Report

『ONE PIECE』『甲鉄城のカバネリ』など、アニメで楽しむ「TGS2018」(上)! アニメ関連タイトルの試遊も楽しめる「東京ゲームショウ2018」出展内容をレポート

『ONE PIECE』『甲鉄城のカバネリ』など、アニメで楽しむ「TGS2018」(上)! アニメ関連タイトルの試遊も楽しめる「東京ゲームショウ2018」出展内容をレポート

2018年9月20日(木)~23日(日)の4日間、千葉・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2018」(以下、「TGS2018」)。日本最大のゲームの祭典として知られる本イベントでは、アニメのゲーム化作品のトピックも目白押しだ。本稿では、アニメ関連の出展にフォーカスを当てて「TGS2018」のイベントレポートをお届けしていこう。9月22日(土)、23日(日)の一般公開日に遊びに行くという方はぜひお目通しを!

※なお、本記事は全2回にわたってお届け。第2回の記事は、明日9月22日(土)に掲載予定。

取材・文 / 河合建信

バンダイナムコエンターテインメントブース(6-N01)

2015年にTVアニメ化を果たした、大人気ゲーム『ゴッドイーター』シリーズに登場する巨大な“アラガミ”のスタチューが目を引くバンダイナムコエンターテインメントブース。シリーズ最新作の『ゴッドイーター3』以外にも、『週刊少年ジャンプ』の人気キャラクターが揃い踏みの対戦アクションゲーム『JUMP FORCE』や、国民的テレビアニメ『ONE PIECE』のゲーム化作品『ONE PIECE WORLD SEEKER』といったタイトルが出展されていた。

上記のタイトルを始め、バンダイナムコエンターテインメントブースではさまざまなタイトルの試遊が可能。記者はその中からいくつかのタイトルを試遊をさせていただくことができたので、簡単なプレイレポートとともにその内容をお伝えしていこう。

『JUMP FORCE』

『JUMP FORCE』は、『ドラゴンボール』の孫悟空や『ワンピース』のルフィといった人気キャラクター3人でチームを組んで相手と戦う、2019年発売予定の対戦アクションゲームだ。試遊では、12人のキャラクターの中からチームメンバーを選び、CPUとのバトルを体験できた。

美麗なグラフィックで描写されたキャラクターたちが滑らかに動き回り、おなじみの必殺技を放つ姿は迫力満点。記者は、試遊を待つ列に並んでいるあいだにほかの方がプレイしている画面を見ただけ心をつかまれたのだが、実際にプレイするとそれを大きく上回る衝撃が。「フリーザ様が……! ヒソカが……!!」と、好きなキャラクターを思うままに動かせることに感動していたら、あっという間に試遊が終わってしまった。

必殺技は簡単な操作で発動させることができ、同じボタンを連打しているだけでもコンボが繋がるので、ふだんは対戦アクションゲームをよく遊ぶわけではないという方でも楽しくプレイできるはず。なおかつ、チームメンバーを切り換えたり、敵の攻撃がヒットする直前に回避したりといったテクニカルな操作もあるため、戦略性の奥深さも味わえる。

試遊を終えると悟空、ルフィ、ナルトの3人が描かれた缶バッジがもらえた

『ONE PIECE WORLD SEEKER』

つぎに試遊したのが2018年内に発売を予定している『ONE PIECE WORLD SEEKER』。ゴムのように身体が伸びるルフィの特性を活かしたスピーディーなアクションが特徴で、行く手に群がる無数の敵を倒していくのが気持ちいい。

ゴムの身体や“見聞色の覇気”といった能力を、アクションとして違和感なくゲームに落とし込んでいるのが見事。操作もやさしかったため、試遊を開始してすぐに夢中になってプレイすることができた。

こちらが試遊後にもらえた『ONE PIECE WORLD SEEKER』の特製シール

『ジョジョのピタパタホップ』(正式版)

現在は内容の一部を一足早くプレイできる『ちらみせ』版が配信されている、スマートフォンアプリ『ジョジョのピタパタホップ』の正式版も体験可能だ。内容は、かわいらしくデフォルメされたキャラクターが描かれたパネルを繋げて消していく、いわゆる落ちものパズル。

制限時間のあいだパネルを繋げて強化し、大ダメージを叩き込める“スタンドアップ”や、コンボを繋げて連打を叩き込む“ラッシュ”といった、原作再現もあるため、ファンにはたまらないデキになっている。

試遊するとキュートなオリジナルポーチをもらえた

この他にも、バンダイナムコエンターテインメントブースでは、2019年冬放送予定の水島 努が手掛ける完全新作テレビアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』のパネルを展示。パネルの前には、作中に登場するキャラクター・キリエに扮したコンパニオンさんが立っており、写真撮影をすることができた。

「バンダイナムコエンターテインメント」東京ゲームショウ2018特設サイト
https://tgs2018.bandainamcoent.co.jp/

1 2 >