2018年夏アニメ主題歌特集  vol. 6

Interview

【インタビュー】声優・田所あずさがラウドに歌う『バキ』ED主題歌。サウンドにも作詞にも『バキ』感満載の“まさに神曲”…その聴きどころとは?

【インタビュー】声優・田所あずさがラウドに歌う『バキ』ED主題歌。サウンドにも作詞にも『バキ』感満載の“まさに神曲”…その聴きどころとは?

3rdアルバムから約9ヵ月。声優・田所あずさがリリースするニューシングルは、TVアニメ『バキ』のEDテーマに起用された「RESOLVE」。男臭い本編とマッチする力強さを持ちながらも、田所が歌う意義を持つ女性らしさも併せ持つナンバーだ。また、今作でもカップリング曲はそれぞれ個性的。ラップも織り交ぜたロックチューン「SHAKA BOOM」に、彼女の初期の音楽性を連想させるような「スキライ」と、ジャンルの幅広いラインナップとなった。今回はその3曲への取り組みについて、彼女に語ってもらった。

取材・文 / 須永兼次


サウンドから『バキ』感満載の表題曲は、まさに神曲!

表題曲の「RESOLVE」は『バキ』のEDテーマに起用されていますが、この作品へはどのような印象をお持ちですか?

田所あずさ お話をいただいてから原作を読ませていただいたんですけど、すごく熱い漢の物語だな、と思いました。

そうですね。すごく筋肉隆々としていて。

田所 「もはや筋肉なのかな?」ぐらいですよね(笑)。「顔って、線入るまで鍛えられるのかな?」って思ったりもしましたけど、「極めるとそこまで行けるんだなぁ」って思うぐらいの人間の限界を超えた人たちの戦いで……本当に見ごたえがありますよね。

では、その楽曲自体を聴かれたとき、田所さんが受けた印象をお教えください。

田所 「RESOLVE」の作編曲を手がけてくださった神田ジョンさんが、『バキ』が大好きな方なんですよ。なのでイントロからすごく『バキ』感がある曲だな、と感じまして。楽器で『バキ』の世界観をこんなに表現されているっていう感動もありましたし、「これはまた、神曲が来ちゃったな!」っていう楽しみや、そういう曲を歌えるといううれしさもありましたね。

アニメへ寄り添う際に歌詞から接近する楽曲は多いと思うんですが、この曲はイントロでドラムが激しく響きまくる点が、冒頭から『バキ』を感じさせてくれていますね。

田所 もうさすがですよね。読んでて曲が湧いてくるんでしょうかね? やっぱり作曲家さんって、バンドマンさんってすごいな、と改めて思いました。

そんなこの曲、どのような想いを持ってレコーディングに臨まれましたか?

田所 「皆さんの熱い音に負けちゃいけないな」という想いと、「女の私だけど、『バキ』の世界にしっかりついていかなきゃいけない」っていうプレッシャーみたいなものがありましたね。でも、唐沢(美帆)さんに歌詞を書いていただいたことで、女性ならではみたいな気持ちで歌わせていただけたのは救いだったといいますか。

この曲は(範馬)刃牙の彼女の(松本)梢江ちゃん視点の歌なので、刃牙を送り出す想いも込められているんです。でも梢江ちゃんも、包み込むというよりは「私も一緒に戦う」っていう強さのある愛情を持っている子なので、そういう梢江ちゃんの気持ちを代弁するように、女性だからこそうたえる歌みたいなものを表現できたのかな、と思っています。

力強さに加えて、『バキ』のために田所が用いた“技”とは?

そんなお気持ちで歌われていくなかで、「こういうふうにしたいな」と試みられたり、そう思われたことはこの曲の中にはありましたか?

田所 やっぱり梢江ちゃんの気持ちを代弁したかったので、やっぱり“愛”みたいなものは込められるように、歌詞の意味も考えながら歌わせていただきましたね。あと、歌詞の中に「暴き出す力」とか「牙を剥き」っていうフレーズがあるんですけど、そこを「わざと“バキ”って聴こえるように歌ってほしい」という唐沢さんからのお願いがあったので、そこもそう聴こえるように頑張りました。なのでそういう部分もぜひ、注目して聴いていただきたいです。

そうやって、力と技との両方を込めた曲にされたわけですね。

田所 はい。頑張って。必死ですけど(笑)。

その点も含めてかなりラウドな感じで歌われているので、たとえばサビ最後の「そんくらいでいい」のように英語っぽく聴こえる部分もあって。その粗さも素敵だなと思いました。

田所 あ、ホントですか? よかった! あんまり意識してなかったんですけど(笑)、そう思っていただけていたらうれしいです。

ファンの皆さんからは、リリース前からどんな反響はあったのでしょう?

田所 「めっちゃかっこいい!」とか、「今回も、最高だぜ!」みたいなコメントをいただけていて、とてもうれしいです。Netflixさんで『バキ』が先行配信されたのと同時に楽曲自体も先行配信していますし、それにフルバージョンのMVも公開されたので、今回はいつもよりもすごく早めにフルバージョンを楽しんでいただけていたと思いますし、そんな早い時期からうれしい声をかけていただけると、やっぱり作ってよかったなって思いますね。

そのMVでは、今回もバンドを後ろに引き連れてかっこよく歌われていますが、撮影時もそのバンドの音をバックに実際に歌われたんですか?

田所 それが、撮影場所が廃墟だったのでホコリがすごくて。だから無意識に声を出しちゃったりすると気管にすごくホコリが入ってきちゃうので、こまめに外の空気を吸って……みたいなことも繰り返して撮りました。

空気があまり回ってなかった。

田所 はい。どよーんとしてましたし、怖いし(笑)。映像で見るとめっちゃかっこいいんですけど、実際はライトがないと本当に真っ暗な怖いところだったんです。

1 2 >
vol.5
vol.6
vol.7