22/7 3rdシングル『理解者』発売記念 「私の理解者は?」特集  vol. 3

Interview

3rdシングル『理解者』をリリースした22/7(ナナブンノニジュウニ)。 動物を自分の”理解者”とするメンバーと、理解者を捜すメンバーの心情とは?

3rdシングル『理解者』をリリースした22/7(ナナブンノニジュウニ)。 動物を自分の”理解者”とするメンバーと、理解者を捜すメンバーの心情とは?

秋元康とアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズが組んで世に送り出したデジタル声優アイドルグループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)。エンタメステーションではデビューシングル『僕は存在していなかった』、セカンドシングル『シャンプーの匂いがした』のリリースタイミングで彼女たちをフィーチャーしてきたが、8月22日(水)に発売されたサードシングル『理解者』においても、特集を展開。各メンバーをとあるテーマで3グループに分け、グループと縁の深い”7月22日”に正式にリーダーに就任した帆風千春の立ち会いのもとに行った座談会の模様を連日、紹介する。
3回目に登場するメンバーは帆風と白沢かなえ、花川芽衣、涼花萌の4人。前2回と同じく、『理解者』の聴きどころと彼女たちにとっての”理解者”たる存在についてトークをしてもらいつつ、リーダー帆風がメンバーたちと交わした公約を糸口に、話を掘り下げていく。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

『理解者』はシンプルに楽曲を聴く楽しみ方に加えて、振付を見て深読みする楽しみ方もある。

今回のグループ分けですが、3rdシングル『理解者』用のプロフィール資料に手書きされた「私のとっての理解者は──」というところで、家族や親せきなど人間を挙げたメンバー、人間以外の何かを書いたメンバーといましたが、みなさんはその2つに当てはまらない人たち&先日リーダーに就任した帆風さんという括りになっております。

全員 よろしくお願いします!

まずは…ちょっとムチャぶりではありますが、帆風さんに「リーダーとしての公約」を掲げてもらおうと思いまして。

帆風 公約…ですか!?

白沢 「自分がリーダーになったら、これこれとあれをします!」的な感じですか?

帆風千春

そうです、そうです!

帆風 あ〜! まったく決めてないですけど…(笑)。いや、でも、そうですね…では、リーダーとして…メンバー全員と遊びに行きます!

11人でどこかへ行く、ということでしょうか?

帆風 みんなでもどこかに行きたいですし、1人ひとりともあらためてじっくりと話してみたいですね。

白沢 行きたい、行きた〜い!

白沢かなえ

じゃあ、ここにいる3人のメンバーとは、それぞれどこへ行きましょうか?

白沢 じゃあ、おしゃれなカフェ(笑)!

帆風 かなえる(=白沢)はいつも、おしゃれなカフェに連れてってくれるんです。

白沢 個人的に”カフェ友”が欲しくて、ちはるんに一緒に行ってもらいたいんです。

帆風 ぜひぜひ〜。(涼花)萌ちゃんとかとはよくご飯に行くんですけど、手軽なおそば屋さんとかに入ってしまうので(笑)、かなえるならチーズフォンデュのお店に連れていってくれそうかなって。

花川 私は逆に、ちはるんの趣味を満たせる場所についていきたいです。

帆風 となると、池袋あたりかなぁ。

花川 あ、私も池袋好き〜。

帆風 そうなんですよ、めいめい(=花川)も池袋に詳しいので、オススメのお店や場所を教えてもらおうと思って。

花川芽衣

花川 まずは乙女ロードだよね。アニメイトさんの本店もあるし(笑)。

涼花 私は食べ放題に行きた〜い!

帆風 (テンションが上がって)あ、行きた〜い!

涼花 自分たちの限界を知りたくて(笑)。

帆風 メンバーの倉岡水巴ちゃんがフードファイターで、よく食べるんですけど、私たちは全然足元に及ばなかったんですけど、一度超えられるかどうかの挑戦をしたいねって、2人でよく話していたんですよ(笑)。そうですね…グループ結成日の12月24日までには、みんなとの公約を果たしたいです。

公約が出揃ったところで…話を進めていきましょう。3rdシングル『理解者』の聴きどころや、みなさんの”推しポイント”を聞かせてもらえればと思います。

白沢 そうですね…ファースト、セカンドとの共通する部分として、メッセージ性と聴く人によって解釈が変わる複雑さが継承されているのかなって思います。しかも、今回の『理解者』はすごく曲がカッコいいので、理解者がいるけれども孤独が好きだという主人公の気持ちを、私たちもかっこよく表現できたらいいな、と思っております。
私個人の解釈なんですけど、キャラクター同士でも”理解者”の関係性が描かれているのかなって、そんな深読みもしていて。そんなふうにMVを観るのも面白いんじゃないかなと思います。

花川 私は歌詞の主人公に共感できるところが結構あって、最初の「誰かが近くにいるだけで なぜか息苦しくなってしまう」とか、心の底の本当の気持ちを出している曲だなって感じているんです。なので、ダンスとかで表現する時には自分の気持ちを大事にして、みなさんにパフォーマンスを通じて感じとってもらいたいなって思っています。

涼花 私は客観的にみんなのパフォーマンスを見ていて、8人全員にソロがあるっていう楽曲が初めてなんですけど、一番最初に見た時に…歌っている人が誰なのかがすぐわかって、ほかの7人がみんなで踊っているというのが、「わ、いいな!」って思ったんです。Bメロで、みんなが外向きで手を繋いでいる振付で、「孤独な中にも理解者がいる」みたいなことが伝わってきたので、楽曲だけを聴くのと、ライブで振付と一緒に見るのとでは印象も全然違うものになるんじゃないかなって、そんなふうに感じました。

涼花萌

メンバーそれぞれに解釈がありますが、帆風さんは3人の話を聞いてどう思いました?

帆風 解釈もそれぞれありますし、萌ちゃんが言ってくれたように、楽曲を聴く楽しみ方もありますし、振付も込みで深読みするという楽しみ方もできるところが、この曲の魅力だなと私も思いました。表題曲だけじゃなくて、カップリングの『絶望の花』などもメッセージ性がすごく強いですし、曲調のバリエーションも多いので、これからのライブでは新しい22/7を見ていただけるんじゃないかなと思います。

期待がふくらみますね。では、冒頭でも触れた今回のグループ分けのテーマにもなった、プロフィール資料に手書きした「私にとっての理解者とは──」について、それぞれ説明していただこうと思います。

白沢 私は愛犬のチョコちゃんと書いたんですけど、結構な高齢なので、人生の半分以上を一緒に生きているんですよ。そういう意味でも”理解者”かなって。でも、チョコちゃんは私のことが好きじゃないんです。私が絡みすぎて、すごくウザがられていて(笑)。だから、ちょっと私に距離を置いてくるんですけど、そんなところもまた愛おしくて、逆に理解してくれているのかなって、勝手に思っていたりします。ツンデレなんですよ。たまに実家に帰ると、最初はすごく喜ぶんですけど、5分後には飽きて、ケージに入っちゃうんです。たまに帰ってくる私より、毎日一緒にいる兄の方が大好きで、寝るときもチョコちゃんはお兄ちゃんのところに行くっていう…。でも、そのツレないところもかわいかったりするんです。

帆風 私は動物を飼ったことがないので、想像でしかないんですけど…ふだんツンツンしてくる子が、たまに甘えてくれるかわいさは、何となくわかります。

白沢 私が餌を持っている時だけ甘えてくるんですよ、チョコちゃん。一緒に散歩も行ってくれなくて。散歩はお父さんの役目になっているみたいで、チョコちゃんもそれをわかっていて、私が散歩に連れていこうとしてもグッと踏ん張って行こうとしないんですよ(笑)。

花川 え〜、そうなんだ…。

白沢 散歩じたいは大好きなんだけどね〜。私は…遊び相手になれるくらいかなぁ。「チョコと遊びたい!」という気持ちは家族の誰にも負けてないと思う(笑)!

帆風 この記事をどうやってチョコちゃんに読んでもらうか、だよねぇ(笑)。

どうにかして伝えたいところです。では、涼花さん、お願いします。

涼花 ずっと鳥が大好きだというのもあるんですけど、人ってどこか信じられないと思っていて。でも、動物は絶対に裏切らないじゃないですか。

西條さんが「壁は絶対に裏切らない」と話していましたが、鳥と壁はどこかでつながっていると。

帆風 れったん(高辻麗)も「二次元は裏切らない」って(笑)。

白沢 動物も裏切らないよ!

涼花 そう、本当に愛があるの!

白沢 わかる、わかる! こっちが愛したぶんだけ、ちゃんと愛し返してくれるよね!

涼花 そう、そう!

帆風 何だかすごく盛り上がってる…(笑)。

涼花 動物は「かわいいね〜」って接すると、「ありがとう、ありがとう〜」って、来てくれるんですよ。なので、鳥が私の理解者です(笑)。私、絶対に動物のことは守り抜こうという気持ちがあって。

帆風 萌ちゃんの将来の夢がすごく壮大で…何だったっけ?

涼花 動物みんなを幸せにしたいんです。保健所とかに保護された犬や猫を引き取って、大きなお家でみんなを育てたいなって思っていて。22/7でも、そういう取り組みをしていくのが夢です!

1 2 >
vol.2
vol.3