Report

【8/24“アニサマ”全曲レポ】藍井エイル登場の超サプライズ! 初出場Do As Infinity、そしてOLDCODEXがSSAを「日本最大のライブハウス」に変えた夜

【8/24“アニサマ”全曲レポ】藍井エイル登場の超サプライズ! 初出場Do As Infinity、そしてOLDCODEXがSSAを「日本最大のライブハウス」に変えた夜

2018年8月24日、さいたまスーパーアリーナにて世界最大級のアニソンライブイベント「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」の1日目が開催。総勢20組のアーティストが、キラーチューンや往年の名曲などさまざまな勝負曲を次々と披露。約2万7,000人ものアニソンファンを熱く熱く沸かせた。

取材・文 / 須永兼次


観客誰もが心を掴まれた、冒頭数曲で起きに起きた衝撃

三森すずこ×内田 彩

まず幕開けを華々しく飾ったのは、三森すずこと内田 彩によるコラボレーション。水樹奈々の「DISCOTHEQUE」のカバーでステージ階段上にふたりが登場するやいなや観客は沸き返り、見事に先制パンチが決まる。清涼感のある三森のボーカルと甘々な内田のそれとの相性も良く、キュートな振り付けも含めて、いきなり掴みは“OK!”と言ったところだ。

藍井エイル

しかし今年の先制攻撃は、これだけでは終わらない。ふたりの歌唱後、メインスクリーンに蝶のロゴが映し出される。そして赤のレーザーが照射したセンターステージから、雄叫びとともにリフトUPで登場したのはなんと藍井エイル! 彼女を歓迎する青一面の客席に向けて、復帰作「流星」に乗せて変わらぬパワフルなボーカルを響かせる。さらにもう1曲「ラピスラズリ」も歌いきった彼女の姿は、どこを切り取っても気持ち良さそうにしか見えないものだった。

GARNiDELiA×中島 愛

続いて、GARNiDELiAが登場。ハイスピードなデジタルロック「SPEED STAR」とクラブノリのデジタルチューン「Error」を続けて披露していくが、そのいずれにおいてもメイリア(Vo.)の鋭いボーカルとダンサーを従えてのキレのあるダンスが、観客の耳目を一気に奪う。さらにメイリアと茨城出身つながりということで、中島 愛とともにsupercellの「君の知らない物語」とのコラボも果たす。

レン(楠木ともり)

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のボイスドラマに続いて、その登場人物・レンとして楠木ともりがEDテーマ「To see the future」を披露。ぽつりと入りながら次第にサビに向けて力強さを増す意志のあるボーカルで魅せ、最後にはレンのメインアーム・P90を構えてレンとしてのステージをやりきった。また、続く伊藤美来はブラスの利いたかっこ良さ全開のナンバー「Shocking Blue」を終始凛とした表情で鋭く歌い切ると、一転SSAを包み込むような歌声で温かなバラード「守りたいもののために」を歌唱。曲が進むにつれてその表情がほころんでいき、最後には微笑みとともに降壇した姿が特に印象的だった。

一分のスキもなし!  前半のトリを飾ったPoppin’Party

DearDream

その雰囲気をガラリと変えたのが、『ドリフェス!』初の男性ユニット・DearDream。「PLEASURE FLAG」「ユメノコドウ」と、TVアニメ1・2期のOPを立て続けに披露。後者ではトロッコに乗車し、歌詞通り“君のもとへ”と向かいながら、2曲を通してキラッキラのアイドル然としたステージングで男女問わず観客を魅了してくれた。

亜咲花

続けて登場した亜咲花は、とにかくボーカルで魅せる。デビュー曲「Open your eyes」で挨拶代わりに圧倒的な歌声の力を見せつけると、『ゆるキャン△』OP「SHINY DAYS」では一転会場中のクラップに包まれながら、晴れやかな笑顔で伸びやかに歌っていく。歌詞通り、太陽のような笑顔で気持ち良さそうにボーカルを響かせたところで、最後に指で“△”を作って自らの出番を締めくくっていった。

内田彩

ソロとして再び登場した内田 彩は、TVアニメ『お前はまだグンマを知らない』ED「So Happy」の披露の際に、作品の舞台であり内田の出身地でもある群馬県のゆるキャラ・ぐんまちゃんが登場。内田のキュートな歌声に乗せて、ふたりでステージ中央でかわいらしくダンスする姿は観客に強い印象を残したのではないだろうか。

みっく&エリイ(伊藤美来×山崎エリイ)

同じくかわいらしさを持ちながら、穏やかに温かなバラード「Starlight」を届けてくれたのが、山崎エリイ。ラストの「I promise you」のフレーズの直前に不意に微笑み、小指で指切りせんと歌いかける姿に、やられた男子はいったい何人いたことだろうか。また、その山崎と伊藤美来が「笑顔に会いたい」をトロッコに乗りながらコラボ披露。往年の名曲を甘々な歌声で、かわいくデコレーションしてくれた。

Poppin’Party

そして前半戦ラストを飾ったPoppin’Partyが、ここ最近のライブの中でのベストアクトと言っても遜色ないほどの素晴らしいステージを見せる。1曲目の「ティアドロップス」から、前回出場した2年前のアニサマと比べても、“バンド”としての強度の違いがありありと感じられる。それは特に、グルーヴ感の塊のような西本りみ(牛込りみ役・Ba.)のプレイからビンビン伝わってくるもので、愛美(戸山香澄役・Vo.&Gt.)の揺るぎない笑顔からも、その裏にある強い自信を感じさせられた。またアプリ『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』内でカバーしている「God Knows…」では、大塚紗英(花園たえ役・Gt.)がイントロ等のリードギターを極力忠実に再現。そのテクニックに改めて唸らされたところで、濃密過ぎる1st Day前半は幕を下ろした。

1 2 >