Interview

古谷大和&芹沢尚哉が『おとぎ裁判』で観客の人生を華麗にジャッジすれば、観客は灯火(トーチ)で彼らの人生を舞台で躍動させる

古谷大和&芹沢尚哉が『おとぎ裁判』で観客の人生を華麗にジャッジすれば、観客は灯火(トーチ)で彼らの人生を舞台で躍動させる

9月27日(木)から、俳優座劇場にて上演される『おとぎ裁判』。“おとぎ”と“裁判”という普段は相入れない言葉が組み合わさって、一体、どんな舞台になるのか演劇ファンならずとも楽しみだろう。
おとぎの国の奥深くにある“幻火(まほろび)の館”通称“Castle Torch(キャッスルトーチ)”。この屋敷の主・裁判官の“アケチ”に判決を求め、おとぎの国の住人たちが毎夜訪れる。しかし、その灯火に照らし出されるのは、残酷で美しいたったひとつのジャッジメントだけ……。
演出は、海外でも高い評価を得ている「KPR/開幕ペナントレース」を主宰し、RICE on STAGE「ラブ米」~I’ll give you rice~、舞台『北斗の拳-世紀末ザコ伝説-』などを手掛ける村井 雄、脚本はミュージカル『しゃばけ』シリーズ、「極上文學」シリーズなどを手掛ける神楽澤小虎、音楽は舞台『ペルソナ3』シリーズやミュージカル『魔界王子』devils and realistなどを手掛ける桑原まこ、振付はダンスカンパニー“梅棒”のメンバーでもある野田裕貴が担当する。
そんな手練れのスタッフが揃い、どんな舞台が生まれるか興味は尽きないが、主人公・アケチ 役の古谷大和とロブ 役の芹沢尚哉にインタビューを敢行。『おとぎ裁判』の全容に迫った。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶


自分が役者として成長できる作品になる

“おとぎ”と“裁判”というなかなか日常では組み合わさることのないタイトルの公演がいよいよ幕を開けます。どんな舞台になるのか楽しみな方がたくさんいらっしゃると思いますが、お2人は出演の依頼を受けたときにどう思いましたか。

古谷大和

古谷大和 “おとぎ”と“裁判”という異なったイメージの単語がパッと繋がらなかったので、そこから『おとぎ裁判』という題名を聞いたとき、少し戸惑いました(苦笑)。ただ、信頼のおける制作チームからのオファーだったので、作品の内容は折り紙つきだろうし、すぐに出演してみたいという気持ちになって(笑)。そこから、演出は村井 雄さん、さらにダンスパフォーマンス集団の“梅棒”の野田裕貴さんの振付、ミュージカルも手がける桑原まこさんの歌もあると聞いて、脚本が出来上がる前からワクワクしていました。

芹沢尚哉

芹沢尚哉 僕は(古谷)大和くんと初めて共演したのが『ストリップ学園』(2018年)でしたが、『ストリップ学園』の時も、不思議なタイトルだし何をやるのだろうとワクワクする気持ちがあったので、それほど戸惑いませんでした(笑)。どんな話か想像がつかないとても面白い舞台になるだろうという期待の方が大きかった。というのも、大和くんと出演するし、演出の村井さんの評判も役者仲間から聞いていたし、また自分が役者として成長できる作品に出会えたと感じたからですね。

脚本を読ませていただいて、おとぎの国の住人がいざこざを解決するために主人公の裁判官の“アケチ”のところにやってくる。彼は、実はおとぼけているようにみえて、しっかりした正義感がありますし、“正義”をテーマにしつつも、簡単にはジャッジできない事柄が多い世相を反映しているような気もしました。脚本をお読みになられていかがですか。

古谷 そういった現代的なところも大切にしているのですが、それ以上に、役者として脚本を読むだけで面白い舞台になると感じるのは幸せなんです。舞台というのは、実際の稽古が始まって、役者とスタッフ、みんなの力で面白くなっていくので。ですから、“おとぎ”と“裁判”という入り混じることのないフレーズを見事に具現化しているように思えて、脚本だけで“これはいける”と思いました。稽古に入って、だんだん脚本の稿を重ねるごとに、お客様が感じる疑問や矛盾がなくなっていくだろうし、1行1行深い意味合いをもつ脚本に仕上がっています。

芹沢 今作はオリジナル作品で、原作がある2.5次元の舞台に慣れ親しんでいるお客様にとっても、わかりやすい脚本になっています。演出の村井さんとすり合わせながら、わかりやすい部分や稽古で生じる伝わりにくい部分を、みんなで共有して研磨しながら作り上げています。今の稽古はとても貴重な時間で、それをしっかり積み上げて、オリジナル作品だからこその醍醐味を味わっています。

古谷 オリジナル作品は、キャラクターを1から伝えつつも物語を前に進めて、最終的にエンディングまでたどり着かないといけないから、大変な作業も多いですが、今作はシャープに引き締まっています。だからこそ、脚本は、それぞれのキャラクターが活きているし、物語もわかりやすいから、お客様には飽きずに楽しんでいただけると思います。

芹沢 しかも、お客様の参加型の舞台になっているので、観客のリアクションで物語が変わる部分もありますし、村井さんも舞台上の役者の反応や意思疎通で対応できる演出をつけてくださっています。

お客様のワクワク感が薄れてしまうのであえて言わずに(笑)

それでは古谷さんが演じる“アケチ”と芹沢さんが演じる“ロブ”の役どころを教えてください。

古谷 “幻火(まほろび)の館”の“アケチ”という裁判長ですが、グータラで裁判をやりたくないという少しお気楽な人です。これは公式ホームページに載っている設定ですが、これ以上説明すると、お客様のワクワク感が薄れてしまうのであえて言わずに(笑)。やはり、お客様それぞれに僕が演じる“アケチ”を感じて欲しいので、まずは劇場に足を運んで、彼の本質を感じていただけたら嬉しいです。

芹沢 “ロブ”は検察官で、ナルシストで派手好きで裁判をショーだと思っているタイプです。一見してちゃらんぽらんなところがあって、友達にするには苦手かもしれません(笑)。ただ、心には芯があって、性格がガラッと変わるところがあるので、内面の大切なところをしっかり伝えるようなお芝居をしたいです。

役づくりはどのようにされますか。

古谷 村井さんは、ご自身が思っているキャラクターや物語をあえて僕らの前で語らない美学を持っていらっしゃる気がします。「“アケチ”はこういう人物です」と僕が村井さんに説明すると、村井さんのイメージとずれていく気がしてしまう。なので、自分が考えた確固とした演技プランを持って役作りをしています。今までは、「こんな人物だから」と演出家の方に指示されて、「こういう顔、こういう動き、こういう台詞」と演じていたのですが、それを説明するように芝居をすると綺麗ではないと村井さんの演出から感じるので、どれだけ村井さんの意図を汲み取れるかが、僕の課題の1つだと感じています。“アケチ”がグータラだから、グータラな演技だけではない何かを表現しようと、今までにない難しいことにチャレンジしています。

芹沢 村井さんは、こちらから提示をしても、幅広く受け入れてくださる懐の深い方です。今でも座組み全体でいろいろな演技を試しながら、キャラクターを広い視野で見てくださるから演じやすい分、大和くんが言ったように役者としてキャラクターを自分で考えなければいけない課題があります。僕もナルシストで派手好きというところから、稽古でイメージを広げて、最終稽古に近づくにつれて、役どころの軸をブレずに持ちたいと思います。

すでに稽古が始まっていますね。

古谷 (芹沢)尚哉が言ったように、村井さんは寛容な方で、何をしてもNGがない。僕らがどんな演技をしてもそれを活かそうとしてくださるんです。なので、僕らから自発的に演技の良し悪しの取捨選択をしないと、芝居が“チグハグ”になってしまう。ですので、脚本が稽古でスマートになっていけばいくほど、どれだけお客様に楽しんでいただけるかを突き詰めています。そろそろ脚本から手を離して芝居を深くする作業なのに、昨日の稽古でも脚本についてお話したので、珍しいですね。その間にも、歌やダンスが出来上がりますから、それに追われている“いぶし銀組”の小林健一さん、高崎拓郎さん、G.K.Masayukiさんにダンスを教えたり。

芹沢 そうそう。大和くんは3人から振付を教えてもらっていたのに、逆に教える立場になっていた(笑)。

古谷 (笑)。踊りも可愛いしかっこよくて、音楽も素敵だし、取りこぼさずに再現するのが大変ですね。

芹沢 ただ、本番まで、10日ぐらいですが、焦りはないですね。

古谷 不思議だよね。

芹沢 昨日も1時間ほど役や脚本の話をして、通し稽古にまでたどり着いていないのですが、それぞれがやることを理解して、自主練をしているからでしょうね。大和くんは座長で引っ張ってくれるし、座組みの雰囲気もいいので、それぞれができることを補って、自分たちの役割を意識しているからカンパニーが崩れないんです。

1 2 >