Report

『ラブライブ!』『妖怪ウォッチ』など、アニメで楽しむ「TGS2018」(下)! アニメ放送直前『転生したらスライムだった件』のゲームも出展

『ラブライブ!』『妖怪ウォッチ』など、アニメで楽しむ「TGS2018」(下)! アニメ放送直前『転生したらスライムだった件』のゲームも出展

2018年9月20日(木)~23日(日)の4日間、千葉・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2018」(以下、「TGS2018」)。日本最大のゲームの祭典として知られる本イベントでは、アニメのゲーム化作品のトピックも目白押しだ。本稿では、アニメ関連の出展にフォーカスを当てて「TGS2018」のイベントレポートをお届けしていこう。9月22日(土)、23日(日)の一般公開日に遊びに行くという方はぜひお目通しを!

※なお、本記事は全2回にわたってお届け。第1回の記事はこちら。

取材・文 / 河合建信

ガンホー・オンライン・エンターテインメントブース(2-S06)

巨大な京町家のような外見のガンホー・オンライン・エンターテインメントブースでは、ゲームもアニメも大人気の『妖怪ウォッチ』から、配信中のスマートフォン向けアプリ『妖怪ウォッチワールド』が登場。

ブースには、周囲に生息している妖怪を寄せ付けるゲーム内アイテムの“妖怪の木”を模した木が設置されており、その付近で『妖怪ウォッチワールド』を起動すると、ゲーム内で特別な妖怪の“万尾獅子・祭”が出現するというイベントが実施されている。

さらに、木の下ではシリーズのマスコット的な存在であるジバニャン、コマさんとの記念撮影も可能。妖怪だけでなく、たくさんのファンもかわいらしい2匹と写真を撮ろうと妖怪の木に集まっていた。

「ガンホー・オンライン・エンターテインメント」東京ゲームショウ2018特設サイト
https://event.gungho.jp/tgs/2018/

ブシロードブース(8-N01)

7月からTVアニメが放送中の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』や、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』など、アニメやゲームといったマルチメディアで展開中のタイトルが多数出展しているブシロードブース。

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』のスマートフォン向けアプリ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-』の展示エリアには、キャラクターたちのパネルに加え、ゲームに登場するキャラクターの“Live2D(イラストが立体的にアニメーションするグラフィック)”の先行公開も!

『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』からは、作中にライブハウスとして登場する“CiRCLE”を再現したスタジオセットが登場。“CiRCLE”で配布されているフライヤーをイメージした、A4サイズの特製バンドフライヤー5種セットの配布も行われていた。なお、このフライヤーセットは各日なくなり次第配布終了とのこと。絶対に手に入れたいという方は早めに訪れることをオススメする。

さらにブシロードブースでは、トレーディングカードゲーム『カードファイト!! ヴァンガード』のスマートフォン向けアプリ『ヴァンガードZERO』の試遊体験会や、2019年配信予定の新作アプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS』に登場するμ’s、Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバーのパネル展示なども実施。ゲームファン、アニメファンともに要チェックの出展内容となっている。

「ブシロード」東京ゲームショウ2018特設サイト
https://bushiroad.com/tgs2018

1 2 >