Interview

デビュー30年のベテラン・シンガー高野 寛、初のアニメ主題歌を歌う。「時代のほうが歩み寄ってきてくれた」奇跡的コラボ実現の理由

デビュー30年のベテラン・シンガー高野 寛、初のアニメ主題歌を歌う。「時代のほうが歩み寄ってきてくれた」奇跡的コラボ実現の理由

とある書店のコミック売り場を舞台に、職場で起こるさまざまな出来事や人間模様を書店員の立場からコミカルに描くお仕事アニメ『ガイコツ書店員 本田さん』。この秋より放送中の本作において、OP/EDの両主題歌と劇伴音楽をトータルで担当しているのが、数々のアニメ音楽を手掛けてきた3人組テクノ・ポップ集団のTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDだ。

今回は、そのED主題歌「Book-end, Happy-end」をフィーチャリング・コラボという形で共作&歌唱した、今年でデビュー30周年を迎えるベテラン・シンガー・ソングライターの高野 寛との対談が実現。実はメンバー全員、学生時代から高野の大ファンだったという彼らが、その愛とアイデアを注いで作り上げた心がホッと温まる名曲について、たっぷりと語り合ってもらった。

取材・文 / 北野 創


「読後感」というテーマが設けられてたので、高野さんの歌声であればそのテーマにも合うな、と(松井)

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

まずは今回、テクノボーイズが高野さんをフィーチャリング・アーティストに迎えた経緯をお聞かせください。

松井洋平 高野さんは以前にChimaさんというアーティストの楽曲をプロデュースされたんですが(高野は『ハクメイとミコチ』のOP主題歌「urar」のサウンド・プロデュースを担当)、その時の担当プロデューサーがテクノボーイズの担当でもあるんですね。それで今回のED主題歌を作るにあたって、プロデューサーから「高野さんにお声がけする選択肢もあるけど、どうする?」と聞かれて、僕らは「マジか!?」となりまして(笑)。今回の楽曲は「読後感」というテーマが設けられてたので、高野さんの歌声であればそのテーマにも合いますし、試しにお声がけさせていただいたら、快諾していただけたんです。

高野 寛 実はテクノボーイズのプロデューサーからは、わりと以前から「機会があればテクノボーイズで歌ってください」とうっすら言われてたんですよ(笑)。Chimaさんを手掛ける前にも、『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』というアニメの挿入歌で、はっぴいえんどの「さよならアメリカ さよならニッポン」のカバーを歌わせていただいたことがあって、そのときからプロデューサーにグーッと手繰り寄せられて今に至るという感じで。プロデューサーの術にハマりましたね(笑)。

高野さんはその時点でテクノボーイズのことはご存知だったのですか?

高野 申し訳ないけど何となくしか知らなかったんだけど、テクノボーイズという名前だけで想像できる部分はあるので(笑)。

石川智久 それはアート・リンゼイにも同じことを言われました(笑)。

松井 でも、テクノボーイズという名前で僕らの本当の意味での音楽性を想像できるのは、高野さんだからだと思うんですよ。

高野 たしかに今のいわゆるテクノの雰囲気と、テクノボーイズが追求してる80年代のオリジナルのテクノ・ポップとではかけ離れてるところがあるもんね。で、仕事をするにあたっていくつか(テクノボーイズの)動画を観させてもらったんだけど……。

テクノボーイズの3人 うわ~っ!(悶絶する)

高野 予習はしておかないといけないからね(笑)。そしたら80sな感じだったんで、自分の知ってるテクノだったし、リアルタイム世代なんだなと思って安心しました。

テクノボーイズの皆さんの、高野さんの音楽との出会いは?

松井 自分は中学校ぐらいですね。これは変な話になりますけど(笑)、当時聴いてて高野さんの音楽は澄んだ河みたいなイメージがあったんですよ。それは音回りが理由だと思うんですけど、すべてのサウンドが整えられた状態で、歌がすごく抜けてくるし、音の一粒一粒が印象的だと感じたんですね。メロディラインも大好きで、当時の他のアーティストさんと比べて飛びぬけて世界観が違うと思ったんです。僕は学校帰りに高野さんの歌を歌いながら帰ってたぐらい好きでしたから(笑)。

石川 たしかに歌ってた(笑)。

フジムラトヲル このふたりは高校の同級生なんです(笑)。

松井 だから高野さんの言葉やメロディラインは自分の中にはいってますし……これは今初めてご本人に告白しますけど、自分が初めて作ったオリジナル曲はもう、高野さんの曲の丸パクリなんですよ(笑)。

一同 (爆笑)

高野 今度ぜひ聴かせてください(笑)。

松井 マジですかー!!顔から火が出そう(笑)。

高野 でも創作は、誰でも誰かに影響を受けて、最初はコピーから入っていくものだから。僕の場合はそれがトッド・ラングレンだったり、YMOだったりで。さすがにシンセでYMOのコピーは出来なかったけど、アコギで「中国女」を弾いたりしてたし。

高野さんに合わせすぎず、ちゃんとテクノボーイズらしさを出さなくてはいけないところが本当に大変で(笑)(フジムラ)

残りのお二人の、高野さんの音楽との出会いは?

フジムラ 僕は自分のお小遣いで初めて買ったレコードが、細野(晴臣)さんが手掛けたイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」だったんですけど、自分でアルバイトをして買った初めてのCDは高野さんの作品だったんです。僕の場合はCMで「虹の都へ」を聴いて「オッ!」と思って(「虹の都へ」は当時MIZUNOのTVCMソングに起用され、オリコン最高2位のヒットを記録)、そこから『RING』とか前の作品もさかのぼって聴いて、結局全部揃えちゃうという。ちなみに初めて打ち込んだ曲も高野さんの曲でした(笑)。

高野 ファンの鑑ですね(笑)。

石川 僕は昔からTV番組よりもCMとかCM音楽が好きだったんですけど、「虹の都へ」の少し前から歌もののタイアップ・ブームがきてたんですね。そんな時に「虹の都へ」が登場して、「何だ、このメロディーは!」と思ったんですよ。僕の中の歌の理論として、サビ頭に6度以上離れる音程があると絶対ヒットするというものがあるんですが、「虹の都へ」はまさにそれなんですね。例えばラッツ&スターの「め組のひと」も1オクターブ離れていますし。

高野 自分では分析したことないからわからないけど(笑)。

石川 僕は中学高校時代に、高野さんの曲をずっと分析してたんです。CDを買ってきて、ピアノで高野さんの曲を弾いてみると、コード進行の妙とかいろんなことがわかってくるわけですよ。

お三方とも学生時代から高野さんの楽曲に影響を受けてこられたとのことで、そういう意味では高野さんの音楽がテクノボーイズのルーツのひとつとしてあるわけですね。

フジムラ 間違いなくありますね。だからと言って高野さんに合わせてもおもしろくないですし、ちゃんとテクノボーイズらしさを出さなくてはいけないんですけど、それは本当に大変なことで(笑)。

松井 間違いなくありますね。せっかくそんな方とコラボさせていただくのに歌だけだと寂しいということで、今回は作詞やギターの演奏もお願いすることになったんです。

高野さんはこれまでもさまざまなアーティストとコラボをされてますが、テクノボーイズとの共作はいかがでしたか?

高野 最初に松井くんから作詞のヒントになるようなキーワードや散文を書いたメモをもらったんだけど、そこにブックエンドのことが書いてあるのを見て「なるほど」と思ったんですよ。「ブック」で「エンド」だと「本の結末」ともとれるから、そこから歌詞を書き始めていって。だから最初の〈いつも背中合わせ 支え合いながら 僕ら〉というフレーズはブックエンドのイメージなんですね。あとはすんなりと世界観が広がっていって。その頃僕は平野啓一郎さんの小説を読むことにハマってて、眠る間も惜しんで本を読む心理を久しぶりに味わってたので、そういう気持ちも込めて結構ナチュラルに書けました。

なるほど。

高野 でも一方で、僕が歩んできたところとは全然違う独自の進化をしてる音楽だということを感じて。楽譜ひとつを取っても、僕はプレイヤーたちが見て演奏するためのコード譜を使ってきたんだけど、テクノボーイズから送られてきたものは、コードが書いてあるんだけど暗号を読むような感じで、見たままに弾いても弾けないんですよ(笑)。

石川 それはきっと私がギタリストじゃないからだと思います(笑)。

高野 でも、おそらく打ち込みのコード解釈みたいなところもあると思うんですよ。アコギに関してはそのコード譜を翻訳するような作業もあったけど、エレキに関してはこれまでもテイトウワくんの作品とかでテクノのトラックにギターを乗せる作業をたくさんやってきたので、そのフィーリングで自由にやらせてもらって。たぶん、「みんなが思ってる90年代の高野寛のポップス」とテクノボーイズの融合みたいなテーマがあって、その落としどころを見つけるために、一緒にスタジオに何回か入ってセッションもして。その経験はおもしろかったですね。

松井 僕らはたぶん全員が「高野さんが歌うのであればこうしたい」というビジョンがあったので、普段よりも苦労はなかったかもしれないです。ファーストインプレッションの時のキラキラした印象とか、「あの頃の高野さんが使ってたのはこういう音だろう」というものに合うシンセをひっぱり出してきたりして。でも、それが意外と高野さんが当時使ってたシンセとは違うんですよ(笑)。

高野 そういうところも含めておもしろかったよね。

1 2 >