Interview

PARIS on the City! にわかに注目を集める彼らならではの恋愛の描き方が、新作でなぜいっそうポップに響くのか?

PARIS on the City! にわかに注目を集める彼らならではの恋愛の描き方が、新作でなぜいっそうポップに響くのか?

いわゆるシティ・ポップス的な洗練されたサウンドを展開して支持を広げているバンドが目立つ最近のシーンにあって、この4人組はそうした心地よさをまとっていながらも、気取りのない馴染みやすさも感じさせて印象的だ。ともすればウェットな世界に浸ってしまいそうな恋愛の微妙な局面もカラッとポップに描いてみせる彼らの個性は、2ndミニアルバムとなる新作『寧ろ最低だった恋のストーリー』でいよいよ際立っている。
ここでは、現体制が整うまでの過程を振り返るなかで自らの個性を解説してもらうとともに、新作の聴きどころについてメンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

着てるものもちゃんとおしゃれにして、そういう音楽以外の部分にちゃんと気を使えるのは大事だなと思うんです。

明神さんは、ソロで活動しながら、このメンバーを集めて結成に至ったんですよね。

明神 ソロはすごく自由に活動できるんですけど、自分がやってる音楽はいろんな楽器が鳴ってるともっと可能性が広がるなというか、自分が表現したいことはバンドでないと100%表現しきれないなと思ったんです。

このメンバーは、どういうふうに集めたんですか。

明神 最初はサポートのベースとドラムと3人編成でやってたんですけど、そのベースの先輩に現在のドラムの阿久津くんを紹介してもらって、ギターとベースはSNSです。ただ、「ギター募集中」とか「ベース募集中」とかいろんなワードで検索して探したんですけど、それではいい人がみつからず、僕がアップしてた弾き語りの動画に「いいね!」してくれてた人のなかにギターの小林くんがいて、彼がアップしてる動画を見て、いいなと思ったんですよ。それは、ギターの演奏自体よりも映像の撮り方がうまいなと思って。そういうところにちゃんと気を使える性格というのは、僕がやってる音楽に絶対必要だと思うので、ベーシストもそれを基準に選んでいこうと、その時点で思ったんですよ。おしゃれなベーシストがいいって。それでまたいろいろ検索してるなかで田中くんをみつけたんですけど、ちょうどそのタイミングで彼がやってるバンドが解散すると書いてたので、すごいラッキーというか、縁があるなと思って。それですぐにDMを送って、まずは4人でスタジオに入ったんですけど、そこでみんな一緒にやろうという話になって、このメンバーが固まりました。

明神ナオ(Gt、Vo)

阿久津さんを紹介してくれた人は彼のことをどんなふうに紹介したんですか。

明神 「バンドを組みたいヤツがいるよ」って。

小林 (笑)、高校生みたいだね。

明神 (笑)、僕も必要なときにサポートを頼むという形は現実的にいろいろ無理があったので、やっぱり固定のメンバーがいいなと思って。

ただ、“バンドを組みたい”という気持ちだけではなかなか一緒にはやれないですよね?

明神 そうなんですけど、第一印象がすごく良かったんですよ。顔がおしゃれだなって思ったんです。

一貫して、メンバー選びのポイントはビジュアルですね(笑)。

明神 そうですね。着てるものもちゃんとおしゃれにしてたし、そういう音楽以外の部分にちゃんと気を使えるのは大事だなと思うんです。

そういうふうにしてメンバーが揃ったところで、音楽的にはやはり明神さんが作った曲を演奏するというのが大前提であるわけですよね。

明神 そうですね。

その明神さんの音楽に対して、3人のメンバーはどういうふう印象だったんですか。

小林 最初に「一緒にやりませんか?」と誘ってくれたときに、すぐに一緒にスタジオに入るというのではなくて、「まず俺の歌を聴いてから判断してくれ」ということで、弾き語りのライブを見させてくれたんですよ。そのライブがすごく良くて、それからスタジオに入ることになったので、僕は一緒にやるのがすごく楽しみでした。

阿久津 僕も最初にライブを見させてもらったんですけど、すごくわかりやすくてポップな音楽だったし、僕自身とにかくバンドをやりたかったので…(笑)。

小林 (笑)、高校生みたいに。

阿久津 なので、これはもう“やらないといけないな”という気持ちに自然となりました。

阿久津信也(Dr、Cho)

田中 僕は最初に音源をもらって、いろんなタイプの曲があるなという印象だったんですけど、それから4人でスタジオに入って、そこで「スーパースター」という曲を合わせたときの感覚が衝撃的というか…。そのときはまだ小林くんや阿久津くんとはまったく話をしていない状態だったんですけど、いい所に演奏してみると、いままでやってきたどのバンドでも感じたことがない、すごい一体感があったんですよね。昔からずっとやってきたような感覚で、それでもうこのバンドのメンバーでやっていこうと思いました。

1 2 >