Interview

SIX LOUNGE 新作『ヴィーナス』の伸びやかなボーカルとタフなバンド・アンサンブルが拮抗する魅力はいかにして生まれたのか?

SIX LOUNGE 新作『ヴィーナス』の伸びやかなボーカルとタフなバンド・アンサンブルが拮抗する魅力はいかにして生まれたのか?

前作リリース後の対バン・ツアー、そして夏のフェス・シーズンを通して、いよいよライブのエネルギーの高さが注目を集めているSIX LOUNGE。その勢いに乗って、前作『夢うつつ』からわずか半年で、新作が届いた。
新作『ヴィーナス』は、ライブでも威力を発揮しているタフなバンド・アンサンブルをしっかり聴かせながらも、いっそう伸びやかに声を響かせるボーカルが印象的だ。
ここでは、先の対バン・ツアーの話から始めて、ライブとの関わりのなかでどんなふうに新作が生まれ、その新作の曲たちがライブにどんなふうに持ち込まれていくのか、ライブ目線で新作の制作をメンバー3人に振り返ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 日隈天明

最近は程よく力を抜いて、でも熱く、バランスのいい感じで(ライブを)やれてると思います。

まず、初回限定盤にその映像を収めたDVDが付きますが、前回のツアーのファイナル公演の感触から聞かせてください。

ヤマグチ あまりファイナル感はなかったですね。終わっちゃったな、みたいな感じで。でも、あの日はめちゃくちゃ緊張してたんですけど。“やるぜ!いまからファイナルだ!”みたいな感じは全然なかったです。

それは、ツアー全体があっという間に過ぎていったということでしょうか。

ヤマグチ そうですね。あっという間でした。

そういう感じでツアーが過ぎていくことは、経験的にはいいことなんですか。あまり良くないことですか。

ヤマグチ いつも通りでやれたな、というふうには思っていて、それでもちゃんと緊張感はあったので、そう考えれば良かったんじゃないですかね。

イワオさんは、あのライブの感触はいかがでしたか。

イワオ 普段とあまり変わらない感じでした。お客さんの感じが東京、って感じでしたね(笑)。東京は、独特の感じがあるんですよ。

ナガマツさんはいかがでしたか。

ナガマツ すごく、はちゃめちゃにやったな、という感じです。

それは、ナガマツさんとしてOKなんですか。

ナガマツ いいと思ってます。変に、うまくやろうとしないのは。熱量もあるし。

前回のインタビューでは、「去年暮れのクアトロのとき前半は全然憶えていない」という話がありましたね。

ナガマツ リキッドのときもあまり憶えてないです。ライブになると、カーッと気持ちがアガって、それだけになっちゃうんですよね。

同じく前回のインタビューで、「ライブは考え過ぎると良くないから、そうならないように」と話されていました。

ナガマツ リキッドのときもそうですけど、最近は程よく力を抜いて、でも熱く、バランスのいい感じでやれてると思います。

今回はライブを意識してシンプルな曲を作ろうと思ってました。

さて、新作『ヴィーナス』の制作はどんなふうに進んだんですか。

ヤマグチ それはいつも通りで、ライブしながら曲を作って、という感じでどんどん作っていたアルバムですね。あらかじめ、何かイメージがあったわけではなくて。

曲作りに関して、「いろいろ考えるようになって、シンプルな曲が作りにくくなってきた」という話をされていましたが、今回は曲作りに関して何か意識したことはありますか。

ヤマグチ まさにそこがテーマで、今回はライブを意識してシンプルな曲を作ろうと思ってました。敢えてシンプルにしよう、と。作り込み過ぎないように。

「ライブを意識して」と言われましたが、やはりライブはシンプルな曲がいいな、という感覚もあるんですか。

ヤマグチ そうですね。ライブがいい感じになる曲が欲しいなという気持ちはありました。

例えばラジオから流れてくると“いい曲だな”と思うような曲はコード進行がシャレてたり、構成が凝ってたりする場合が多いですが、そういう曲はライブには向かないという面もあるんでしょうか。

ヤマグチ コード進行がシャレてたりすると、ライブでやるのは難しかったりしますから(笑)。やっぱりライブはドーンとやりたいというか、ライブではあまり考えたくないんで…。もちろん、難しいことをライブでもやってかっこいい人もいるので、一概に難しいのは良くないとは言えないですけど、それにしても俺たちとしてはライブもシンプルに見せたいし、そのためにもシンプルな曲が欲しかったということですね。

ヤマグチユウモリ(gt、Vo)

そういう話は、バンドの中ではしたんですか。

ヤマグチ いや、特にはしてないですけど、それこそ前回いろんな取材で「シンプルな曲を作りたい」ということは話しましたから。

そういうヤマグチさんの気持ちが、歌詞を書く際に何か影響することはありましたか。

ナガマツ 簡単なことだけを歌う、とか…。そういうイメージにつながったりはしたと思います。

(今回のレコーディングは)やりたいことをいろいろやらせてもらって、そういう意味でも楽しかったし。

前回のレコーディングは福岡のわりと人里離れたスタジオにこもってやったという話でしたが、今回のレコーディング環境はどんな感じだったんですか。

ヤマグチ 今回も同じところでやりました。

レコーディングに入るときには、すでに曲は揃っていたんですか。

ヤマグチ 揃ってました。というか、期間が2回に分かれてて、最初のレコーディングのときには「ピアシング」はまだできてなかったと思います。でも、他の曲は全部できてて…。

「ピアシング」はいちばん最後にできたんですか。

ヤマグチ そうなんです。レコーディングの期間と俺のやりたいことがちょうど合って、短い時間でちょうどやりたかったショート・チューンをレコーディングできたっていうことだったんです。

メジャーのレコーディングには慣れてきましたか。

ヤマグチ 前回と比べれば、すごくスムーズにいったと思います。やりたいことをいろいろやらせてもらって、そういう意味でも楽しかったし。

「ショート・チューンをやりたかった」という、その気持ちについてもう少し詳しく聞かせてください。

ヤマグチ ホント、俺のなかのイメージなんですけど、メロコアとか、速いテンポの曲をやってるバンドがステージの去り際に、いったん終わったと思わせておいて、それからショート・チューンをバーンとやって帰る、みたいな。そういうライブを見ててかっこいいなと思ってたんで。(出身レーベルの)THE NINTH APOLLOの先輩にもそういう曲を持ってるバンドがあるんですよ。だから、俺たちもそういうのをやりたいなと思って。

とすると、リリース後の全国ツアーの本編のいちばん最後の曲は「ピアシング」になりますか。

ヤマグチ というか、決めとかないで、でもテンションが上がったら毎回やっちゃう、みたいな(笑)。本編で5回くらいやっちゃってもいい、くらいのイメージで作りました。

作りたいと思っていたショート・チューンの曲作りに実際に取りかかってみて、作業はどうでしたか。

ヤマグチ すぐできました(笑)。意見はいろいろあったんです。「もうちょっとほしい」とか、言われたんですけど、俺が「これがいちばんかっこいい」と言い切ったんですよ。いろいろ言われても、揺るがなかったですね。

「やりたいことをやらせてもらった」という話でしたが、他にはどんなことがやれたんですか。

ヤマグチ すごいデカい音でギターを録りたいなと思ってたんですけど、スタジオもすごく鳴るスタジオだったんで、もう爆・爆音で録りました。ウィヤーンっていうフィードバックをガンガンに入れたりするのもめっちゃ楽しくて。それから、いろんなエフェクターを咬ましてグシャグシャにした音をデカく鳴らしたのを録ってもらって、それをいろんな曲に薄く入れてもらったりとか。そういう作業も楽しかったです。

今回、ギターをデカい音で録りたいと思ったのは、前作のギターの音にもの足りなさを感じたんですか。

ヤマグチ ちょっと考え過ぎて、繊細な音になってるかなという気がしたんですよね。今回は、ジャーンと弾いて、かっこいいと思ったらそのまま録るのがいいなと思ってたんです。

1 2 >