Report

「Fate/Grand Order Fes. 2018」を総ざらい! TV&劇場アニメ化発表に数万人のマスターが熱狂! 坂本真綾、LiSA、Aimerら出演のライブも大盛況

「Fate/Grand Order Fes. 2018」を総ざらい! TV&劇場アニメ化発表に数万人のマスターが熱狂! 坂本真綾、LiSA、Aimerら出演のライブも大盛況

『Fate』シリーズから派生した大人気スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(略して『FGO』)。その配信3周年を記念したリアルイベント「Fate/Grand Order Fes. 2018 〜3rd Anniversary〜」が、7月28日・29日に千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールにて行われた。

昨年の2周年記念フェスよりもさらに規模を拡大。『FGO』の世界観を楽しめる数々の展示や、出演キャスト・スタッフによるトークイベントが行われ、会場を訪れた数多くのファンを熱狂させた。今年は坂本真綾、LiSA、Aimerら「Fate」関連のアーティストが一堂に会したライブイベント「Fate Night Fes.」も開催。こちらも『Fate』の世界を音楽でたどっていくような感動的なステージとなった。

さらにFGO Fes. 2018の最後には『FGO』のTVアニメ化、劇場版アニメの制作が発表され、歓喜のうちに祭典は幕を閉じた。今回の記事では「FGO Fes. 2018」の全容をレポートしていく。

取材・文・撮影 / 金子光晴


サーヴァントたちがお出迎え!  「FGO Fes. 2018」へようこそ!

「FGO Fes. 2018」初日の7月28日は台風12号が日本列島を直撃。外は大雨になる時間帯もあったが、幸いにして会場では混乱もなく、予定通りにフェスは開催された。まず入場した観客を出迎えたのは、液晶モニタに『FGO』のサーヴァント(ゲーム内で戦闘を行うキャラクター)が映し出される「ウェルカムゲート」。フェスの開場時にはここにオフィシャルコスプレイヤーや着ぐるみが勢ぞろいしてお出迎えしてくれた。

Grand TOWER

そして、会場に入ると目につくのは高さ13m、直径10mという巨大な「Grand TOWER」だ。通常は会場の案内図が映し出されているのだが、ステージイベントが行われる直前になると異変が発生。マシュ・キリエライトなどのキャラクターが登場する映像が流され、スモークを使った迫力の演出でファンを驚かせた。

今回のフェスの目玉のひとつが、「サーヴァントと巡る世界展」。これは39騎のサーヴァントと世界を旅するという内容の展示だ。登場するサーヴァントは全て描き下ろしで、ゲーム内とは違った雰囲気の“旅装”が楽しめるというもの。欧州、中央アジア、中国、アルプス、日本、アメリカと6つのエリアに分かれていて、それぞれの場所でサーヴァントによる旅の案内の音声を聞くことができた。

まず欧州では黒いベレー帽をかぶったマシュなどが登場。中央アジアではリュックを背負った宮本武蔵が好物のうどんに似た麺料理“ラグマン”を紹介してくれた。中国風の建物にはマルタなどチャイナドレスを着た女性たちが艶姿を披露。かわいいパンダを抱っこした新宿のアサシンも注目されていた。

アルプスでは登山をするサーヴァントたちが登場。等身大のアステリオスが見上げるほど巨大だった。日本ではやはりみな和の装いで、浴衣姿の玉藻の前や清姫などが風情のある姿を見せてくれた。最後はアメリカ。本物のニューヨークのタクシー(イエローキャブ)から降りてきたスカサハなどが都会の風景に溶け込んでいた。

このほか、「宝具展示エリア」ではマシュの盾やジャンヌ・ダルクの旗などの宝具を展示。このエリアは来場客が自由に立ち入って撮影できるようになっていた。また、稼働が始まったばかりのアーケードゲーム「FGO Arcade」やボードゲーム「FGO Duel」の体験エリアもあって、こちらも長蛇の列ができていた。

このほかにもキャラクターをあしらった痛車の展示など、広大な会場のどこへ行っても『FGO』の世界観を味わえるというファンにはたまらない空間が広がっていた。

物販コーナー「FGO Fes.マーケット」と共に人気が高かったのが、作品にちなんだコラボフードやドリンクを味わえる「カルデア’s キッチン」のコーナー。うどん好きの宮本武蔵も認めたという「武蔵ちゃんのお墨付きうどん&お団子セット」、ギルガメッシュの宝物庫をイメージした「英雄王の宝物庫飯」(サフランライス)、アナスタシアをイメージしたかき氷に令呪クッキーを添えた「ヴィイ・ヴィイ・ヴィイ」などといった飲食物が販売された。

やや小規模なステージである「Carnival STAGE」では、リヨが描く『FGO』の解説マンガ「マンガで分かる! Fate/Grand Order」でおなじみのキャラクターたちの着ぐるみによるショーを開催。このショーでは女主人公が大暴れで、マシュに飛び蹴りをかましたり、「この場にいるマスター(ユーザー)全員に聖晶石300個配布しろ」と要求したりとやりたい放題だったが、あえなく鎮圧。この他にもオフィシャルコスプレイヤーのステージや、一般参加可能な「チャレンジクエスト」なども行われた。

両日とも12時を回ると会場内で「Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム 謎特異点I『ベーカー街からの脱出 出張ライト版』シャーロック・ホームズからの挑戦」もスタート。これは来場客全員が参加でき、見事謎を解き明かすと先着で「謎解明シール」がもらえるというもの。ライト版というだけあって誰でも手軽にチャレンジできるもので、会場のあちこちに隠された手がかりを求めて歩き回る人々の姿が見られた。

メインステージで繰り広げられる濃厚な『FGOトーク』

来場したファンの大きな楽しみだったのが、メインステージである「Grand STAGE」で行われたさまざまなイベントだ。今年も朝の10時から数々のイベントを開催。

これらのイベントの着席観覧券は事前申し込み制となっていたが、着席観覧券のない来場客も立ち見スペースで観覧でき、いくつもの巨大モニターでも映し出されていたので会場内のどこでも楽しむことができる。特に物販などで長蛇の列を作っていた来場客にはうれしい配慮だっただろう。

またステージイベントは一部を除いてニコニコ生放送で中継されており、会場に来れなかったファンにもステージの熱気が伝わったはずだ。

まず1日目の最初を飾ったのは「Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 Lostbelt day1」。これは文化放送/超A&G+で放送されている『FGO』のラジオ番組、「カルデア・ラジオ局」のイベントだ。パーソナリティの高橋李依と田中美海はキャストでありながら『FGO』の熱烈なユーザーでもあり、自らの趣味を全面的にさらけ出し、推しの尊さに語彙力を失ったりするという作品愛にあふれまくった『FGO』ファン必見・必聴の番組である。

ただこの日は残念ながら田中美海が欠席となったため、いつもと趣向を変えて大久保瑠美、鶴岡 聡がパーソナリティを担当、高橋李依はゲストとして登場した。「〜す き〜」と名付けられた高橋のパーティ編成が公開されるなど、朝から趣味を押し出したトークを展開。番組グッズとして高橋の名言がプリントされた“「このオタクめんどくさいぞ」Tシャツ”が販売されていると知った大久保は、自らの名言“「課金は家賃まで」Tシャツ”を売り出したいと発言し笑いをとっていた。

「Fate/Grand Orderクリエイターズトーク」では『FGO』の開発・運営スタッフが登壇。ここで「水着イベント2018」の開催が発表され、ジャンヌ・ダルク、牛若丸、茨木童子の水着画像が公開されると、イベント観覧客からは大きな拍手と歓声が起こった。その直後、男性サーヴァント3騎(ロビンフッド、ギルガメッシュ、エドモン・ダンテス)の水着霊衣も登場するという発表がされると、今度は女性ファンの黄色い歓声が会場全体から響いた。水着姿の画像が公開されると、会場のあちこちでモニターに駆け寄る姿が見られたという。

『FGO』のキャストらによる「FGOバラエティトーク day1」では阿部 敦、植田佳奈、大久保瑠美、川澄綾子、高橋李依、丹下 桜、鶴岡 聡という豪華なキャストが登場。植田、丹下、阿部は夏らしく浴衣姿を披露した。

『FGO』で演じたサーヴァントについてのトークと生アフレコが行われたが、唯一サーヴァントを演じていない阿部はファンとしてネロ役の丹下に手書きの台本を渡し、「もちろん余だよ!」という名セリフを読ませるという活躍を見せた。

1 2 3 >