Review

徳永えり主演ドラマで話題!マンガ『恋のツキ』にみる“尽きることない女たちの欲望と幸せのゆくえ”

徳永えり主演ドラマで話題!マンガ『恋のツキ』にみる“尽きることない女たちの欲望と幸せのゆくえ”

芸能人の不倫や浮気が激しくバッシングされる昨今の風潮には、みんなよっぽど抑圧が溜まってるんだなあ…とつい邪推したくなる。
「一生よそ見せず、ひとりの人だけを愛し続ける」なんて実際、無理ゲーに近い。ただ、イイ年した大人が欲望のままに生きていたら、それこそ大変なことになるわけで。誰もが多かれ少なかれ、安全な道を踏み外さないようにいろんな欲望に蓋をして生きている。でも、それで本当に幸せ?と問われると、イエスと断言できない自分もいて…。

新田章というマンガ家は、そんな「人間の欲望と幸せ」について一貫して描いてきた人だ。
自分の欲望に正直すぎて、いろんな人とエッチしちゃう女の子と彼女を独占したいピュアボーイの恋の顛末を描いた初の連載作品『あそびあい』は、なまじ主人公が女性だったため「たんなるヤリマンの話!」と(主に男性から)大バッシングを巻き起こす一方で「恋愛とセックスは別か否か?」という人生の大命題に真っ向から挑んだ傑作として高い評価を集めた。

そして現在連載中の『恋のツキ』では、結婚真近な同棲中の彼氏と、未来は見えないが超好みの男子高校生との間で揺れ動くアラサー女子の姿を通して、「安定(結婚)かトキメキ(恋)か?」という、これまた究極の大命題を提示。今夏より徳永えり主演のドラマ版もスタートして、さらなる反響を巻き起こしつつある。

『恋のツキ』1卷より ©新田章/講談社

三十路フリーターのワコは、同棲中の彼氏・ふうくんがいながら超好みで映画の趣味もあうイコくんに惹かれるが、おりしも職場の映画館が閉館。ふうくんと別れたらこの先ひとりで路頭に迷うかもしれない…という恐怖から、当初は自分の欲望に蓋をしようとする。しかし、イコくんも自分に好意を持っていることを知り、つい盛り上がって衝動に身を任せてしまいーー。

どっちか一方に決められず、双方に噓を重ねた末に二股が発覚。一度はふうくんを選ぶ決意をするも、今度は「結婚が本当に自分にとっての幸せか?」という疑問が膨れ上がり、衝動的にイコくんとの恋を選んだワコを「イイ年して後先考えずに…」と非難する人もいるだろう。 実際、イコくんとはラブラブ状態なのに年齢差による考え方のズレや将来への不安に葛藤を募らせ、彼の若さに引け目を感じて、勝手に気を遣って誤解を招いて、どんどん辛くなってゆくワコは痛すぎて悲鳴が出そう!

『恋のツキ』1卷より ©新田章/講談社

と同時に、自分はいったい何が欲しいのか?  自身の欲望と真摯に向き合うがゆえに、ブレまくって周囲を傷つけ、自身も傷つきながら茨の道を歩み続けるワコはいきいきと人間味にあふれていて、がぜん目が離せなくなるのだ。
最新刊となる5巻では、ワコの元彼が登場。酸いも甘いも噛み分けたバツイチ男の包容力でワコの不安に揺さぶりをかけてきてーー。
多くの人が「正しくあろう」と欲望から目を反らしている社会で、この欲張りで間違いだらけのヒロインは、果してどんな運命をたどるのか? 見届けずにいられない!

文 / 井口啓子
©新田章 / 講談社

コミック

恋のツキ(1)

新田章(著)
モーニング・ツー
講談社

『恋のツキ』ドラマ化記念 不倫、浮気、いけない恋 試し読み無料パック

新田章(著)/渡辺ペコ(著)/長門知大(著)/流石景(著) /丘上あい(著) /安藤なつみ(著) /こやまゆかり(著) /もりたゆうこ(著)
モーニング・ツー
講談社

『不倫、浮気、いけない恋』の漫画8作品の1話目が大集結!330ページ収録!『恋のツキ』、『1122』、『ドメスティックな彼女』、『将来的に死んでくれ』、『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』、『私たちはどうかしている』、『バラ色の聖戦 The Future is in our Hands!』『恋の奇跡』の第1話が無料で試し読みできる!

木ドラ25『恋のツキ』

放送:
■テレビ東京 毎週木曜 深夜1時~
■BSジャパン 毎週火曜 深夜0時~
■Netflix配信 2018年11月30日全世界全話一挙配信予定

出演:
徳永えり
渡辺大知(黒猫チェルシー) 神尾楓珠
伊藤沙莉 藤井美菜 池内万作 山田キヌヲ 小倉優香
川谷絵音 今泉佑唯(欅坂46) 栁俊太郎 笠松将 山田愛奈 / 江口のりこ / 安藤政信
きたろう

脚本:高田亮 ペヤンヌマキ 大江崇允
監督:森義仁 酒井麻衣 松本花奈 桑島憲司
音楽:TOMISIRO
制作:テレビ東京/C&Iエンタテインメント In association with Netflix
製作著作:「恋のツキ」製作委員会
オフィシャルサイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/koinotsuki/