黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 20

Interview

ゲームミュージックの巨匠 植松伸夫氏(上)『FF』音楽を生み出した原点

ゲームミュージックの巨匠 植松伸夫氏(上)『FF』音楽を生み出した原点

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

ゲーム音楽が変わったのはいつからだろうか。個人的に強い印象は『ドラゴンクエスト』だったと思う。エニックスが開発したゲームにすぎやまこういち氏が作曲した交響楽がゲームにマッチした記憶がある。『ドラゴンクエスト』の音楽を初めて聴いたときの印象は、今までのゲーム音楽とは何かが違うことがわかった。その何かの定義は未だにはっきりしない。でも、言い換えれば当時のドット画面に似つかわしくないほどの荘厳さや華麗さをもった旋律だったからと言えば適切だろうか。

そして、私が感じるゲーム音楽に革命をもたらした人物は植松伸夫だ。彼の作品は斬新であり、力と情念を感じる旋律を我々ゲームプレイヤーに届け続けてくれる。そして、『FFⅦ』を境に訪れたゲームグラフィックの革命もまた彼に味方したと思う。

今回の「エンタメ異人伝」は、株式会社スクウェアの黎明期から『FF』の世界観を音楽として醸成したサウンドクリエイター、アーチストの植松伸夫にスポットを当てたものだ。

植松伸夫が何を感じ、何を想い、それぞれの作品に向かい合い、人生を生きてきたのか、今回のインタビューは、植松伸夫を形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

インタビュー取材・文 / 黒川文雄

※9月20日に植松さんがご自身のブログで活動休止宣言をされました。 本インタビューは活動休止宣言前に取材したものです。


当時はなんにもないっていう自覚すらなくて

植松 よろしくお願いします。

今日は本当にありがとうございます。

植松 とんでもないです、光栄です。

こちらこそ大変光栄に思っています。僕は坂口(博信)さんからスクウェアさんにお誘いいただいたことがありまして。ちょうどハワイスタジオを作る前ぐらいで、坂口さんと一緒にハワイ、LAに行かせていただいたんです。結局、最後の最後でお断りしてしまってデジキューブの方に行ってしまったんですけど、植松さんはじめ、皆さんのご活躍を見ていたものですから、ずっとお会いしたいと思っていたんです。

植松 こちらこそ。

THE BLACK MAGES(注1)のライブも見させていただいたことがありまして、かっこいいなあ、素晴らしいなあと思っていました。

植松 ありがとうございます。今、ドラムを叩いているのはデジキューブにいた藤岡(千尋)(注2)ですよ。

注1:スクウェア・エニックスの現役社員と元社員で結成されたロックバンド。リーダーを植松氏が務めている。現在はEarthbound Papasと名前を変えて活動中。

注2:『スーパーマリオRPG』のディレクターなどを務めたクリエイター。クリスタルソフトを経てスクウェアに入社。デジキューブ創業時に移籍し、その後、アルファドリームを設立した。

藤岡さんとはデジキューブで一緒にお仕事させていただきました。いいですね、うらやましい。素晴らしいですね、そういう音楽活動って。

植松 皆さん頑張っていますよねえ。

一番、植松さんも頑張られているじゃないですか。

植松 いやいやいや、僕は波に流されているだけですよ。大波に流されてアップアップしていたら先頭にいたっていうヤツじゃないですか?

常に先頭な感じがしますが。

植松 動きが妙に目立つだけです。本人は何年か前からもう息も絶え絶えですよ、ハハハハハ。

今日はそんな植松さんの幼少期から今にいたるお話をうかがいたいと思っています。ご出身は高知県高知市とうかがっていますが、どんな環境だったのでしょうか。

植松 なんにもないです。当時はなんにもないっていう自覚すらなくて、これが普通だろうって思っていたんですけどね。音楽の興味は……昔『ミュージック・ライフ』(注3)っていう音楽雑誌が毎月出ていましたよね。ああいうのを見て、当時のローリングストーンズやポール・マッカートニーの情報を得ていました。ウイングスが東京でライブをするとか(注4)。もっとも、行きたいとすら思いませんでしたけどね。完全に別の世界のことと思っていました。

注3:シンコー・ミュージックが発行していた音楽雑誌。洋楽情報が充実しており、日本の洋楽シーンをリードした。

注4:ポール・マッカートニー&ウイングスは1975年に来日公演を行う予定だったが、ポールの麻薬の前科が問題となってビザが発給されず、公演中止となった。なお、ポールは80年の来日の際に大麻不法所持で逮捕。強制送還となり、またもや直前で公演中止となっている。

ありましたね。ほぼ同い年なので分かります。では、子供の頃から音楽に触れていたわけですか。

1 2 3 4 5 6 >
vol.19
vol.20
vol.21