2018年夏アニメ主題歌特集  vol. 14

Interview

地獄のβ世界線。この後の衝撃展開にあなたは耐えられる…!? TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』牧瀬紅莉栖役・今井麻美インタビュー

地獄のβ世界線。この後の衝撃展開にあなたは耐えられる…!? TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』牧瀬紅莉栖役・今井麻美インタビュー

現在放送中のTVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』に、牧瀬紅莉栖(まきせくりす)役で出演中の今井麻美。彼女は、同作品の後期EDテーマ「World-Line」も担当している。ここでは『シュタインズ・ゲート ゼロ』の魅力を中心に、今井麻美自身の楽曲についても語ってもらった。

取材・文 / 長澤智典


出番のない回の台本も必ずチェックして収録に臨みました

今井さんは『シュタインズ・ゲート ゼロ』の中で、今は亡き存在となった牧瀬紅莉栖と、人工知能となったアマデウス紅莉栖を演じています。物語のベースとなるβ世界線での牧瀬紅莉栖は亡くなった存在であり、時空を超えた異なる世界線に存在しているα世界線で紅莉栖は生きている姿として登場しますね。

今井麻美 『シュタインズ・ゲート ゼロ』の中で、牧瀬紅莉栖は回想シーン以外では、ほぼほぼ生きた姿としては出てこないんです(笑)。『シュタインズ・ゲート ゼロ』自体が、紅莉栖が亡くなった世界というところから物語を始めていますからね。そういう設定で始まることは収録前から聞いていたので、最初はもっと出番が少ないのかなと思っていたんですけど、人口知能とはいえ、アマデウス紅莉栖としてちょこちょこ登場しているので、そこはホッとしました(笑)。

アマデウス紅莉栖も、物語を描くうえで大切な役割を担っていますからね。

今井 そうなんです。『シュタインズ・ゲート ゼロ』って、次の展開が毎回ホントに気になる作品じゃないですか。収録に行かない回が続いたりすると、現場の皆さんの空気感も掴みにくくなって、台本を読んでないと、物語の繋がりさえ見えにくくなるんですね。だから私は、自分が出てない回でも、台本を読ませていただきながら収録を続けていったんです。

エンディングが流れると、「この後どうなるの?」というスリリングな気持ちに拍車がかかります

『シュタインズ・ゲート』シリーズは、物語の軸を進めてゆくなかで、いろんな支線や伏線を張りめぐらせていきますからね。

今井 すべての物語が繋がりを持って構築されていくので、演じる私達もそうですけど、観てる皆さんも、毎回の展開にはドキドキじゃないかと思います。

終盤へ向かい、生身の紅莉栖というか、異なるα世界線で生きている牧瀬紅莉栖がどんなふうに物語へ絡んでいくのかも気になります。

今井 これは、収録を始める前のお話にはなるんですけど。制作の方々って、事前に先の展開までわかってるじゃないですか。でも、演じる私達が台本をいただくのって、早くても収録の一週間前になるんですね。それなのに、これから収録が始まるという時期に、「第何話目は紅莉栖が重要になってくるから、そのときはよろしくね」と言われたりすると、「えっ、なになに?そこは、私のお当番回なの?」と、その回へ向かうまでの収録がとても気になってしまうんですよね。そんなやりとりも収録中に重ねながらも、無事に最後まで収録を終えることができました。

現在放送中の『シュタインズ・ゲート ゼロ』では、後期EDテーマとなる「World-Line」も担当されています。「World-Line」は、物語がクライマックスへ向かうに当たっての展開を、いろいろ示唆している楽曲じゃないですか?

今井 『シュタインズ・ゲート ゼロ』って、物語が後半へ進むにしたがってストーリーの展開も、登場する人物たちの心模様もいろいろ苦しさを増していくじゃないですか。そんな展開が続いていく後期の『シュタインズ・ゲート ゼロ』だからこそ、「なるほど、志倉(千代丸)さんは歌で心を癒すのではなく、キャストたちはもちろん、観ている人たちの気持ちも鼓舞しようと、こういうアップテンポな楽曲を持ってきたんだ」ということを理解できました。とくに後期は、「この後、いったいどうなるんだ?」というところで終わる話数も多くて、そこに「World-Line」が流れると、よりスリリングな気持ちに拍車をかけていける。そういった面では、とても似合う楽曲だなと、画面から流れるたびに感じています。

今回のシングルは、いろんな今井麻美の表情を知ってもらううえでは良かったなと

「World-Line」が、より深く『シュタインズ・ゲート ゼロ』の物語世界へ浸るための鍵を握る楽曲であるなら、今井さん自ら作詞を手がけた「Blue Feather」は、『シュタインズ・ゲート ゼロ』の世界観へ寄り添いつつも、作品のことを知らなくとも、気持ちを前へ突き動かす楽曲として胸に強く届く楽曲にもなっています。このふたつの表情を持ってきたところが素敵だなぁと感じました。

今井 「あるべき姿」とか「なりたい未来」とか「こうあってほしい未来」など、オカリン(岡部倫太郎)はそこへ辿り着こうと頑張っていく。だけど、一瞬でも心が折れたら、未来は絶対手に入ることはない。どんなに過去や未来を変えようと思っても、結局は、今を頑張らなかったら、すべてはそこで終わってしまう。その想いこそ、私が『シュタインズ・ゲート ゼロ』を通して感じたテーマだったなと、お話をしながら、今改めて思い返しています。

もう1曲収録したカップリング・ナンバー「アメノアトニ~Brighter Days Ahead」も含め、収録した3曲とも、すべて異なる表情になりましたね。

今井 結果、どの楽曲も今まで私が歌っていたジャンルにはあまりなかった曲調になっていて、いろんな今井麻美の表情を知ってもらううえでは良かったなと思います。あと、これも伝えておきたいんですけど、「アメノアトニ~Brighter Days Ahead」の作詞・作曲をしてくださった大津 惇さんは帰国子女なんですね。だから、作詞で書いた英語もネイティブな言葉なのはもちろん、歌うときにもネイティブな発音を求められました。それもあって、ネイティブな言葉を話される方に「アメノアトニ~Brighter Days Ahead」に出てくる英詞と、同じく英詞の多い「World-Line」の英詞部分だけを正しい発音で録音してもらい、それを何度も何度も繰り返し聴いたうえで歌入れに臨みました。なので、私なりに努力したネイティブな英語の発音にも、ぜひ注目して聴いてください。

クライマックスに向けてのアニメの展開にも注目してください

10月8日には、恵比寿ガーデンホールを舞台にしたコンサート“今井麻美 Live in Tokyo 2018”の開催も決定しました。

今井 当初、今年のコンサートは、9月9日に山形県のサハトべに花大ホールで行う公演のみの予定でした。でも、「World-Line」を歌うことになり、この楽曲を通してあらたに出会う人たちも増えるだろうし、もっとライブ本数を増やしたいという想いから、本当に急遽会場を押さえいただき、実現することができました。この公演では、これまでずっとわたしのことを応援し続けてくださっている方々はもちろん、「World-Line」を聴いて興味を持ち、初めてライブに足を運んでくださる方々も楽しめる内容にしていこうと、今、計画しています。もちろん、私の本業は声優なので、そこの部分も盛り込んだライブにもしていこうと思っています。

ライブも楽しみにしています。『シュタインズ・ゲート ゼロ』もクライマックスに向けての展開に突入しますが、最後にこれからの見どころを教えていただけますか?

今井 これは、わたしが紅莉栖を演じているからこその気持ちになるんですけど。まゆしぃ(椎名まゆり)が、オカリンに対して「私はオカリンが大好きだ」と叫んだ回のとき、私、その言葉を聞きたくなくて、その場面になったとたんにチャンネルを変えました(笑)。まゆしぃがどれだけオカリンのことが好きなのかは、物語を観ていればわかることですけど、紅莉栖を演じている身としては、あえてそこに目も耳も塞いできました。その後、彼女は「オカリンよりも、鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま、岡部倫太郎の別人格)のほうが好きだー。だから復活してほしい」と言うんですけどね。その告白を聴いた皆さんが、この後の展開に耐えられるのか。みんなの感情が心配でならないと、わたしは勝手な心配をしています(笑)。紅莉栖の視点で言うと、物語が後半へ進むにつれ、AIであるはずのアマデウス紅莉栖の感情表現の中に、だんだん生身の牧瀬紅莉栖の要素が混じっていくんですね。そのへんが、佳境へ向かうにしたがってどうなっていくのかにも、ぜひ注目して観ていてください。

ライブ情報

“今井麻美 Live in Tokyo 2018”
2018年10月8日(祝・月)
恵比寿ガーデンホール

開場 16:00/開演 17:00(予定)
チケット価格:¥6,264(税込)+1Drink(¥500)
※+1Drinkは当日会場にてお支払い下さい。
主催:+Amembers
問い合わせ先:+Amembers事務局

TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』

放送中

TOKYO MX 毎週(水) 25:35~
テレビ愛知 毎週(水) 26:35~
KBS京都  毎週(水) 25:35~
サンテレビ 毎週(水) 26:00~
TVQ九州放送 毎週(水) 26:35~
AT-X 毎週(木) 23:30~ ※リピート放送 (土)15:30~/(日)26:00~/(水)7:30
BS11 毎週(金) 23:00~
とちぎテレビ 毎週(水) 23:00~
AbemaTV 毎週(水)  25:00~
※放送日時は編成の都合により変更となる場合がございます。

【STAFF】
原作:志倉千代丸/MAGES.
監督:川村賢一
シリーズ構成:花田十輝
キャラクター原案:huke
キャラクターデザイン:稲吉智重
アニメーション制作::WHITE FOX

【キャスト】
岡部倫太郎:宮野真守
椎名まゆり:花澤香菜
橋田 至:関 智一
牧瀬紅莉栖:今井麻美
桐生萌郁:後藤沙緒里
漆原るか:小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
阿万音鈴羽:田村ゆかり
比屋定真帆:矢作紗友里
椎名かがり:藩めぐみ
阿万音由季:田村ゆかり

©2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所

TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』オフィシャルサイト
今井麻美 5pb.オフィシャルサイト

vol.13
vol.14
vol.15