にしたいと思います。

永瀬 匡

永瀬 匡 観劇というより、“野球”の観戦をしていただく気持ちになる稽古をしています。僕らは全力で“野球”を愛し、汗をかいて、笑って泣いて……そんな僕らの生きている姿を目に焼きつけていただけたらなと。誰かが打席に立ったら、僕らでさえ「打ってくれ」と舞台袖から本気で応援しているので、本当に野球場にいる感覚になると思います。

小野塚勇人

小野塚勇人 野球を初めて経験する役者もいるのですが、稽古を見ると、経験なんてどこ吹く風、みんな“魂”のこもった熱い演技をしています。本番で僕らの男くさくて泥くさい青春をひとりでも多くの方に観ていただけたら嬉しいです。

松本 岳

松本 岳 最高の舞台になると思っています。精一杯、田村俊輔 役を演じたいと思います。

白又 敦

白又 敦 舞台上で汗をかいて全力で「野球」を作りたいと思います。

小西成弥

小西成弥 この舞台の上演中には、甲子園での高校野球も開催されるので、僕たちも甲子園の青春の輝きを超えるような作品にするために頑張りたいと思います。

伊崎龍次郎

伊崎龍次郎 この作品を観終わったあとに、「“野球”は楽しい」と思っていただけたら嬉しいです。自分の役割を最後までまっとうします。

松井勇歩

松井勇歩 稽古をしている段階でさえ、とても感動できる作品になると思わせてくれます。野球は小学校で経験していましたし、憧れの桑田さんが監修についてくれたことで、あの頃の野球を大好きな気持ちが甦ってきました。初めて野球をするみんなも野球が好きになってくれて、稽古の休憩中にも「野球がしたい」「グランドに行きたい」と言っていたので、そんな気持ちをお客様にもお届けしたいです。

永田聖一朗

永田聖一朗 舞台出演は2本目で、まだまだ未熟ですが、心強い先輩たちと切磋琢磨して素敵な舞台にしたいと思います。野球は、小学生以来で、稽古では青春を取り戻している気がします。みんなでひとつのボールを必死に追いかけたいと思います。

内藤大希

内藤大希 僕は、松田くんとWキャストで、会沢商業高校のキャッチャー島田治人 役を演じます。東京公演の前半を担当しますので、いいスタートを切って、凌くんにバトンを繋げたいと思います。

松田 凌

松田 凌 野球という表現を通して、自分たちが描きたいお芝居をして、“平成最後の夏”に忘れてはいけないものをお届けしたいと思います。桑田さんのお力添えもあり、そして大輔さんの作ってくれた作品を通して、この座組みで、一球、一球、本気でカンパニーの想いを届けたいと思いますので、ぜひ劇場で確かめてください。

桑田真澄

桑田真澄 舞台をあまり観劇したことがないので、最初に依頼されたときは、少々戸惑ったのですが、西田さんの熱い想いを受け、大学院で野球の歴史を勉強してもいたので、少しでもお力になれればとお引き受けしました。野球の文献を調べ、その当時の古いグローブやバットを持参しました。実際に彼らと野球をしてみると、俳優のみなさんは「今日は暑いし、しょうがないな」というくらいの気持ちだと思っていたのに、今年で100回目を迎える甲子園にたがわぬ、元気と熱さを感じてびっくりしまして、「彼らに負けない気持ちで指導しないといけないな」と襟を正しました。監修は、キャッチボールから始まり、内野ゴロの捕球、フライ捕球、バッティングと、すべてにおいて指導させていただきました。たった2日間ではありましたが、彼らは初日に伝えたことがすぐにできるようになっていて、短期間に「こんなにも成長するのか」とびっくりしましたね。野球はたくさんの作業がありますが、サインの出し方もプロ顔負けに仕上がっていますし、細かいチームワークも見逃さずに観てください。もちろん、スポーツの野球とは違いますが、実際の野球の感動以上のものを与えてくれると思うので、楽しみにしてください。彼らのチームワークと、まるで野球を野球場で観ているような気持ちを感じ取って欲しいですね。また、野球は平和な時代でしか成り立たないスポーツです。二度と戦争を犯してはいけないというメッセージもこの舞台から感じ取っていただけたらと思います。

西田大輔

西田大輔 この作品は、1944年の戦中をもとにしたオリジナルのストーリーになります。昨今、スポーツの舞台が少なくなっているので、演劇にしかできない“本当の野球”を目指すというコンセプトのもと、俳優たちと稽古に励んでいます。野球に関しては、桑田真澄さんにぜひ監修していただきたいという夢があったので、それが叶って幸せな気持ちですね。桑田さんが現役時代にピッチングをしていらして、スリーアウトをとったときに、桑田さんが走ってベンチに帰って行かれる姿が感動的でした。お話を伺うと、守ってくれた野手たちを迎えたい気持ちだったそうで、なおのことファンになりました。そんな誰もが誰をも労わる気持ちの舞台をイメージしています。この「野球」という舞台を通して、誰かを大切に想う気持ちになってくれたら嬉しいですね。ストライクやアウトを言えない時代に、本当に一晩の時間を“野球”で過ごす少年たちのお話をたくさんの人に届けたいと思います。

そして、最後に、安西慎太郎による選手宣誓が行われた。

安西 宣誓! 舞台「野球」一同は、正々堂々と全力プレーすることを誓います。

全員 はい! 誓います!

舞台『野球』飛行機雲のホームラン

東京公演:2018年7月27日(金)~8月5日(日)サンシャイン劇場
大阪公演:2018年8月25日(土)~8月26日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

STORY
1944年夏──戦局が暗い影をもたらす中、少年の甲子園のグラウンドに立つという夢はかき消され、予科練への入隊を決意する。少年たちはぶつかり合いながらも、未来を語りあい、いつしか、ひとつのチームになっていった。甲子園は叶わなくても、野球への情熱は捨てられず、その想いは“忘れられない1日”へ繋がっていく。

作・演出:西田大輔
野球監修:桑田真澄
音楽:笹川美和(cutting edge)
テーマソング:笹川美和「蝉時雨」(cutting edge)
挿入歌:笹川美和「サンクチュアリ」(cutting edge)

出演:
穂積 均 役:安西慎太郎
唐澤 静 役:多和田秀弥
岡 光司 役:永瀬 匡
菱沼 力 役:小野塚勇人
田村俊輔 役:松本 岳
早崎 歩 役:白又 敦
浜岡喜千男 役:小西成弥
佐々木 新 役:伊崎龍次郎
堂上秋之 役:松井勇歩
大竹明治 役:永田聖一朗
島田治人 役:内藤大希、松田 凌
菊池勘三 役:林田航平
穂積大輔 役:村田洋二郎
遠山貞明 役:藤木 孝
唐澤ユメ 役:田中良子

オフィシャルサイト
公式Twitter(@Contrail_St)

関連曲:笹川美和