Report

新キャストも加わり、ますますパワーアップした第2弾、舞台『モブサイコ100』~裏対裏~。兄弟のコンプレックスと憧れが巻き起こす超能力バトルの行方は!?

新キャストも加わり、ますますパワーアップした第2弾、舞台『モブサイコ100』~裏対裏~。兄弟のコンプレックスと憧れが巻き起こす超能力バトルの行方は!?

2018年9月13日(木)、東京・天王洲 銀河劇場にて舞台『モブサイコ100』~裏対裏~が幕を開けた。公演初日に先駆け、伊藤節生(影山茂夫役)、馬場良馬(霊幻新隆役)、河原田巧也(花沢輝気役)、松本岳(影山律役)、平田裕一郎(神室真司役)、なだぎ武(エクボ役)による合同インタビュー、そしてゲネプロが行われた。 原作は、小学館のマンガアプリ「マンガワン」にて連載していたONEによる人気漫画。今年1月に舞台版第1弾が上演され、大好評のうちに幕を下ろした。今回から登場する新キャストも加え、ますますパワーアップして帰って来た本作。合同インタビューとゲネプロレポートにのせて、舞台『モブサイコ100』~裏対裏~の魅力をたっぷりお届けする。

取材・文 / 篠田晴

積み重ねてきた時間と新たな風 迫力の戦闘シーンと繊細な心情に注目

前作の舞台版第1弾に引き続き、主演・モブ役を演じるのは、アニメ版のモブの声も務めた伊藤節生。意気込みを尋ねられると、「前作は初めての舞台で、てんやわんやで気持ちも落ち着かないまま本番を迎えたのですが、今回は稽古の時から本番を見据えて、楽しみながら作ってこられたと思います。新たなキャストも迎え、新たな風を起こしていけたら」と、2度目の座長らしい堂々としたコメント。見どころは、「かなり派手になった戦闘シーン。僕も結構動きます。かっこよく見えるようにたくさん練習してきたので、そこをお見せできれば」と語った。

伊藤と同じく前作から霊幻新隆を続投する馬場良馬は、「律とモブの兄弟愛がキーになっているので、その部分も思う存分噛み締めて下さい」と、今回の作品のテーマについて語った。

今回、キーパーソンとなる影山律を演じる松本岳は、「演出の川尻(恵太)さんが、律の内面を繊細に描いて下さったので、それに応えられるように頑張りたいです」と述べ、見どころは「神室との出会いで律の心が変化していくところ。それによって生まれた兄さんへのむき出しの感情にも注目して下さい」と意気込みをのぞかせる。今作からの登場となる生徒会長・神室真司役の平田裕一郎は、松本の言葉を受け「兄へのコンプレックスを持つ神室が加わり、律に影響を与えます。今作で神室は“裏”の主人公でもあるので、ねっとりと不良たちを追い詰めていきたい」と語った。

そして、舞台『モブサイコ100』といえば、テンポのいいハイテンションギャグの応酬と、あの手この手で笑いをかっさらう兼役のモブキャラの自由さも魅力のひとつ。

花沢輝気役の河原田巧也は「僕の役に関しては諸事情で写真を出せないので、本編の僕がどんな格好をしているか、ぜひ実際に劇場に観に来て頂ければ!」と笑いを誘い、「美味しい兼役も頂いているので、そちらもぜひ見つけて下さい」と、前作を超えるモブキャラたちのクオリティーの高さを感じさせた。エクボ役のなだぎ武は、「今回の相棒は律なので、エクボと律の掛け合いに注目して頂きたいです」と語る。「松本くんが僕の足を引っ張らなければ」と言えば、松本から即座に「そっちこそ!」とツッコミが入り、本編さながらのコントのような掛け合いに、キャスト陣も爆笑。カンパニーの仲の良さがうかがえた。

最後に、伊藤は「続編ということで、皆さんも『ここのシーンをやるんだろうな』と期待している部分があると思います。僕自身も期待をしながら稽古をしてきて、期待通り、それ以上の作品になっていると思います。ぜひ楽しみに足を運んでいただければと思います」と熱く締めくくった。

パワーアップした超能力バトルと兄弟のドラマ

今回の舞台では、原作コミックスの3巻以降にあたる「律編」が描かれる。勉強や運動、生徒会の仕事もそつなくこなすが、超能力を持たない影山律(松本岳)。伊藤節生演じる超能力者である兄・影山茂夫(通称:モブ)への、憧れや兄弟としての愛情が、次第にコンプレックスに変わっていく。じわじわと水が溜まっていくように歪んだ感情を蓄積させ、豹変していく律を、松本が好演。第1弾のラストで見せた、兄への不穏な棘を見事に第2弾で爆発させている。

一方、そんな律と鏡写しの存在が、平田裕一郎演じる生徒会長の神室真司だ。本人いわく「こういうキャラクターはなかなか演じない」とのことだが、律と同じく兄へのコンプレックスという痛みを抱え、それゆえに自身の存在意義を許されないやり方で証明する彼は、悪役ながらどこか悲哀と孤独を感じさせ、平田の名演に唸らされた。

そして、その透明感は前作のままに、より存在感を増したのが、主演・モブを演じる伊藤節生。モブが純粋に「律はすごいよ!」と言えば言うほど、律は自分にないものを持っている兄・モブの存在に苦しんでいく。しかし、そんな律の感情も、これまでの思い出も、全て受け止めてモブは律を守ろうとする。その姿は紛れもなく「兄」であり、そこにモブの本当の“強さ”を見た気がした。

また、永田聖一朗演じるショウも気になる役どころ。舞台ではまだ彼の目的は明かされていないが、少年らしい生意気さと裏腹に、時折見せる鋭いまなざしが本作のスパイスとなっている。原作ファンにとっては、彼が何気なく落としていく言葉が伏線になっているのにもぐっとくるはず。とあるキャラクターと絡む、舞台オリジナルのエピソードにも要注目だ。

そして、見逃せないのが、前作よりも更にパワーアップした超能力バトル。モブと誇山(和成)の、アクション、舞台技術、そして役者の渾身の芝居という全てを駆使した演出で、そのすさまじさを表現している。モブと律の兄弟愛の行方、そして前作よりも成長したモブの“強さ”にも、ぜひ注目してほしい。

舞台は9月17日(月・祝)まで天王洲 銀河劇場での東京公演を経て、9月20日(木)~23日(日)まで新神戸オリエンタル劇場にて本舞台初となる神戸公演が上演中。

舞台『モブサイコ100』~裏対裏~

9月13日(木)~17日(月・祝)東京:天王洲 銀河劇場
9月20日(木)~23日(日)神戸:新神戸オリエンタル劇場

STORY…通称“モブ”と呼ばれる影山茂夫(伊藤節生)は、恋や人生に悩むどこにでもいる中学二年生。だが、彼は超能力という特別な力を持っていた。一方、優等生だが超能力を持たないモブの弟・律(松本岳)は、生徒会長・神室(平田裕一郎)や超能力を持つ子供たちを集めた覚醒ラボの面々と交流するうち、心の奥底にあった兄への恐怖と劣等感が膨らんでいき……。

【原作】ONE「モブサイコ100」(小学館「マンガワン」連載)
【脚本・演出】川尻恵太(SUGARBOY)

【出演】
影山茂夫 役:伊藤節生
花沢輝気 役:河原田巧也 影山律 役:松本岳 神室真司 役:平田裕一郎 鬼瓦天牙 役:大海将一郎 徳川光 役:星乃勇太 米里イチ 役:末永みゆ 郷田武蔵 役:兼崎健太郎 エクボ 役:なだぎ武
ショウ 役:永田聖一朗 桜威 役:神里優希 誇山 役:和成 密裏賢治 役:平尾健蔵

霊幻新隆 役:馬場良馬

[脳感電波部]
犬川 役:森公平 猿田 役:田代哲哉 雉子林 役:匁山剛志
[肉体改造部]
佐川 役:米村秀人 隈川 役:赤谷翔次郎 志村 役:能登屋ヒヒ丸
[映像出演]
暗田トメ 役:田上真里奈

オフィシャルサイト

©ONE・小学館/舞台『モブサイコ100』製作委員会

原作コミック『モブサイコ100』/ONE