Review

Mr.Children ニュー・アルバム『重力と呼吸』。大切だけど、普段は意識していないことに気づこうとする姿勢 <後編>

Mr.Children ニュー・アルバム『重力と呼吸』。大切だけど、普段は意識していないことに気づこうとする姿勢 <後編>

10月3日にリリースされた『重力と呼吸』。今はこうして記事を書いているが、ひとりの音楽ファンとして、長く聴き続ける作品集になりそうだ。彼らは変わった。そのことで、新たな刺激を受けた。そして彼らは変わらない。そこに育まれる信頼も大きい。何より彼ら自身が、ますますMr.Childrenに自信を持てたことが分かる。そこから伝わる説得力が、このアルバムに溢れている。

文 / 小貫信昭

前編はこちら
Mr.Children ニュー・アルバム『重力と呼吸』。大切だけど、普段は意識していないことに気づこうとする姿勢 <前編>

Mr.Children ニュー・アルバム『重力と呼吸』。大切だけど、普段は意識していないことに気づこうとする姿勢 <前編>

2018.10.03


「箱庭」ではがらりと印象が変わり、スライド・ギターの音色が活きたリフが効果的なアレンジだ。曲調は軽快そのものだが、歌詞は“傷口から”とか“赤い血”とか、けして穏やかじゃない。ふたつを真反対に合わせることで、聴き手のなかから新たな感情を掘り起こそうとしている。ただ、これは冒頭部分の話であり、いわば“掴み”の役割かもしれない。サビで“誰のための”が繰り返されるが、メロディを変えていて、非常に心に残る。この歌に関して、四方八方に話を広げつつ書くことは厳禁ではなかろうか。なぜならこの作品のタイトルは「箱庭」だからである。

続く「addiction」は、鼓動のような四つ打ちのリズム・アクセントが効果的だ。でも演奏に心拍数を合わせようとすると、オーケストラル・ヒットのような音色のファンファーレが、行く手を塞ぐ。実に凝った、というか、実験的とも思えるアレンジになっている。

ボーカルの在り方も工夫されていて、“内なる声”という歌詞が聴き手にインプットされたあと、例えば“どんなに言い聞かせても”と歌うその後ろに“ウォォ〜〜オゥォォ〜”と、歌詞にはならない“内なる声”の叫びも聞こえている(そんなダビングがされている)。

「addiction」を辞書でひけば“常用癖”とある。知らず知らずのうちに、我々を悩ませていることでもある。例えばスマホ。脳の報酬系の作用が、ここに大きく関わっている。気づけば「箱庭」と「addiction」は、『重力と呼吸』の10曲のなかでも、人間の心の“dark side”も覗き込むことで生まれた楽曲かもしれない。

「day by day(愛犬クルの物語)」は、このアルバムのなかで、ちょっと毛色が違う。まず演奏スタイルだが、相当にヘヴィ・メタルである。そして歌の世界観としてはホッコリする。桜井も、微笑みが声帯から溢れつつ歌い始める。ただ、曲調がマイナーになると一転し、歌詞も“しゅん”としちゃう。でもこの歌は愛に満ちている。犬が飼い主にみせる忠誠心は尊く、時にそれは飼い主にとって、自分の中のエゴに気づくキッカケともなる。

様々な受け取り方ができる。クルのご主人の最愛の連れ合いは、すでにこの世にはいないことは歌詞に示されるが、もしかしたら、“今なお帰りを”ということは、主人すらも天国へ旅立ってしまったのかもしれない。そうなると、クルの御主人への忠誠心が行き場を失う。受け止める相手がいなくて悲しい。結論、ではないけど、全体を括る言葉としてあるのは、タイトルにもなってる“day by day”だ。最高裁判所が解決出来ないことでも、時間は解決する。

「秋がくれた切符」は、まさに今が旬の歌だ。「here comes my love」での“灯台の灯り”もそうだが、この歌の“落葉”というのも、よくポップ・ソングに表現として登場するアイテムだ。それを“神様”がくれた“切符”とするところが非凡だ。この場合、落葉が切符の形に見えたのではなく、木の葉はあくまで木の葉の形だ。つまりは主人公の心象…。主人公は愛する人と並んで歩きながら、落葉に未来を垣間見ている。しかし相手は、まだ気づかない…。

季節が深まる様子も伝わってくる。歌の終盤、カーディガンの“君”は“寒そう”で、さらに羽織るものが必要だ。羽織るもの。それはファブリックであつらえたものだけに限らない。この楽曲が終わったあとの極上の余韻を、出来るなら文字にしたいのだが…。60〜70年代には多用された、主メロを追いかけるコーラス(“♪夕日は〜”の部分など)も、Mr.Childrenがやると新鮮だ。

映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌としてお馴染みの「himawari」は、ここ最近のMr.Childrenの、「足音〜Be Strong」から続く弦も加わった“フル編成”である。しかし弦にもロックを感じさせる(弓が弦を擦る熱も伝わる)のが特色だ。改めてアルバムのなかでこの曲を聴き直すと、マスタリングが違うからか(今回はフー・ファイターズやデヴィッド・ボウイなどを手掛けてきたジョー・ラポルタが担当している)、各楽器の音像が、よりクッキリと生々しく聞こえる。

桜井は、この歌の冒頭に出てくる“死に化粧”という言葉を、ぜひ使いたかったと言っていた。「himawari」という作品は、映画のテーマとも響き合いつつ、命の儚さと向き合い、その強さや儚さと、真摯に向き合うことで生まれたのだろう。“暗がりで咲いてるひまわり”というフレーズは、コピーのように生まれてきたのではなくて、この歌を書くという桜井の精神の旅が、実際にどこかで見かけた風景なのだと思うのだ。なので浮つかず、ずしりと胸にくるのである。

アルバム・タイトルと直接関係ありそうなのがラストの「皮膚呼吸」だ。最近は、アルバムの曲順に縛られない聴き方も普通だが、ぜひこのアルバムは、まずは曲順通りに聴いてみて欲しい(この原稿を最後まで読んでくださっている皆さんは、もちろん曲順もアーティストの表現だと感じているタイプの方々だろうけど…)。エンドロールのような曲でもある。そして、生きることの実感が、少しずつみなぎってくる曲だ。なんていうか、このアルバムを聴いて経験してきたこと、そのすべてがこの曲へと集約し、収斂されていく気分になる。だからエンドロールのような曲なのだ。

アルバムがリリースされた3日後に、ツアーが広島からスタートする。リリース前の楽曲を主体にしたツアーなども行った彼らだが、今回は文字通り、“新作を引っ提げてのツアー”である。先ほども紹介したファンクラブの会報「FATHER&MOTHER」9月号(No.79)で、桜井は今回のツアーを「シアトリカル」とも予告していた。直訳すれば“演劇的”だが、おそらくステージ・セットや照明、演出などを、より構築させ、劇的に伝える内容を目指す、ということだろう。そうしたことが可能なのは、なにより核となる部分、Mr.Childrenというバンドに対して、4人が自信を持ててるからだろう。

9月26日に行われた、「FATHER&MOTHER Special Prelive 2018.9.26 TOKYO DOME CITY HALL」を観てきたが、今回はキーボードが2名だ。お馴染みのSUNNYに加え、アルバム・レコーディングにも参加した世武裕子が加わる。

『Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ』では、SUNNY、山本拓夫、icchie、小春(チャラン・ポ・ランタン)を迎え、8人の8色の音色によるアンサンブルを堪能したが、今回は「addiction」にみられるような、より立体的な音世界も展開される予感がする。

ライブ情報

Mr.Children Tour 2018-19
重力と呼吸

<2018年>
10月6日- 10月7日 広島 広島グリーンアリーナ
10月13日- 10月14日 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
10月20日- 10月21日 和歌山 和歌山ビッグホエール
10月27日- 10月28日 北海道 函館アリーナ
11月3日- 11月4日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月10日- 11月11日 福井 サンドーム福井
11月17日- 11月18日 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
11月23日- 11月24日 大分 別府ビーコンプラザ
11月28日- 11月29日 神奈川 横浜アリーナ
12月5日- 12月6日 愛知 日本ガイシホール
12月15日- 12月16日 福岡 マリンメッセ福岡
12月22日- 12月23日 大阪 大阪城ホール

<2019年>
2月2日 台湾 台北アリーナ

Mr.Children

1992年ミニアルバム「EVERYTHING」でデビュー。1994年シングル「innocent world」で第36回日本レコード大賞、2004年シングル「Sign」で第46回日本レコード大賞を受賞。「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「終わりなき旅」「しるし」「足音 ~Be Strong」など数々の大ヒット・シングルを世に送り出す。これまでに37枚のシングル、18枚のオリジナルアルバム、4枚のベストアルバムをリリース。

オフィシャルサイト
http://www.mrchildren.jp