Review

新作『コール オブ デューティ』マルチプレイ、ゾンビ、バトルロイヤルで大満足!

新作『コール オブ デューティ』マルチプレイ、ゾンビ、バトルロイヤルで大満足!

世界中に熱狂的なファンを持つ、言わずと知れたFPS(First Person Shooter=一人称視点シューティング)ゲーム、『コール オブ デューティ』シリーズ。その最新作である『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』は、どうやら従来の『コール オブ デューティ』とはひと味違うらしい……。今作がシリーズ初プレイである筆者が、前回の記事で大きく変わったシステムや盛りだくさんの新要素について紹介しました。2回目となる今回の記事では、各モードのオンラインプレイを進めていきながら、新兵の筆者の目から見た今作の骨太な魅力について紹介します。エンタメステーションが行う、新ジャンルを自分の趣味に加える提案をどうぞ。

文 / 内藤ハサミ

さて、どのモードから遊ぼう?

前回の記事で述べたとおり、今作は“マルチプレイヤー”、“ゾンビ”、“BLACKOUT”という3つのオンラインモードが主軸となり、前作までには存在したキャンペーン(ひとり用。ストーリーを追ってステージが進むモード)が撤廃されています。初心者である筆者は、最初にチュートリアルを兼ねた“スペシャリストHQ”をプレイし、10人の個性的な特技を持つスペシャリスト(プレイヤーキャラクター)を動かしてみることで、ゲームの基本的な操作方法や各武器の特色などを理解し、オンラインデビューに備えました。

▲各キャラクターのバックグラウンドストーリーも知ることができるこのモードでは、今作の世界の一端を知ることができます

準備OK、いざオンラインの戦地に飛び出そう! と思ったのですが……さて、どのモードからプレイしたものでしょう。実はスペシャリストHQのまえにちょっとお試し、とプレイしてみたマルチプレイヤーでは、完膚なきまでにボコボコにされてしまったので、ちょっと尻込みしているところがあるのです。ですが、現実問題として記事も書けませんし……ここで立ち止まってはいられない! ……で、選んだのは、ゾンビ。

▲最大4人のチームで攻略していきます

これは他プレイヤーと協力し攻略する形式ですし、レベル20以下のプレイヤー向けに“BEGINNERS”という初心者向けモードが用意されているので、プレイヤースキルが低くてもなんとかなるかな? と考えました。さっそく始めてみます。

▲“公開マッチ”を選べば、オンラインで他のプレイヤーとマッチングされます

BEGINNERSのストーリーは、通常の難度にも存在する“IX(ナイン)”に固定されていますが、ストーリーはこのほかにも“Blood of the Dead”、“VOYOGE of DESPAIR”、ブラックオプスパスの購入者限定でプレイできる“CLASSIFIED”があります。そして、ルールは”CLASSIC”と“RUSH”のふたつ。RUSHはストーリーや謎解きは一切なく、ただゾンビを倒しまくるモードですが、例外的にBEGINNERSモードではRUSHが選べないので、今回はCLASSICのルールでプレイ。IX(ナイン)は他のストーリーと違い、かなり古めかしい鎧を身に着けた装備ビジュアルが個性的で、メニュー画面で見たときから気になっていたのです。いったい、どういう物語なのでしょうか。

ゾンビでの生死を分けるには?

ここで、IX(ナイン)のストーリーの冒頭を少し紹介します。

--不思議な香を吸い込み意識を失ったスカーレット、ディエゴ、ブルーノ、ショーは、闘技場のような場所で目を覚ます。どうやらタイムスリップをしてしまったらしい。そこには邪悪な儀式を行う悪の司祭とゾンビたちの軍勢が、剣闘士となった4人を待ち構えていた。--

眠りから覚め、いきなりこんな大きなトラブルに見舞われる4人は気の毒なような気もしますが、何より血の気が多い4人。ゾンビを撃ちまくる姿はイキイキしています。なんとか彼らを生き永らえさせ、彼らが体験するストーリーの続きを見るとしましょう。

▲血の染みがあちこちについている闘技場……

▲金仮面の司祭が神器を振り上げます

▲すると、闘技場に集められた人間たちがゾンビ化! こうして次々と生み出されるゾンビと戦うのです

1ラウンド終わるとゾンビたちの猛攻がいったん止み、数秒後にまた次のラウンドが始まります。序盤は、最初から持っている武器で充分に戦うことができますが、ラウンドごとにどんどんゾンビは強くなっていくので、ゾンビの殲滅やバリケードの修復で手に入るポイントを使って、エリア内の施設から強い武器やPERKという特殊能力を購入するなど、プレイヤー側もどんどん戦力を上げることを意識していかなければ、いつか力負けしてしまいます。また、エリアのあちこちにある封印された扉をポイントで開けていかなければ先には進めません。4人それぞれのポイントをどう使うか、ということも常に考えなければならないでしょう。

▲闘技場の下は神秘的な洞窟になっています

▲仲間のフォローや蘇生がすぐにできない距離には、ひとりで行かないのが初心者の心得です

とはいえ、いったんルールを理解してしまえば、あとはもう頭を空っぽにして、エリアのあちこちから迫りくるゾンビを撃つべし、撃つべし! 「ヒャッハー!」と叫びながら銃をブッ放せば、気分爽快。しかし、エンディングを見るにはかなりの困難を極めるでしょう。すべての謎を解いた先にあるものは? 狂乱の銃撃戦を乗り越え、ぜひその目で確認してみてください。

▲ゾンビを倒すと出現する、攻略の助けになるアイテムは数種類あります。これは獲得ポイントが2倍になるアイテムです。ほかにも弾数がフルになったり、バリケードをすべて修復したりするアイテムも

▲敵を誘導したり、立ち位置を常に変えたりしながら、仲間と連携して撃破していきます

ゾンビの動きは、ゲームの序盤は大したことはありません。ゆっくりと歩いてきますし、頭も非常に狙いやすいので、ヘッドショットでのポイント稼ぎにぴったり。ただしラウンドが進むと、人間離れした速さを持つゾンビがなりふり構わず飛びかかってきます。それに対抗するための武器は、連射ができるアサルトライフル系がおすすめ。ショットガン系は威力もそこそこあり、ゾンビにズドン! とヒットする大味な感覚が個人的には一番気持ちがいいのですが、リロードに時間がかかり一度に撃てる回数も少ないことから、ゾンビが大挙してくる後半になるほど使いにくくなります。また、連射ができず使いかたにクセのあるスナイパーライフルも上級者向け。慣れるまでは連射ができる武器を主に使っていくと、安定したプレイができます。数体のゾンビを通路に誘導し、アサルトライフルをぶっ放してハチの巣にする快感はやめられません! また、デフォルトで装備しているナイフは弾を消費せずずっと使えるので、ゾンビが弱い序盤などでは、弾を節約するためによく使いました。こちらは先ほどとは違い、立ち回りをきっちり計算する楽しさがありますね。ラウンドごとに強化されていくゾンビは後半になるとかなり硬く、数も多くなってくるので、ナイフと併用し残弾数を考えて……とはなかなかうまくいかなくなってくるのですが。

▲ゲージが満タンのときにR1ボタン+L1ボタンで発動できる特殊武器は、非常に強力。ゲージを消費する一定の時間使用することができ、ゾンビを倒すことで再びゲージが溜まっていきます。出し渋らないでどんどん使っていくほうが、生存率は上がるでしょう

ギミックは4人で解くことを前提にしているからか、チュートリアルを行っていても少々わかりにくい部分はありますが、ポイントを使って扉を開けることや丁寧なゾンビの殲滅、ギミック解除をする他プレイヤーを守ったりなどのアシストをすることで初心者も十分ゲームに貢献できます。BEGINNERSモードに慣れる頃には、プレイヤーの腕前もだいぶ上がっていることでしょう。どんな人も気軽にプレイできるのがこのモード。オンラインビギナーの初めの一歩として、筆者は推したいと思います。

1 2 >