Interview

BIGMAMA 「バイオリニストがいるロックバンド」という唯一無二な存在をしっかりと示したというメジャー1stアルバムについて訊く。

BIGMAMA 「バイオリニストがいるロックバンド」という唯一無二な存在をしっかりと示したというメジャー1stアルバムについて訊く。

金井が持ってる考えって、こうやって作品になると、いろいろ推測もできるけど、フラッシュ(アイディア)の段階では、到底わからない部分が多いですよね(柿沼)

なるほど。今回、金井くんが身体をコンセプトで作るっていうのを聞いたとき、柿沼くんは、どんなふうに思いましたか?

柿沼 ふーん……って(笑)。

金井 寸分たがわず「ふーん」だよね。

柿沼 やっぱり金井が持ってる考えって、こうやって作品になると、いろいろ推測もできるけど、フラッシュ(アイディア)の段階では、到底わからない部分が多いですよね。金井が、「家に滝を作りたい」って言われてもわからないじゃないですか。「プールを作りたい」だったら、「いや、維持費大変だよ」とか、なんとなく想像して話せるんですけど。それぐらいワケがわからない部分があるんですよ。

金井 でも、今回は説明したほうだよ。

柿沼 って言ってるけど、全然説明してないですよ。金井のなかでは説明したと思ってる。でも、そこのわからない部分っていうのが面白いんですよね。「滝ができた」って言ったら、じゃあ、見に行くしっていう。

金井 あの……僕が「滝を作りたい」って言ってないことだけ、ちゃんと書いておいてください(笑)。

逆に僕は、歌詞を知らなくても楽しめるような部分も突き詰めたいので。そういうふうにやってるところはありますね(柿沼)

さっきの柿沼くんの「ふーん」っていうのも、別に興味ないとかじゃなくて、金井くんのやりたいことを尊重してるっていうことなんでしょうね。

金井 (メンバーは)みんな職人なんですよ。プレイヤーとしてプロフェッショナルっていう向き合い方を、自分たちのバンドでしてくれてるんです。

柿沼 音楽って、いろいろな聴き方があると思うんですよね。金井は、歌詞の仕掛けを楽しみたい人に向けて一生懸命がんばってるんだろうし。逆に僕は、歌詞を知らなくても楽しめるような部分も突き詰めたいので。そういうふうにやってるところはありますね。

なるほど。あと1曲、アルバムの幕開けを飾る「YESMAN」がかっこいいです。「BIGMAMAのアルバムがはじまった!」っていう壮大なオープニング感があって。

柿沼 これは、もともとまったく違う打ち込みのデモがあって。そのメロディがすごくよかったから、バンドでやったらかっこいいんじゃないかって作り始めた曲ですね。

金井 2年前ぐらいから、僕と柿沼とリアドでデモを作ってたんですけど、そのときの僕らのトレンドとしては「地味な曲だな」と思ってたんですよ。でも、原石として「かっこいいな」っていうのはあったから、どこかでちゃんとやり直そうよっていう感じで。

柿沼 改めて生ドラムで叩いたら、リズムが変わって、世界が膨らんでいって。最終的には、歌詞からもサウンドからも「幕開け」を感じる、1曲目に相応しい曲になりましたね。

金井 結果的に、このアルバムでバンドの心意気を表明するのは、リード曲ではなくて、1曲目になったんですよね。僕らが他のバンドとは違うっていう線引きに、いちばん筆圧を加えてくれてるのが、この曲だと思います。他のロックバンドができないことをする。自分たちしか選ばないことを選ぶっていう。……若干、僕は日本のロックシーンに飽きてますから。

日本のロックシーンに飽きてる?

金井 当然、かっこいいなと思うバンドもいるけど。そこに肩を並べていくためには、自分たちの存在証明をしていかないと、同じ土俵に立てないので。それが、この曲なんです。

このCDに出会ってくれた人の人生を肯定したいっていう気持ちは120%あって(金井)

この曲、“あなたのすべてのYES”というフレーズがいいですね。イエスマンって、目上の人に媚びる、良くない意味でも使われるけど、これは完全に肯定の意思しかなくて。

金井 ロックバンドにできることは、その人の人生を肯定することだけだと思ってるんですよね。“あなたのすべてにYES”っていうことが、自分のいちばん言うべきことだと思ってるから。僕は、音楽のなかで細かい主義主張はしなくていいんです。5人で作ったものに、そういう主張をのせようと思ったことは一度もない。ただ、このCDに出会ってくれた人の人生を肯定したいっていう気持ちは120%あって。ただそれだけですね。

このアルバムのなかで、金井くんの主張があるのはこの曲だけですか?

金井 「YESMAN」の“あなたのすべてのYES”っていうことと、「CRYSTAL CLEAR」の“僕らの愛に一点の曇りなし”で終わるところだけですね。それ以外は、作家として向き合ってるので。その2行にだけ、この作品に出会ってくれた人に対する想いがある。それも狙って書いたというよりは、書き終わったあとに見えてきたという感じですけど。

このアルバムに『-11℃』というタイトルをつけたのは?

金井 もし本当に知りたかったら、BIGMAMAのアルバムを1枚目から聴いてくれたら、きっと何かを見つけられると思います。初見の人の興味を引いて、長くつき合ってくれる人も楽しめるものが理想だと思ってるので、このアルバムはそういう配分でできてるんです。

ここで全て種明かしをしてしまうのも野暮なので。それぐらいの説明で十分だと思います。最後に、今作『-11℃』を携えた全国ツアー「+11℃」が12月25日から始まります。タイトルが、マイナスからプラスになりますね。

金井 棒が1本増えただけですね。

柿沼 いつものようにツアータイトルは言葉遊びなので、そこに何かをこめてるわけではないんですけど。唯一、いままでのツアーと違うなと思ってるのは、今回はアルバムの曲だけをやるツアーにはしないかなと思ってます。やろうと思えば、『-11℃』をしっかりと表現するライブもできるとは思ってるんですけど。過去の曲とのつながりを大切にしたアルバムでもあったりするので、それがつながったときに、どういう景色が広がるのか、楽しみにしていてほしいし。それを感じてくれたお客さんを目の当たりにして、また僕らもいろいろな感情が出てくると思うので。そういうツアーになるんじゃないかなと思ってます。

金井 いままでの作品と、すごく整合性がとれたアルバムだと思うので。1枚目から7枚目までを、しっかり組み込んだうえで良いライブができたらなと思いますね。

その他のBIGMAMAの作品はこちらへ

ライブ情報

リリースツアー「+11℃」

<2018年>
12月25日(火) 東京 マイナビBLITZ赤坂
<2019年>
1月13日(日)  広島CLUB QUATTRO
1月14日(月祝)  福岡DRUM Be-1
1月20日(日)  香川 高松MONSTER
1月22日(火)  静岡Live House浜松窓枠
1月26日(土)  新潟LOTS
1月27日(日)  長野 松本ALECX
2月2日(土)  宮城 石巻BLUE RESISTANCE
2月3日(日)  宮城 仙台Rensa
2月11日(月・祝)  愛知Zepp Nagoya
2月16日(土)  大阪 なんばHatch
2月17日(日)  金沢EIGHT HALL
2月24日(日)  札幌PENNY LANE24
*詳細はオフィシャルサイトにて

BIGMAMA

バイオリンを擁する5人編成のロックバンド。
2006年にミニアルバム 『short films』 を RX-RECORDS / UK.PROJECT から発売しデビュー。2007年より現メンバーで本格的に活動開始。
バイオリンを生かし、ロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム『Roclassick』を発表するなど、日本のロック界に新たな革命を起こす。
現メンバーとなって10周年となった2017年、3月22日にアルバム『Fabula Fibula』を発売。5月14日母の日よりツアースタート、7月19日にはスピンオフ作品となるシングル「DOPELAND」を発売、9月6日にはキャリア初となるベストアルバム『BESTMAMA』を発売し、10月15日に開催された初の日本武道館公演はソールドアウト。
2018年、ユニバーサルミュージックとパートナーシップを組み、3月7日にメジャー1stシングル「Strawberry Feels」を発売。10月31日にメジャー1stアルバム『-11℃』を発売する。

オフィシャルサイト
http://bigmama-web.com

フォトギャラリー
< 1 2