Interview

劇場アニメでも抜群の才能を発揮。高杉真宙の考える“役づくり”とは? 『君の膵臓をたべたい』牛嶋新一郎監督と振り返る収録秘話

劇場アニメでも抜群の才能を発揮。高杉真宙の考える“役づくり”とは? 『君の膵臓をたべたい』牛嶋新一郎監督と振り返る収録秘話

満を持してのアニメ映画化。住野よる原作の切なくも美しい青春の日々を描いた『君の膵臓をたべたい』が、昨年の実写映画化に続いて、長編アニメーション映画としてスクリーンに帰ってくる。他人に心を閉ざしていたものの1年後には病で世を去ると宣告されているクラスメート・山内桜良との出会いによって変わっていく主人公の「僕」の声には、俳優として進境著しい高杉真宙が配された。アニメ好きを公言する彼にとっても、待ちわびていたキャスティングだったのは想像に難くない。そんな高杉と、今作で監督デビューを果たす俊才・牛嶋新一郎による対談から、実写での芝居とアテレコの違いや、現場での様子などを浮き彫りにしていく。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 増永彩子


自分の中の「理想的な表現ができた」という手応えを感じています(高杉)

牛嶋新一郎監督(左)、高杉真宙(右)

よく、声優さんが声を吹き込む段階では線画の状態だったりする、と聞きますが、今回はどのくらいの段階で高杉さんは「僕」の声を収録したのでしょうか?

牛嶋監督 胸を張って言えることじゃありませんが……線画よりも、もっと粗い状態でした。コンテの段階でしたよね。

高杉真宙 ただ、事前に声優さんたちが声をアテている別現場の様子を撮影した映像を見せていただいていて、それを参考に練習をしていたので、特に違和感は感じなかったです。確かに、「僕」がどんな表情の変化を見せるのか……といった細かいところを気にすることはあったんですけど、台本に書いてある文字の情報から、「僕」の表情を表現したり、どんな思いなのかを考えながら声を吹き込んでいくのが、僕自身としては楽しかったんですよね。現場へ行ってみて、その時々の画を見ながら「あ、こういう状況なんだ。なら、こういう感じかな?」と考えながらアプローチしていけたのも、表現として面白かったです。

監督から、高杉さんへはどういった演出、あるいは要望をされたのでしょう?

牛嶋 高杉さんご自身は声優が本職ではないにしても、アテレコの経験はあるとおっしゃっていたので、どんな雰囲気の声を出されるのかを把握するためにも、まず最初に2時間ほどテストをさせてもらったんです。その時は緊張されていたのか、早口だったんですよね。なので、もう少しスピードを緩めてほしいというお話はしましたけど……そんなに多く要望を出したわけではなくて。主だったところで言うと、「僕」は人と接するのが苦手な性格なので、誰かと話す時には「フィルターを一つ挟んだつもりで」という指示はさせていただきました。

「僕」の前には、つねに見えない“ATフィールド=心の壁”があったというわけですね(笑)。

牛嶋 まさに、高杉さんにそんな言い方をした覚えがあります(笑)。

高杉 はい、おっしゃっていましたね(笑)。

『君の膵臓をたべたい』は、「僕」と桜良の織りなす会話が生命線の話ですが、アテレコも高杉さんとLynnさんがご一緒して、掛け合いを展開する……といった感じだったのでしょうか?

高杉 はい、ご一緒させていただきました。自分の中では……「僕」の気持ちや心情を声に乗せる上で、Lynnさんがすぐ隣で声を発してくださったことがすごく大きかったですね。それと、全編順録りしてくださったので、本当に幸せな環境で収録に臨むことができたと思っています。

実写の撮影ですと、順録りじゃない方が当たり前ですからね……。

牛嶋 アニメの収録は逆に、ほとんどが順録りなんです。声優さんの人数が多くて、スケジュールが合わない時は“別録り”になったりもしますけど、基本的にはシーンの順番通りに録っていきます。例外として、回想シーンなどは1回全編を録り終えてから別録りすることもありますけれども。

高杉 実写ですと……極端な例ですけど、いきなりラストシーンから撮ったりもするので、「えっ!?」と思うことも正直あります(笑)。

牛嶋 そういう場合、どうやって感情を芝居に乗せていくんですか? キャラクターが生きてきた時間の積み上げがないっていうのは、相当難しいですよね?

高杉 そうなんです、積み上げがないので、そういう場合は本当に大変なんですよ。

牛嶋 台本を読み込んで「こういう感情なんだろうなぁ」と予測しながら芝居をつける、という感じなんですか?

高杉 う~ん……ある程度ストーリーの流れを踏まえて、「こういうふうに気持ちを持っていきたいな」というゴールを自分なりに見据えて、順番に感情をつくっていくことが多いですね。『キミスイ』に置き換えて言うなら、桜良と「僕」の関係性が生まれて、「桜良って、こういう子なんだ」と惹かれていく過程を積み立てていって、どこで転換させるか──ということを考えたりして、クライマックスに着地させる……といったような感じです。

ただ、どれだけ頭で考えてみても、現場でできることと生まれてくるものは違うので、そう考えると……贅沢なことを言わせていただくと、自然な感情の流れで表現するには、やっぱり僕は順撮りが一番やりやすいなと思います。今回は回想シーンも、自分の頭の中で映像を浮かべながら本当に回想できたので、そういう面でも理想的な表現ができたという手応えを感じていて。事前に頭の中でイメージをふくらませることも大切ですけど、結果的に現場に立った瞬間に生まれるものが一番きれいで、その時の正解だと思うので──。

監督も思わずもらい泣きした“あの名シーン”

そうやって、物語の時系列を「僕」とともにたどっていくことによって、クライマックスで「僕」が抑えていた感情を漏らす……原作や実写の『キミスイ』ファンにはおなじみの、あの名ゼリフにいたったというわけですね。

高杉 そうですね、本当に最初のシーンからLynnさんと一緒だったんですけど、そのクライマックスのシーンだけLynnさんが別録りだったので……「僕」の昂ぶりだったり、桜良の元気な声が、自分の中ですごく響いたんですよね。桜良がその場に立っているようなやりとりを「僕」としてはいるものの、実際はもういないからこそ、Lynnさんが別録りされたことでリアリティーが増した感じがしています。

牛嶋監督は、高杉さん……もとい「僕」の感情がダダ漏れになるあのシーンのアテレコを、どのように見つめていらっしゃったんですか?

牛嶋 実は僕も、もらい泣きしそうになっていたんです。聞きながら、「あれ、芝居じゃなくて本当なのかな?」と思ったくらい真に迫っていて。普通の収録だと「セリフのボールド」と言いまして、声優さんに喋ってほしい時に映像上に名前が出るんですよ、「これが出ている尺で話して」という感じで。でも、あのシーンに関しては音響監督の方からも、「あとで調整するから、ボールドに合わせなくていいよ」という指示が出ていたんです。その上で高杉さんにはやってもらったんですけど、そうしたら、もう……セリフじゃないみたいに、本当にご自身の中から感情をあふれさせていらっしゃって。作り手はたいがい、自分の作品では泣けないんですけど(笑)、『キミスイ』のあのシーンは本当に感動して、もらい泣きしてしまいました。掛け値なしに、高杉さんのお芝居が素晴らしかったです。

そういったお話をうかがうと、最終的にキャストの方が声を通じてキャラクターに命を吹き込むのだなと、しみじみ思わされます。

牛嶋 アニメって、やはり絵だけでは表現できないんですね。そういう意味でも、声の持っているエネルギーが作品の中で大きな割合を占めていて。

たとえば実写ですと、役者さんの芝居によって微妙な表情がつけられると思うんですけど、アニメで微妙な表情をつけようとすると、かえって変な顔に見えたりもするんです。なので、逆に無表情にした方が微妙さが伝わる場合もあるんですね。それを補完するのは、まさしく声優さんの声であって。その割合が大きいぶん、声の演技が重視されるわけですけど、あのシーンはまさしく高杉さんの名演技によって作り手の想像を超えるものになりましたし……そもそも「僕」というキャラクターは無表情なシーンが多いんですけど、高杉さんが“無表情”なものに対して感情を乗せて話してくださったので、「僕」が今どのような気持ちでいるのかが、すごくわかりやすくなったと思っています。

1 2 >