Report

ゲーセンで行われる『ハイスコアガール』上映会という贅沢…! ガイルさん&メインキャストたちも登場の濃密スペシャルイベントを体感してきた

ゲーセンで行われる『ハイスコアガール』上映会という贅沢…! ガイルさん&メインキャストたちも登場の濃密スペシャルイベントを体感してきた

押切蓮介による大人気コミックを原作として、1990年代のゲームと当時のカルチャーをふんだんに盛り込んだ奇跡の映像化。TVアニメ『ハイスコアガール』が、放送の後半戦を迎え大きな盛り上がりをみせている。そんな本作の第6話~8話振り返り上映、TV放送に先がけた第9話の最速上映、さらにメインキャストが登場するトークショーが一体となったスペシャルイベントが開催された。本稿ではアニメ第6話~9話をプレイバックしながら、イベントの盛り上がりをレポートする。

取材・文 / 柳 雄大


トークショーのメンバーは写真左より、鶴岡信哉(アニメ『ハイスコアガール』プロデューサー)、天﨑滉平(矢口春雄役)、鈴代紗弓(大野晶役)、広瀬ゆうき(日高小春役)、安元洋貴(ガイルさん役)の5人。

大野晶リターンズ!

【ROUND 6】脚本:冨田頼子 コンテ演出:山川吉樹 CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)

あらすじ
中3に進級したハルオたち。ゲームセンターには、『ストII』シリーズの新作『スーパーストリートファイターIIX』(『スパIIX』)が登場し、再び大きなブームを巻き起こしていた。そんな中、海外に留学していた晶が帰国する。

上映会&トークショーでは…

『スパIIX』をプレイしているハルオのモノローグで、「ハルオ……ハルオ……国へ帰っていいか?」「またオレだけ今回も必殺技の追加が無しだよ」と(安元洋貴演じる)イイ声で話しかけてくるガイルさん。そして、『ファイナルファイト』協力プレイ中に晶からの当たりの強さにたじろぐハルオなど、劇中演出の随所に場内の笑いが絶えなかった第6話。中盤、『スパIIX』の乱入プレイ時に晶がまさかの“豪鬼”を出すシーンでは、(イベント場内で)劇中のオーディエンスとシンクロしたどよめきが……!

 ドキドキ修学旅行!

【ROUND 7】脚本:浦畑達彦 コンテ:佐山聖子 演出:山川吉樹 CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)

あらすじ
ハルオとの2P協力プレイを夢見て、スーパーファミコン版『ファイナルファイト』を購入した小春(しかしスーファミ版は1人プレイ専用なのであった……)。いっぽう、噂の美少女転校生としてもてはやされる晶は、体育館で男子から告白を受けたりしている。そして6月、京都への修学旅行。ハルオと小春はふとしたきっかけから2人きりで行動することになる。

上映会&トークショーでは…

「ハルオと小春」のふたり、そして「ハルオと晶」のふたり、両者の対比に焦点があてられる第7話。キャスト陣のトークでも、「アーケードのオレンジ筐体」や『ワニワニパニック』に相対したときのハルオの態度に話題が集まった。ハルオ役の天﨑滉平が、「晶と小春が、ハルオと同じようなシチュエーションになる場面が多いんですよね。そこでハルオはもう、(2人に対して)残酷なぐらい反応が違うんです」と振り返ると、小春役の広瀬ゆうきは「そうなんです。(片思いの)“矢印”の方向がすごく一方通行なのを感じて、最近は逆にそれが快感です!(笑)」と語った。

ハルオ VS 晶、因縁の決着へ!?

【ROUND 8】脚本:イシノアツオ コンテ:佐山聖子 演出:山川吉樹 CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)

あらすじ
修学旅行、自由行動の一日。京都観光を素通りしてハルオが向かったのが、現地の『スパIIX』ゲーム大会! 「今まで積み重ねたものを、ここ関西でぶつけてやるんだ!」 決意を胸に訪れたその会場には、なんと晶の姿もあった。

上映会&トークショーでは…

第8話にまつわるトークでまず話題に上ったのが、本編に登場した“伝説のゲーメスト誤植”ネタ。ここは鶴岡信哉プロデューサーが、「勢い余った誤植が多かったですからね」と、誤植そのものが長年愛されるネタであるとした上で解説。ゲーム雑誌「ゲーメスト」でかつて掲載された「インド人を右に」(「ハンドルを右に」の誤り)、「確かみてみろ!」(「確かめてみろ!」の誤り)、「ザンギュラのウリアッ上」(「ザンギエフのラリアット」の誤り)という3つのネタがセリフとなって本編中に登場していることを説明した。また「確かみてみろ!」に関しては、このセリフが記載された台本そのものが誤植だと勘違いしたスタッフが(親切心で)訂正を入れてしまう……という傑作エピソードも披露。

ガイルさん役の安元洋貴は大のゲーム好きで知られ、「ゲーメスト」について話題を振られると「もちろん読んでましたよ。コミックゲーメストも創刊から買ってましたからね。雑君保プ先生が好きでした」と、さすがの造詣の深さをみせる。このイベントでは『ハイスコアガール』Blu-ray/DVDの情報も初公開されたが、そこで明らかになった初回特典「下村陽子作曲 オリジナル・サウンドトラックCD」、「ハイスコアガール~ウル技大技林~Vol.1」という2点の価値に誰よりも反応しているのが安元だった。

さらに第8話のトークでは、本編後半でハルオと晶が“リアルファイト”に発展するシーンについても話題が連発。特に河川敷を舞台にした大ゲンカのシーンは、あれだけの展開がありながらも言葉を発しない大野晶というキャラクターに注目が集まる。

「ハルオの(「おまえが帰ってくることを、どれだけ楽しみにしてたか!」というセリフを聞いて)あの感情を受けたら、晶はきっと声が出そうになるぐらいだったんじゃないかなって、アフレコ中の背中を見ていて思ってました」(小春役:広瀬ゆうき)

「確かあそこ、最初は声が出たんですよ。“ハッ……”みたいな。そのテイクはカットされてたんですけど(笑)。でも、本当に貴重な経験をさせていただいております」(晶役:鈴代紗弓)

「あのシーンは2人とも、同じページを見直しすぎて台本が壊れちゃうぐらいでしたね」(ハルオ役:天﨑滉平)

 ハルオ、決意の高校受験!

【ROUND 9】脚本:冨田頼子 コンテ:大畑清隆 演出:山川吉樹 CGディレクター:鈴木勇介(SMDE)

あらすじ
『ヴァンパイア』、そして『バーチャファイター』……ゲーセンでは次々にすごい対戦型格闘ゲームが登場し、家庭用ゲーム機もプレイステーション、セガサターンの時代に突入しつつあった。中3、進路に悩んでいたハルオは、晶と同じ高校への進学を決意して猛勉強を始める。

上映会&トークショーでは…

本イベントが世界最速上映となった第9話は、やはり会場でもこの日一番の盛り上がりとなった。受験勉強に励むハルオをなみえ(ハルオの母)が覗きにくるシーン、そして“ゲーム断ち”をしているハルオに対してゲーム機たちが話しかけてくるシーン、そして受験当日、鈍すぎるハルオの「なぜだ?」というセリフなどなど、場内が笑いにつつまれた瞬間は数知れない。

そして第9話のクライマックスとなった、ハルオと晶が受験会場に向かう車のシーンについてはこんな質問が飛ぶ。

「晶を演じる鈴代ちゃんは(車中では)喋らないわけだけど、どんな気持ちで演じていたの?」(安元)

「あのときは、ハルオがまさか……ということで嬉しい気持ちと、今までのハルオの気持ちが、ちゃんと恋愛的にも前に一歩出たのを晶も感じ取った瞬間だったんじゃないかと思っていました」(鈴代)

「なるほどね。それを広瀬さんはどういう気持ちで見てたの?」(安元)

「そうですね。“色気づいているな~”と(笑)! いいぞいいぞ、やれやれ~!と思っていました」(広瀬)

……と、冗談交じりに語った広瀬からは、さらに後日放送の第10話についての言及も。

「1話から10話まで演じていて、一番楽しかった回が10話なんですよ。まだ全部は言えないんですけど、今まで小春の言葉ではいっさい揺れなかったハルオが、ちょっと揺さぶられてる感じがあって。やっと小春のセリフにハルオがちょっと感情を揺らしてくれていて……その揺れがどっち方向であれ(笑)、揺れてることがうれしいと思って、すごく楽しかったので、来週もぜひ観ていただけたらなと思います」(広瀬)

アニメ本編4回分の上映に加え、その後も約90分間盛り上がりっぱなしだったトークショー。ちなみにこの会場となったアーケードライブバー「MEGARAGE」には、『ハイスコアガール』にまつわるゲームも多数のコラボゲームコーナーが併設されていた。そこにいるプレイヤーたちが操るレバー・ボタンのガチャガチャ音、「波動~拳!」「昇~龍拳!」という『ストIIダッシュターボ』プレイ中の音声がリアルに聞こえてくる中で『ハイスコアガール』を観るのはまさしく最高のシチュエーション。トークイベントの濃密さもさることながら、ゲーセンで行われる『ハイスコアガール』上映会という贅沢……また同様の機会があれば、ぜひ多くのファンに楽しんでもらいたいと思う。

(2018年9月7日/タイトーステーション 溝の口店(神奈川県)・アーケードライブバー「MEGARAGE」にて取材)

TVアニメ『ハイスコアガール』

TOKYO MX 毎週(金)24:30~
MBS 毎週(金)26:55~
BS11 毎週(金)24:30~
ATV 毎週(月)25:28~
※放送日程は予告なく変更になる場合があります。

Netflixにて毎週(日)~配信中

Blu-ray/DVD

ハイスコアガール STAGE 1 <初回仕様版>
2018年12月19日発売
Blu-ray/DVD:¥12,800+税
収録話数:ROUND 1~ ROUND 4

【初回仕様特典】
下村陽子作曲 オリジナル・サウンドトラックCD
ハイスコアガール~ウル技大技林~Vol.1
【共通仕様】
アニメ描き下ろしイラストジャケット

映像特典
・実録!ハイスコアガールゲームプレイ動画集(スタッフ解説付き)その1
・メイキング番組「プロジェクトH~密着!アニメ制作の裏舞台~」完全版
・ゲームコラボCM #1~4
・プロゲーマー梅原大吾、板橋ザンギエフによる応援ビデオメッセージ
・ノンテロップOP&ED

音声特典
・豪華キャスト陣によるオーディオコメンタリー

フォトギャラリー

©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会

TVアニメ『ハイスコアガール』オフィシャルサイト