Interview

山崎育三郎 初のオリジナルアルバムは、キャリアと個性を見事に表現した、実に多彩で豊かな音楽を編んだ作品。その手応えと制作エピソードを訊く。

山崎育三郎 初のオリジナルアルバムは、キャリアと個性を見事に表現した、実に多彩で豊かな音楽を編んだ作品。その手応えと制作エピソードを訊く。

ミュージカル俳優であり役者であり歌手であり。いくつもの顔を持つ山崎育三郎だからこその音楽が、ようやく初のオリジナルアルバム『I LAND』で全貌を現すことになった。“ミュージカルPOPS”というキャッチフレーズがつけられた本作は、とにかく表現の自由度が非常に高い。なにしろ物語の主人公を歌で演じる一方で、シンガーソングライターとして等身大の自分をストレートに歌ってみせ、かと思えばミュージカルの手法をふんだんに取り入れて魅せる曲もあり……と、曲調から歌詞の内容やボーカルスタイルに至るまで、実に多彩で豊かな音楽を形にして見せてくれている。まさに、この人のキャリアなくしてはありえない、山崎ワールド全開のアルバムだ。

 取材・文 / 前原雅子 撮影 / 荻原大志

ゆっくり時間をかけて1曲1曲作っていきました

アルバムの制作はかなり前からスタートしていたそうですね。

そうですね。どうしても舞台があったりすると集中してガッと制作に入ることができないんで、合間を縫いながら長いスパンで進めていました。だから2年前くらいからオリジナル楽曲を作り始めて。やってみたい楽曲の雰囲気を、まずは作曲家の方にお伝えして作っていただいてました。

そのあとで今度は作詞家の方に歌詞のイメージを伝えて?

はい。こういう世界観を感じるメロディだから歌詞はこういう方向でいきたい、みたいなことをお伝えして書いていただいて。それから実際にレコーディングスタジオで歌って試行錯誤しながら形にしていって。そして1曲できたら「じゃあ次はこういうのをやってみよう」って、また作詞作曲の方にお願いする。という感じで、ゆっくり時間をかけて1曲1曲作っていきました。

特に「こういうタイプの曲は絶対やってみたかった」ということでいうと?

「宿命」ですね。ミュージカルのワンシーンのような、聴いてるだけでひとつの物語を体感できるような楽曲を作りたくて。それで実際にあった話をお芝居仕立てで面白おかしく歌ってみようと思ったんです。そういうイメージがあったんでかなり自由に、歌いながらメロディからちょっと離れてみたり、途中でセリフみたいなものを入れてみたり。「こんなのどうかな?」って、その場でアイデアを出し合いながら作っていきましたね。歌詞に関しては、そもそも実話を作詞家の方にお話しして。

ひとことで言うと「迷子になった物語」なのでしょうけど、子どもにとっては大事件ですよね。

小学3年生の時のことなんですけど怖かったですねえ。発端は兄弟喧嘩なんですよ。“原宿”にサーカスを観に行くので兄弟4人で泉岳寺の家を出まして。五反田までは一緒だったんですけど、まあ、いつものように長男と僕のチーム、次男と四男のチームにわかれて喧嘩になって。次男と四男が歩いて家に帰っちゃったんです。で、2人を連れ戻しに行く長男に「お母さんと“新宿”で待ちあわせしてるから、お前は先に行ってろ」と言われて、初めて一人で山手線に乗ったんですね。

もしかしてお兄さん、駅を間違えちゃいました?

そう、間違えたんですよ。“宿”違い。それが“宿命”の“宿”だという。

それは絶対会えないですね。

絶対会えない(笑)。しかも時間は夕方、サラリーマンだらけのホームを母親を探して何往復もして。途方に暮れて泣いてたら駅員さんが来て。「どうしたの?」「お母さん、いない」「じゃ、探そうね。“山崎育三郎くんのお母様、いらっしゃいましたら来てください”」みたいなアナウンスを何回も流すんだけど、当然来ませんよ、新宿にはいないから。それでずっと泣いてる僕に「ここまで何しに来たの?」「……サーカス」「新宿でサーカスなんてやってないぞ。一番近いのは原宿のサルティンバンコか?」ってことになって、ようやく連絡が取れた母と次男が深夜1時くらいに迎えに来たんです。

迷子になってる主人公に対して本当は夕方5時に原宿駅前みたいなコーラスを入れてみたんです。

当時は携帯もないから。

そうなんですよ。でも家のほうでも、誘拐された? みたいに大騒動になってて。PTAの連絡簿でクラス全員の家に「育三郎くんを探してください!」って連絡がいったらしいし。だから次の日学校行ったらスターでした(笑)。「大丈夫だった?!」「誘拐されたと思った!」って。そういう話なんで面白くミュージカル調にしようと思って、迷子になってる主人公に対して“本当は夕方5時に原宿駅前”みたいなコーラスを入れてみたんです。そのコーラスも野太い声、高い声、ファルセットっていうように、自分でいろいろ声色を代えてたくさん重ねて歌ってるんですけど。

あの部分のコーラスは、すべて山崎さんの声なんですか?

はい。ミュージカルでは歌ってる人の感情などを、影言葉のように大人数で歌っていく手法があって。それを一人でやってみたという。

この「宿命」は、まさに山崎さんだからという1曲ですよね。

ミュージカルで育ってきた自分にしかできないものの一つとして、こういう楽曲があるといいかな、個性が出るかなと思って。

実話ということでは「Turning point」もそうですか?

これは高校生の時のアメリカ留学中の話です。なかなか向こうの生活に溶け込めず、2~3ヶ月ちょっと自分の殻に閉じこもってたんですね。友達もできないし、差別的なこともされたしで。でもダンスパーティーで1歩を踏み出して踊ったことによって、留学生活が一気に変わったんです。次の日から友達も増えて。その時の自分の心境を歌詞にしているので、「宿命」とは違って自分の想いをポツポツと歌っていくような感じの楽曲にしました。

その「Turning point」から一転して華やかな「TOKYO」へという運びもすごくいいですね。

「TOKYO」はもうミュージカル作品にも通じる要素を入れたくて、アレンジもミュージカルのアレンジに近い管楽器が立つようなアレンジにしていただきました。

日常を忘れてこっちに飛び込んでおいでよ、素敵な時間を過ごそうよ、みたいな楽曲ですね。

そういう意味ではオープニングの「I LAND」も山崎さんらしい、ミュージカルの雰囲気をすごく感じる曲だと思いました。

ミュージカルの醍醐味って非日常の世界に浸れることだと思うんですね。このアルバムのオープニングにもそういう感じが欲しくて、非日常の空間に誘ってくれるようなファンタジーな楽曲をとオーダーしました。それで曲の始まりにも“Hocus Pocus”っていうのは呪文の言葉を入れることにして。日本語だと“ちちんぷいぷい”みたいな言葉なんですけどね。この言葉を言うと現実が非日常の自分の世界に変わってく、みたいな。日常を忘れてこっちに飛び込んでおいでよ、素敵な時間を過ごそうよ、みたいな楽曲ですね。

そういう感じは「I LAND」のミュージックビデオでも表現されていますね。

そこは意識しました。ミュージックビデオではステッキを持って踊ってるんですけど。ステッキを振り上げると日常が“I LAND”という夢の世界に変わっていくという。それでミュージカルの仲間たちにダンサーとして入ってもらうだけでなく、世界中で活躍されているオプティカルイリュージョニストのOuka~謳歌~さんという方にも入っていただいて。謳歌さんは、とにかく不思議な世界観を持っている方なので。より非日常の世界を表現できるんじゃないかなと思って。

“I LAND”の“I”は“育三郎”の“I”であり、“ISLAND”の“I”でもあるので。“育三郎ランド”の始まり始まり~!っていう感じですかね。

また歌詞も、非日常への憧れをかきたてるようなものになっていますよね。この歌詞は共作で書かれていますが、歌詞イメージみたいなことは山崎さんが考えたのですか。

そうです。僕は作詞家ではないのでボンボン言葉が出てくるわけじゃないので、メロディを聴きながら、まずストーリーを思い浮かべるところから始まって。これの場合は主人公が、生活の中で疲れてたり悩んでたりする登場人物を見て、なんとか幸せな世界に連れていってあげたいって思う物語が浮かんできたんですね。で、ドラえもんじゃないけど、その人が部屋の壁に開いてる穴を覗いたら、そこに吸い込まれていって。着いたところは見たこともない華やかな世界で、その世界に浸っていくことで自分の悩みも全部吹き飛ばしていく、みたいな物語を妄想しまして。そこが始まりだったので、くたびれてベットに座ってるところからスタートして、元気になって元の世界に帰っていく、そういう物語を元に書いていきました。

かなり映像的な想像ですね。

そのほうが僕の場合は書きやすいんです。なのでこの楽曲は特にミュージカル色が強いかもしれないですね。ここから僕の世界が始まるよ、みたいな。アルバムタイトルもそうですけど、“I LAND”の“I”は“育三郎”の“I”であり、“ISLAND”の“I”でもあるので。“育三郎ランド”の始まり始まり~!っていう感じですかね。

そしてもう1曲、山崎さんが作詞と作曲を手がけた「ヒカリ」ですが、やさしくて温かい、とてもいい曲ですね。

これはバラードを作りたいと思ってピアノでメロディを先に作って、そこに歌詞をはめていった楽曲なんですけど。好きな曲にピアノの伴奏を考えていくような感じで、コードを弾きながら、この流れが綺麗だなって思うものを少しずつ組み立てていきました。1ブロック作ると、それにつられて次のフレーズが出てくるので、それを繰り返して曲にするみたいな。なんていうか、自分の心に触れるメロディをひとつひとつ探していくような感じだったと思います。

作ったことを反芻する中で次の展開が見えてくる。

そうですね。だから曲は出だしから作ることが多いんですけど、そこがなかなか出てこないんですよね。出てきてしまえば、結構つながって曲になっていくんですけどね。

自分の声を楽器でイメージしながらメロディを作っていくことも多いですね。

だからメロディの流れがすごく自然なんでしょうね。サビでいきなり派手に展開するようなことがないというか。

そこは意識してますね。特にバラードを歌うときは1本の糸のようなイメージがあるんです。ずっと繋がってる切れない糸というか。この曲は優しい、あったかい楽曲にしたかったので川の流れのようなメロディラインを探したかったですね。あと自分の声を楽器でイメージしながらメロディを作っていくことも多いですね。

どういうふうにですか。

人の声を弦楽器とか管楽器とか、楽器に喩えてみるんです。例えば僕の中でTM Revolutionの西川(貴教)さんやポルノグラフィティの岡野(昭仁)さんは、パーンと鳴る管楽器のイメージがある方で。でも僕はそういう声質ではなく、弦楽器のチェロの感じかなと思っていて。実際、流れるようなメロディラインがすごく好きだし、絃楽器を弓で弾いてるようなイメージで歌うこともよくあるんです。もちろんミュージカルでは大きな声を出したりロングトーンで歌ったりもしますけど、基本はパーンと鳴る声じゃない。そういうふうに声の音質によって、声に合うメロディラインとか楽曲のタイプもあると思っているんですね。その意味で「ヒカリ」は弦楽器のような自分の声をかなり意識して作った楽曲だと思います。

そうして1本の糸のようなメロディができてから、歌詞を書いていったわけですか。

曲を作ってる途中からなんとなく歌詞のイメージが浮かびはじめましたけど、歌詞は出だしから書いていきました。どこかドラマや舞台の脚本を書くような感覚で考えていくので、こういう人がいて、こういう思いで過ごしてて、こういうことがあって……みたいな。なのでメロディもそうですけど、歌詞も物語の途中から書きはじめたり、サビだけ書いてみようっていうことはほとんどないです。

するとこの曲も物語をまず考えて。

この楽曲は物語というより、家族や命のつながりみたいなことをテーマにしました。自分自身も家族を持ったりすることで、命のバトンみたいなことを感じるようになって。自分に守るものができたからこそ、親であったり、自分を守ってくれる人への想いや感謝が以前より大きく感じられるようになったので。その気持ちを書きたいと思ったんです。

自分から出てきたメロディで、自分が本当に感じてることをより繊細に歌う、そういう曲も作りたいって。

やはり歌詞を書かれた「Keep in touch」のインタビューでも話されていましたが、自分自身のことをまっすぐに歌いたいと。

そうですね。これまではリリースした2枚のカバーアルバムも、ミュージカルも、何かになりきるなかで自分を表現していくので。自分自身が思ってることを歌で表現したり発信したりすることはあまりなかったんですけど。今回のアルバムではそこを大事にやってみたいと思ったんですね。自分から出てきたメロディで、自分が本当に感じてることをより繊細に歌う、そういう曲も作りたいって。それで囁くようにじゃないですけど、噛みしめるように自分の想いをポツポツと歌っていく楽曲を作ってみたい、というところで浮かんだのが家族や自分の周りへの感謝の気持ちだったんですよね。

自分がやってきたことと、今の自分と、これからの自分、それがうまく1枚に収められた手応えはありますね。

だからだと思うのですが、アルバム1枚を通して聴くなかで、“今の山崎育三郎”が最も強く印象に残りますね。

すごく嬉しいです。作り始める前に自分にとって初めてのオリジナルアルバムだからこそ、自分はこういうものなんだっていうのを嘘なく表現できるものにしたいと思っていたので。そう感じてもらえたことが本当に嬉しいです。

そういうアルバムへのキャッチコピーが“ミュージカルPOPS”っていうのが、またいいですね。ピッタリだなと思いました。

まだまだ模索中なところもあるんですけど。12歳からミュージカルという場所で育ってきた自分だからこそできる音楽のスタイル、というものがあるんじゃないかと思っていて。エンタテイメントとしての山崎育三郎は「I LAND」「TOKYO」のような楽曲で出していって、「Turning point」や「宿命」では自分の物語を歌って、今の自分が本当に感じたことを表現する「ヒカリ」「Keep in touch」も作ることができて。自分がやってきたことと、今の自分と、これからの自分、それがうまく1枚に収められた手応えはありますね。だから自分のことではあるんですけど、今後の展開も本当にすごく楽しみなんです。そう思うと、いろいろやらせていただいてる全てが僕の音楽のスタイルには必要なことだと思うので。これまでのように、これまで以上にいろんなことに挑戦していけたらと思ってます。

その他の山崎育三郎の作品はこちらへ

舞台・ライブ情報

ミュージカル「モーツァルト!」

主演 ヴォルフガング・モーツァルト 役
<名古屋公演>
2018年8月1日(水)~8月19日(日) 御園座

ニッポン放送 「山崎育三郎のI AM 1936」presents 「THIS IS IKU」

2018年10月13日(土) 東京国際フォーラム ホールA
*ゲスト 生田絵梨花・Toshl(龍玄としX JAPAN)・水谷千重子ほか


山崎育三郎LIVE TOUR 2019 〜I LAND〜

1月12日(土) 三郷市文化会館
1月14日(月・祝) SENDAI GIGS
1月19日(土) NHK大阪ホール
1月20日(日) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
1月26日(土) 昭和女子大学人見記念講堂
2月2日(土) 福岡国際会議場メインホール
2月3日(日) JMSアステールプラザ大ホール
2月10日(日) 滋賀県立文化産業交流会館
2月11日(月・祝) 三島市民文化会館

*詳細はオフィシャルサイトにて。

山崎育三郎

俳優、歌手。1986年1月18日生まれ、東京都出身。A型。
2007年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役に抜擢。以降、ミュージカル俳優として活動。2015年、ドラマ『下町ロケット』(TBS系)真野賢作役で、一躍注目を浴び、ドラマ『あなたのことはそれほど』ではミステリアスな同僚を演じるなど幅広い演技をみせ、個性派俳優として活躍。7月期には金曜ナイトドラマ「あいの結婚相談所」(テレビ朝日系)主演藍野真伍役を演じ、更に8月16日に自身初めてのオジリナルシングル「Congratulations / あいのデータ」をリリース。
趣味はゴルフ、特技はダンス、ピアノ、野球。
2017年12月2日からは、オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(フジテレビ系)に岩城槙雄役として出演。
2018年1月17日には、ニューシングル「Beginning」をリリースし、“山崎育三郎 LIVE TOUR 2018”も無事終了。主演ミュージカル『モーツァルト!』の公演中。
2019年1月から、アルバムを引っさげたツアー「山崎育三郎LIVE TOUR 2019 〜ILAND〜」がスタートする。

オフィシャルサイト
http://www.ken-on.co.jp/1936/

フィトギャラリー