Interview

SIX LOUNGE 新作『ヴィーナス』の伸びやかなボーカルとタフなバンド・アンサンブルが拮抗する魅力はいかにして生まれたのか?

SIX LOUNGE 新作『ヴィーナス』の伸びやかなボーカルとタフなバンド・アンサンブルが拮抗する魅力はいかにして生まれたのか?

メロが強い曲ができちゃったので、しっかり歌ってますね。

イワオさんは、今回のレコーディングを振り返って印象に残っていることは?

イワオ 期間が短かったんで、それで焦ったところはありましたけど…。例えば「ラストシーン」のサビのベースは動いたほうがいいのか、普通にルートを辿っていったほうがいいのか、いろいろ考えて迷う、みたいな場面がありましたね。

そういう場合、自分で結論を出してからレコーディングに臨むんですか。それとも、やりながら「どっちがいい?」とかみんなに聞きながら決めていくんですか。

イワオ 「どっちがいい?」はないんですけど、「ラストシーン」のときは最初決められず、「次の日までに考えてきます」ということにしてもらいました。

ナガマツさんは、今回のレコーディングを振り返って何か印象に残っていることは?

ナガマツ わりと早く録り終わったんですけど…。ドラムは後から録り直せないんで、レコーディングに入る前にまとめる作業があるんですけど、そこでなかなかまとまらないということはありましたね。ただ、音が前回よりもめちゃくちゃ良く録れたので、そこは満足してます。

そこは、何か工夫した結果ですか。

ナガマツ 単純に、叩き方をいろいろ勉強しました。力任せにやるんじゃなくて、ドラムを鳴らそうと思って鳴らすっていうか。そのあたりを、前回のレコーディングでドラム・テックさんとかなりガッツリやったんですけど、それを今回最初から意識してやったら、いい音になりましたね。

ナガマツシンタロウ(Dr、Cho)

なるほど。みなさんの狙い通り、それぞれの音がガツンとした感じで鳴っていると思うんですが、それにもかかわらずというか、全体の印象としては歌モノ感が強い印象を持ちました。そのあたりはいかがですか。

ヤマグチ それも狙い通りというか、メロが強い曲ができちゃったので、しっかり歌ってますね。これでもけっこう歌を削ったところがあるし、間奏を入れて歌だけにならないようにしたりしてるんですよ。ただ、俺としてはこれがシンプルなメロディだと思ってるんですけど、そうでもないですか。

シンプルというか、オーソドックスというか。例えば「青に捧ぐ」という曲は、8分の6拍子のロッカバラードの王道に則った曲だと思います。冒頭に「ライブを意識した曲作り」という話もありましたが、「青に捧ぐ」などはセット・リストを考える上で8分の6拍子のこういうタイプの曲が欲しいなと思って作った、という気持ちもあるんですか。

ヤマグチ それは、その通りです。俺の曲に、こういうのはなかったんで、こういう曲を作りたいなと思って作りました。

悪いライブをやった夜は死にたくなりますけど、でもだいたいお酒飲んで忘れちゃいます(笑)。

歌詞について聞かせてください。今回の曲たちの歌詞を書い時期はどんな精神状態だったですか。

ナガマツ わりと前向きな感じだったと思うんですけど…。前回はけっこう夜のイメージというか、俺のなかでは暗い感じなんですけど、そういうジトジトッとした感じは今回はないですよね。

前回が夜のイメージだとすると、今回は夜を超えていく感じですね。

ナガマツ そうですね。わりと明け方に近いというか(笑)。

(笑)。その歌詞を、ヤマグチさんが歌うわけですが、歌入れについては今回何か印象に残っていることはありますか。

ヤマグチ どれもスムーズだったんですけど、「憂鬱なブルー」だけはかなり時間がかかりましたね。

歌詞の内容や、その歌の世界に自分がピンとこないと、なかなか納得のいく歌が歌えないという話が前回ありましたが、ヤマグチさんは「憂鬱なブルー」の主人公にように、例えば♪脱ぎ捨てたシャツと少し疲れている心と言い訳たち♪の夢を見たりすることがないというようなことですか。

ヤマグチ そういう夢は見ないですねえ(笑)。あまり何も考えてないから、こういう感じにブルーになったりしないし…。

例えば悪いライブをやった夜に、その夢を見たりしないですか。

ヤマグチ 悪いライブをやった夜は死にたくなりますけど、でもだいたいお酒飲んで忘れちゃいますね(笑)。

(笑)。イワオさんは、良くないライブをやってしまった夜は、気持ち的にけっこう引きずるタイプですか。

イワオ そうですね。でも、外には出さないと思います。一人の時間に考えたりはするんですけど…。夢にまで出てきたりはしないですけど、シャワー浴びながら考えたりはします。やっぱりそれは、自分のなかで完結させるべき問題というか、周りを巻き込んだりすることではないと思うんですよね。自分の責任でそうなってわけだし、自分が変わればいい話なんで。

イワオリク(Ba、Cho)

ナガマツさんは、良くないライブをやってしまった夜はどうなるんですか。

ナガマツ “ああ、ダメだなあ…”って感じの日は、もう酒も飲みたくなくなって、早くホテルに帰りたいと思ってしまいます。「憂鬱なブルー」も、そういう時に書いた詞ですね。

今回はライブのことを考えて作った曲ばかりなので、それをライブでやるイメージはけっこうはっきりあります。

この新作がリリースされると、今度はワンマンの全国ツアーが始まります。対バン・ツアーだった前回とはまた違う意気込みなんじゃないかと思いますが、いかがですか。

ヤマグチ やりたいことをやっちゃうぞって感じですね。

ここまでの話を聞いていると、今回の制作を進めるなかでツアーのセット・リストのイメージがかなり具体化していったように感じます。

ヤマグチ 俺のなかでは、“この曲は1曲目にやりたいな”とか、“ここで、あの曲だな”とか、なんとなくのイメージができてきてます。本当に今回はライブのことを考えて作った曲ばかりなので、それをライブでやるイメージはけっこうはっきりありますね。

セット・リストは基本的にはヤマグチさんが決めるんですか。

ヤマグチ 「ここ、どうしよう?」と聞く場合もありますけど、だいたい俺が決めちゃいます。

そのときに、例えば“この並びだと、ちょっとドラムがきついかな?”とか、他のメンバーの都合は考えるんですか。

ヤマグチ まったく考えないです(笑)。自分の都合だけで、決めちゃいます。

それでやってみて、「この曲とこの曲を入れ替えてほしい」みたいな意見が出ることもある、と?

ヤマグチ いや、そういうことはほとんどないよね?

ナガマツ ほぼ、決まった通りにやります。やろうと思えば、なんとかなりますから。

イワオ それぞれに言いたいことはありますけど、でもそれを言い出したら切りがないし、それに歌いたいように歌ってくれるほうがライブ自体はいいのかなとも思うし。だから、“そこは自分ががんばるべきところだな”と思って、ユウモリに合わせてます。

では、今回も思い通りのセット・リストで臨んでください。

ヤマグチ (笑)、はい、がんばります!

その他のSIX LOUNGEの作品はこちらへ

ライブ情報

「SIX LOUNGE ONEMAN TOUR“LOVE”2018〜2019」

<2018年>
12月8日(土) 福岡・福岡BEAT STATION
12月13日(木) 大阪・umeda TRAD
12月14日(金) 愛知・名古屋APOLLO BASE
12月16日(日) 北海道・札幌BESSIE HALL
<2019年>
1月11日(金) 宮城・仙台MACANA
1月13日(日) 新潟・新潟CLUB RIVERST
1月18日(金) 岡山・岡山CRAZYMAMA
1月19日(土) 香川・高松MONSTER
1月25日(金) 広島・広島SECOND CRUTCH
1月31日(木) 東京・赤坂マイナビBLITZ
2月3日(日) 大分・大分TOPS

SIX LOUNGE

ヤマグチユウモリ(Gt、Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr、Cho)、イワオリク(Ba、Cho)。大分県発日本語ロックバンド(現在も大分在住)。2012年、ヤマグチとナガマツを中心に結成。大分ロックンロールハイスルクールvol.6とvol.7でグランプリを連続獲得。2015年、イワオが加入し、インディーズレーベルTHE NINTH APOLLOに所属。11月に1stシングル「メリールー」をリリース。2016年3月には1st フルアルバム『東雲』をリリースし、約30本におよぶツアーを敢行。2017年1月、ミニアルバム『大人になってしまうなよ』をリリースし、ワンマンライブ・ツアー「SIX LOUNGE ONEMAN“LOVE”」を開催。2018年4月25日、ユニバーサルミュージック/ZEN MUSICよりミニアルバム『夢うつつ』をリリース。

オフィシャルサイト
https://six-lounge.com

< 1 2