Interview

人気絶頂の伊藤健太郎、ドラマ『ルームロンダリング』で共演中のオダギリジョーへの“思い”を初告白!

人気絶頂の伊藤健太郎、ドラマ『ルームロンダリング』で共演中のオダギリジョーへの“思い”を初告白!

幽霊が見えるヒロイン・御子(池田エライザ)が、叔父(オダギリジョー)が探してくるワケあり物件に住んで事故の履歴を帳消しにしていくなかで、この世に未練たらたらな元住人の幽霊たちの悩み相談に振り回されつつ成長していく。

今年7月に劇場公開され、人気を博した『ルームロンダリング』が、劇場版キャストそのままに、登場する幽霊にゲストを招いてのドラマ版に生まれ変わった。MBSにて11月4日、TBSにて11月6日より放送中の本作で、御子を支える良き相談相手であり、御子のことが好きなのに、オクテすぎてなかなか気持ちを伝えられない青年・亜樹人を、映画版に続いて演じているのが、伊藤健太郎だ。

今年だけでも待機作を合わせ映画5本、ドラマ7本(単発含む)に出演し、そのうち今クールのドラマは『ルームロンダリング』と『今日から俺は!!』が放送されるノリに乗る伊藤に、演じた亜樹人の魅力や俳優としてのスタンスに始まり、『ルームロンダリング』で共演したオダギリジョーへの告白、現在、日常生活で手放せないあるものなどを聞いた。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 斎藤大嗣


実は男らしい! 人とのコミュニケーションが苦手なオクテ男子・亜樹人

映画に続き、こちらもとても面白そうです。撮影はすべて終えられたそうですね。

はい。映画は長回し撮影なども多かったのですが、ドラマになるとそうしたことも限られてくるかなと思っていました。でも現場に入ったら、映画を撮影していたときと雰囲気が変わらなくて、世界観や温度感を、ちゃんと引き継いだドラマになっていると感じました。

映画版では途中から登場した亜樹人ですが、ドラマ版では、最初から登場しますね。

亜樹人と御子ちゃんの関係性も、亜樹人からしたらすごく進展しています。傍から見ると、「もっと行けるでしょ!」って思ってしまう部分もあるとは思いますが、亜樹人は亜樹人なりに1歩ずつ前に進んでいます。御子ちゃんもそうですし、出てくるキャラクターみんながそれぞれに前に進んでいっていると思います。

本シリーズのキャラクターは全員が魅力的です。亜樹人に関しては、コンビニでのエピソードがドラマ版にちゃんと残っているのも嬉しかったです。

僕もコンビニでのシーンはすごく好きです。バイト仲間の王(ワン)ちゃんと楽しく撮影させてもらいました。

ドラマ版の亜樹人を演じるうで、気を付けたことは?

御子ちゃんにかける言葉が、ドラマ版では結構ストレートなんです。普通はすごく照れちゃうようなことでも、亜樹人はまっすぐに伝える。たとえば「御子ちゃんのことを守ってあげたいからだよ」というセリフとか。考えて考えて出てきた言葉を、結構大きな声で御子ちゃんにかけてあげるんです。亜樹人の魅力だと思います。

亜樹人は御子ちゃんの完全な味方ですね。

亜樹人の年代の男の子たちって、好きな女の子に向かってああいう言葉をストレートに言えるかといったら、言える人のほうが少ないと思うんです。だから、そういう意味では亜樹人は意外と男っぽい、男らしいキャラクターなのかもしれないと感じて、そこは大事にしました。とても好きなキャラクターです。

ヤンキーもオクテ男子も、衣装を着て、現場に入ったら、その作品のスイッチに切り替わる。

伊藤さんは、俳優デビューからまだ4年ですが、すごい活躍ぶりです。21歳にしてカメレオン俳優という声も挙がっています。

いやいやいや。

ヤンキーからオタク系青年までいろいろな役を演じていますが、役、演技のふり幅について、ご自身ではあまり意識していないのでしょうか?

そこは考えていないですね。役を引きずることもあまりありません。衣装を着て、現場に入ったら、その作品のスイッチに切り替わります。だからヤンキーをやっていて、次に亜樹人を演じるとなっても、そこで悩むということは、ゼロではないですけどあまりないです。その場その場で消化している感じです。

以前、映画2作目の『ミュージアム』(16)や、初主演映画『デメキン』(17)が俳優としての大きな転機になったとお話されていました。その後もいくつも作品を経験されましたが、新たに転機と感じた作品などはありましたか?

最近、すごく思うのですが、携わらせていただいた作品の全部が転機になっている感じなんです。本当に。もちろん『ルームロンダリング』もそうです。どの作品をやらせていただいても、同じキャラクターっていないし、どれもが自分にとって役者として大きなものになっています。

この秋は、『ルームロンダリング』と『今日から俺は!!』の2つのドラマで伊藤さんの全く違う演技を楽しむことができますが、この2作品からはどんな影響を受けましたか?

『今日から俺は!!』は福田雄一監督と初めてご一緒させていただいた作品です。80年代のかなりがっつりなコメディをやらせていただくということで、新たな挑戦をさせていただきました。『ルームロンダリング』は映画から引き続いての作品ですが、コミュニケーションが苦手で、好きな人にも上手くアプローチができないけれど、でもちょっとずつ成長していっている男の子という役もやったことがなかったので、新鮮でした。『今日から俺は!!』の伊藤も『ルームロンダリング』の亜樹人も、どちらも本当に好きです。

さらに昨年放送されて好評だったドラマ『アシガール』のSPも12月に放送されますね。

はい。『アシガール』で僕のことを知ってくれたという人も多いです。こちらの撮影も終わっています。放送時の反響が大きかったようで、SPになって、こちらも観てもらえると嬉しいですね。

1 2 >