Interview

ジェームス・ジラユ タイの国民的スーパースターが描く日本との架け橋

ジェームス・ジラユ タイの国民的スーパースターが描く日本との架け橋

タイ王国出身の俳優、歌手、モデルと幅広く活躍するジェームス・ジラユ。タイ国内でも日系企業のCMに抜擢されており、日本との関係性も深い。先月開催された「東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER」にも出演し、日本国内でのファンも急増している。
ユニバーサルミュージックからデビューすることも決まっている中、この4月より、タイで2013年に放送された主演ドラマ『君だけI Love You』がBSで放送されることが決定した。
日本での本格的な活動を控え、活躍が期待されるジェームス・ジラユにインタビューすることができた。 彼が今後の活動の中で描く“タイと日本の架け橋”を見守っていこう。

インタビュー・文 / 大窪由香 撮影 / 森崎純子


自己紹介をお願いします。

ジェームス・ジラユです。よろしくお願いします。

JAMES JIRAYU-top

よろしくお願いします。まずはジラユさんのパーソナルな部分を探っていきたいと思います。ジラユさんの長所は何ですか?

長所は・・・勉強が好きなところです。あとはいろいろと我慢強いところですかね。

勉強好きとのことですが、どんな勉強をされているんですか?

今、大学で経営について学んでいます。

ジラユさんが芸能界入りされたきっかけは?

2011年に今の事務所の社長にスカウトされ、出会ったのがきっかけで俳優デビューしました。

そうでしたか。芸能界入りに迷いはなかったですか?

迷いはなかったです。高校卒業くらいまで僕は田舎に住んでいました。あまり深く考えずに、ただバンコクに行きたいという気持ちで行ったんです(笑)。

(笑)その時のご両親の反応は?

母はもともと芸能界に興味があって、僕を俳優にしたいと。父は最初心配していました。でも今は色々なドラマやCMなどに出演しているのを見て安心してくれています。

スカウトされてからデビューまで、どんな勉強をされましたか?

ウォーキングや、発声方法、ダンスや演技の勉強をしました。

デビュー作はテレビドラマでしたね。演技をすることは難しかったですか?

ほぼ毎日撮影現場にいて初めてのことだらけでした。今までテレビで見ていた方達と共演することにとても緊張していました。セリフを噛んでしまったりして、なかなかうまく言えず、失敗も多かったですけど、色々な経験をすることができました。

その間、どんな努力をされていたんでしょうか?

プロデューサーと演技について話し合ったり、先輩の役者さんからアドバイスをいただいたり。あとは自分で何度も練習をして役を自分のものにしていきました。最初は何度も失敗を繰り返して、出来るようになるにつれて演技の魅力に引かれていき、今ではとても楽しくて好きです。

JAMES JIRAYU-3

歌も歌われていますが、音楽はもともと好きだったんですか?

好きです。中学1年生の頃からベースを弾き始めました。

バンドを組んでいたんですか?

そうです。ヘヴィメタルやロックが好きで、メタリカやドリームシアターのカヴァーをしていました。

それもぜひいつか聴いてみたいですね(笑)。では、初来日する前、日本に対してどんなイメージをもっていましたか?

タイ人は日本が大好きなんですよ。空気がきれいで、街もきれい。そして食べ物もおいしい。そういうイメージがありました。あと、やっぱりアニメですね。アニメがきっかけでJポップも聞いていました。

ちなみに、好きだったアニメは?

ドラえもん、ナルト、ワンピース・・・あと、セーラームーン(笑)。

人気なのは日本と同じですね。2年前に来日されて、日本で写真集の撮影をされたとのことですが、実際に日本に来てみて印象は変わりましたか?

僕が思っていたイメージ通りでした。日本の方は親切ですね。道に迷った時に誰かに聞いたら、親切に教えてくれるので。

その時の撮影で印象に残っていることはありますか?

築地で競りを見るために、朝3時から並んで待っていました。日本のいろんなところをまわって、いろんな文化に触れ、とても楽しかったです。

その時は撮られる側でしたが、ジラユさんはカメラが趣味でもあるんですよね。日本で撮ってみたいところはありますか?

もっともっと日本のいろんなところをまわってみたいですね。電車に乗って、日本の景色を見ながらいろんな地方の人と出会って写真を撮り、じっくり時間をかけて旅がしたいです。この季節、桜も見たいですね。

旅といえば、タイの番組で東北6県を旅されたそうですが、印象に残っていることは?

東北はとても自然が綺麗でした。観光客に向けて簡単な説明やマップもいっぱいあったので親切だなと思いました。それぞれの土地で伝統文化に触れて、食べ物は各地の名物料理を食べることができ、とても充実した東北6県の旅になりました。

JAMES JIRAYU-4

特に印象に残っている食べ物はありますか?

焼き肉です(笑)。

仙台の牛タンとか、東北にはおいしいものがたくさんありますね。肉好きですか?

今はしゃぶしゃぶが好きです。あと、すき焼きも(笑)。

いいですね(笑)。そして、昨年の11月には日本でコンベンションライヴを開催されましたが、日本のファンの前で歌うというのはいかがでしたか?

最初はとても緊張しました。日本語で歌うので、皆さんに伝わるかなと、かなり不安でした。でも、やってみたらみなさんの反応がよかったので、良い経験をさせてもらえて僕は幸せでした。

4月からはジラユさん主演のドラマ「君だけI Love You」がオンエアになります。このドラマの内容を教えてください。

ジラユ:タイトルだけ見るとラブストーリーのようですが、コメディもあったり、色々なエピソードが盛り込まれていてドキドキするストーリーで、日本の皆さんにも絶対に共感してもらえるストーリーになっていると思うので皆さんぜひ見てください。

JAMES JIRAYU-2

CDデビューの発表もされて、ますます日本でご活躍されると思いますが、今後の予定や、日本での活動に対する意気込みを教えてください。

ジラユ:4月からはタイドラマ「君だけI Love You」がオンエアされて、CDデビューも決まっています。日本語で歌っているので、ぜひ聴いてほしいですね。

ありがとうございました!

「君だけI Love You」
(タイ語名:Rak Sood Rit “ラック・スッ・リット”)

raksoodrit_keyvisual_fix

バイクマニアのヤンチャ少年イティリット(ジェームス・ジラユ)と有能な警察官の義兄タム(ビーム・ガウィー)。
2人の幼馴染で人気女優マーヤー(ワーワー・ニチャリー)、そして正義感溢れる家庭教師チャナモン(パンチ・ウォーラカン)。
四角関係が織りなす痛快ラブ・コメディー!

大学の法学部4年生でバイクマニアの少年イティリット(ジェームス・ジラユ)は、法学部一のヤンチャ男。
しかも、エリート警察官の父をもち、裕福な家庭に育つ。
そんなイティリットは、大事な試験当日、開始時刻を過ぎているのに、悠々と轟音とともにバイクで現れ、試験中の同級生たちを驚かせる。
この時、試験官をしていた教授助手のチャナモン(パンチ・ウォーラカン)。
イティリットは遅刻をした挙句、試験中にカンニングしたのがチャナモンに見つかり、問答無用で試験を不合格にされた。そして退学騒ぎになる。

警察少将の父は、息子のカンニングを恥じ、イティリットに夏期講習を受けて、必ず追試に合格するように命じる。そして大学教授に連絡し、イティリットに一流の家庭教師を付けるように依頼した。
そこに家庭教師として現れたのが、なんと、自分を試験に落とした試験官、あの教授助手のチャナモンだった?

お互いに「絶対に無理!」と拒むも、チャナモンは小さな食堂を営む父と育ち盛りの弟と3人暮らし。
家計を援助しなければならなく、高額なアルバイト代に魅かれ、しぶしぶ引き受けることに。
なかなか講習を受けないイティリットと、なにがなんでも受けさせようとするチャナモン。そこでチャナモンは、イティリットが密かに想いを寄せている、幼馴染で唯一の親友である人気若手女優マーヤー(ワーワー・ニチャリー)にも夏期講習を受けてもらう作戦を立て、なんとかイティリットに講習を受けさせることに成功するが・・・

一方、そんなマーヤーは、初めてボディーガード役を映画で演じることが決まり、イティリットの血の繋がらない兄で警察官のタム(ビーム・ガウィー)が、拳銃の打ち方や護身術のコーチをすることに。
タムとマーヤーは会う機会が増え、次第にふたりは想い合うように・・・

 ヤンチャ少年イティリットと、生真面目で曲がったことが大嫌いな家庭教師のチャナモン。犬猿の仲のふたりの関係も、いつしか変化し始め・・・

 イティリットとチャナモン、そしてマーヤーとタムの四角関係はどうなる?

【放送内容】
放送局:BS-TBS
放送日時:2016年4月10日(日)スタート 毎週(日)23:00?23:54 
※2017年1月まで
原作・脚本:ピムタナー
監督:アドゥン・ブンヤブット
制作:ウェーブTV(プロデューサー:ピヤワディー・マーリノン)
オリジナル放送:タイのCH3にて2013年11月?2014年1月放送

ジェームス・ジラユ

タイ王国出身の俳優、歌手、モデル。1993 年9 月19 日生まれ。
本名は、ジラユ・タンシリースック(Jirayu Tangsrisuk)。ジェームスは、ニックネーム。
2011 年、“facebook”上でタイの芸能プロダクション“META TALENT MANAGEMENT”の社長の目に留まりスカウトされる。2013 年3 月、テレビドラマ「Suparburoot Jutathep」で俳優デビューするなり一気にブレイク。同年9 月には、初主演映画「First Love」が公開、続くドラマ「Tong Neu Gao」で、人気若手俳優としての地位を築く。また、トヨタ、ユニクロ、明治ブルガリアヨーグルトなど日系企業のCM にも抜擢。2014 年2 月には2 作目の主演映「Timeline」が公開された(沖縄国際映画祭2015特別招待作品)。
2015 年4 月、日本で撮影した写真集「JAMES JI UP CLOSE AND PERSONAL IN JAPAN」を発売。6 月には、コンサート「MAGIC JAMES THE CONCERT」を開催。9 月、歌とダンスの勉強を兼ねて2 ヶ月間来日した際は、「東京ガールズコレクション(TGC)」にゲスト出演。11月9日には日本で初となるコンベンション・ライヴを開催し、ファンとマスコミ約600 人を集める。
2016 年1 月、日本の東北6 県をめぐる旅番組『TABI JAPAN with James Jirayu』がCH.3 で放送開始。21 日には「ヨウジヤマモト」2016-17 年秋冬パリ・メンズ・コレクションに出演。
今春には、ユニバーサルミュージックよりCD デビューが決定。日本とタイの架け橋としてタイ流ブームを牽引する。