Report

応援したくなる夏!! 三代目JSB・山下健二郎が、久保田悠来、藤田 玲ら演じるゾンビーズにダンスを教える舞台「八王子ゾンビーズ」開幕!

応援したくなる夏!! 三代目JSB・山下健二郎が、久保田悠来、藤田 玲ら演じるゾンビーズにダンスを教える舞台「八王子ゾンビーズ」開幕!

“音楽×ダンス×ゾンビ”をテーマにした完全オリジナル舞台「八王子ゾンビーズ」が、8月5日(日)に東京・TBS赤坂ACTシアターにて開幕した。三代目J Soul Brothersのメンバーであり、映画、ドラマ、情報番組のパーソナリティーと幅広く活躍する山下健二郎の初主演舞台となる本作は、脚本・演出を、人気放送作家の鈴木おさむが務めている。陽気でイケメンなゾンビたちを従えて、袈裟姿の山下が踊りまくるエンタメ・ステージ! 初日会見のコメントと合わせて、ゲネプロの模様をレポートする。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ

「この夏、みんなと“青春”を感じられてめちゃくちゃ楽しかった」

劇場ロビーにて行われた初日会見にて、鈴木おさむが「売れている人の共通点ですが、山下健二郎くんには“根性”がある。わからないところに入るのって怖いはずなのに、そこに対して突っ込んでくる勇気と根性。そして本人の口から聞いたことはないけれど、“三代目J Soul Brothers”の看板を背負って戦っている感がハンパなかった。座長として戦っている姿がすごくカッコよかった!」と絶賛した、山下健二郎の初主演作品。

山下自身も「この夏、みんなと“青春”を感じられてめちゃくちゃ楽しかったです。稽古場から隅田川花火大会を眺めたり、稽古後にみんなでご飯に行ったりしていました。全員でつくり上げた感覚があるので、それを舞台でも発揮できたら。歌も踊りも感動する部分もあり、全部のエンタメがこの舞台に詰まっている。年齢関係なく多くのお客様に楽しんでいただけると思います!」と手応えを語った舞台「八王子ゾンビーズ」が、ついに初日を迎えた。

山下が演じるのは、ダンサーになることを夢見て、長年レッスンとオーディションに明け暮れてきた青年・羽吹 隆(はぶきたかし)。

舞台は、そんな隆の長い独白から始まる。幕前でオーディションの結果に怒りをぶちまける隆のセリフは、ダンサーを生業とする山下が発しているためか、不思議なリアリティを感じさせる。

演じる役者と役を重ねた“隠しネタ”とも言えるセリフや、時事ネタを豊富に入れ込んだ脚本が鈴木おさむらしい。

そして幕が開くと、舞台の上手と下手には墓石と卒塔婆、五輪塔、お地蔵様が並び、中央には小さな寺の本堂が見える。ダンサーになる夢が破れ、彼女にもフラれた隆は、“自分探し”の謳い文句に惹かれて、八王子の山奥にある“希望寺”を訪れたのだった。

寺の住職・孔明(こうめい)を演じるのは駿河太郎。明朗なセリフ回しが心地よく、だが善人そうな笑顔の裏に、絶妙なうさんくささが漂う。

隆は、加藤 啓が演じる僧侶・下田(しもだ)の助言にも耳を貸さず、住職の教えに縋り、ダンサーになる夢から醒めようと必死だ。

しかし満月の夜、隆は寺の墓場でゾンビたちと戦う一刃(いちは)の姿を目撃してしまう。

中央に立つ寺のセットが回ると、苔むしたような墓場が現われる。そこから禍々しく現われるゾンビたちを、早乙女友貴演じる僧侶・一刃が次々に斬り捨てていく。この殺陣シーンは早乙女の独擅場。白い袈裟姿に日本刀を携え、本領発揮といった風合いだ。

殺陣に関しては、初日会見でも山下が「ダンスの出来栄えは100点の自信がありますが、殺陣は苦手。友貴くんに怒られながら必死で覚えました(笑)」と触れていたとおり、後半で隆&ゾンビーズたちも参戦する大立ち回りが待っている。これは見どころのひとつなので、ぜひ楽しみにしていただきたい。

ここまで、現代を舞台にイマドキの若者らしい隆を追っていた物語だったが、このあたりから不思議な世界観がヒタヒタと舞台上に忍び寄ってくる。墓石の間を縫うようにして小さな灯籠がセットのところどころに置かれており、様々な色に光るその灯りが“この世ならざるもの”との出会いを演出している。

激しい戦いを目の当たりにして動揺する隆は、住職から「もう墓には近づくな」と釘をさされる。しかしそこに現れたホームレスの太山(ふとやま)に誘われ、どうしても気になってしまった隆は翌夜、再び墓を訪れる……。

加藤の飄々とした持ち味と、太山を演じる酒井敏也の不思議な存在感。ふたりの個性派俳優が物語を牽引して、隆とゾンビたちを出会わせる。

いかにもな死者スタイルと顔色で現れるゾンビたち。だがゾンビたちは、手の指で“8”の数字を作ってチャーミングにポーズをキメる。パッと見は恐ろしいが、よく見ればイケメンばかりの陽気な“ゾンビーズ”だったのだ。

このゾンビを演じるのは舞台で注目を集める人気若手俳優ばかり。久保田悠来、藤田 玲、丘山晴己、高野 洸、牧島 輝、井澤巧麻、前田隆太朗。そして劇団EXILEの小澤雄太の8人。それぞれが際立った個性を持って、にぎやかにゾンビーズを演じる。

アクロバットやラップでステージを華やかに盛り上げたかと思えば、急に某ミュージカルのパロディを披露したりと、ゾンビーズは自由奔放。ゾンビなのに、彼らは実にイキイキしている。

だが、そんなゾンビーズにも悩みがあった。不本意ながらゾンビになってしまった彼らは“満月にダンスをすることで成仏できる”のだが、それを住職たちに邪魔されているのだという。

「俺たちにダンスを教えてくれ!!」とゾンビたちにせがまれ、隆は渋々、彼らにダンスを教えることになる……。

初日会見で、鈴木おさむが見どころのひとつとして挙げたのがこのシーン。初歩的なステップからレクチャーする山下の姿、その後ろで恐る恐るといった具合で、ぎこちなく足を動かすゾンビーズ。ビジュアル的にはシュールだが、笑い混じりのほのぼの場面に仕上がっていた。

また本公演では、グッズとして販売されているタンバリンを振り、声援を送ってOKの“応援上演”も導入されているため、舞台の両端にサインボードが登場した際は、ぜひ参加して大いに盛り上がって欲しい。

その後、ゾンビたちの真相と過去、住職の真意が次々と明かされ、物語は急展開していく──。パフォーマンスがメインの舞台かと思いきや、芝居もキッチリ見せてくれる。

RIKACOと隅田美保(アジアン)、ふたりの女優の持ち味も生かされており、全員がラストスパートの勢いに乗る終盤のシーンは、グッとくる感動があった。

テンポの良い芝居と見応えのあるダンス。そして力強いメッセージに、夏バテもどこかに吹き飛んでいきそうなパワフルな舞台だ。

8月19日(日)の千穐楽公演は、ライブ・ビューイングも決定している。

舞台『八王子ゾンビーズ』

2018年8月5日(日)〜8月19日(日)TBS赤坂ACTシアター
<ライブビューイング>8月19日(日)17:00開演の回※詳細はこちら

STORY
ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめ直すために、八王子の山奥のお寺に辿り着いたタカシ(山下健二郎)は、とある満月の夜にお寺の墓場でゾンビVS住職(駿河太郎)の壮絶な戦いを目の当たりにする。このお寺は、夜な夜な無数のゾンビがうごめく、奇怪な場所だったのだ。
「ここで見たものは忘れろ!」と意味有り気に住職に言われたものの、タカシは気になって再び墓場を訪れる。するとそこにはゾンビの姿が……。しかしよく見ると、そこにいるゾンビたちは陽気でイケメンばかり。
彼ら曰く、満月にダンスをすることで成仏できるのだが、それを住職たちに邪魔されているとのこと。「俺たちにダンスを教えてくれ!!」とゾンビたちにせがまれ、なぜか、タカシとゾンビたちの交流が始まったが……。
不穏な動きを見せる住職の思惑とは? 果たしてゾンビたちは、無事に成仏できるのか!?

脚本・演出:鈴木おさむ
主題歌:m-flo(rhythm zone / LDH MUSIC)
劇中曲:☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)

出演:
羽吹 隆 役:山下健二郎(三代目J Soul Brothers)

仁 役:久保田悠来
楓 役:小澤雄太(劇団EXILE)
琉斗 役:藤田 玲
快斗 役:丘山晴己
翼 役:高野 洸
瀧 役:牧島 輝
三太 役:井澤巧麻
四太 役:前田隆太朗

下田 役:加藤 啓
一刃 役:早乙女友貴
海 役:隅田美保(アジアン)

太山 役:酒井敏也

大池 役:RIKACO

孔明 役:駿河太郎

下尾浩章
工藤翔馬
高橋 玲
遠藤 誠
前川孟論

主催:LDH / ネルケプランニング

オフィシャルサイト
Twitter(@HACHIOJIzombies)