Interview

MICHI 沖縄から来た、アニソンの申し子。その素顔とは?

MICHI 沖縄から来た、アニソンの申し子。その素顔とは?

人気アニメ『クロムクロ』のエンディング曲で苦労してさらけ出した感情とは?

2015年7月にTVアニメ「六花の勇者」のOP&ED主題歌「Cry for the Truth/Secret Sky」でデビュー。2ndシングル「Checkmate!?」(TVアニメ「だがしかし」OP主題歌)もスマッシュヒットを記録するなど、次世代アニソンシンガーの騎手として注目を集めているMICHIから3rdシングル「リアリ・スティック」が届けられた。TVアニメ「クロムクロ」ED主題歌として制作されたこの曲は、憂いと強さを共存させたボーカル、“「まだ生きたい」と願うのは あなたと出逢えた あの日から/心の深層(なか)呼吸している 温もりが在るから”というフレーズが響くドラマティックなナンバー。今年3月に20歳になったMICHIはここから、本格的なブレイクに向かって進み始めることになりそうだ。

インタビュー・文 / 森朋之  撮影 / 森崎純子


今日の衣装、“和”ですね!

そうなんです! ずっと「和柄を着たい」って言ってたんですけど、それが実現して。今、ステージパフォーマンスの練習のため、所作も習ってるんですよ。日本舞踊に半年くらい通ってるので。最初は先輩に連れて行ってもらったんですけど、すぐに惚れちゃって。着物の着付けも習えるし、すごく楽しいですねー。

着物を着る機会も少ないですからね。成人式は振袖だったんですか?

成人式は琉装(沖縄の民族衣装)だったんです。この機会じゃないと着れないと思ったし、そっちのほうがキレイかなって。久しぶりに会う友達も多かったんですけど、久しぶりすぎてどうしていいかわらからなかったですね(笑)。「アニソン歌ってんだなー」って声を掛けられたりもしました。

大人になった実感ってありますか?

3月30日が誕生日だったんですけど、そのときは少し実感しましたね。その日もお仕事で、終わったあとでスタッフのみなさんがお祝いしてくれたんです。でも、お酒は美味しくないです(笑)。どっちかっていうと子供のままでいたいんですよね、私。ホントは19歳のままでいたかったんですけど、ボーダーラインを超えちゃったから、20歳のままで止まっていたい(笑)。「大人の楽しさもあるよ」って言われるんですけど、まだわからないですね……。

michi_kuro02

まだ20歳になったばかりですからね(笑)。3rdシングル「リアリ・スティック」は、20代最初のシングルですね。

はい! 今回はTVアニメ「クロムクロ」のエンディング・テーマなんですけど、じつは私、シナリオを先に読ませていただいたんです。けっこうぶ厚い台本だったんですが、本当におもしろくて、すぐに読んでしまって。

MICHIさんとしては、どこに惹かれたんですか?

まずはヒロインの白羽由希奈とお父さんの関係ですね。由希奈はお父さんのせいでいじめられた経験があって、ずっと嫌っていたんですよ。でも、お父さんの本当の姿を知っていくうちに、少しずつ気持ちが変化していくっていう。由希奈とお母さんの関係も興味深かったです。お母さんは研究所の所長で、娘にすごく期待しているんです。でも、由希奈はそれほど勉強もできなくて……。P.A.WORKS(制作会社)さんが得意とする思春期の心の葛藤が描かれたヒューマン・ストーリーだと思います。

同時に“ロボット戦闘もの”としての側面もあるんですよね?

そうなんです。私、今までロボットものってあまり観たことなかったんですよ。そんな私でも「クロムクロ」の戦闘シーンはすごくおもしろいと思います。まるで人が戦っているかのような緊迫した戦いが繰り広げられて。

これを機会にガンダムやエヴァンゲリオンを観てみては?

観たいです! でも、一度観始めると長期戦になるじゃないですか。この春から始まったアニメも観たいし……。豊作過ぎるんですよ、今期は(笑)。

何本くらい観てるんですか?

新しいシーズンが始まると、まず1話目は全部観るんです。そこから厳選して7~8本くらいを観るんですけど、今期は10本以上観なくてはいけなくて、どれもやめられないんですよ。あ……上からですいません(笑)。

michi_kuro03

いえいえ(笑)。では「リアリ・スティック」の話に戻って。切なさ、強さが真っ直ぐに伝わってくる、素晴らしい楽曲ですね。

ありがとうございます! GLAYさんがオープニング・テーマ(「デストピア」)で、エンディングを私が歌わせてもらっていて。まさかGLAYさんと私の名前が並ぶ日が来るなんて、驚きしかないです。しかもデビューから3曲続けてElements Gardenさん(作曲/藤田淳平 編曲/岩橋星実)、RUCCAさん(作詞)というチームで曲を作っていただいたんですよ。なんていうか、いまだにヘンな感じなんですよね。Elements Gardenさんのスタジオに行くと、水樹奈々さん、宮野真守さんなどCDと並んで、私のCDも置いていただいていて、光栄というかおこがましいというか……。これが当たり前になることなんて、一生ないだろうなって思います。プライベートのMICHIもアニメ、アニソンが大好きだし、仕事以外ではただのファンなので(笑)。“慣れたくない”という気持ちもありますね。

なるほど。「リアリ・スティック」を最初に聴いたときの印象は?

本当に素敵な曲だなって。「リアリ・スティック」には“真実を貫く”という意味が込められていて、それは由希奈ちゃんの心情なんですよね。私もレコーディングのときは由希奈ちゃんになり切って歌おうと思ってました。「クロムクロ」はオリジナル作品で原作がないんですけど、事前に台本を読み込んで、自分の中で想像を膨らませてから歌いました。苦労したのはDメロですね。けっこうリアルな愛を描いていて……。

「愛に欺(あざむ)かれて…愛に泣かされても…愛に救われて 絆を知る」ですね。

私には色気がないので大変でした(笑)。ボイスレッスンの先生からも「MICHIは色気がない。もっとがんばって!」って言われてるんですよ。恋愛モノの映画やアニメ、マンガを読んだりして、自分なりに研究して。あとは壇蜜さんを見たり(笑)。いまだに悩んでますけどね、色気については。ただ、由希奈ちゃんは高校2年生だから、その気持ちはすごくわかるんですよね。私もいまだに反抗期なので(笑)。

michi_kuro04

MVの撮影はどうでした?

「リアリ・スティック」には負の感情も込められているので、それを表に出すのは難しかったですね。もちろん私の中にも負の感情はあるけど、人前には出さないようにしているんです。その慣れない感情をさらけ出して表現するということが大変で……。カットがかかっても、気持ちを引きずることもありました。

それだけ演技に集中していたということですよね。

そんなにいいものじゃないんですけどね(笑)。撮影場所は春日部市の(首都圏外郭)放水路だったんですけど、地下深いところにあって、すごく寒かったんですよ。しかもこの衣装で歌っていたから、寒さで身体が思うように動かなくて。今まででいちばん過酷だったけど、いい作品になったと思います!

ライブで「リアリ・スティック」を聴けるのも楽しみです。

キーが高いし、すごく歌い甲斐があると思います。この曲のいちばん高い音が出たら“今日はいけるな!”って自分のモチベーションも上げてもらえるというか。カップリング曲の「真夏のオーケストラ」もすごく高いんですよ。今回のシングルはずっと高い声でシャウトしている感じです(笑)。

「真夏のオーケストラ」は爽やかなアッパーチューン。こちらもElements Gardenの岩橋さんの作曲、編曲ですが、メロディの起伏も激しいし、確かに求められるボーカルのレベルは高いですよね。

このキーを歌える自分にビックリしました(笑)。「Cry for the Truth」のときは絶対に出なかった音域だから、“自分もちゃんと成長できてるんだな”って実感できましたね。この曲って、ボイトレで歌っていても自然と身体が動くんですよ。自分の中のキャピキャピ感が出せる曲ですね(笑)。

青春時代の恋愛のイメージもありますね。

ちょっと小悪魔っぽい感じですよね〜。そこもやっぱり少女マンガやアニメから想像していきました。私の経験値はほとんどマンガとアニメから作られてるんですけど(笑)、友達から恋愛の相談を受けることも多いんですよ。昨日も「(男性と)LINEを交換したんだけど、“昨日先に寝ちゃって返せなかった。ごめんね”“大丈夫”というやりとりがあって、その先をどうつなげていいかわからない」って相談されて。そういう場面は少女マンガでの鉄板のストーリだから「そういうときは……」って話したら「なるほどね」って(笑)。

michi_kuro05

(笑)。「真夏のオーケストラ」はライブでも盛り上がりそうですね〜。

そうなんです! 青空の下で、みんなにタオルを回してほしいなって。この前“初グッズ”を作ったんですけど、それが水色なんです。みんながタオルを回してくれたら、海みたいになると思うんですよね。

水色はMICHIさんのラッキーカラーだそうですね。島田秀平さんに見てもらったとか……。

そうなんです(笑)。手相を見てもらったら、私、“スター線”があるみたいなんですよ。タモリさん、鶴瓶さん、SMAPの中居さんと同じらしくて、すごいなって(笑)。もちろん、まだまだいろんな課題の“線”があるんですけどね。

今クリアしたい課題は?

ずっとそうなんですけど、リズム感を良くしたんですよ。ふだんからリズムを取る練習をしていて、電車に乗ってるときも体を動かしながら歌ってることがありますね(笑)。メトロノームに合わせてずっと手を叩いてリズムを確認したり……。あとはいろんなアーティストさんの曲を聴いて、感性を吸収したいなって思ってるんです。洋楽が好きなんですけど、海外のアーティストの方々が繰り広げるエンターテイメントって、すごい迫力じゃないですか。最近はバナナラマ、バックストリートボーイズ、インシンクを聴き直したり、フィフス・ハーモニーというガールズグループを聴いてますね。ソロのアーティストだと、アデル、ピンク、ビヨンセ、セレーナ・ゴメスとか。そういうのって、ぜんぜん義務感じゃないんですよね。Twitterとかには「仕事してきます」って書いたりしますけど、自分の中では仕事という感じよりも、好きなことをやらせてもらってるほうが強いので。だからこそ、苦しいことも乗り越えられるというか……幸せですよね、ホントに。

やりたいことも増えてる?

そうですね! ランニング・マシンで走ってるときも、スマホでいろんなアーティストのPVを観てるんですけど、“自分だったら……”って勝手に妄想していて(笑)。やりたいことは自分からアウトプットしたほうがいいと思うんですよね、最近。今回の和柄の衣装も「和柄が着たい!」と言ってたら実現したので。—シングル「リアリ・スティック」のリリース以降は、ライブ、イベントが続きますね。

はい。リリースイベントも5月14日から6月12日かけて全国で行うので、いろんなところで「リアリ・スティック」を届けられるなって。7月にはロスの“Anime Expo2016”にも出演します! いつかアメリカの地で歌いたいと思っていたので、すごくうれしいですね。ジャカルタ、シンガポールのイベントに出させてもらったときは“盛り上がってくれるかな?”って心配だったんですけど、みなさん、すごく楽しんでくれて。アニメファンの方々は本当に熱いし、アメリカでもきっと盛り上がってくれると思います。あとは私次第ですね。

「リアリ・スティック」の反応も楽しみですね。

そうですね。“「クロムクロ」の曲といえば、GLAYとMICHIだよね”って思ってもらえるようにがんばります!

リリース情報

5月18日発売

【初回限定盤】

【初回限定盤】

【通常盤】

【通常盤】

TVアニメ『クロムクロ』エンディングテーマ
リアリ・スティック

初回限定盤(CD+DVD)
PCCG-01524 ¥1,750+税
通常盤(CD ONLY)
PCCG-70317 ¥1,250+税
※DVDには「リアリ・スティック」のMVとメイキングを収録。

1.リアリ・スティック
2.真夏のオーケストラ
3.リアリ・スティック(Instrumental)
4.真夏のオーケストラ(Instrumental)

ライブ情報

7/1〜4 「Anime Expo2016」@Los Angels Convention Center
7/17 「海に恋して2016」@音霊OTODAMA SEA STUDIO
7/24 「BiliBili MacroLink」@上海メルセデス・ベンツ・アリーナ出演
8/7(日)「ナゴヤアニソンフェス2016 in名古屋城」出演
8/12~14 北米大規模アニメコンベンション出演
8/20(土)「京都アニソンフェス」出演

「リアリ・スティック」リリース記念イベント:東京・大阪・名古屋・沖縄で開催中

放送情報

TVアニメ「クロムクロ」 http://kuromukuro.com/
・TOKYO MX 毎週木曜日22:00~

・サンテレビ 毎週木曜日24:30~
・KBS京都 毎週木曜日25:00~
・チューリップテレビ 毎週土曜日25:53~

・BS11 毎週木曜日24:00~
・AT-X 毎週木曜日 21:00〜
・NETFLIX 毎週月曜日更新(独占配信)

プロフィール

MICHI


1996年3月30日生まれ。沖縄県出身。A型。アニメ不毛の地、沖縄から初のアニソン・シンガーとしてデビューした歌姫。アニソンシーンをトップでリードし続ける音楽クリエイター集団Elements Gardenのサウンドプロデュースにより、2015年7月にTVアニメ『六花の勇者』のOP&ED主題歌「Cry for the Truth/Secret Sky」で衝撃的なデビューを飾る。そのストレートで伸びやかな歌声と、音楽の街・沖縄コザで養われた、類まれなる表現力と、天真爛漫なキャラクターが高く評価され、未知なる可能性を秘めた次世代アニソンシンガーとして注目を集めている。デビューからわずか二ヶ月でインドネシアやシンガポールなどの海外でのライブも大成功に納め、荒削りながらも、大好きなアニメを媒介としてワールドワイドで言語の壁を超えたパフォーマンスは、天性のエンターテイナーとしての才能を垣間見ることができる。2016年1月には、2nd SingleはTVアニメ『だがしかし』のOP主題歌となる「Chackmate!?」をリリース、そして、5/18には3rd SingleとなるTVアニメ『クロムクロ』のED主題歌「リアリ・スティック」をリリースする。モットーは「アニメは地球語」。

オフィシャルサイト:http://michi-stbe.com/
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/Michi_Stbe