LIVE SHUTTLE  vol. 289

Report

【写真31枚!】今最もエモい「ヒプマイ」って何? 木村 昴、浅沼晋太郎らのライム炸裂! 男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』2nd LIVEレポート

【写真31枚!】今最もエモい「ヒプマイ」って何?  木村 昴、浅沼晋太郎らのライム炸裂!  男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』2nd LIVEレポート

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」とは、声優史上初のラップ音楽原作のCD企画。参加するのは、木村 昴、石谷春貴、天﨑滉平、浅沼晋太郎、神尾晋一郎、駒田 航、速水 奨、木島隆一、伊東健人、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏の全12人の男性声優。それぞれがキャラクターに扮して作中でラップを繰り広げる。12人のキャラクターはイケブクロ、ヨコハマ、シンジュク、シブヤと4つのディビジョンで構成。これまでに各ディビジョンごとと、「イケブクロ vs ヨコハマ」「シブヤ vs シンジュク」のBattle CD計6枚を展開している。

8月26日、東京・品川ステラボールにて開催されたのは『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》』。

このライブイベントには木村、石谷、天﨑、浅沼、神尾、駒田、速水、木島、伊東、白井、野津山の11名の声優が出演。さらに、Battle CDで作詞として参加するKEN THE 390、EGOをゲストに迎え、アツいライブを展開した。

取材・文 / 菊地真由 撮影 / 粂井健太


前半戦からイケブクロ vs ヨコハマのバトルがアツイ!  会場を沸かせた“○○キス”!?

開演前、会場への注意事項のアナウンスとして流れた山田一郎(CV.木村 昴)のラップから会場に集まったファンは熱狂。OPムービーが流れる中でイケブクロ ディビジョンのメンバーからステージに登場するそのあいだに会場のボルテージも一気に高まっていく。

木村 昴

オープニングではDivision All Starsで「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を立て続けに披露。オープニングからアツいラップで盛り上がりをみせる。

全員が揃ってのトークコーナーでは、この日欠席となった斉藤壮馬(Fling Posse/夢野幻太郎役)からのビデオレターが届いた。音声と字幕がバラバラなVTRが流れたかと思うと、「嘘ですけど」(幻太郎の口癖)と映像が切り替わり斉藤がサングラスをかけた姿で登場。VTRを見終えた同じチームの白井、野津山からは「スベってたよね」と冷たいコメントが飛んだ。

石谷春貴と木村 昴

天﨑滉平

ここからはノンストップのライブパートへ突入! まずはじめに登場したのは<イケブクロ ディビジョン・Buster Bros!!!>。VTR演出中、ブラックアウトの中で3人がハグをして気持ちを高めう姿も垣間見えた。

山田二郎(CV.石谷春貴)が「センセンフコク」、山田三郎(CV.天﨑滉平)が「New star」、山田一郎(CV.木村 昴)が「俺が一郎」を立て続けに披露。さらにディビジョンソング「IKEBUKURO WEST GAME PARK」で会場を盛り上げる3人の姿はまさに山田三兄弟。

駒田 航

続いて登場したのは<ヨコハマ ディビジョン・MAD TRIGGER CREW>。よく動き回るイケブクロとは相反した大人な雰囲気の中で、毒島メイソン理鶯(CV.神尾晋一郎)の「What’s My Name?」、入間銃兎(CV.駒田 航)の「ベイサイド・スモーキングブルース」、碧棺左馬刻(CV.浅沼晋太郎)の「G anthem of Y-CITY」を披露。

浅沼晋太郎

ヨコハマのパフォーマンスで観客が湧いたのは駒田から浅沼への“シガーキス”。電子タバコを咥える仕草にも熱狂させつつ、「Yokohama Walker」で大人のかっこよさを見せつけた。

天﨑滉平と神尾晋一郎

木村 昴と浅沼晋一郎

前半2つのディビジョンが登場したBuster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREWの「WAR WAR WAR」ではラップバトルが繰り広げられる。対立する2人が至近距離で睨み合うと歓声は増す一方。バトルを終えた木村と浅沼はグータッチを交わしてその場を後にした。

ここでゲストのEGOが登場。会場が盛り上がったのは「Bounce〜PINEAPPLE JUICE」の独特で中毒性の高いパフォーマンスだった。

1 2 >
vol.288
vol.289
vol.290