Interview

確かな一歩を踏み出すために──The Floorが自らの殻を破り辿り着いた1stシングル「革命を鳴らせ」

確かな一歩を踏み出すために──The Floorが自らの殻を破り辿り着いた1stシングル「革命を鳴らせ」

北海道札幌市在住の4人組ロックバンド、The Floorが1stシングル「革命を鳴らせ」をリリースした。メジャーデビュー作となる1stアルバム『ターミナル』のリリースから約半年。彼らは悩みの時期に突入していたようだ。自分たちがやりたい音楽を突き通しながら、周囲の期待にも応えたい。一見すると相反するような目的の共通項を探しながら、適切な解を求めた結果、彼らは自身の殻を突き破り、高らかに革命を鳴らすことに成功した。自分たちが目指す場所はどこなのか?という自問自答だけではなく、第三者の意見も積極的に取り入れたうえで完成した楽曲には、バンドの覚悟も備わっている。だからこそ、熱く強い。拳を高々と掲げたくなるような高揚感と感動ももたらしてくれる。聴き手の心を震わせる名曲「革命を鳴らせ」が誕生するまでの経緯を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 関信行

自分たちを見つめ直す、殻を破るための大切な時間

メジャーデビューからの半年間はどんな日々でした?

ミヤシタヨウジ 1stアルバムをリリースして、ワンマンライヴが終わったあと、自分たちを見つめ直す期間というのがありまして。バンドとしては、自分たちを主観ではなく、客観的に見れるようになったっていう、大きな変化がありました。

ササキハヤト 「革命を鳴らせ」という曲が出来上がったのも、自分たちを見つめ直す期間があったからこそなんですね。自分たちの殻を破るための大切な時間だったし、そのおかげで、僕は今、非常に前を向いているなって思います。

コウタロウ メジャーデビューしてから半年くらい、悩みの時期があって。みんなで話し合ったりもして。結構、時間はかかったんですけど、殻が破れて、今、前を向いて、すごくいい心境でバンドをやれているなと感じております。

永田 涼司 みんなが言ったことはもちろん、ひとつのチームとして、よりまとまりが出てきたなっていう意識はありますね。バンドで戦うんだ、スタッフさんと一緒に戦うんだ、チームで戦うんだという意識は生まれてきてますね。

ササキハヤト

どんな話し合いがあったんですか?

ササキ 今年度の始めくらいに、昔からこのメンバーでやっているけど、お互いに知らなかった、あえて話してこなかった部分をもう一度話し合おうっていうことになって。例えば、目指すステージとか、自分たちがやりたいこととか。個々が思い描いている自分の在り方やなりたい像みたいなものをもう一度まとめるというか……例えば、僕たちがめちゃめちゃ出たいのは〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉の一番でかいSUN STAGEだっていう共通認識ができた。じゃあ、そこを目指すためにどうやって活動していけばいいのかっていうことを話し合ってました。

「殻を破ろう」という意識になったのはどうしてですか?

ミヤシタ アルバムの次にシングルを作ろうとなったときに、自分たちでは「いい」と思ったものを制作スタッフに提案しても「これじゃダメだね」っていうことがわりと続いて。そこで「何がダメなんだろう?」っていうことを徹底的に考え直したんです。たぶん、メロディや歌詞をよりパワーアップさせる期間だったんだと思います。

ササキ ある種、凝り固まってたものを、いい意味で崩してくれる他者の存在というのが、僕たちにとっては重要だったんだなって思ってて。

永田 そうだね。一番大きかったのは他者の存在ですね。インディーズの頃は自分らがやりたいように作ってて。それもバンドのひとつの形としては美しいことなんですけど、僕らの場合は、今までやってきたもの=独りよがりなものとして、スタッフさんやお客さんに伝わらなくなっちゃっていたんですよ。そこで俺らのことを思ってくれているスタッフさんから「これじゃ他者には響かない」って言ってもらうことで、いろいろ気づけたというか。「なんでダメなんだろう」「なんで伝わらないんだろう」、「どういう伝え方がいいのか」っていう試行錯誤を繰り返した半年間でした。僕が思っている良さとみんなが期待してる良さ、その円が重なる部分を探す作業をしていた感じでしたかね。

その重なる部分には何がありました?

永田 僕らがずっとやりたいって言い続けている“邦楽と洋楽のミックス”という音楽性と、みんなが求めているであろう“ヴォーカリストのハヤトの声を生かすメロディ”があったんじゃないかなって思ってます。

永田 涼司

では、他者の存在=客観的な視点を意識しつつ、ふたつの円が重なる部分で鳴らす曲を作っていったっていう感じなんですね。

永田 そうですね。今回はメロディメイクの段階から、殻を破りたいというか、今までの自分にないものを求めていました。今までどおりだと届かないと思ったので、届かせるために、まず、ゼロからイチにする自分のソングライティングのアップデートが必要だなって感じていたので、メンバーやスタッフさんに「これは俺の癖っぽいメロディですか?」とか聞いて、「永田ならそういう動き方をするよね」って言われたら、そうじゃないほうに動いてみようとか。自分の手癖じゃないものを探して探して作っていった感じです。

でも、まだ1stシングルですよ。バンド結成からは6年経っていますが、メジャーデビューしたばかりですし、自分たちらしさを更新するのは少し早い気もするんですが。

永田 僕もその一歩を踏み出すのは怖かったです。「自分らしさが失われないかな」って。でも、ここで殻を破ってステップアップしないと、同じ場所にい続けることになってしまう。それでは、バンドとしても、人としても、音楽としても全然面白くない存在になってしまうので、一歩踏み出す勇気をくれた周りの人、他者の存在には、すごく感謝しています。怖かったですけど、踏み込んで良かったなって思います。

では、永田さんが自身の殻を破って作り上げた曲を最初に受け取ったときにメンバーの皆さんはどう感じました?

コウタロウ 「新しい永田だ!」って感じましたね。それこそ、さっき言ってた「永田ならこういくよね」っていう部分が見事に殻を破ってアップデートされた永田になったなって思いました。

ミヤシタ うん。バージョアップしたよね。今までは解決するようなメロディが多かったんですけど、今回はみんなで「メロディをオケからいい意味で浮かせよう」って言っていたので、最初に聴いたときは「いい感じで浮いたな〜」って思いました(笑)。

ササキ 本当に今までにない、ドラマチックさを感じました。メロディだけでも力強さを感じたので、僕はそれに引っ張られて「革命を鳴らせ」っていうフレーズが生まれて。力強さを感じたメロディに僕も呼応したっていう感じですね。

コウタロウ

歌詞はササキさんとコウタロウさんの共作になってます。

ササキ まず、僕とコウちゃんとで同時進行で別々に書いていたんです。お互いが出来上がったときに、僕が書いたサビ頭の“革命を鳴らせ”っていうフレーズに、みんなが「いいね」って言ってくれたので、そこからお互いの良さのあるフレーズを残しつつ、またイチからふたりで作ってみて。これも新しい試みのひとつですね。いつもひとりで書いてた歌詞が、ふたりで書くことでより客観的になった。それも他者の存在の話と一緒だと思うんですけど、より多くの人に届く歌詞がふたりだからこそ書けたんじゃないかなって思います。

コウタロウ 歌いたい内容はハヤトがもとになっているので、僕はそれをうまいこと客観視できたなって思います。いつもだと歌詞が出来上がったあとに「ここ、どういう意味なの?」って聞くことが多かったんですけど、今回は第三者である僕が、たくさんの人に伝わるようなパイプラインの立場になれたのかなって。そうやって客観視できたっていうのは新しい経験でした。

改めて、どんな思いを伝えた曲になっていますか?

ササキ 僕自身、自分を打破したいっていう思いが強かったので、そういったメッセージを書きたい、物語を書きたいと思っていて。“自分自身を変えたい”とか“少しでもいいから、確かな一歩を踏み出す”ように願いを込めました。

殻を破った“僕”が、“君”にも革命を鳴らし、一緒に連れていく物語になっています。

ササキ そうですね。全然うまくいかない自分が「こんなんじゃダメだ」と奮い立つことで、周りの大事な人にも影響を与えていく。とにかく、僕は前向きな気持ちになって欲しいんです。小さくても確かな一歩を踏み出せるように書いた曲なので、聴いてくれた人の何かを変えさせるというか、変わるきっかけになってくれたら嬉しいですね。

1 2 >