Report

【8/25“アニサマ”全曲レポ】超豪華声優ユニット祭り! ウマ娘、スタァライト九九組…サプライズでは“あのふたり”がやりたい放題の神演出も!?

【8/25“アニサマ”全曲レポ】超豪華声優ユニット祭り! ウマ娘、スタァライト九九組…サプライズでは“あのふたり”がやりたい放題の神演出も!?

衝撃&衝撃!  予測不能の後半戦がスタート

後半戦の幕開けは、衝撃的すぎる異例の幕開けに。いきなり記者会見台がステージに登場すると、そこにターニャ・デグレチャフの服装をした悠木 碧が登壇! そして「新兵諸君、地獄にようこそ!」から始まるアジテーション演説を経て、「Los! Los! Los!」を歌唱。一瞬にしてSSAに熱を取り戻させたターニャが自らのステージを「アニサマ軍に、栄光あれ!」の言葉とともに締めくくると、センターステージに内田真礼が登場。ソロでの1曲目「aventure bleu」で、そんな熱気充満した会場に涼やかな空気をもたらす。さらに、曲中に「OK!」のコールがふんだんに登場する「Smiling Spiral」も歌唱。それ以外にもコールが上がりまくるこの曲で、誰よりも満開の笑顔をみせる内田が2万7,000人を笑顔にし、それをつなげていく。また間奏ではトスバッティングでサインボールを飛ばすなど、あらゆる意味で“内田真礼らしさ”の濃いステージを作り上げていった。

続くMinamiは最新曲「One Unit」からステージをスタート。高い技術を発揮しつつ、疾走感のあるナンバーを気持ち良く歌っていく。また、10月でアニソンシンガー15周年を迎える彼女は、自身の初めてのアニソン「Precious Memories」も歌唱。サウンドのみならずみずみずしいボーカルも何も変わらない、まさに“色褪せない名曲”を生のライブという場で味わうことができた。そして一瞬の通り雨の映像を挟んで、茅原実里が「Remained dream」でステージに上がる。物悲しさを孕みつつも力強く歌い上げると、大きな愛を歌ったナンバー「みちしるべ」を続ける。アカペラ独唱から歌い始められたこの曲は、徐々に構成する楽器が増えてもその歌声はいたずらに激しくなることはない。サウンドによって壮大さは感じさせながら、それでも最後まで優しく温かな想いを歌声に乗せ、それをSSA中に染み込ませていった。

そこから『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』つながりで、同作のOP「Sincerely」でTRUEがステージに登場すると、続けてアッパーなナンバーを2連発。その1曲目「UNISONIA」は彼女の初アニソンで、今年アニサマのテーマ曲の作詞を手がけた彼女が、今年歌うことに大きな意味のある1曲。この曲で、圧倒的なパワフルな歌声で会場のボルテージを上げると、キラーチューン「DREAM SOLISTER」を立て続けに披露。爽やかなナンバーを高らかに歌い上げていく。また、2サビ明けにホーンとダンサーを引き連れて花道を歩むさまは、彼女が今後のアニソンシーンを引っ張っていくであろう姿を予感させる場面だったように思えた。

そのバトンを受け継いだのは、メンバーふたりがこの日顔を揃えていたpetit milady! まずはリリース前の新曲「360°星のオーケストラ」をトロッコに乗りながら歌唱。楽曲通り、360°満天のペンライトの星の海に包まれながらの披露となった。そして曲明けには、ナレーションに動きを当てるという謎の小芝居を挟み、リリース直後の「世界中が恋をする夜」を振付含めてキュートさ全開で届ける。さらに暗転の中、スクリーンには突然某クソアニメ風の「プチミレディ」のロゴが登場。続いて先ほどの謎の小芝居が、“悠木 碧(CV:古川登志夫)、竹達彩奈(CV:千葉 繁)”によって“再放送”され、そのまま「おねんねコンちゃん」をふたりで披露。童謡風に始まり、突如悠木がデスボイスを披露したこの曲。本放送でのタッグの再現のみならず、プチミレらしい“やりたい放題感”も発揮した、濃すぎる3曲だった。さらに続いては昨年に引き続き、三森すずこと茅原実里によるコンビ“Mimorin×Minorin”が登場。今年は「JOINT」を、ハーモニーも交えつつ力強い歌声でコラボしていった。

2nd Dayを締めくくったのは、男性アーティスト3組!

アイドルマスター SideM

そして昨年はアニメ曲のまだなかった『アイドルマスター SideM』が、今年はTVアニメのOP「Reason!!」でステージを開始。爽やかな歌声に加えて、キレを持ちつつも決め所をしっかり揃える、クオリティの高いパフォーマンスで1曲目から観客を魅了すると、ミドルテンポのダンスチューン「GLORIOUS RO@D」ではステージ上の階段を利用してトライアングルのフォーメーションを作ったりと、チームワークの良好さを見せる。そして「DRIVE A LIVE」では、10月から放送される『アイドルマスターSideM 理由あってMini!』デザインの315プロのアイドルが、スクリーンに全員登場。ステージに立つメンバーはトロッコに乗りたくさんの観客とプロデューサーの間近で歌唱。2万7,000人と10人とが、315の「We Are 315!!」のシャウトをSSAに轟かせた。

宮野真守

その盛り上がりを、さらに高めたのが宮野真守。まずラウドでワイルドなデジタルロック「The Birth」で、高い歌唱力のみならず芝居のような展開も含んだパフォーマンスで聴覚のみならず視覚も惹きつけると、「SHOUT!」では自らのハイトーン・ヴォイスも活かしつつ、サビ部分を活用してのコール・アンド・レスポンスを敢行。巧みに観客をぐいぐいノセていき、そのまま最後まで突っ走る。そして爽やかかつきらめくようなナンバー「シャイン」でもコール部分で観客を盛り上げていくが、特筆すべきはダンスタイム。自身のライブ同様にステージをともにした“チームマモ”と繰り広げた質の高いパフォーマンスに、改めて彼が至高のエンターテイナーであることを強く印象付けられた。

そして2nd Dayのトリを務めたのは、GRANRODEO。まずは最新シングル「BEASTFUL」で、重くて速いサウンドやKISHOW(Vo.)の切り裂くような尖すぎるボーカルといったユニットとしてのカラーを改めて提示すると、軽妙なMCに続いてさらにもう1曲、重くてラウドなナンバー「Deadly Drive」を、鋭く攻撃的なフェイクも随所に交えながら畳み掛ける。さらにミドルテンポのロックバラード「少年の果て」では、盛り上がる部分での鋭さは前2曲と共通しているのにもかかわらず、絞り気味のAメロのボーカルが利いて全体として哀しさを強く感じさせるナンバーとなっていた。そしてラストナンバーは、生のホーンをシンセブラスのパートに用いたゴージャスめなバージョンでの「Punky Funky Love」。イントロや間奏でのコールで場内が最後のひと盛り上がりを見せる中、会場の隅々まで自身の音楽を届けようとしてか、KISHOWとe-ZUKA(Gt.)がステージ両サイドに分かれて披露。長いMCを挟まずにほぼ立て続けに楽曲を披露する姿には、言葉よりも自らの音楽でメッセージを伝えようとする姿勢が現れているかのようだった。

最後にこの日の出演者陣が勢揃いし、アニサマ2018のテーマ曲「Stand by…MUSIC!!!」を歌唱。作詞を手がけたTRUEが歌い出しを担当したり曲中のコラボを活かした歌い分けになっていたりと、最後の最後まで見どころ満載のまま、2nd Dayは幕を下ろした。

各アーティストが、一方向だけでなく複数の魅力を提示することに重点を置いていたように感じられた2nd Dayのステージ。平成最後のアニサマとなる3rd Dayでは、どんなステージが繰り広げられるのだろうか。その幕が上がるのは、もうすぐだ。


Animelo Summer Live 2018 “OK!” 2nd Day
2018.08.25@さいたまスーパーアリーナ

【SET LIST】
M1.ギミー!レボリューション~アイマイモコ / 内田真礼×水瀬いのり
M2.うまぴょい伝説~Make debut! / ウマ娘 プリティーダービー
M3.グロウアップ・シャイン! / ウマ娘 プリティーダービー
M4.OH MY シュガーフィーリング!! / 竹達彩奈
M5.Hey!カロリーQueen / 竹達彩奈
M6.帰る場所があるということ / 悠木 碧
M7.永遠ラビリンス / 悠木 碧
M8.ゼンゼントモダチ / 山崎はるか
M9.Star Divine / スタァライト九九組
M10.星のダイアローグ / スタァライト九九組
M11.檄!帝国華撃団 / スタァライト九九組
M12.Million Futures / 水瀬いのり
M13.Starry Wish / 水瀬いのり
M14.NOISY LOVE POWER☆ / 大橋彩香
M15.YES!! / 大橋彩香
M16.わたしのための物語 ~My Uncompleted Story~ / fhána
M17.ケセラセラ / fhána
M18.青空のラプソディ / fhána
M19.WANTED GIRL / TrySail
M20.Truth. / TrySail
M21.adrenaline!!! / TrySail
M22.Los! Los! Los! / 悠木 碧(ターニャ・デグレチャフ)
M23.aventure bleu / 内田真礼
M24.Smiling Spiral / 内田真礼
M25.One Unit / Minami
M26.Precious Memories / Minami
M27.Remained dream /茅原実里
M28.みちしるべ / 茅原実里
M29.Sincerely /TRUE
M30.UNISONIA / TRUE
M31.DREAM SOLISTER / TRUE
M32.360°星のオーケストラ / petit milady
M33.世界中が恋をする夜 / petit milady
M34.おねんねコンちゃん / petit milady
M35.JOINT / Mimorin×Minorin(三森すずこ×茅原実里)
M36.Reason!! / アイドルマスター SideM
M37.GLORIOUS RO@D / アイドルマスター SideM
M38.DRIVE A LIVE / アイドルマスター SideM
M39.The Birth / 宮野真守
M40.SHOUT! / 宮野真守
M41.シャイン / 宮野真守
M42.BEASTFUL / GRANRODEO
M43.Deadly Drive / GRANRODEO
M44.少年の果て / GRANRODEO
M45.Punky Funky Love / GRANRODEO
M46.Stand by…MUSIC!!! / アニサマ2018出演アーティスト 2nd Day

フォトギャラリー

©Animelo Summer Live 2018/MAGES.

Animelo Summer Live 2018 “OK!”オフィシャルサイト

< 1 2