Interview

ベランパレード 宮崎発・せつなポップな4人組はいかにして“裸な”思いを2ndミニアルバムに込めたのか?

ベランパレード 宮崎発・せつなポップな4人組はいかにして“裸な”思いを2ndミニアルバムに込めたのか?

宮崎から登場したこの4人組は、切ない感情をポップなメロディに乗せ、小気味のいい8ビートで聴かせて注目されたが、前作から2年ぶりとなる今回の新作『スクラップ イン マイ ルーム』ではコーラス・ワークやイントロの工夫でサウンドはさらに表情豊かになり、だからいっそう印象的な歌詞が耳に残り、そのベースにある切ない感情が強く訴えかけてくる。
ここでは、結成のいきさつから始めて、前作以降の気持ちの変化を振り返り、その先に生まれた新作の聴きどころを語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

ロック・バンドをやる上での魂のエリートを集めたらこうなった、みたいな。発想としてはキン肉マンとかと同じですね。

まずは、バンド結成のいきさつから聞かせてください。

歌王子あび 僕以外の3人が別のバンドをやってて、僕は後輩というか追っかけみたいに毎回ライブに通ってたんですけど、でも解散しちゃったんです。僕はその頃、弾き語りをやってたんで、“このメンバーを僕が集められないかなあ”と思って、まずドラムのモッコリを誘って二人で始めて、その次にゆりえちゃんを…。一度解散しちゃってるんで仲たがいしてるかなあとも思って、様子をみつつ誘って、その次にKotaさんを誘って、というふうにしてコンプリート状態になりました。

とすると、このバンドの最初のテーマは憧れの先輩たちと一緒にやるということですか。

歌王子あび 心のどこかには“僕と一緒にやれば、もっとかっこいいバンドになる”という自信はあったんですけど、そもそも宮崎はバンド人口がそれほど多くないから、ロック・バンドをやる上での魂のエリートを集めたらこうなった、みたいな感じだと思います。発想としては、キン肉マンとかと同じですね。

歌王子あび(Vo,Gt)

最初のイメージとしては、“自分の詞と曲をこのスーパー・グループで鳴らせば、かっこよくなるぞ”という感じですか。

歌王子あび そういう感じですね。それに、僕が音楽的な素養が低かったというか、“バンドしたい!”と思ったのが高校を卒業した頃で、とにかく目立ちたかったというか、Fのコードも弾けないような状態でずっとライブをやってたんです。だから、僕は目立つことではできるから、この人たちがいればめちゃ強くなるんじゃないかな、という感じでした。

逆に、Fもまともに弾けない人から誘われて、どう思いましたか。

モッコリ あびが前やってたバンドの時代に「かっこよくなかったよ」とか、あびに対して主に言ってたのは僕だったんです。ところが、弾き語りをやってるのを見てて、“だいぶよくなってきたな”と思ってたところにちょうど声をかけられたんで、いいかなと思って。

ゆりえちゃん 私は前のバンドが終わってからは、ずっとアルバイトをしてて、“やることないなあ”と思いつつ、その時期はもうバンドしたくないと思ってたんで。そのうちにモッコリと一緒に始めたという話を聞いてたんですけど、あるライブを見に行ったとき「一緒にスタジオに入ってみない?」と誘われて、「ええーっ!?」と口では言いながら、内心めっちゃうれしい、みたいな感じで…。当時、宮崎になかなかいいボーカルがいないなかで、あびがいちばんいいと思ってたから、誘ってもらってうれしかったし、がんばろうと思いましたね。

ゆりえちゃん(Ba)

Kota 僕は、この3人と別のギタリストと4人で最初はやってて、でもそのギターが抜けて、前作が出る直前に入ったんですけど、その入る前に3人でやってるライブを見に行ったら、あびはセンターじゃなくて上手のほうで歌ってたんですよ。全然よくねぇなと思って。目立ちたい人なんだからセンターにいなきゃいけないと思ったし、俺のギターが入ったらもっと良くなるなという確信があったんで入りました。

いまは、その時々でできることをいかにその温度感のまま出せるかということをやろうと。

ちなみに、あびさん以外の3人がやっていたバンドが解散に至ったという経験は今回に生かされているんですか。

Kota そういうこともよく話すよね。

ゆりえちゃん いま、試行錯誤の真っ最中ですね。

歌王子あび 放っとかないということなのかなと思います。嫌だったこととかを。当時、僕は側から見てる立場でしたけど、ライブを見るとわかるじゃないですか。この人たち、仲が悪いんじゃないかって。そういうライブも、それでかっこよかったりするんですけど、近くで後輩として見てて“これは解散しそうだぞ”と思って見てたんですよ。だから、それを見てた僕が中心になってまたバンドを始める以上は同じようなことをこの人たちにはさせられないという気持ちがあって、ムカつくこともバンドだからあるんですけど、それを放っておかずに納得がいくまで話すということはやってますね。それに、それぞれに特性があって、すぐカッとなる人とか、何も言わずにムスッとして帰っちゃう人とかいるんですけど、その特性はなかなか変わらないから、その特性を認めて受け入れるということも大事かなあと思ってます。

そういうふうに、それぞれのキャラクターがそのまま生かされている感じはライブを見ていても感じられるところですが、それは意識しているんですか。

モッコリ ライブでこうしよう、みたいなことをガチガチに決め込まないということは意識してますね。

Kota 意識しているというか、自然にしてるから、そういう感じが出てるということじゃないでしょうか。

歌王子あび 自然にできるようになってきたという感じだと思います。最初の頃は、もうちょっとお互いに気を遣ってたり、バンドとして衣装の雰囲気を合わせてみたりしてましたね。

ゆりえちゃん コンセプト自体が変わってきたんですよね。

歌王子あび 最初、僕は胸元にリボンを結んだりして、衣装としてこういう感じでいこうというのがあったんですけど、いまは人間味というか、その時々でできることをいかにその温度感のまま出せるかということをやろうというふうになったときにサウンドもライブの立ち振る舞いも変わってきたと思います。

人間味を出そうという話になったのは、だんだんそういう方向性が見えてきたんですか。それとも、どこかの時点で話し合ったんですか。

ゆりえちゃん 話し合いました。

歌王子あび こうしようと決めてやってると、バンドの成長とともに馴染まなくなっていったんです。着てた服が合わなくなっていくみたいに。だから、その服は脱ぐかっていう話になったんだと思います。その脱いだままの裸の状態がいいんじゃないかという話になってきて、それで自然とアレンジも楽曲自体も自分のなかのポップな部分がポンと出せるようになったのがこの2枚目かなという気がします。

その「服を脱いだままの裸の状態」ような仕上がりを意識したときに、その根本になる詞と曲については何か変化はありましたか。

歌王子あび メロディについては微妙に変わってきたかもしれないですけど、詞は根本的には変わっていないと思います。ただ、自分のなかで“こういう言葉は自分の歌の中にはいれない”というNGワードがけっこうたくさんあったんですけど、それをちょっと減らしたところはあります。

そのNGワード集から外れた言葉には例えばどんなものがあるんですか。

歌王子あび いちばんわかりやすい話としては、1曲目の「スクラップ イン マイ ルーム」のサビで「抱きしめたい」を連呼してるんですけど、最初「抱きしめたい」というワードを使うことにめちゃ抵抗があったんです。そのことを違う言葉でいかに伝えるかというのが歌だと思ってたんです。それで、「抱きしめたい」と一度書いては他に何か伝わるワードはないのか?って消して考えて、ということをずっと繰り返してるたんですけど、“ここまで我慢して考えたんだからもういいんじゃないか”と思って「抱きしめたい」と書いたときに、で、それを歌ったときに、めっちゃ気持ち良かったんです。これまでずっと「抱きしめたい」という気持ちを抱えて、それをいろんな言葉にして歌ってきたんですけど、それを歌ってしまった快感だと思うんですけど。

この曲だけの話ではなくて、これまでため込んだものを全部吹き飛ばしたような感じだったわけですね。

歌王子あび だから、あらためて読み直してみてもいいんですよ。本気の「抱きしめたい」というか、リアリティーのある「抱きしめたい」になったんじゃないかなと思って。

「抱きしめたい」を連呼している曲を持ってきたときに、メンバーのみなさんはどう思いましたか。

モッコリ あびも言ってましたが、直接的な表現じゃないところでどうやって伝えるかということをずっとやってると思ってたんで、この曲を聴いたときにはひと皮むけたなと思いましたね。僕は前から、歌詞のなかでそういう直接的な表現をしてほしいということをちょこちょこ言ってたんですけど、これまではほとんどなかったんで、この「抱きしめたい」を聴いたときは“やったー!”と思いました(笑)。

モッコリ(Ds)

ゆりえちゃん 私も“来たっ!”と思いました。そういう表現をしないのはすごくいいと思ってましたけど、それでも敢えていうのがかっこいいというのはあると思うんです。“もう言っていいんじゃないか”という気持ちにもなったし。

とすると、例えば「I LOVE YOU」と歌うのも時間の問題ですか。

歌王子あび そうかもしれない(笑)!

ゆりえちゃん それはでも、また出しどころっていうのがきっとありますよね。この「抱きしめたい」はいいタイミングというか、筋の通った出し方だと思うんです。だから、「I LOVE YOU」を出すときはまた考えないと…。

歌王子あび めっちゃハードルが高そうですね(笑)。

ゆりえちゃん 35くらいにならないとダメかも(笑)。簡単に、「I LOVE YOU」なんて言っちゃいいけないよね。

歌王子あび その言葉だけで前向きに解決する言葉というのは、マジで絶望している人から聞かないと、僕は納得できないんです。そういう意味で、たいていの「I LOVE YOU」は信頼できないんですけど、この僕の声帯を使って出てくる「I LOVE YOU」が信頼できると思ったときにその言葉を使うと思うんですけど、まだ当分はダメでしょうね(笑)。

切迫感がないからこそ傷ついたり感動できたりするくらいの距離感というものを、歌詞を書くときに意識しているかもしれない。 

(笑)、みなさんもそれぞれ、今回のレコーディングを振り返って、印象に残った曲を1曲あげてみてください。

モッコリ 「スクラップ イン マイ ルーム」は、直前までアレンジが決まってなくて“どうしようかなあ…”という感じだったんですけど、今回エンジニアをやっていただいたのが地元の偉大なドラマーの先輩で、その方がプリプロのときに「感覚でやったほうがいよ」と言ってくれて、だからこの曲についてはあまり考えずにやったら、スパッとやれて、気持ちのいい推し曲になりました。

Kota 「BOYS」はそれこそ服を脱いで、あびがまったく裸だと思うんです。で、メロディが“めっちゃいい!”と思って。でも最初は弾き語りの曲としか捉えられなくてアレンジにすごく時間がかかったんですよ。ただ、僕らって“ジャカジャカやって歌って”というイメージが強いと思うんですけど、歌のない4人の演奏にフォーカスしたくて、それでそういうパートをイントロとかアウトロとかにハメていったら、歌メロが良くて、しかも演奏を聴いて浸れる曲になったなと思います。

Kota Kamimura(Gt)

ゆりえちゃん 私はヒップホップを好きでよく聴いてて、そういうテイストを入れて仕上げられたという意味で、「アイスクリーム」はできたときにすごくうれしかったし、ライブでやってもすごく楽しいですね。

「BOYS」はまったく裸だよねという話がありましたが、あの歌詞にあるように“忘れられない人”が歌詞のモチーフになることは多いですか。

歌王子あび そうですね。ただ、僕は実際あったことは書けないくらいの妄想癖というか、自分のなかに心の冷めきった自分とものすごく涙もろい自分とがいて、だから自分にとってまったくリアリティーのないところでめちゃくちゃ感傷的になったりするんです。そういう、実際の自分には切迫感もないんだけど、でもだからこそ傷ついたり感動できたりするくらいの距離感というものを、歌詞を書くときに意識しているかもしれないと思います。書こうとすることに近づき過ぎないというか。

そういう自分の気持ちの琴線に触れたものが歌詞にできた、あるいはなったときにはどういう心持ちになるんですか。

歌王子あび 救われる気持ちになります。例えば女の子と二人で遊んでると、ずっと怖いんです。“この人、面白くないなあ”とか“二人になったら、全然しゃべらないなあ”とか思われてるんじゃないかなあって。思ったことをその場で言葉にすることが苦手なので…。そういう苦しさは誰にもあると思うんです。本当に大事な人と会う時は特に。伝えたいことがあるのに言葉が出てこない辛さというのはみんな感じることだと思うんですけど、そういうことを気の利いた言葉で形にしてくれるのがロック・バンドじゃないのかなあと思ってますね。

バンドとしてキュンとする存在でありたいという気持ちがいちばん強いかもしれないですね。 

いまライブに臨む際に、何か意識していることはありますか。

歌王子あび 最大限の悲しいことを背負ってキュンとさせに行く、みたいな感じですかね。

お客さんをキュンとさせたいんですね。

歌王子あび 僕がいいロック・バンドを見て、“ああ、いいな”と思うときの感覚は“キュンとする”なんですよ。ロック・スターって、キュンとするというか、存在がチャーミングだと思うんですよね。僕らの音楽で励まされたとか救われたと言ってもらえるのももちろんうれしいんですけど、バンドとしてキュンとする存在でありたいという気持ちがいちばん強いかもしれないですね。

さて、この出来上がった新作は、前作から2年ぶりのリリースということになりますが、このスピード感についてはどんなふうに思いますか。

歌王子あび かなり遅かったと思います。待たせちゃったなと思うんですけど、でもここが僕らの最速だったんですね。1枚目で持てる力を出し切って、曲のストックもなかったですから。そこから、“俺たち、どうなっていくんだ?”という葛藤もあった2年間だったので。ただ、この次は2年も待たせなくても大丈夫なんじゃないかとも思っています。

では、最後にこれはみなさんにお聞きしますが、来年の今頃にはベランパレードはどうなっていると思いますか。

モッコリ 3枚目をすでになにかしらの形でリリースして、ZEPPツアーとかやってると思います!

ゆりえちゃん リリースを控えているいまのドキドキとか期待する気持ちのまま、バンドをしてたいなと思います。

Kota いまは8ビートのかっこいいバンドだと思うんですが、もっと違うかっこよさも模索している状態なので、もっと音楽性に広さを持たせられたらいいなと思いますね。

歌王子あび “もう書けないかも”と思うような曲を最低でもアルバム1枚分作って、それを見ながら“もう書けない”と思っていたいです(笑)。

楽しみです。ありがとうございました。

ライブ情報

“Hello! My Scrap! Tour”

9月30日(日) 宮崎SoundGarageMONSTER *ワンマン
10月17日(水) 大阪Live House Pangea   w/空きっ腹に酒、河内REDS
10月26日(金) 福岡UTERO *ワンマン
11月17日(土) 東京・新宿Marble *ワンマン

ベランパレード

歌王子あび(Vo,Gt)、ゆりえちゃん(Ba)、Kota Kamimura(Gt)、モッコリ(Ds)。
2013年夏、宮崎在住の3人で結成。16年夏、サポートを経て、Kota Kamimuraが加入。同年10月、1st ミニアルバム『omoide fight club』をリリース。全国ツアー、サーキットフェスを中心に活動を続けて支持を広げ、18年9月に2ndミニアルバム『スクラップ イン マイ ルーム』をリリース。

オフィシャルサイト
http://www.veranparade.com

フォトギャラリー