偉大なる確信犯“角松敏生”が仕掛けた魔法  vol. 1

Interview

『SEA BREEZE 2016』vol.1 レーザーターンテーブル編

『SEA BREEZE 2016』vol.1 レーザーターンテーブル編

 シンガーであり、ソングライター、プロデューサーであり、ギタリストでもあるアーティスト、角松敏生。1981年からシンガーソングライターとして、シティポップやAORといった音楽を軸に活動を続け、今年35周年。プロデューサーとして、杏里「悲しみがとまらない」(1983年)や中山美穂「You’re My Only Shinin’ Star」(1988年)を大ヒットさせ、1997年、“長万部太郎”名義でのバンド活動およびプロデュースしたAGHARTA「WAになっておどろう」のヒット。同時期にV6がカバーしたこともあり、一般的に知られ、その後、長野オリンピックのテーマ曲となり閉会式でのライブ演奏もした。前作のアルバム『THE MOMENT』ではプログレッシブ・ポップを提示。人一倍、音にこだわりを持ったミュージシャンであり、常に新しいことを求める革新的なアーティストである。

 デビュー35周年となる角松敏生の1981年のデビューアルバム『SEA BREEZE』のリテイク&リミックスアルバム『SEA BREEZE 2016』の初回生産限定盤として、当時の『SEA BREEZE』の未使用アナログLPをレーザーターンテーブルで読み取ってリマスタリングした『SEA BREEZE-Laser Turntable Edition-』が世界初の試みとして発売された。
 レコードをレーザーで読み取って原音忠実な高音質サウンドを再生するレーザーターンテーブル。レコード針がいらないのでレコードが傷まず、レコードの反りや傷、割れに強い。さらにデジタル変換をせずにマスターテープを聴くような原音再生で、周波数特性は10Hzから25kHzまでを+-4dB でフラットに再生する完全日本製の商品。そんな魔法の機材とは…。『SEA BREEZE 2016』のセルフライナーノーツに出てくる、“僕の音楽を愛好していた方”である、音響機器メーカーの株式会社エルプ 企画・営業部長の竹内孝幸氏に話を伺った。

インタビュー・文 / 井桁 学


レーザーターンテーブルはいつごろ開発・商品化されたのですか?

竹内 レコードからCDに切り替わる時期に、レーザーを使って音情報を読み取って音楽として楽しむ技術が1980年代の前半にアメリカで基礎開発されていて、進められたのがこのレーザーターンテーブルなんです。それが製品としてこの世に出たのは1989年です。

アメリカで作られたものなのですか?

竹内 いえ、アメリカは基礎開発までしかできなかったんです。基礎開発を終えて、いざ製品化しようとしたところ、その先に十数億の資金を必要としたところでストップしてしまって。製品化しようとしたときにアメリカの企業はどこも手を上げなかったんです。日本もアメリカと同じくCDに切り替わる時代だったので、アナログなんて時代遅れだといってどこもやらなかったんです。アメリカの基礎開発をした優秀な学者たちが失望している中、それを見かねた当社社長の千葉三樹が何十億枚と存在するレコードをこのまま消滅させてしまうのはダメだろうと考え、立ち上がってやり始めたんです。アメリカで基礎開発した特許関係を全部日本で買い取って、3年から5年ほど基礎開発に時間を費やして、89年に実際に商品としてリリースしたのがレーザーターンテーブルなんですね。

89年の発売から知れ渡るまで時間がかかったのはなぜですか?

竹内 ひとつは金額的なことで、当時は250万から300万ぐらいしたんですよ。そのため、最初は国内・国外共に博物館や国会図書館など公共性の強い場所に入っていました。そこで流通系統を整理し、直販性にして価格も100万円台で出せるようになって、現在は全世界で約2000台の個人ユーザーさんに使ってもらっています。

vol.1 『SEA BREEZE 2016』レーザーターンテーブル編_01

レーザーターンテーブルの構造についてお聞きします。通常、レコードはレコード針で読み取るところを、レーザーでレコードの溝を読み取るという構造ですか?

竹内 そうです。レーザーを使って、5本の光でトレースしていくんです。レコード針はレコードの溝の下の方を擦って読み取りますが、レーザーは逆にLRそれぞれ上から10ミクロンぐらいの位置に光を左右1本ずつ照射するんですね。5本のうち2本で音情報をピックアップするため、別の2本はトレース用、もう1本は高さ調整しています。合計5本を使って光を当ててトレースしていき、音情報の反射光で電気信号を変えていきます。

通常のレコード針で溝の下から音情報を得るのと、レーザーで溝の上から音情報を得るのとでは違いはあるのですか?

竹内 いいえ、溝の上部下部ともに基本的に音信号はみんな同じに入っているんですよ。たとえばレコード盤面が針ですり切れるほど聴いた昔のレコードでも、溝の下はすり減っているけど、溝の上は傷んでいないんです。そこにレーザーを当てて再生していくわけです。

レコードを入れるとどうなるのですか?

竹内 まずレコードの盤面上をレーザーボックスが移動する形で、1度レコード溝の本数を数えます。それと同時に無音部分を検知して、それを曲アタマとして認知するんです。これによって、頭出しができるのです。そして収録曲の溝を数え、回転数と重ね合わせて計算し、レコードのトータルタイムや曲ごとのタイムも表示します。

レーザーターンテーブル内では音作りはしているのですか?

竹内 音作りはまったくしていません。レコード盤に刻まれた情報をありのままに出しています。だから、60年代、70年代に作ったレコードを聴くと音が良くて、むしろ最近作られたレコードをかけるとどうしてもガッカリしてしまいます。それはレコードのマスターの元をCD-Rにしてしまったりしていることが理由です。例えば、ニール・ヤングの90年代中ごろのアナログ盤をかけると「ん?」って感じがするんですが、2000年代になるとすごくいいレコードになっていくんですよ。そういうところは海外の作品は工夫しているというか。やはりレコードにはレコード用のマスタリングがあるんだと感じますね。

vol.1 『SEA BREEZE 2016』レーザーターンテーブル編_2

角松さんは、レーザーターンテーブルの印象や感想をどう言っていましたか?

竹内 “今までいろいろなプレイヤーで音を聞いてきたけれど、スタジオで聴いているマスターの音が一番いい。その音と違うのでなかなかレコードの音になじみが持てなかったけど、レーザーターンテーブルは、当時の作り手の質感や温度感みたいなものがそのまま再生されてくる”と言っていましたね。

オーディオマニアの方ですと、レコードプレイヤーのパーツにこだわりを持ってチョイスする方も多いですよね?

竹内 そうなんです。だから逆に、オーディオマニアの方が普段聞き慣れているレコードの音とは違ったりするんですね。レコードプレイヤーの場合はカートリッジや針、アーム、リード線など、パーツごとにセレクトして音が変えられる楽しみがあるんですけど、それはレコード本来の音というよりはカートリッジの音だったりするんですよね。たとえばオルトフォン製ならオルトフォンの音がするし、シュア製ならシュアの音がする。レーザーターンテーブルの場合は音を変える素子はないので、あくまでレコードの音になるんです。作り手が聴かせたい、表現した作品がそのまま出てくる。つまりマスターテープの音に近い音楽ということです。

今回の初回生産限定盤の『SEA BREEZE-Laser Turntable Edition-』は、1981年に発売したレコードをレーザーターンテーブルで読み取ってリマスタリングしましたが、どのモデルを使ったのですか?

竹内 LT-masterというものです。それとエルプ製のフォノイコライザーアンプLCR型を新たに開発して使用しました。これは当社のカスタムメイドのフォノイコライザー(以下、フォノイコ)で、今年半ば以降に、この再生方式を新たに発表する予定です。

vol.1 『SEA BREEZE 2016』レーザーターンテーブル編_3

一般的なレコードプレイヤーは出力レベルが小さく、音を増幅させるためにフォノイコを使って、CDやDVDなどの同じ出力のLINEレベルにまで上げる必要があります。レコードを聴くときにフォノイコを使うまでは理解できるのですが、御社が開発したLCR型のフォノイコと、今まであった他社製のフォノイコとではどういう違いがあるのでしょうか?

竹内 レーザーターンテーブルは出力レベルが大きいんです。400ミリボルトという高い電気信号で出力されています。それを市販のフォノイコを使う場合はMM型に合わせるために1/100の量の4ミリボルトに減衰させているんです。しかし、開発したLCR型フォノイコは、400ミリボルトのまま入力して、RIAAイコライスしています。つまり、今回の『SEA BREEZE-Laser Turntable Edition-』で使った形式は、レコード情報を減衰させることなくアウトしています。

そのLCR型は今までなかったのですか?

竹内 アンプ自体の方式では今まであるんですけど、その方式にするにはより増幅させなければならないんです。減衰と増幅するということは、音の劣化や音の歪みに影響します。

今回、レーザーターンテーブルで読み取るにあたって、角松さんからファンへ「1981年発売の『SEA BREEZE』の未使用のレコードを貸してください」という呼びかけにより、10枚集まったと聞きました。

竹内 実はレコードは、プレスした時期やカッティングされた時期によって音が違うんですよ。通常のレコードですと確実にサンプル盤がよかったりするんですけど、『SEA BREEZE』の場合はサンプル盤ではなく、最初に出荷された1stプレスの盤が良かったんです。想像ですけど、サンプル盤でカットした後に音質補正をして、製品盤の1stプレスをしたと思うんです。音の妥協をせずにいいサウンドを突き詰めた状態で、角松敏生という新人アーティストをしっかりとデビューさせたい、という当時の方々の想いかなと。ちょっと3枚プレスが異なる『SEA BREEZE』を聞いてみてください。

vol.1
vol.2