Interview

家入レオが気持ちを開放し見つけた新しい景色

家入レオが気持ちを開放し見つけた新しい景色

前作に続き、多保孝一とともに仕上げた新作は、“希望”をテーマした作品。これまでにはなかった曲調への挑戦や言葉の選び方には、彼女自身の環境や気持ちの変化がかなり反映しているようだ。歌に込められたメッセージから、家入レオの視線の先を感じたい。

インタビュー・文 / 前原雅子 撮影 / 藤城貴則


「僕たちの未来」は、前作「Hello To The World」に引き続き多保孝一さんプロデュースによる楽曲ですが。ドラマサイドから楽曲に関してのリクエストなどは。

家入 ありました。ミディアム調の曲で、ドラマのテーマが命という繊細な題材なので、希望を感じられる曲にしてほしいと。悲しい気持ちにならないっていうのが、重要なキーワードだったんですけど、私自身もちょうど明るい曲を作りたいと思っていたので、運命を感じました。多保さんに「こういうリクエストがあって、こういうことを歌いたいので、メロディーもこうしてほしい」ってお話して。そしたらこれまでない、かなりダンスミュージックに寄せた曲があがってきて。

こういうタイプの曲は、プライベートで聴いたりしていたんですか。

家入 最近聴くようになって、実はやりたいと思ってたんです。以前は、普遍性を大事にするスタンスで作ってたところがあったんですけど、そうすると必然的に最新のスタイルのものじゃなくなるんですね。だけど今は最新のエッセンスも入れたい、古くなってもいいって思うようになって。私がリリースするのは2016年なんだから、そこでちゃんと認められれば残っていくんじゃないかって思ったとき、一歩踏み出すことができましたね。

ieiri_mirai0053

それにしても、とにかく曲調で驚かされますね。「Hello To The World」にも驚きましたけど、まだまだそれまでの家入レオ色がある、序の口でしたね。

家入 原型はありましたね(笑)。でも今回はほぼないというか。多保さんがドラマの意向を汲みつつ、私の新しいイメージを考えてくれたからこそのものだと思うんです。

歌詞のテーマなどにもリクエストが?

家入 いえ。ただお話をうかがって大事だと感じた“明るい”“希望”っていうことを頭に置いて書こうと思って。私にとっての希望、未来ってなんだろうって考えていったんです。大切なもの、希望と思ったとき、歌を聴いてくださる人たちって言葉がポーンと自分から返ってきて。無意識にそういう気持ちになれたことがうれしくて。自分から“僕たち”っていう他者を感じられるワードが出てきたことがすごくうれしかった。

自分にとっては大きな変化だった?

家入 もう本当に。いろんなことがあるけど一緒に歩いて行こうね、歳を重ねていこうねっていう気持ちを、初めて曲に落とし込めたなって。……なんか前は明るい前向きなことを歌うのに抵抗があったんですよね。

それはどういうことですか。

家入 東京に来たのが16歳で、若い女の子が歌う曲みたいに捉えられることが、すごく嫌で。だからどっか陰が出てないと若い女の子って思われてしまいそうで、明るい曲を書こうと思っても、いつの間にか闇の要素が多くなったりしてたんですけど。やっとそこから離れることができたので。この曲も痛みとか苦しみはあるけど、出口は光のほうを100%向いてるっていうか。そういう曲を書けたのは初めてでした。

“私の音楽で遊んで”って思えるようになりました。

そうなれたのは、なぜだと思います?

家入 「君がくれた夏」以降、自分をとりまく環境がガラッと変わったからだと思います。いろんな出会いと別れがあるなかで、家入レオっていう船の舵の切り方が変わってきたというか。“神様が違うところに導こうとしてる?”っていうのがすごくあったんですね。だったらこの流れに乗って、いろんな事に挑戦してみようって思って。だから今、ホントに制作が楽しくて。“私の音楽で遊んで”って思えるようになりました。

それは誰に対して? 

家入 制作現場のみんな。前は“私の領域は侵さないでね”っていうところがあったと思うんです。でも扉を閉ざしてるのは、すごくもったいないって思うようになって。今回もミュージシャンの方に、アドリブで弾いていただいたところもたくさんあるし。音に対して自由になってきたし。私の言葉と私のメロディーにちゃんと責任を持てるようになりました。何より遠慮がなくなってきたから。

遠慮?

家入 右も左もわからない子どもの頃から、お世話になってた方がたくさんいたので。そこに対して感謝の気持ちがすごく膨らんでいて。でも全部が新しく見えて楽しかった最初の1~2年が過ぎて、3~4年目からちょっとずつ自分でやりたいことが出てきて。

感謝が気持ちのストッパーになってたわけですね。

家入 一つひとつ言っていたらキリがないくらい感謝することがあったので。でも時間とともに変わってくるところもあるし、気がつくこともあるから、最初に作った“家入レオ号”という乗り物が、だんだん窮屈になってきた部分もあったんですね。なんていうんだろうな……、音楽は好きだし、やっていきたいけど、今の“家入レオ号”を一回終了させたいと思ったことも、実は何回もあって。

ieiri_mirai9913

最初にそう思ったのは、いつですか?

家入 ……デビューの翌年には思ってたと思います。で、その後もたびたびそう思ってて。なんか恥ずかしい、みたいな感覚というか。卒業文集をずっと見られてる感じがしたんですよね。そのときはすべて精いっぱいでやってたけど、みたいな。

もしかすると最初の“家入レオ号”は、周りの人が用意してくれた感覚が強かった?

家入 そうだと思います。なにせ当の本人が何もわかってなかったから(笑)。でもその人たちがいたから、今こうして歌えてるわけなので。本当に心から感謝してます。

だからこそ新たに“家入レオ号”を作りたいと思ったときは。

家入 こんどはみんなで作りたいと思いました。プラス、自然体でやっていきたいなぁとも思いました。前は結果的に、かなり気張ってた部分があったので。

1 2 >