Interview

百田夏菜子&玉井詩織&佐々木彩夏&高城れに。“ももいろクローバーZ”として歌って踊って大暴れするミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』開演まもなく!

百田夏菜子&玉井詩織&佐々木彩夏&高城れに。“ももいろクローバーZ”として歌って踊って大暴れするミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』開演まもなく!

映画『幕が上がる』(15)、その数ヵ月後に上演された同名舞台を経て、3年ぶりに、“ももクロ”が女優として舞台の世界に帰ってくる。
脚本は、劇団ラッパ屋主宰の鈴木聡、演出は、彼女たちの出演した映画および舞台の『幕が上がる』を手がけた本広克行が務める。
本作は、とある高校のダンス部のメンバーがダンスの全国大会決勝前夜に、悲劇に見舞われてしまう……というストーリー。ミュージカルと銘打っており、“ももクロ”初ミュージカルに期待が高まる。そこで百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏、“ももいろクローバーZ”にインタビュー。この舞台への意気込み、そして初ミュージカルへの気持ち、盟友・本広克行のことなどをじっくりと聞いた。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶

キャラクターは現実の私たちと重なる部分がある

ミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』は、とある高校のダンス部のダンス大会の決勝前夜からお話が始まりますね。脚本は、ご自身が主宰されている劇団ラッパ屋だけではなく、外部公演も幅広く手がけられている鈴木聡さんです。脚本をお読みになられた感想を聞かせてください。

高城れに ファンタジーの要素があると思いきや、現実の世界にも起こり得るリアルな話だと感じさせる不思議な力のあるお話です。というのも、現実では起こりえない夢のようなストーリーでありつつ、“死”というテーマが根底にはあって、それはみなさんが必ず体験するので。最初に思ったのは、そんな難しいテーマをどう演じたらいいのか、大変そうだなって。

玉井詩織 わかる、わかる。私たちは初ミュージカルですから、どういう舞台になるのかまったく想像がつかなくて。まずは、設定が『幕が上がる』と同じ高校生役なので、また制服を着るので驚いています(笑)。でも今作では、高校生だけではない私たちも観られるし、キャラクターは現実の私たちと重なる部分があるので、ダブルで面白いよね?

左から、百田夏菜子、佐々木彩夏、高城れに、玉井詩織

百田夏菜子 それは言えるかも。稽古が始まる前日に脚本をいただいて、次の日から読み合わせに入ったのですが、脚本に音符が書いてあったのが初めての経験で、どんな感じに演じたらいいのだろうと悩んでいたら、共演者のシルビア・グラブさんが音符に自由にメロディーを付けて歌ってお芝居しているのを間近で見て、途端にゾクゾクしてこの舞台のイメージが湧きました。

佐々木彩夏 詩織ちゃんが言ったように、自分の名前が役名になっていて、キャラクターも現実のメンバーの関係性に似ているので、“ももクロ”ファンの皆さんにも楽しんでいただけると思います。それだけではなくて、『幕が上がる』のときのメンバーの役をなんとなく匂わせる台詞や設定も使われているので、映画や舞台で私たちのことを知ってくださった方も楽しんでいただけると思うし、私は『幕が上がる』の続編だと感じるところがありました。

キャラクターは、カナコ、シオリ、レニ、アヤカとご自身の名前が役名になっています。実際に脚本を拝見させていただいて、当て書きに近いところもあると思ったのですが、いかがでしょうか。

百田 私は今までお芝居でいくつかの役をいただいたなかで、ここまで明るい役はなかったので驚きました。たしかに私たちに似ている部分もありますが、必ずしもそうではないところもありますね。

高城 私は脚本に描かれているように介護福祉士さんになりたくて、学校で勉強に励んでいました。役どころは看護師で、患者さんの面倒をみるので、舞台の上で夢が叶ったような感動を覚えています。

玉井 私は、結婚を目前にした花嫁の役で、まさかウェディングドレスを着るとは思ってなかったし。

佐々木 本番になったら20回以上着ちゃうよ!

玉井 (笑)。私もリーダー(百田)が言ったことに重なる部分があって。そこまでは役と似てないかな……でもやっぱり、登場シーンは似てるかも(笑)、といろいろ考えさせてくれるんです。本広さんからは「普段の詩織にない大人っぽさを出して演じて欲しい」と言われたのですが、私には大人っぽさの引き出しがないから、落ち着いたトーンとも違うだろうしと考えつつ、稽古をしながら答えを探しています。

佐々木 とある高校の演劇部の部長という役で、映画『幕が上がる』で私は加藤明美という役でしたが、その明美ちゃんを彷彿させるところがあります。しかも、夏菜子ちゃんが演じていたのが高橋さおりという役なんですけど、今作には“さおりさん”というフレーズも出てくるし。当て書きだけでなく、映画や舞台の設定も残っているので、懐かしさもありました。物語は、パラレルワールドのお話で、いくつか性格の異なる役をこなすことになるので、しっかり区別できるように演じたいです。

何百回と歌い続けてきた私たちよりも上手で、「やばい、やられた!」

3年前に初めてストレートプレイを経験されて、今作で初めてのミュージカルになりますね。そして、シルビア・グラブさんや妃海 風さんといった素晴らしいミュージカルスターが揃っています。

高城 妃海さんやシルビアさんはミュージカル界のレジェンドで、声の出し方から違います。引き出しが豊富で、歌うたびに違う歌い方をされるのでかっこいいです。

百田 おふたりが出てくるだけで、稽古場の空気が変わるんです。稽古場にいるすべての人の視線や心をさらってしまう魅力があります。だから、近くでお芝居をさせていただくのが楽しいし、「すごいな」と思うし、「頑張らないと」って。私たちの曲をおふたりに歌っていただくシーンがありますが、これまで何百回と歌い続けてきた私たちよりも上手で、「やばい、やられた!」って(笑)。

高城玉井佐々木 そうそう、びっくり!(笑)

百田 悔しさもあるけど、本当に感動するし、私たちの表現とはまったく違う歌い方をされるので勉強になります。

玉井 正直、“ももクロ初ミュージカル”ということもあって、メンバーだけでミュージカルに挑戦するのは心配で(笑)。いかにもミュージカルな雰囲気しか出せないかもしれないと不安に思ったのですが、おふたりが座組みを引っ張ってくださるおかげで、本当のミュージカルになりつつあります。

百田 おふたりとも本物だよね!!

玉井 うん。たくさん支えてもらってるよね。

高城 だから、すごく嬉しい。最初は私たちの曲が盛り込まれた舞台というイメージしか湧かなくて、物語やお芝居に想像がつかなかったけれど、実際にお稽古をしたら、おふたりの力添えもあるから、しっかりしたミュージカルになってたね。

佐々木 おふたりにも引っ張っていただいていますが、ほかの共演者の方が歩いているだけでもダンスに見えたりとか、ダンスが普通の日常の仕草に見えるシーンになったりする部分や、私たちがいつもライブでやっていること、本広さんとつくった『幕が上がる』の面白かったところ、これまでの“ももクロ”、いろいろな要素がすべて融合して、ミュージカルになっていると思います。

2幕は歌うシーンが多く、これぞ“ももクロ”のライブという印象を受けます。

高城 私たちの普段のライブのように楽しめますが、歌のパートはあくまで役の中で歌っているので、“ももクロ”の私たちではない、普段と違った側面があります。4人で歌う曲もありますが、ほかの出演者の方もたくさんいらっしゃるし、お客様にはライブというより、物語のひとつの要素として楽しんでいただけたらと思います。

玉井 れにちゃんが言ったように、私たちのファンの方も楽しめると思いますが、まだ本番が始まっていませんから、お客様の反応を想像しづらくて。というのも、ミュージカルを観ていただいているという感覚だと、私たちのファンだけではなくて、ミュージカルファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、“ももクロ”がミュージカルに挑戦することに興味を持って劇場に来てくださると嬉しいです。そしてミュージカルファンの方に、“ももクロ”のライブに行ってみたいと思わせたい、そんなネクストステップの野望もあるんです(笑)。

百田 あまり大きな声では言えないのですが、私たちがライブ中に時々演じる小芝居は、少し茶番でもあって(笑)。

高城玉井佐々木 それは言っちゃダメ!

百田 (笑)。今回は茶番ではない“ガチ”なので心配しないでください。でも、今までの茶番があったからこそ、この舞台に繋がると思いますし、無駄ではなかったと思っているんです。今作のライブシーンは、“ももクロ”の歌にはないところもふんだんに盛り込まれています。自分のパートを歌っていなかったり、逆にほかのメンバーのパートを歌ったり、ダンスもいつもと違う雰囲気なので、全然違う曲になっています。稽古をしていると、改めて、音楽の無限の可能性を感じられて、歌の奥深さを味わっているし、私たちだけでなく、皆さんにもそんな感覚を楽しんでいただけると思います。

佐々木 2幕のライブパートは“ももクロ”のライブでも王道な曲だけでなく、私たちがライブでもなかなか歌わない曲が入っていたりして、本広さんの“モノノフ(“ももクロ”のファンの呼び名)”度の高さが伝わるはずです(笑)。2幕のライブは、本広さんも楽しんでいらっしゃるから、“モノノフ”の方も、そうでない方も“ももクロ”の楽曲で幸せな気分になっていただけると思います。

1 2 >