Review

『フォートナイト バトルロイヤル』建築&バトルの遊び方とひとクセある面白さの秘密

『フォートナイト バトルロイヤル』建築&バトルの遊び方とひとクセある面白さの秘密

Epic Gamesが開発した、サードパーソン・シューティングゲーム(TPS)『フォートナイト バトルロイヤル』。戦いの展開の速さやポップなデザイン、そしてバトル中に行われる“建築”の要素が、今流行しているバトルロイヤル系ゲーム群のなかでも異彩を放つ作品です。 入手は無料で、気軽にプレイを始められる本作。アメリカでは2017年にPlayStation®4版、Xbox One版、PC版がリリースされ、すでに好評を博していましたが、2018年3月にPlayStation®4、iOS、PCで日本語版が配信開始されたのを皮切りに、日本のユーザーも大いに盛り上がりました。そして、Nintendo Switch™版が2018年6月13日に配信開始で、ますますプレイヤーの輪が広がっている今はプレイを始めるいいチャンス! 本稿では、Nintendo Switch™版で体験したユニークな魅力を紹介していきますよ~!

文 / 内藤ハサミ


“バトルロイヤル”とは? 

『フォートナイト』には2種類の異なるコンテンツがあります。無料でプレイできるPvP(Player vs Player )の『バトルロイヤル』と、有料のPvE(Player vs Enemy)である『世界を救え』です。Nintendo Switch™版、モバイル版では、今回取り上げる『バトルロイヤル』のみプレイ可能。他のハードとのクロスプレイもできますが、PlayStation®4版と、Xbox One版・Nintendo Switch™版間はクロスプレイ不可です。このへんはご注意ください。PC版の要求スペックは比較的低めで、プレイへのハードルは低いと言えるでしょう。

空飛ぶ“バトルバス”から戦いの舞台となる島へ、オンラインにアクセスをしているプレイヤー100人が降り立ち、ランダムで落ちている武器などを使い、最後のひとりになるまで戦うというのが基本的なゲームの趣旨です。チーム分けのルールはいくつかあり、個人で戦う“ソロモード”、2人でタッグを組み戦う“デュオモード”、最大4人のチームで戦う“スクワッドモード”に加え、別ルールの期間限定モードが追加される場合もあります。

▲7月初めの時点では、5つのモードが選べました

▲スクワッドモードでの勝利!

勝利(Victory Royale)するには、あらゆる手を使い、とにかく最後まで生き残ることです。戦闘は、勝利の為に必ずしも必要ではありません。なんとか生き残れば勝ちなのです! 百聞は一見に如かずということで、早速“ソロモード”をプレイしてみましょう。

戦いのまえに知っておくべきこと

地上を走るバスに気球がくっついたようなデザインが可愛らしいバトルバスから、 建築資材を集めるためのツルハシのみを装備した100人が島に降り立ちます(ツルハシについては後述します)。降下のタイミングは、制限時間内であれば自分で決められますが、考えなしに降りてしまうと、敵に後れをとって苦労することも。ベストな降下地点は戦略によって変わりますが、ひとまず初心者は、武器・アイテムが落ちておらず、敵から的にされそうな平原の中央や盆地などの場所は避け、身を隠すものがある安全な場所を探すといいでしょう。デュオやスクワッドの場合は、仲間との距離も大事なポイント。多くの場合、お互いは離れすぎていないほうがベターです。

▲バトルバスから飛び降りるタイミングは自分で決めます。「ここだ!」という地点でBボタンを押し、ジャンプ。高所はちょっと怖く感じる筆者ですが、ジャンプしたあとにスカイダイブで風を切って降下していく感覚はとっても気持ち良くて好きです

▲グライダーを使って着地地点を調整。他のプレイヤーも続々降りてくるので、辺りを探りながら慎重に……

住宅地や工場など、アイテムや宝箱が落ちている可能性の高い場所にも注意は必要。なぜなら、そういったポイントは我先にアイテムを拾おうとするプレイヤーが集中する可能性が高いからです。武器を所持していない状態での戦いはかなり不利になります。丸腰で武器を持っているプレイヤーとばったり出会う、という状況は避けたいところですが、逆に考えると、自分が早く武器を拾えれば有利になるということでもあるのです。武器探索を優先するか隠れながら次の行動のタイミングを見計らうか、地形や周りのプレイヤーの動きなどを見て判断していきましょう。 

▲こんな青紫の木馬(ラマ)を見つけたら、ラッキー! あたりを警戒しながら破壊すると……

▲アイテムがたくさん入っていました! 弾薬、罠、回復アイテムなど役立つものばかり。これは嬉しい

着地してからは、武器や弾薬の確保以外にもしなければならないことがあります。それは、“建築”の材料を集めること。これはのちほど説明します。もうひとつは、“ストームエリア”の範囲から逃れることです。ストームエリアとは、島のランダムな位置に発生する円状の嵐で、時間経過により広い円から徐々に中心まで狭まってきます。この嵐のエリアに入ってしまうと、どんどんダメージを受けてしまうのです。 

▲右上マップの紫の部分がストームエリア。青いラインで描かれた円の中に入っていないと、このように体力を奪われていきます。円が狭くなっているときのストームはかなり強力なので、少しの油断が命取りに

 ストームエリアの円の中心はランダムで決定されます。ゲーム開始直後は、エリアの狭まるスピードが速くダメージ量は少ないですが、ゲームが進行していくほどエリアの狭まるスピードは遅くなりますが、ダメージ量は増加していきます。終盤は、ストームが迫るかなり狭いエリアのなかで、プレイヤーたちが戦うことになるのです。

1 2 3 >