Interview

Tempalay 注目の新作は、何故ねじれたポップ感の先に何かが新たに始まる予感を感じさせるのか?

Tempalay 注目の新作は、何故ねじれたポップ感の先に何かが新たに始まる予感を感じさせるのか?

FUJI ROCKやアメリカの大型フェスSXSW、さらには中国ツアーも行うなど、すでに内外を問わず感度の高いリスナーの注目を集めている彼らが、これまでサポートとして彼らの音楽を支えてきたAAAMYYYを正式メンバーに迎え、新体制でニュー・アルバム『なんて素晴らしき世界』を完成させた。彼ららしい一筋縄ではいかないポップ感を随所に感じさせながら、黙示録的な物語性を展開してみせる印象的な1枚だ。
ここでは、その新作の制作を振り返ってもらいながら、彼らの音楽の個性と、それを伝える先に目指しているものについてメンバー3人に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

具体的にこういうバンドになりたいというものがないし、影響されているものも常に変わっていってる。 

Tempalayは、小原さんが始めたバンドですよね。

小原 そうですね。

藤本さんを誘うときには、どういう話をして誘ったんですか。

小原 前身バンドの音源を渡したんですけど、そのときはいわゆるサイケ・ポップみたいな、例えばアンノウン・モータル・オーケストラみたいな方向性にシフトしつつあった時期で、そういうことをやりたいということは伝えたと思います。

小原綾斗(Vo,Gt)

そういうふうに誘われて、藤本さんはどう思いましたか。

藤本 その前身バンドのライブを見たらかなりハードな感じでやってて、それほど興味は持たなかったんですけど(笑)、音源をもらって聴いてみたら確かにかっこいい曲もあって、そういう方向にシフトしていくんだったらやってもいいかもと思って、一緒にスタジオに入ってみたんです。

そこから現在に至るまでの流れは、そこでのイメージ通りですか。

藤本 イメージ通り…かどうかはおくとしても、着実にいい感じにはなってきてるんじゃないですか。

小原 具体的にこういうバンドになりたいというものがないし、影響されているものも常に変わっていってるので、今回の作品もこういうテンションだったというだけなんですよね。

AAAMYYYさんは、これまではサポートという立場でずっとTempalayの音楽に携わってきたわけですが、その音楽の個性についてはどんなふうに受け止め、どんなふうに取り組んできましたか。

AAAMYYY ジャンルとしてどこにも入れ込めない音楽だと思ってて、いろんなアーティストのいろんな曲からインスピレーションを受けた綾斗が「これがいい」というのを、自分なりに消化して表現していくしかないんですけど、それが良かったというか、これまでもその時々のテンション感がそのまま音楽に出ていたし、今回もそうですね。正式メンバーになっても、いまのテンションで、いま良いと思うものを作るという気持ちで出来上がったのがこの新作です。

AAAMYYY(Cho,Syn)

「いまのテンション感」という表現が小原さんからもAAAMYYYさんからも出ましたが、今回の新作を作り始める時点でのテンション感はどんな感じだったんでしょうか。

小原 そもそもはこの新作を作ることは決まってなかったんです。ただ、リキッドルームでイベントがあって、それが僕らにとっては初めてのリキッドだったので、カマしたいなと思って。そのために作ったのが「素晴らしき世界」「どうしよう」「SONIC WAVE」の3曲で、まず「SONIC WAVE」はAAAMYYYが加入するタイミングでみんなの期待をいい意味で裏切りたいと思ってたし、ちょっとイライラもしてたので(笑)、そういうなかで作った曲で、「どうしよう」はTempalayをもっと知ってもらいたいと思って作った曲です。「素晴らしき世界」はいまの自分のリアルというか、自分の現状を表現した曲で、この3曲を作った後にアルバムを作ることになって、そこに肉付けしていった感じですね。

自分のなかではすごくバランスをとってるつもりなんですよ。より聴きやすくするために。

「どうしよう」は「Tempalayをもっと知ってもらいたいと思って作った曲」ということですが、その「どうしよう」と作るときには、リスナー一般をどんなふうに意識していましたか。

小原 音楽を作るときにそこまで考えていないですけどね。自分たちの音楽がどういう層に刺さるかというのは、僕らが考えることではないと思っているので。ただ、僕ら自身も層を広げたいとは思っているんです。仮に、僕らがすごくマニアックな音楽をやっているとしても、聴かれなければ意味がないから、聴いてもらうためのきっかけが必要だと思っていて、ただそのきっかけになるのはすごくポップな曲を作ることでは必ずしもないと思っているんですよね。例えば電気グルーヴの「Shangri-La」じゃないですけど、「ポップな曲も僕らは作れますよ」ということも提示しながら、どんどん深みはまっていってもらう、というような感じです。

「SONIC WAVE」の歌詞とも少し関わりがあるかもしれませんが、例えばAメロ→Bメロ→サビという構成が1番としてあって、2番も同じ構成の曲というのは覚えやすいし、そういう定型に沿っていることがポップの一要素であると思いますが、Tempalayの曲はどこかにすごく印象的で覚えやすいフレーズは用意されているけれども、いわゆるポップの定型には敢えて沿わないという意識がはたらいているような印象があるんです。

小原 それは多分、僕の感覚がズレてて、自分のなかではすごくバランスをとってるつもりなんですよ。より聴きやすくするために。ただ、Aメロ→Bメロ→サビという構成がポップソングのルールだとすれば、そんなルールはくだらないなと思っていて、だって例えばビートルズにはそうじゃない曲もいっぱいありますから。だから、僕のなかではTempalayの曲はすごく自然なんですよね。

小原さんから曲を提示されたときに、テンポのアップ/ダウンやサウンド的な起伏のつけ方について、意見をやりとりすることはありますか。

藤本 まずは綾斗が出してきたものを生かすにはドラムとしてどうグルーヴをつないでいくかということを考えますね。例えば「SONIC WAVE」という曲は、サビがいくつもある曲とも言えるし、そのどれもがサビじゃないとも言えると思うんですけど、ということは曲のどこにピークを持っていくかという共通意識が必要というか、ここで盛り上がりたいはずなのに気持ち的に盛り上がれないとしたら、その前の部分からどういうふうにつないでくるか、みたいなことを考えなきゃいけない難しさはあると思います。

藤本夏樹(Ds)

小原さんが「自然な流れ」と言われたように、例えば僕がテンポ・チェンジと感じるところもひとつのグルーヴの一局面みたいなものだということですか。

AAAMYYY そうですね。すでに、一つひとつの曲に曲としてのストーリーがあるというか、それはテンポにしても構成にしても歌詞にしてもそういうことで出来上がっているから、それに沿っていろんなアレンジを考えていくんです。

藤本 例えば「曲の最後の部分のベースをそれまでとはちょっと変えて、ベースが上昇する感じにしてグッとくる展開にするのはどう?」みたいな提案をAAAMYYYがしたことが何度かあったんですけど、でも綾斗からすると「最後だからと言って盛り上げ過ぎると、逆にかっこよくない」みたいなバランス感は確実にあるように思いますね。

AAAMYYY だから、アレンジをやっていく上であまり足し算はしなくて引き算が中心になるし、ずっと鳴っているフレーズに対して楽器としてどういう面白みを出せるかということを考えて、やり過ぎないようにしています。

(曲作りに)セッション感はめちゃくちゃあるし、すごく大事にしていることです。

小原さんが二人に聴かせるデモは、完成に近いものに仕上げてから聴かせるんですか。

小原 曲によるんですけど、基本的にはベース、ドラム、ギター、歌、それにどうしても入れたいシンセくらいもので、でもみんなでやっていくなかでけっこう化けます。それに構成は後から考えるというか、頭の中ではイメージできているけど、本当に面倒くさがり屋なので(笑)、それをちゃんとデモにしてしまわないで、みんなに送ることが多いです。それは、とりあえずみんなで合わせてみたいという感じもあるんですけど。合わせてみての感じで考えていったり、何か断片を合わせてみて、それで遊んでる感じから曲に仕上がっていったりもするので。

いまの話からもちょっとうかがえますが、Tempalayの音楽はセッション感が強いというか、頭の中でガチガチに構成するのではなく、いろいろやっていくなかで生まれた面白みを生かしている印象が強いですよね。

小原 それはめちゃくちゃあるし、すごく大事にしていることです。例えば前作の「深海より」という曲もそうだし、今回の「Last Dance」という曲も、レコーディングに入る前のスタジオのラスト20分というところで初めて聴かせて、レコーディングの時点では尺もテンポもわかってないという状態だったし。そういうやり方は、やっててホントに面白いんですよ。完成に向かうほどに、曲が広がっていって。自分たちも答えがないものに向かってレコーディングしているような感覚で…。そのやり方がTempalayには合ってるんじゃないかなという気が今回してきたんですよね。前は、そのやり方でやってると焦ることもあったんですけど、今回は同じような状況になっても“なんとかなるだろう”と思えたんです。

それは、みなさんのなかに出来上がり図がなくても、この道を進んで行けばゴールにたどり着けるという経験値が積み重なったということでしょうか。

小原 そうでしょうね。その途中の段階で、ある景色をみんなが共有してて、それをもとに辿っていくという感じです。

その「景色の共有」の材料になるのが、小原さんが聴かせるデモであるわけですね。

小原 デモの場合もあるし、写真だったり絵だったり、いろいろあります。例えば今回の「カンガルーも考えている」という曲は、恐竜が平和に暮らしてる写真とそこに隕石が落ちて絶滅した写真を見せて、「ここまでの展開はこっち、ここからの展開はこっち」という話をして作りました。

その共有するイメージの元になる、個々の曲のモチーフも景色や写真や絵だったりするんですか。

小原 それも曲によるんですけど、例えば1stアルバムに入っている「Have a nice days club」というのは大阪万博の曲を作りたくて、そのイメージをみんなに伝えて曲作りを進めていったんですけど、歌詞を書くと帰る場所というか家みたいなものがテーマになっている歌になって、サウンドはビーチっぽくなったりして(笑)、そういう変化していった結果を録音した楽曲なんです。だから、僕としては「こういうイメージです」「こういう色です」ということを言う、そのタイミングをはかったりしてますね。よほど確固としたものが自分の中にあれば伝えますが、だいたいはフワフワしたイメージであることが多いので。

でもそれは、逆に本当に最後の段階までフワフワさせておきたいという意識もはたらいているんじゃないですか。

小原 それもあるでしょうね。

(新作は)始まって終わるということがずうっとループしているということを作品にしてみたいなというところから作っていきました。

アルバムのリリースが決まって、最初の3曲から世界を広げていくことになった時点ではどういうことを考えましたか。

小原 最終的に「誕生」と「素晴らしき世界」という2曲に分かれてますけど、その「誕生」と「素晴らしき世界」をひとつと考えて、そこから始まる作品を作りたいなと思ったんです。で、これは生命の曲だなと思って、その誕生から終幕までをひとつの作品にしたいな、と。生命に限らず、本を読み始めて読み終えるまでとか、出会いから別れまでとか、始まって終わるということがずうっとループしているということを作品にしてみたいなというところから作っていきました。

このアルバムを聴き通すと、“このアルバムを作った人はちょっと怒ってるな”という印象を持ちます。最初に3曲を作った時期はイライラしていたという話もありましたが、そういう意味でのこのアルバム制作時のテンション感はどういう感じだったんですか。

小原 イライラは常にしてるんですよ。音楽をやっていく時点で。ただ、その矛先が変わってきたところはありますけど。それにしても、そういうイライラするなかでもやっていかないといけないということに対する反抗でもあるし、諦めでもあるし、という感じですかね。

タイトル曲と言っていいと思いますが、「素晴らしき世界」はこんなに正気な俺が狂ってるように思われる世界だなあという歌ですよね。

小原 まさに、その通りです。だから、みんな狂ってるし、みんな正しいんだと思うんですけど、それでも言いたいことがあるじゃないですか。そこには美しい景色もあるし、美しいものもあるわけで、だからすごく矛盾した思いというか、期待と皮肉が入り混じった表現なんですよね。「素晴らしき世界」というのは。

イライラした気持ちがベースにあるにもかかわらず、このアルバムの音楽はすごく攻撃的であったり、取り付く島のないようなアバンギャルドな表現になったりしていなくて、どこかポップであったりユーモアを感じさせたりするというのがすごく興味深いです。

小原 アバンギャルドでもポップでも、それは狙って作ってると思うんですけど、僕は何も狙ってないんです。自分が純粋にかっこいいと思ったものが結果こういうものに昇華されているというだけなので、そういう意味でこれは自分の表現なんですよ。それをどうしたって受け入れてほしいから、イライラしているということなんですよね。そういう意味では、イライラするのはまだ早いかもしれないですけど(笑)。

(笑)、「素晴らしき世界」には期待と皮肉が入り混じっているという話がありましたが、期待や希望も感じているわけですよね。

小原 もちろんです。

もっともっとエンターテイメントでもあり衝撃的でもあるライブをやりたいなと思うんですよ。 

さて、リリース後にはライブ・ツアーが決まっています。どんなライブになりそうですか。

小原 日を追うごとにやりたいことも変わるし、いろんなことを吸収するから、ライブでの表現の仕方というのはいますごく考えています。いままでは、与えられた時間のなかでよくセット・リストを考えて、それをしっかり演奏するということだけが自分たちのライブのやり方だったんですが、もっともっとエンターテイメントでもあり衝撃的でもあるライブをやりたいなと思うんですよね。

藤本 伝えようという気持ちが強くなり過ぎると、前のほうに来てるお客さんは盛り上がるからもしれないけど、後ろのほうでちょっと冷静に音楽を聴こうとしてる人には響いていないかもしれないじゃないですか。だから、まず自分たちのなかでしっかり高まるというか、もちろん伝えたいと思って演奏してますけど、自分たちのなかで自然と盛り上がったものをみんなが共有してるというのが理想だと思うんです。

小原 最近、ライブを見た人から「Tempalayって、こんな感じなんだ」と言われることがよくあるんです。それは、プラスの意味にもマイナスにも受け取れますけど、でも自分たちのなかではマイナスの印象が強いんですよね。というのは、伝えようという意識が強いあまりに、普通のロック・バンドとあまり違わないことをやっているような気持ちになる瞬間があったりして…。

「Tempalayなら、他のバンドとは違う楽しさを感じさせてくれると思ってたのに」という意味で「こんな感じなんだ」と言われているような気がするということですね。

小原 そうなんです。でも、本当は「違う楽しさを感じさせますよ」と言いたいんですよね。でも、これまでは“自分たちの音楽をどう表現したらかっこよく伝わるか?”というところにしっかり取り組んでいなかったと思うので、今回はそこを意識してTempalayの音楽をしっかりカマしたいと思っています。

期待しています。ありがとうございました。

その他のTempalayの作品はこちらへ

ライブ情報

“なんて素晴らしきツアー”

10月20日(土) 北海道・札幌BESSIE HALL *ゲスト:MONO NO AWARE
11月2日(金) 宮城・仙台space Zero *ゲスト:あっこゴリラ
11月9日(金) 福岡・福岡the voodoo lounge *ゲスト:ニガミ17才
11月11日(日) 京都・京都磔磔 *ゲスト:シャムキャッツ
12月5日(水) 大阪・大阪Shnagri-La *ワンマン
12月6日(木) 愛知・名古屋upset *ワンマン
12月11日(火) 東京・恵比寿リキッドルーム *ワンマン

Tempalay

小原綾斗(Vo,Gt)、藤本夏樹(Ds)、AAAMYYY(Cho,Syn)。
結成からわずか1年にしてFUJI ROCK FESTIVAL’15「ROOKIE A GO-GO」に出演。同年9月にリリースした限定デビューEP「Instant Hawaii」は瞬く間に完売。16年1月に1 stアルバム『from JAPAN』をリリースし、同年3月に行われたSXSW2016を含む全米ツアーを行うなど、国内外で活躍の場を広げる。17年2月、EP「5曲」を発売。敬愛するアンノウン・モータル・オーケストラ来日公演のオープニング・アクトを務める。17年8月には2ndアルバム『from JAPAN』をリリース。18年7月、これまでサポートだったAAAMYYYが正式メンバーに加わり、新体制でミニアルバム『なんて素晴らしき世界』を9月26日にリリース。

オフィシャルサイト
https://tempalay.jp

フォトギャラリー