Review

『スーパー マリオパーティ』全部新作80種類のミニゲーム&世界と遊んでパーティ!

『スーパー マリオパーティ』全部新作80種類のミニゲーム&世界と遊んでパーティ!

家族や友だち、みんなで楽しめるゲームの代名詞『マリオパーティ』シリーズ。Nintendo Switchに待望の新作が登場しました。今回はなんといっても、完全新作のミニゲームが80種類も遊べることと、オンラインプレイで世界中のプレイヤーと対戦できることが大きな特徴です。みんなでプレイするだけでなく、ひとりプレイでの楽しみもぐんと広がった本作。さっそく家族や友だちと一緒に体験してみました。

文 / 内藤ハサミ


おなじみのキャラクターを選べる!

まずは、使うNintendo Switchの台数(2台まで)、遊ぶ人数(4人まで)を決め、次に各プレイヤーの使用キャラクターを決めます。マリオ、ルイージ、ピーチ姫にクッパなどのおなじみのキャラクターから、ヘイホーやチョロプーなど、個性的な敵キャラクターも選択できます。個人的にはテレサとヘイホーがすごく好きなので、プレイヤーとして使えるのが嬉しいですね。

▲本作はコントローラーを横に持って使います。プレイ環境の画像がわかりやすいです

▲4人に人数が満たない場合は、CPUが参加します。CPUキャラクターと、その強さもプレイヤーが設定可能。もちろん、おまかせにもできます

さて、使用キャラクターが決まったら、会場である“パーティプラザ”へ移動。1Pのコントローラーを持っているプレイヤーが操作をし、キノピオが受付をしている5つのカウンターか、キノピオから貰えるタブレット端末“キノパッド”でゲームにエントリーします。丸いテレビ型の“オンラインアスロン”はオンラインプレイの窓口(オンラインプレイをするには、有料のNintendo Switch Onlineへ加入が必須)。初期状態では選ぶことのできないカウンターもありますが、これはミニゲームをすべてクリアすると開放される特別な場所です。さらに、パックンフラワーの生えている土管もありますが、ゲームを進めていくとここにも入れるようになるんです!

▲キャサリンじゃないの! 久しぶり~。懐かしのキャラクターもパーティプラザに来ていて、話しかけることができます。初期状態では使用できないプレイヤーキャラクターも、開放されるとここにやってきます

面白そうな場所がいろいろあって目移りしてしまいますが、ちょうどこの記事を書いている期間に我が家でホームパーティを開催したので、友だちと一緒にワイワイプレイした模様を紹介していきましょう。

ホームパーティで遊んでみた

みんなで集まって、美味しいものを飲み食いしている我らのホームパーティ。キッズは筆者の娘ひとりだけで、あとは全員大人という構成です。力の差が出てしまうのではないかという懸念はありますが、まずは5つのカウンターから協力プレイモード“リバーサバイバル”をプレイしてみます。リバーサバイバルは、ジャングルの渓流をボートで下りゴールを目指すゲーム。コース上の赤いバルーンにぶつかると始まるミニゲームをプレイしながら、いくつかの分岐点があるコースを切り抜けていきます。プレイヤー4人の力を合わせてオールを漕ぎ、時間切れになるまえにクリアしなければなりません。

▲ミニゲームをプレイすると残り時間も増えるので、積極的に当たっていきましょう

▲メンバーはこの4人。筆者は撮影係です。さて、無事ゴールできるかな?

▲ミニゲーム開始まえには必ず練習と操作方法のパートがあるので、数多いミニゲームのルールが覚えきれなくても大丈夫。初めての人とのプレイでも安心です

▲コントローラーを上に振って網をすくいます。かけ声でタイミングよく。どうしてもブレブレの写真になってしまいますが、それだけみんなが体中で楽しんでいるんです!

▲コース上には、岩などの障害物が多数配置されています。オールは左右2人ずつ担当するので、4人の息が合わないと狙ったところに進むことはできません。常にコミュニケーションをとりながら漕ぎます

▲リザルト画面では、今まで通ったルートがわかります。ゴールはどうやら5種類あるようですね。すべてのゴールにたどり着くと、いいことが!

全員が初めてのプレイということで、ルートの途中でタイムが尽きてしまいましたが、このあとも何回かプレイを重ね、めでたくゴールにたどり着くことができました。それにしても、大人と子供が同条件で、お互い手加減なしのプレイができるゲームは貴重です! 今回集まったのは、全員ゲーマーの仲間だったので、6歳の娘が置いてけぼりにならないか多少心配だったのですが、まるで問題なく楽しめた……というか、むしろハプニングが楽しかったんです。思わぬミスに悲鳴を上げたり、ふいに飛び出した珍プレーに爆笑したりと、大いに盛り上がりました。

リバーサバイバルのほかにも、シリーズ定番のすごろく“マリオパーティ”、2人ずつのタッグを組んですごろくをする“マリオパーティ2on2”、シリーズ初登場のコントローラーを振ってリズムに乗る“なりきりビート”、そして、ミニゲームを選んで遊べる“ミニゲームモード”があり、それぞれに趣向を凝らしたルールでゲームを楽しめます。なりきりビートとミニゲームモードはサッと短時間で楽しむことができ、すごろく系はじっくり時間をかけてプレイするタイプのモード。どれでも気軽に始めることができます。

1 2 >