Weekly モバイルエンタメステーション  vol. 5

Column

秋の行楽シーズン、「ぼっち旅」を楽しくさせてくれる“人生の目的”を見つける映画、厳選3本

秋の行楽シーズン、「ぼっち旅」を楽しくさせてくれる“人生の目的”を見つける映画、厳選3本

最新のスマートフォンがあれば、世界中のどこでも映画館になる! そこで自宅から出て外で映画を楽しむ方法を紹介するコーナーが先月よりスタートした。前回はみんなでキャンプ場で楽しみたいホラー映画を紹介したが、今回は逆に“ひとり旅”で観たい映画を紹介する。仲間も、テントもなく、あなたとスマートフォンだけ持って出発!

『LIFE!/ライフ』

出典:https://www.amazon.co.jp

日常で見落としていたものを”ひとり旅”で発見できる

最初に言っておくと、ひとり旅はさみしい。世の中には、ひとりでは絶対に旅行には行かない、いや、行けないと公言する人もいる。もちろん、それはひとりで知らない土地に行くことが不安だということもある。でも、最大の理由はさみしいからではないだろうか? それでも多くの人がひとり旅に出る。なぜか?  『LIFE!/ライフ』を観ると、その理由がわかるかもしれない。

本作の主人公ウォルターは有名な雑誌『LIFE』のネガフィルムの管理部門で働く平凡な男。臆病な性格で、空想の世界では勇ましいが、昨日と変わらない今日を過ごし、明日も今日と変わらないように過ごすこと思っている。しかし、自身の部門が廃止されることになり、最終号の表紙を飾るはずのフィルムが倉庫から消えていることがわかる。そこでウォルターはオフィスを飛び出し、フィルムのありかを知るカメラマンを探して、ひとりで旅に出る。ウォルターは旅先で散々な目にあい、想像もしなかった出来事に巻き込まれ、やがて大きな変化を遂げていく。この映画の最大のポイントは”フィルムがどこにあるのか?”ではなく、それを探すウォルターが”どのように変化していくのか?”を描いていることだ。

日常を飛び出して、誰の助けも借りずに、ひとりで行動する時、人間は自問自答し、変化し、日常で見落としていたものを発見するのだ。

【『LIFE!/ライフ』(2013)配信先リスト】


『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

© 2014 Sous Chef, LLC. All Rights Reserved.

旅先で出会う人は、お金では買えないものをくれる

ひとり旅に行くことに気後れしている人の多くは、ひとりで旅行に行ったら、道中はずっと無言で過ごさなければならないと思っているのではないだろうか? もちろん、ひとりで考え事をしながら旅行することで得られるものもあるが、話し相手のいない状況で旅行に出ても、人は旅先で誰かに出会い、そこで話をすることになる。

『アイアンマン』や『ジャングル・ブック』を手がけ、現在は『スター・ウォーズ』の新しいドラマシリーズを準備中のジョン・ファヴローが主演と脚本・監督を務めた『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、ファヴロー演じる主人公の旅と出会いの物語だ。

ロスで働く料理人カールは腕は一流だが、子供っぽいところがあり、オーナーや評論家とモメにモメて、ついに店を解雇されてしまう。落ちこんだ彼は故郷でキューバサンドイッチに出会い、中古のフードトラックを譲り受けて、移動販売を開始。彼のトラックは人気を集め、彼はかつて自分とモメた評論家に再会するべく、フードトラックで旅に出る。

映画の世界には”ロードムービー”と呼ばれるジャンルがあり、主人公が旅行をしながら様々な場所を訪れ、そこで暮らす人や、同じく旅行をしている人たちに出会う。本作も料理人カールがフードトラックに乗って旅に出て、ロスの一流レストランで働いていた時には出会えない人に出会い、一流シェフの名声を浴びていた時には心に響かないような言葉や出来事に出会う。

はっきり言って、旅先で知らない人に声をかけたり、話をしたりするのは少しだけ勇気がいる。そんな時は、この映画を観て、思い切って旅先で会った人と話したり、旅行先で暮らす人々のことを気にかけてみると、日常では得られない出会いや楽しみが待っているはずだ。

【『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014)配信先リスト】


『マイレージ、マイライフ』

©2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.

ひとり旅の快適さと、置いてきた日常の魅力を教えてくれる

これまでに紹介した通り、ひとり旅は様々な出会いがあるし、新しい自分を見つけられる絶好のチャンスだ。でも、人は永遠にひとりで旅行し続けるわけにはいかない。どんな人も必ず旅を終えて、どこかに帰る。

しかし、ジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ』の主人公ライアンは、帰る場所を持たない男として登場する。全米を飛行機で飛び回り、各地でリストラ宣告をする仕事についた彼は、1年の300日以上は出張で、最低限の荷物だけ持って旅を続け、家族とも距離を置き、結婚にも興味を持たない。しかし彼は新入りの女性と一緒に出張することになったことを機に、長年に渡って疎遠だった家族や、自身の仕事、自分の未来について考えるようになる。

映画の中のライアンを見ればわかるが、ひとり旅は慣れてしまえば本当に気楽で快適だ。でも人は永遠に旅に出ているわけにはいかない。必ずどこかで飛行機を降りて、家に帰る。家族や恋人の待っている場所に戻り、日常に戻る。本作は、ひとり旅の快適さと、置いてきた日常の魅力を同時に教えてくれる傑作だ。ひとりで旅に出た先でこの映画を観たあなたは、旅を続けたくなるだろうか? それとも日常に戻りたくなるだろうか?

【『マイレージ、マイライフ』(2010)配信先リスト】

※配信先リストはすべて記事公開時現在のもの

映画編の次回更新は10月15日(月)予定です。


これら良作をサクサク、ストレスなく楽しむなら、
この最新スマホがおすすすめ!

https://www.sonymobile.co.jp/

vol.4
vol.5
vol.6