Report

開幕直前! Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―稽古場レポート。米原幸佑や鳥越裕貴らシンガンクリムゾンズは稽古場でも和気藹々

開幕直前! Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―稽古場レポート。米原幸佑や鳥越裕貴らシンガンクリムゾンズは稽古場でも和気藹々

8月30日の開幕に向けて、稽古に熱が入るLive Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―。今回はその稽古場に潜入。謎のヴェールに隠された新作の片鱗をお届けするとともに、本番の舞台では見られないキャストの一面をレポート。この記事を読みながら、来たる初日に向けてテンションを高めて欲しいぜ、黙示録!

取材・文 / 横川良明 撮影 / 中原幸

本作初登場! フカシギミック、マロ役の健人さん、ゲ・フロッチ役の畠山 遼さん、シャッキー役の吉村駿作さんへのインタビューはこちら
健人&畠山 遼&吉村駿作 3人の絶妙なバンド感が、Live Musical「SHOW BY ROCK!!」に新風を吹かす! “フカシギミック”の魅力とは?

健人&畠山 遼&吉村駿作 3人の絶妙なバンド感が、Live Musical「SHOW BY ROCK!!」に新風を吹かす! “フカシギミック”の魅力とは?

2018.08.28


シンガンクリムゾンズが売れっ子に? 米原らの天狗演技に注目!

場所は、都内某所。稽古場に続く分厚い扉を開けると、一気に大音量のロックナンバーが溢れてくる。今まさにシンガンクリムゾンズのメンバーがバンド稽古をしている真っ最中のようだ。稽古場のセンターには、我らがフロントマン・クロウ役の米原幸佑。サイドにアイオーン役の輝馬とヤイバ役の鳥越裕貴、そして後方にロム役の郷本直也を従え、自らのソウルに火をつけるような米原のシャウトが響きわたる。衣裳もメイクもしていないけれど、その光景はお馴染みシンガンクリムゾンズそのもの。思いがけない先制パンチに圧倒されながら、いよいよ時計は取材開始時刻に。この日は、シンガンクリムゾンズのもとにライヴの出演依頼が舞い込むシーンの稽古が行われた。

ところが、このシンガンクリムゾンズ、いつもとちょっと雰囲気が違う。何だか妙に気取っているし、せっかくの出演依頼にもふんぞり返った態度。どうやらある出来事から思いがけず脚光を浴び、彼らに何か異変が起きたらしい。

そんな天狗状態のクロウらを、米原たちが遊び心たっぷりに演じている。社長の有栖川(今 拓哉)にクレームをつけるシーンでは、1回目は3人が並んで座って台詞を言うだけだったのに、2回目では辻本茂雄(吉本新喜劇)のローテーショントークよろしく、クロウとヤイバとアイオーンがクルクルと回りながら台詞を発するという、絶妙なコンビネーションプレイを発揮。演じる米原たちも「次は何をしよう?」と、まるでいたずらっ子のような笑みを浮かべている。

健人演じるフカシギミックのマロがアプリコットフィールドについて説明しているシーンでは、その後ろでクロウ、ヤイバ、アイオーンが話も聞かずイチャコラ三昧。しかも、このシンガンクリムゾンズのすごいところは、稽古を返すたびに全然違う小芝居を始めるところ。次に同じシーンを繰り返すと、今度は3人でセレブ女子のようにマニキュアを眺め、見せ合うようなお芝居を披露。台詞がないオフ芝居でもつねに何かを仕掛けてくるから、彼らから目が離せない。

一度聴いたらクセになる! フカシギミックが超絶難曲に挑戦!

さらに、その後はフカシギミックのメンバー3人が落ち合うシーンを稽古。そのまま彼らのライヴシーンへと続いた。インタビューでゲ・フロッチ役の畠山 遼が「めちゃくちゃ動き回る」と感想を述べていたが、まさにその言葉どおり。イントロと共にゲ・フロッチがステージ上を所狭しと旋回。それも腿を大きく上げて走るので、体力の消耗は見た目以上に激しそうだ。曲もハイテンポでキーが高く超絶難。メインボーカルの健人に、サビでは畠山のファルセットが重なり、聴き応えは抜群だが、歌いこなすには相当の技量が求められる。

メロディラインは非常にクセがあり、一度聴くとつい何度も口ずさんでしまう中毒性の高さ。ここからさらに稽古を重ね、進化したフカシギミックが本番のステージでこの難曲を披露したら、間違いなく盛り上がることだろう。そんな期待が膨らむ稽古風景だった。

芝居パートでも、健人が鮮やかなハイキックで身体能力の高さを見せつけたり、畠山の「カニカマキャッチ」など小ネタも満載。今回から初参戦のフカシギミックが「LMSB69」に新たな波乱を巻き起こすことになりそうだ。

また、コメディ要素だけでなく、演劇的な表現にも富んでいるのが、「LMSB69」の特徴だ。今回、特に印象的だったのが、ジューダスJr.(阿部快征、大野紘幸、北川雄也、吉高志音)の使い方。いわゆる“コロス”の役割をしっかりと果たしており、ロムと衝突したクロウが思い悩むシーンでは、その心象風景をジューダスJr.が群舞のような動きで表現しており、今までの「LMSB69」にはないチャレンジで、ドラマチックなナンバーとも相性バッチリ。いいアクセントとなりそうな演出を見せていた。

Mr.百面相! 座長・米原幸佑のクルクル変わる表情にクギヅケ!

ツワモノ、クセモノが勢揃いする「LMSB69」だが、この日一番目を引いたのは、やっぱりこの人、クロウ役の米原幸佑だった。可愛いエプロンをつけて、もうノリノリ。天狗演技になると、なぜか口調がIKKOのようになるところも愛らしい。

さらにフカシギミックの話を後ろで盗み聞きしているシーンでは、物陰から顔を出したり、こっそりゲ・フロッチの決めポーズを真似したり、思う存分芝居を楽しんでいる。まさに小芝居の神様。クルクル表情の変わる百面相ぶりもキュートで、ついつい米原に目がいってしまう。これぞ我らが座長・米原幸佑の真骨頂。今回はクロウのバンドマンとしての葛藤に大きくフィーチャーした構成になっており、コミカルなクロウはもちろん、つい調子に乗ってしまうクロウから、理想と現実の狭間で苦悩するクロウまで、様々な表情を見ることができそうだ。ぜひクロウファンは楽しみに待っていて欲しい。

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―は8月30日(木)から9月9日(日)まで天王洲 銀河劇場にて上演。さらに今回は初の大阪公演を控えており、9月14日(金)から9月17日(月・祝)まで梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにてクロウたちが大暴れする。ますますパワーアップするLive Musical「SHOW BY ROCK!!」に絶対乗り遅れるんじゃねえぞ、家畜共!

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―

2018年8月30日(木)〜9月9日(日)天王洲 銀河劇場
2018年9月14日(金)〜9月17日(月・祝)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原作:サンリオ
ストーリー原案:待田堂子
脚本・演出:斎藤栄作
作詞:三ツ矢雄二
音楽:楠瀬タクヤ
振付:當間里美

出演:
〈シンガンクリムゾンズ〉
クロウ 役:米原幸佑
アイオーン 役:輝馬
ヤイバ 役:鳥越裕貴
ロム 役:郷本直也

〈トライクロニカ〉
シュウ☆ゾー 役:鎌苅健太
リク 役:ゆうたろう/宇佐卓真(Wキャスト)
カイ 役:木原瑠生

〈アルカレアファクト〉
チタン 役:糸川耀士郎
オリオン 役:田中涼星
セレン 役:板垣李光人
アルゴン 役:滝川広大

〈フカシギミック〉
マロ 役:健人
ゲ・フロッチ 役:畠山 遼
シャッキー 役:吉村駿作

〈ジューダスJr.〉
阿部快征
大野紘幸
北川雄也
吉高志音

じい 役:鳥羽 潤
有栖川メイプル 役:今 拓哉

映像出演:我 善導

オフィシャルサイト
公式Twitter(@LMSB69)

©2012, 2018 SANRIO CO., LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会#

フォトギャラリー