Interview

「この作品で有終の美を飾る!」入江甚儀&和合真一の相思相愛対談。シリーズ最終章、舞台『若様組まいる~若様とロマン~』今秋上演!

「この作品で有終の美を飾る!」入江甚儀&和合真一の相思相愛対談。シリーズ最終章、舞台『若様組まいる~若様とロマン~』今秋上演!

10月6日より東京・三越劇場にて幕を開ける舞台『若様組まいる~若様とロマン~』。畠中恵の人気小説『若様組まいる』シリーズの舞台化第3弾となる本作では、なんと若様たちがお見合いに挑戦!?
本作の主人公で旧幕臣の子息“若様”こと長瀬健吾 役の入江甚儀と、友人で実業家・牧 忠行 役の和合真一に、今までの公演を振り返っての面白エピソードや『若様組まいる』の魅力、公演に向けての意気込みを聞いた。

取材・文 / 近藤明子 撮影 / 岩田えり


若様たちの生き様、胸キュンの恋の行方を、ぜひ見守って!

入江さんと和合さんは、舞台『若様組まいる』シリーズには2016年の1作目から出演されていますね。

入江甚儀 はい。3作続けて出演させていただけることは演者としてありがたいことですし、なにより舞台がお客様に好評だった結果だと思うので、とても嬉しいです。原作小説はこの「~若様とロマン~」で終わっているので、僕たちもひとつの節目として舞台版の有終の美を飾れるように頑張ります。

入江甚儀

和合真一 甚儀くん、いいこと言った! 僕自身もまさか牧忠行として続投できるとは思っていなかったので感無量です。みんな、どれだけ俺(=牧)のことを好きでしょうがないんだろうって……。

入江 あはは! 牧いいキャラだよね。大好きだ!

和合真一

和合さん、「3作続けて出演できると思っていなかった」とおっしゃいましたが、その理由は?

和合 実際に舞台をご覧になった方はわかると思いますが、原作小説で描かれている牧からはかなり逸脱したキャラクターとして舞台版は描かれていて、もはや“牧 忠行”という名前だけを借りているような状態になってしまっているんです。

入江 第1弾では“忍者”だった(笑)。

和合 正しくは忍者ではなかったんだけど、セリフは少ないながらインパクト大の面白ポジションのキャラクターでした(苦笑)。第2弾では実業家となった牧が登場し、みんなに社交ダンスを教えたりするんですけど、事業に失敗して恋路も終わりを迎えるかと思いきや、皆川真次郎の閃きで恋もうまくいきハッピーエンド。もう出ることはないだろうと思っていたら、第3弾も出演できると聞き、本当に嬉しかったですね! 前2作を越えるインパクトを残せるように頑張ります!!

恋愛に対して不器用だからこその応援したくなる“恋”

タイトルにもあるように第3弾は“恋”がテーマとなります。

入江 僕が演じる長瀬健吾は、1作目から小泉沙羅(宮﨑香蓮)に想いを寄せている様子が描かれているんですけど、幼馴染みのミナ(=皆川真次郎)との三角関係なんです。どちらかというとミナのほうに沙羅の気持ちが傾いているんですけど、第3弾ではどうアプローチしていくのか気になりますね。明治時代の人たちって、恋愛に対して不器用だったんじゃないかと思うんですよ。携帯もメールもない時代、女の人と話す機会も少なかっただろうし、“触れる”なんてもってのほかだったと思うんです。そんなふうに男女がピュアだった時代に、若様たちが“事件”ではなく“恋”に奮闘する姿を見て、皆さんにはちょっとじれったくも応援したくなる気持ちになって欲しいです。

今回は女性陣が大勢いるので華やかなステージになりそうですね。

和合 僕がよく出演する2.5次元の舞台は圧倒的に男性キャストが多いし、女性との恋がメインのお芝居は久々なので、プライベートも含めてどう関わっていこうかなと……。

入江 怪しいよ、その言い方!(笑)和合くんのファンが心配しちゃうよ?

和合 大丈夫、ファンの方は僕のことをよくわかっていて、“和合真一=ゆるキャラ”みたいな目線で見ているから。「どうせ言うほど女性に積極的になれないでしょ」ってね(苦笑)。

距離が近づいたと思ったら、結局“いい人”で終わるタイプ?

入江 財布のひもをゆるめて、いっぱい食事に誘えば大丈夫だよ。ゴチになります!

和合 よし、お金で解決しましょう!(笑)

入江 あはは! それは冗談だけど(苦笑)。でも前2作でも男女関係なく和気あいあいとした空間が稽古場に広がっていて、「一緒に“いいもの”をつくろう!」ってキャストもスタッフも一致団結できたので、今回もそうありたいね。

違う人が演じるからこその新たな魅力

稽古が始まるのはまだ先ですが、楽しみにしていることはありますか?

入江 同じ役が出てくるけれど、演じる人が違うっていうところは楽しみです。メイン役だとミナ 役に新しく原嶋元久さんがキャスティングされて(※第1弾では木戸邑弥、第2弾では玉城裕規が皆川真次郎を演じた)、若様組でも園山薫(※第1弾は久保谷秀敏、第2弾は塩野瑛久)が宇野結也さんに、福田春之助(※第1弾は染谷俊之、第2弾は中村優一)が井澤巧麻さんに変わったんですけど、前に演じた人のイメージで見るのではなく、違う人が演じるからこその新たな魅力を発見していきたいです。今回はシリーズ最多人数が登場しますが、登場人物それぞれにドラマがあるし、いろんな人との関わりを通じて長瀬たちが成長し、物語がどう進んでいくのか楽しみです。もしかしたら和合くんを超える逸材が現れるかも?

和合 「あの和合真一を超える人材を発見したぞ」ってなったら制作さんは“もうけもん”でしょうけど、僕の仕事を取られてしまっては困るので見つけたら出る杭は早めに打つ!

スタッフ (爆笑)。

和合 というのは冗談ですけど、今回も稽古終わりにみんなで食事に行ったり、僕の自宅で呑みニケーションで交流を深めたいですね。

夜中の電話も甚儀ちゃんだったら許せる?

和合さんは稽古場で積極的に皆さんを誘うタイプ?

和合 誘うというか、飲みの場には“いる”。とりあえず“いる”(笑)。

入江 誘わないと、次の日に稽古場で会ったときにちょっとプンプンしてるんです。

和合 「甚儀ちゃ~ん、なんで呼んでくれなかったのぉ?」ってね。そう言う甚儀も、酔って夜中に「何してんの?」みたいな感じで電話かけてくるじゃん。この寂しがり屋が!

入江 それは(安川)純平だよ。

和合 純平もだけど、甚儀もだよ。

入江 ほんと? ごめんね。

和合 いいよ、いいよ、甚儀ちゃんだったら。ほかの人から夜中に電話があったら、ちょっとイラッとするけどね。

なに、このイチャイチャ感。

入江和合 あはは(笑)。

面倒見の良いカンパニー

おふたりの会話を聴いているだけで稽古場での楽しい雰囲気が伝わってきますが、印象的なエピソードはありますか?

入江 第2弾の稽古中に小山 孝 役の安川純平くんがロードバイクを買って、毎日稽古場に通っていたんです。でもサドルが固くて、「ケツが痛すぎる!」ってブーたれてたら、座長の玉ちゃん(玉城裕規)に「『弱虫ペダル』の衣裳のスパッツにクッションが入っていてお尻が痛くならないからあげるよ」って言われて、純平すごく喜んでいたんですね。結局、稽古中どころか公演が千秋楽を迎えるまで渡し忘れていたんですけど(笑)。

和合 僕が印象的だったのはケンケンさん(鎌苅健太)。とにかく面倒見が良くて、カンパニーの“頼りになるお兄ちゃん”的な存在なんです。僕が演じる牧は笑わせるお芝居が多かったこともあり、関西人で笑いに貪欲なケンケンさんには、よくアドバイスをいただきましたね。ケンケンさん、ひとりひとりをよく見てくださっていて、悩んでいたりするとさり気なく声をかけてヒントになる言葉をくださるんですよ。惚れました♡。

足を踏み入れた瞬間からタイムスリップできる

では最後に、公演を楽しみにしている皆様にメッセージをお願いします。

和合 シリーズ作品ではありますが、続けて観ていなくても1作目も2作目単独でも十分楽しめる内容になっていたので、今回の3作目で初めて『若様組まいる』を観る方も何も心配ありません。お菓子を食べながらトークが楽しめるアフターティーパーティーや、プレゼント抽選回、全公演を対象に明治時代を感じさせる服装(和装、ドレス、タキシードなど)でご来場いただいた方にはポストカードがもらえるドレスコード特典も実施されるので、単に“舞台を観劇する”だけではなく、積極的に企画に参加していただきたいです。三越劇場も足を踏み入れた瞬間からタイムスリップしたかのような感覚を体験できるステキな劇場なので、ぜひオシャレしてご来場ください。

入江 明治時代の若者たちが一生懸命に生きる姿を見て、一歩踏み出す勇気を持ってくださったら嬉しく思います。物語の中ではいろんな恋模様が描かれて、感情移入できるキャラクターがきっといるので、そういった面でもドキドキしたり笑ったり、楽しんでいただけると思います。和合くんが言ったように、舞台本編以外にも面白い企画をスタッフさんが考えてくださっているので、ぜひ皆さん一緒に楽しみましょう。


【募集終了】抽選で2名様に入江甚儀さん&和合真一さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月23日(木)~8月30日(木)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台『若様組まいる~若様とロマン~』

2018年10月6日(土)~10月21日(日) 三越劇場


■終演後にアフターティーパーティーを開催!(各日約30分予定)
10月6日(土)13:00~「若様組が風琴屋に全員集合!」
MC:鎌苅健太 / 登壇:入江甚儀、原嶋元久、宇野結也、井澤巧麻、安川純平、伊崎龍次郎、森田桐矢
10月8日(月)13:00~「食欲の秋!料理は得意?苦手?」
MC:鎌苅健太 / 登壇:原嶋元久、高柳明音、斎藤直紀、小多田直樹、綾乃彩、山口大地、岡田達也
10月10日(水)13:00~「U-24 VS O-30」
MC:鎌苅健太 / 登壇:井澤巧麻、伊崎龍次郎、森田桐矢、山口大地、内藤大希、小多田直樹、角島美緒
10月13日(土)13:00~「舞台『若様組まいる』シリーズを語る!」
MC:鎌苅健太 / 登壇:入江甚儀、宮﨑香蓮、安川純平、和合真一
10月16日(火)13:00~「女子会(!?)」
MC:鎌苅健太 / 登壇:宮﨑香蓮、市川美織、栞菜、高柳明音、小槙まこ、角島美緒、綾乃 彩
10月19日(金)13:00~「お客様からの質問に答えます!」
MC:鎌苅健太 / 登壇:宇野結也、斎藤直紀、市川美織、栞菜、小槙まこ、和合真一、内藤大希、岡田達也

■終演後全キャスト登壇! サイン入りの原作本、ポスターなどが当たる抽選会!
10月7日(日)全キャストサイン入り原作本プレゼント
10月14日(日)全キャストサイン入りポスタープレゼント


STORY
平和に見えた明治の世にも、戦争は直ぐそこまで迫ってきた。戦争へと突き進む勢いを抑え込むために成金の小泉琢磨が考えた作戦は「お見合い」だった!? 次々と「お見合い」をさせられていく若様組の面々の脇で、若様組と親しい西洋菓子屋を営む皆川真次郎や、若様組のマドンナ的存在沙羅も、自らの将来に決断を迫られていく……。

原作:畠中恵『若様組まいる』(講談社文庫)、『若様とロマン』(講談社)
脚本・演出:村上大樹

出演:
長瀬健吾 役:入江甚儀
小泉沙羅 役:宮﨑香蓮
皆川真次郎 役:原嶋元久
園山 薫 役:宇野結也
福田春之助 役:井澤巧麻
小山 孝 役:安川純平
小沼武一 役:伊崎龍次郎
加賀三太郎 役:森田桐矢
水柿あやの 役:市川美織
笹塚弥生 役:栞菜
篠田琴子 役:高柳明音(SKE48)、小槙まこ
牧 忠行 役:和合真一
安野一馬 役:山口大地
青川茂蔵 役:小多田直樹
柳村絵美 役:角島美緒
瀬木堅太郎 役:斎藤直紀
太田駒子 役:綾乃 彩
富士村秀麿 役:内藤大希
玉井和馬 役:鎌苅健太
小泉琢磨 役:岡田達也
住吉史衣
尾崎優子
藤田晋之介

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@wakasamagumi)

入江甚儀(いりえ・じんぎ)

1993年5月18日生まれ、東京都出身。主な出演作品には【テレビ】『闇金ウシジマくん Season2』、『ユニバーサル広告社』、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』【映画】『キカイダー REBOOT』、『恋妻家宮本』、『お前はまだグンマを知らない』【舞台】『ロスト・イン・ヨンカーズ』、『帝一の國』、『若様組まいる』、『夜が私を待っている 〜ナイト・マスト・フォール〜』などがある。

オフィシャルサイト
Blog
公式Twitter(@jingi_irie)

和合真一(わごう・しんいち)

1986年9月13日生まれ、東京都出身。主な出演作品には【テレビ】『家政夫のミタゾノ2』『半分、青い。』【映画】劇場版『屍囚獄』、『LADY NINJA ~青い影~』【舞台】『黒子のバスケ OVER-DRIVE』、『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』などがある。今冬には、舞台「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」の出演を控えている。

Profile
Blog
公式Twitter(@wagoshin1)

フォトギャラリー