22/7 3rdシングル『理解者』発売記念 「私の理解者は?」特集  vol. 2

Interview

3rdシングル『理解者』をリリースした22/7(ナナブンノニジュウニ)。 自分に近しい存在を”理解者”と挙げるメンバーの思いとは!?

3rdシングル『理解者』をリリースした22/7(ナナブンノニジュウニ)。 自分に近しい存在を”理解者”と挙げるメンバーの思いとは!?

秋元康とアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズが組んで世に送り出したデジタル声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)。エンタメステーションではデビューシングル『僕は存在していなかった』、セカンドシングル『シャンプーの匂いがした』のリリースタイミングで彼女たちをフィーチャーしてきたが、8月22日(水)に発売されたサードシングル『理解者』においても、特集を展開。各メンバーをとあるテーマで3グループに分け、グループと縁の深い”7月22日”に正式にリーダーに就任した帆風千春の立ち会いのもとに行った座談会の模様を連日、紹介する。
第2回のメンバーは帆風と海乃るり、倉岡水巴、宮瀬玲奈、武田愛奈の5人。第1回同様『理解者』の聴きどころと彼女たちにとっての”理解者”たる存在についてトーク、そして、リーダー帆風と悩みを共有(!?)してもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

近くにいる時は存在していることが当たり前。
だから離れてみて初めて、理解者のありがたみがわかる。

今回のグループ分けですが、3rdシングル『理解者』用のプロフィール資料に手書きされた「私のとっての理解者は──」というところで、家族や親せきといった人間を書いた人とリーダーの帆風さんという括りになっております。では、さっそく、表題曲『理解者』についてのお話から座談会を始めていきましょう。

宮瀬 はい、私はこの『理解者』を初めて聴いた時に思ったのは、理解してほしい側──部屋に閉じこもっている主人公側に立って、「私の理解者って誰だろう?」ということでした。でも、メンバーの中には反対に理解する側に立って聴いていた子もいて、視点だったり立場を変えた聴き方ができるのが面白いなと感じました。そんなふうに、理解者とは誰なのかを考え始めると、闇に染まって夜も眠れなくなってしまって。いろいろなところに考えが行き着いて…自分でも不思議なんですけど、草とか無機質なものが理解者なのかなって思ったんですよ。

倉岡 草!? 理解者が?

宮瀬 何だろう、人類のルーツまでたどっていったら、そこに行き着いて。キリスト教では土から人間が生まれたという話を聞いたことがあるんですけど、人間の元祖は動物とかよりも草の方が近いんじゃないかって思ったところで…寝てしまったんです。

宮瀬玲奈

倉岡 いやぁ〜(と、謎の奇声をあげる)。

宮瀬 で、いったん解決したと思って、朝起きてから両親とLINEでやりとりをしていたんですけど、東京にいる私のことを心配してくれたりして、よくよく考えてみたら…私の理解者って家族かなって、ようやく自分の中の答えに行き着いたんです。

ものすごく壮大な考えをめぐらせて、家族こそが理解者だという答えに着地したわけですね。その点、宮瀬さんが話したようにいろいろな視点から聴ける曲ですが、武田さんはどうでした?

武田 何だろう…「理解者」という言葉じたいはよく耳にしますけど、実際はあまり意識していなかったりするじゃないですか。なので、どっちの視点という発想はなくて、私はただ素直に聴いていました。で、「理解する側か、してほしい側か」っていうみんなの会話が聞こえてきて、そこから「あ、そういう考え方があるんだ」って思って、視点を変えて聴き始めたっていう感じです。
心に響いたフレーズは、サビの「扉を閉めないで バタンと閉めないで 1センチだけ開けておいて」というところで、どういう感情なのか説明がつかないんですけど、自分的にはグッときました。

武田愛奈

倉岡 私はこの曲の歌詞を初めて読んだ時、思春期の家族に対する思いと類似してるなと思いました。何かこう…家族って近くにいると自分のことを思っていろいろ言ってくれますけど、それを拒絶しちゃうじゃないですか、思春期のころって。でも、離れてみて初めて、その愛に気づく…みたいなところがあって、私はその気持ちを歌詞から思い浮かべてしまって。本当の理解者っていうのは、一番近くにいる時には気づかないのに、離れてみてわかる存在なんですよね。近い時にはいるのが当たり前になってしまっていて、その存在の大切さに気づけないんだなって。

海乃 私は最初、自分への戒めの曲だなと思いました。なぜかと言いますと…あ、私の解釈なんですけど、『理解者』の歌詞の主人公は、自分にとっての理解者に背中を向けられてしまうじゃないですか。歌詞をずっとなぞっていって”ラスサビ”までのような自己中心的な生き方をしていると、最後は理解者に背中を向けられてしまうんだと思って、自分もそうならないように気をつけないとなっていう考え方にいたったんです。主人公としてはただ理解者を求めていて、素直になれなかっただけなんですけど、離れていってしまうんだなって。

海乃るり

メンバーそれぞれで解釈も違っていて、なかなか興味深いですよね、リーダーの帆風さん。

帆風 はい、それぞれの個性が反映された解釈の仕方だなと思いました。たとえ話ひとつにしても、メンバー個々の”らしさ”が出ているように感じますね。

ちなみに、帆風さんにはリーダーとしての悩みのようなものってあるんでしょうか?

帆風 そうですね…リーダーに就任させていただいたんですけど、特に以前と変わったことがなさすぎて、具体的に何をしていけばいいのかが自分の中で見えていないことが、強いて言えば悩みかもしれないです。

帆風千春

と、帆風さんは言っておりますが、メンバーのみなさんから何か思うことはありますか?

海乃 リーダーっていう肩書きがあると、今までちはるん(=帆風)が普通に言っていたことも、何となく責任を感じてしまうんじゃないかって、私は思っていて。でも、私たちが手の掛かる子じゃなければ苦労もしないはずなんですよね。なので、リーダー1人に任せるよりも、自分たちでできることは各自でやっていて、支えていけたらなって。1人だけに責任を背負わせるんじゃなくて、みんなで分担できるグループになれたらいいなって思ってます。

そんな話を聞いていると、全然手の掛かる子には思えないですよ。

帆風 はい、本当にそうなんです。いろいろとグループで話し合いをする中でも、るーりー(=海乃)は率先して自分の意見を言ってくれるので、ほかのメンバーが発言できるきっかけにもなるんです。

海乃 ホント!?

帆風 ホント、ホント。

倉岡 千春ちゃんは元々、リーダーに就任する前から22/7のために、いろいろと…話し合いをするってなった時も先陣を切って場をつくってくれたりとか、自主練をするってなっても、みんなの時間を調整して「この日のこの時間に、みんなで練習しよっか」って言ってくれたりとか、今までも実質的にリーダーでいてくれたんです。責任感がとても強い人なので、就任したからと言って気負わずに…それでも重く考え込んでしまいそうな時は、私たちが軽くできるような”心の支え”になれたらいいなと思います。

倉岡水巴

帆風 もう支えになっているよ〜(笑)。真面目な話、私が真剣に悩んでしまって、あんまり人にも言い出せないような時も、倉岡は気づいて私のそばにいてくれるんです。しかも、ずっと励ましの言葉を掛けてくれたりするので、今でも充分に支えてもらっているんですよ。

武田 みんなが言ったことが全部そのままなんですけど、本当に最初のころからみんなのことを引っ張ってくれてたので…変わらずにちはるんのままでいてほしいなって思います。あと、るーりーが言ったように、私たちも率先してグループのことをやっていきたいなって。なので、何かあったら、ちはるんには私たちメンバーを頼ってほしいです。リーダーだからと言って抱え込まないで、私たちにも悩みを話してほしいなって。私たちは悩みがあったらまず、ちはるんに言っちゃうと思うんですけど、リーダーもどんどん頼っていいんだよ〜(笑)。

帆風 いい子や〜(笑)。

では、さっそく武田さんに悩みを相談してみましょう!

帆風 え、今!? 愛奈っちに悩み相談…あ、最近、新しいお洋服がほしいんだけど…。

武田 よし、一緒に買いに行こ!

帆風 やった! 愛奈っちは買い物上手なんですよ。でも、そんな悩みしかとっさには出てこなかった(笑)。

武田 そんなことでもいいの、ちはるんにはどんどん話してほしいの。

帆風 うん、話す(笑)。

では、さっきからなぜか笑いをこらえている宮瀬さん、どうでしょう?

宮瀬 違うんです、私ツボが浅いんですよ。で、視線の先で倉岡さんがずっとニコニコしていて、それが面白くて…(笑)。

倉岡 私か〜!? 笑ったらアカンの(笑)?

宮瀬 違うの、変なツボに入っちゃって…ゴメンね(と、言いながら笑いが止まらない)。

大丈夫でしょうか? いけますか?

宮瀬 すみません。はい、リーダーってほかのメンバーと同じことをしながらも、何かもうひとつ役割が上乗せされている感じがあるので、正式に就任したことのプレッシャーというのが、実は一番大きいのかなって私は思ったんですね。もし自分だったらリーダーになったことに悩みそうなので、ちはるんもそういう思いを抱えているんじゃないかなって思ったりもして…。でも、みんなができないことも、ちはるんはできるからリーダーになったのだと思うし、ちはるん以外にリーダーは本当に考えられなかったので、早く正式に就任した方が、ちはるん自身も動きやすいんじゃないかなって、個人的には考えていたんです。なので、リーダーになってくれてうれしいし、祝福もしていますし、気負わせてごめんねって…何か気持ちがうまく言えないんですけど、22/7っていうグループを、リーダーの居心地がいい場所にしていけたらいいなって思っています。

帆風 ありがとう、思いは伝わったよ。…そうなんです、リーダーということもあってMCでしゃべらせていただくことが多かったりするんですけど、その間にもファンの方のことをすごく思って、積極的にサービスしてくれるので、そういうところでファンのみなさんの心をつかんでくれるのは、れいにゃん(=宮瀬)ならではだなって思っていて。そこは本当に感謝しているんです。

1 2 >
vol.1
vol.2
vol.3