Report

浦井健治、高杉真宙、柳下 大。新感線☆RS『メタルマクベス』“disc3 ”出演のイケメンキャストがトークイベントに登場。「しっかりと完走を目指す」と宣言!

浦井健治、高杉真宙、柳下 大。新感線☆RS『メタルマクベス』“disc3 ”出演のイケメンキャストがトークイベントに登場。「しっかりと完走を目指す」と宣言!

11月9日(金)からIHIステージアラウンド東京(豊洲)にて上演されるONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBSに出演する、主演の浦井健治、劇団☆新感線初参加となる高杉真宙と柳下 大という3人のイケメンキャストによる「秋のトークライブ」が10月6日(土)に東京・ららぽーと豊洲で開催された。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 冨田望

この舞台ならではの醍醐味が見せられる

イベント開始時間の14時は、10月にもかかわらず、30度近い気温。“メタル”とは不釣り合いな炎天下となったららぽーと豊洲の屋外シーサイドデッキメインステージには、2,000人を超える応募者の中から当選した300名が集まり、「みんな大丈夫ですか?」「暑くないですか?」「熱中症に気をつけてください!」と観客を心配しながら登壇した浦井健治、高杉真宙、柳下 大の3人を大きな拍手で迎え入れた。

客席が360°回転するIHIステージアラウンド東京(豊洲)で、キャストと演出を変えて3作連続で上演される新感線☆RS『メタルマクベス』についての紹介映像に続き、“ランダムスター / マクベス浦井”を演じる浦井健治は「2218年と1980年代の時代を行ったり来たりしながら、我々は一人二役をやらせていただく形になるんですけれども、役名に自分たちの名前が付いているという、なかなかない舞台となっています。シェイクスピアの『マクベス』を宮藤(官九郎)さんの脚本と(井上)ひでのりさんの演出で、よりわかりやすく、よりメタルな感じでやっていきながら、この舞台ならではの醍醐味が見せられるんじゃないかと思います」と作品について解説。そして、360°回転する舞台に関しては、「とにかく先輩たちから大変だという話を聞いているので、我々はとにかく肉を食べて頑張っていこうと思います!」と語った。

浦井の話をうなずきながら聞いていた“レスポールJr. / 元きよし”役の高杉真宙は「僕は父上(レスポール王)を殺したランダムスターと敵対する役なんですね。だから、稽古場で浦井さんが父上を殺すシーンを見ていると、つらいし、悲しいです」と実に神妙な面持ちでコメントするも、浦井と顔を見合わせて爆笑し、場内にも笑いが起きた。

始まったばかりの稽古の様子を聞かれた“グレコ / マクダフ柳下”役の柳下 大も「頼りになる大先輩がいるので楽しいです」と浦井を見ながら語るなど、座長を中心にしたカンパニーづくりが順調に進んでいることを感じさせるやりとりが続いた。

ここでMCから「『メタルマクベス』といえば、歌と生演奏ですよね。ミュージカルの王子様である浦井さん、ぜひ皆さんに歌声を聴かせていただけないでしょうか?」と促されると、浦井は「お!? やりますか? 豊洲に歌声を響かせます」と快諾。

イントロが流れ出し、場内から手拍子が始まり、椅子から立ち上がった浦井だが、「明けない夜は長い〜」と1フレーズを歌っただけで終了。あまりの短さに観客から「え〜!」と大ブーイングが巻き起こった。「これだけ否定されるランダムスターってありますか?(笑)」と戸惑う浦井は「これ以上、用意しておりません!」と笑顔を見せる。しかし、再度鳴ったイントロに今度は高杉を引っ張り込み、ふたりで「明けない夜は長い〜」と、またもや1フレーズだけ披露した。

実はこの曲、二幕で復讐に向かうレスポールJr.が歌う「明けない夜はSO LONG」で、浦井は歌わないナンバー。まさかのららぽーとで初披露となった高杉は「めっちゃ緊張しました」と感想を語ったあと、浦井に対して「今の一瞬でもカッコよかったです」と絶賛すると、浦井は「ほんと? 膵臓食べちゃった?(笑)」と、高杉がボイスキャストを務める劇場アニメ『君の膵臓を食べたい』を引用しながら観客を笑わせた。

さらにスペシャルゲストとして、“disc2”を公演中の尾上松也(ランダムスター / マクベス魔Ⅱ夜)が生中継映像でIHIステージアラウンド東京(豊洲)からまさかの登場。観客が驚きの声を上げるなか、松也は「今、一幕が終わったばかりです。こんなことある? 一幕と二幕の間に中継なんて。健ちゃん、休ませてくれよ(苦笑)」とボヤき、観客の笑いを誘う。受ける3人も「十数分後には本番だなんてすごい!」と笑顔で応える。

そして松也は「本当に稽古場だとわからないことだらけなので、稽古場ではイメージを膨らませて。そして、いのうえさんを一生懸命に笑わせてあげてください。いのうえさんが楽しめば楽しむほど、芝居も面白くなるので」と3人にエールを送った。また、“disc2”が千秋楽まであと20日という折り返しを迎えた心境を聞かれた松也は「今、みんながどんどん乗ってきているので、もっともっと盛り上げていきたいと思います」と、自信たっぷりの表情で語った。

この後、「稽古場での自撮りPHOTOトーク」に続き、「僕の験担ぎはこれだ!」コーナーに突入。浦井が楽屋に入って最初に食べる“のりの味噌汁”、高杉が体を温める“生姜片(生姜チップス)”、柳下が財布に貯めて月初めに神社に納めるという“5円玉”が紹介され、3人で生姜チップスを試食しながら、それぞれのエピソードを披露してくれた。

最後に、意気込みを問われた浦井は「客席が回る劇場は日本でここだけでございます。この劇場で、劇団☆新感線が約2年。『髑髏城の七人』から始まったオーラスになりますので、自分たちにかなり負荷がかかっております(笑)。ですが、お客様の力を借りて、しっかりと完走を目指しながら、(橋本)さとし兄さん、松也からのたすきを受け継いで、皆さんが拳を突き上げたくなるくらい、ガンガンに盛り上げていきたいと思ってます」と熱くコメントした。

続く高杉も「ずっと緊張している状態で稽古に臨んでいるのですが……本番も緊張すると思うので、大先輩の皆さんにいろいろと教えていただきつつ、本番に臨んでいきたいと思います。また、浦井さんも言ったように、“disc1”、“disc2”を受け継ぎ、僕らは12月31日までやるので、最後まで気を抜かずに、みんなで最後まで舞台上に立って、『メタルマクベス』の世界を演じ切りたいなと思っています」と話した。

また柳下は「この劇場でしか観られないステージなので、今まで観た方も、まだ観てない方も、たくさんの知り合いを誘って観に来てください。年内いっぱいやっていますので、今年の締め括りにぴったりな舞台だと思います。ぜひ、みなさん足を運んでください。よろしくお願いします」と丁寧に頭を下げた。

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBSは、IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて、11月9日(金)から12月31日(月)まで上演される。また、9月15日(土)にスタートした尾上松也出演の“disc2”は10月25日(木)に千秋楽を迎える。

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBS

2018年11月9日(金)~12月31日(月)IHIステージアラウンド東京(豊洲)

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎 司
振付&ステージング:川崎悦子
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より

出演:
浦井健治 長澤まさみ/
高杉真宙 柳下 大/峯村リエ 粟根まこと 右近健一/
橋下じゅん/ラサール石井 ほか

オフィシャルサイト

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS

2018年9月15日(土)~10月25日(木)IHIステージアラウンド東京(豊洲)

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎 司
振付&ステージング:川崎悦子
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より

出演:
尾上松也 大原櫻子/
原 嘉孝(宇宙 Six / ジャニーズ Jr.) 浅利陽介/
高田聖子 河野まさと 村木よし子/
岡本健一/木場勝己 ほか

オフィシャルサイト