Interview

映画『生きてるだけで、愛。』主演の趣里が関根光才監督との対談で見せた素顔。「ヒロインは葛藤のある子。とても理解できた」

映画『生きてるだけで、愛。』主演の趣里が関根光才監督との対談で見せた素顔。「ヒロインは葛藤のある子。とても理解できた」

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』も映画化された、「劇団、本谷有希子」の主宰者・本谷有希子の同名小説を映画化した『生きてるだけで、愛。』が11月9日(金)より全国ロードショーとなる。

過眠症で引きこもり気味の寧子(趣里)と、ゴシップ雑誌の編集部に勤務する恋人の津奈木(菅田将暉)の姿を通して、“生きていくこと”に迫る意欲作だ。

エンタメステーションでは、感情のコントロールが苦手な寧子に扮して鬼気迫る演技を見せる主演の趣里と、映像作家として活躍し、本作が長編初監督となる関根光才の2ショットインタビューを実現。今年はドラマ『ブラックペアン』でも強い印象を残し、若手女優として他にない存在感を放っている趣里から、「絶対に自分が演じたいと思った」という本作に始まり、挫折を味わいエンタテインメントに救われた瞬間を、関根監督に映画化へのこだわりなどを聞いた。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 増永彩子


原作から本質を抽出した脚本に、趣里が「自分が演じたい」と共鳴。

趣里さんは、寧子に共感して、絶対に自分が演じたいと思われたそうですね。どんなところに共感したのでしょうか。

趣里 寧子は、「なんで自分はこうなんだろう」といったことをすごく考えていて、葛藤のある人だと思ったんです。私自身、そうした経験があります。辛いんだけれど救われたいし、希望はちょっとあるという状況。それがすごく響いてきました。自分も苦しいことがあっても、どうにか変えたいと思っている。でもなかなか1歩が踏み出しづらい。とても理解できたので、自分が演じたいと思いましたし、それって、状況や表現の仕方は違っても、みんなにもあることだと思うんです。だから私自身はもちろん、普遍的なものなんじゃないかなという感じもしました。

関根監督は脚本も書かれていますが、映画化にあたって、どういった部分を脚色してスポットをあてていったのでしょうか。

関根光才監督 大枠は原作に沿っていますが、結構違う部分もあるんです。もともと原作にあったコミカルな要素、本谷さんの軽やかなタッチをなるべく排除していって、大人の映画に変換することを意識しました。趣里さんも言っていましたが、普遍的な部分に触れていきたい、そこを明確にしたいというのがあったので。本質的な骨の部分だけを残して、そういう風に脚色していきました。

原作と脚本では趣が違ったかと思いますが、本質は同じということで、趣里さんも読まれたときに違和感はない状態でしたか?

趣里 私は脚本を先に読ませて頂きました。本谷さんの舞台はいくつも拝見していますし、ほかの小説も読ませていただいていたんですが、この原作は読んでいなかったんです。脚本と原作どちらも寧子の気持ちは一緒だったので印象はそんなに変わりませんでした。

ラストシーンは特に心に響きました。リハーサルをされてみて、脚本を変えたと伺っています。

関根 そうですね。感情の流れが大切ですが、順撮りではなかったので最後のシーンだけリハーサルをしました。

趣里 はい。先に撮ったんです。

あのラストシーンを。

関根 そうなんです。ラストに至るまで、特にこの映画が向かっていくクライマックスとなる屋上のシーンでは、ふたりはどういう感情になっていて、どういう関係性になっていくのか。せめて、ふたりがどう感じ合うのかというのは、さすがに見たいなと思いまして。

特別にリハーサルをきっちりされたと。

関根 撮影の前日に感覚をつかもうとリハーサルしました。やってみたら、脚本を変えたほうがいいと思う部分が出てきた。具体的な動きとして座る場所はどうしようとかそういうことを含めてね。そうしたことを何回か検証して、持ち帰って本を直しました。

趣里さんのナレーションも変わったそうですね。

趣里 はい。全体を見てださっているのは監督なので、よりしっくりくるものになりました。監督は、撮影の前に「自由にやっていいからね」とおっしゃってくださったので、いつもとても健康的に撮影できました。

関根 そうかな。

趣里 はい、本当に。ラストに関しても、ラストのナレーションに関しても。

あのラストシーンを先に撮るのは大変だったでしょうね。

関根 中盤のときくらいに撮ったのかな。

趣里 でも私としてはそれがすごくよかったです。最初は「え? 先に撮るの?」と思いましたけど、ラストシーンがしっかり存在してくれたので、やりやすかったんです。

関根 ゴールが見えた。

趣里 はい。

関根 もちろんみんな、できるだけラストは後でと思っていましたが、スケジュール的にどうしても叶わなかった。でもリハーサルをしてきっちり撮れたので、屋上のシーンは、そのラストをイメージして、そこに向かって撮ることができました。この映画は、彼女の最後の表情を、いかに美しく撮るかというのが本当のゴールだったんですが、彼女の表情を見たとき、僭越ながら勝ったと思いました。

趣里 アハハ。

関根 本当にすごくよくて。あのパワーがこの映画に付いたことによって、僕もスタッフも自信が持てた。

趣里 一体感を感じましたね。

1 2 >